気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに趣味のノリ鉄して・・・

<<   作成日時 : 2005/08/11 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 久しぶりにノリ鉄しました・・・(^_^)v

 今回は、JR九州でも異彩な筑肥線。(西唐津〜福岡空港)
筑肥線と言えば、福岡交通局と福岡空港〜筑前前原(一部、筑前深江)間で相互乗り入れをしています。(電化区間)

 乗った電車は、103系1500番台、303系。乗車区間は東唐津〜姪浜間。

 ロングシートに腰掛けると、オーシャンビューが広がる区間があってなんだか、ハイビジョン見ているみたいでとてもきれいでした。
 筑前前原や姪浜駅では、JRの電車のほかに市営地下鉄の1000系や2000系と並ぶことがあり、赤を多用したコテコテの普通列車やデザインが個性的な特急列車が並ぶことが多い他のJR九州区間に比べて、シンプルなデザインの市営地下鉄がとても新鮮でした。
 
 JR九州の電化区間は交流が一般的ですが、筑肥線だけは、福岡市営地下鉄と乗り入れをしているため、JR九州で唯一、直流区間で103系や303系の直流電車が活躍しています。
 やはり、JR九州の車両はどちらも813系に準じたデザインになってます(外装)。

 ちなみに、筑肥線は筑前前原〜姪浜間が複線化するまでJRの車両は103系のみでしたが、その区間が複線化され車両増備のため303系が新たに投入されることになりました。
 
 303系ってJR九州初の新製直流電車。さらにJR車両で初めてATOを搭載し地下鉄区間では自動運転をしています。
また、筑肥線を宣伝するポスターは303系を多用しているようで、303系は筑肥線の看板列車的存在のようです。 
 
 ・・・・・・・ が、

 その303系って現在3編成しか存在せず、103系の園である筑肥線では、ひっそりと走っているような感じがしました。 (^^;)

 そのためでしょうか・・・・ ^^;

 最新鋭の303系、あらゆる所に『303』ってレタリングしてあります。自分は、これほど車系を主張している車両を見たことがりません。
 初めて、この303系を見て
     『オイは303系、JR九州の電車たい!!』
って車両全体のデザインで言っているように感じてしまいました。 (^_-)


 でも、やはりこの路線は最新鋭の303系を横目に、103系が堂々と元気いっぱいに駆け回ってます。

やはり、筑肥線103系天国!!   !(^^)!  ・・・・って気がします。


−補足−
 この他にも、筑肥線は唐津〜伊万里間があります。
こちらは、非電化区間で完全にローカル線。主にキハ125系が走っています。
 

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに趣味のノリ鉄して・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる