気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い特急で流れるあのBGMの歌詞

<<   作成日時 : 2006/02/06 10:52   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 九州の特急「白いカモメ」や「白いソニック」(885系)に乗った人なら経験があると思いますが・・・
終点博多到着5分前ぐらいでしょうか、インテンポでダイナミックなBGM(インストバージョン)が流れることがあります。
 これが、JR九州の社歌『浪漫鉄道』です。

 今回は、この歌詞が手に入ったのでそれを紹介します。

『浪漫鉄道』
 作詞 富永正廣
 補作詞 伊藤アキラ
 作曲 鈴木キサブロー
  歌 ハイ・ファイ・セット

    −1−
走り出せ 人よ時間よ
伝説の国へ 羽ばたけ
寄せてくる 波の彼方に
新しい 星が見えるよ

夢の列車が ひた走る
街の目覚めに ふれ合うように

夢の列車が ひた走る
人それぞれの 願いを乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
浪漫鉄道


     −2−
めぐり合う 人よ未来よ
希望への言葉 交わそう
卑弥呼から 明日の命へ
一筋の 道が続くよ

夢の列車が ひた走る
愛と神秘の 平野をかけて

夢の列車が ひた走る
駅それぞれの 幸せ乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
JR九州

夢の列車が ひた走る
愛と神秘の 平野をかけて

夢の列車が ひた走る
駅それぞれの 幸せ乗せて

海に始まる 山に始まる
終わりなき旅へ
JR九州

 歌詞は、JR化後、社員の方が作詞されたそうですが・・・・。
この歌詞を見ていると佐賀平野を優雅に走る『白いカモメ』を連想してしまいます。

 現在では冒頭でも紹介したとおり、885系で限定的に流れているようでしたが、JR化して間もなく783系が九州の看板列車だった頃、始発と終点の案内放送のBGM(しかも歌詞入り)で使われていたようです。

 数年前、どっかの解体企業の社歌がオリコン上位を占めたことがありますが・・・・。
この浪漫鉄道も、それに匹敵するものだと思います。
 しかし、社歌だということでCD化して一般には販売していません。
ただ、希望者にはカセットテープのダビングで対応して貰えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
BGMとしてだけでなく、歌詞つきで流れていたことがあるですか!
スゴイですねぇ。JR九州、やることが違いますねぇ。
楽譜が手に入るなら、弾いてみようかなぁ(笑)
どーるますたー
2006/02/06 22:34
歌詞入りだった頃に、是非乗ってみたかった…!!スゴイですよね、やる事が違いますネ、JR九州!!
ひい
2006/02/06 23:49
初めまして。
初代783系(先頭車にグリーンのラインが入ってる頃)の頃に乗りましたが、車掌さんがしっかり到着にぴったり合うように流してくれてました。

歌詞の最初の部分は、到着案内と被るのですが、サビの 夢の列車が ひた走る〜 のところから再び
フェイドインして、曲が終わると同時に長崎に駅のホームに滑り込む…。 とても感動的でした。
当時も有明やにちりんではあまり聞くことはなかった(ような気がする)ので、気ままさんの言われるように歌詞も「かもめ」を意識して作られたんでしょうね。

自分も885系かもめが大好きです。ブログのアドレスにしてしまったくらい(^^;
クリスト・マーク
URL
2006/02/07 10:27
クリスト・マークさん、コメント有難うございます。
 自分も885系って電車が一番好きです。
 幼少の頃の鉄道好きを成人してから再燃させたのもこの885系って車両でした。
 噂によると、台湾にも同系の車両を輸出して走らせる計画があるそうですが・・・
何か、情報お持ちでしょうか?
気まま
2006/02/07 21:02
はじめまして、台湾のDavid K. Narusegawaと申します。
偶然JR九州の社歌を検索したためこのブログをみつかりました。

885系の台湾進出について、あれは2006年12月に台湾に上陸した特急「タロコ号」(中国語:太魯閣號)です。

上陸時の写真:
http://bbs.hasea.com/viewthread.php?tid=177439

ウィキペディアの説明:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%AD%AF%E9%96%A3%E5%8F%B7

JR九州885系のベースで製造された振り子式特急電車です。主な運行区間は台北からカーブが多い宜蘭線と北迴線を経由し、東部の花蓮まで2時間で走る直通特急です。

運賃は台鉄の看板特急「自強号」と同じだが、予想の運行時間は同区間の自強号より30分ぐらい短縮できます。

旧暦の正月期間に投入される予定がありますが、振り子機能の試験は順調ではないので、最初は自強号と同じ運行パタンになってしまいます。
正式の振り子機能使用はおそらく3月になります。
David K. Narusegawa
URL
2007/02/03 16:55
David K. Narusegawaさん
特急「タロコ号」上陸時の写真、拝見しました。
JR九州885系がベースだということで丸っこくICEに似た車両だと想像していましたが、写真で見た感じでは、JR西日本683系(流線型先頭車)のような印象を受けました。
また、JR九州885系の内装は革張りの椅子に木を多用していて高級感たっぷりですが、台湾版885系の内装はどうなっているのでしょうか?
気になるところです。
気まま
2007/02/04 20:54
このあいだ、CD化されましたよ?

>>キングレコードより2009年1月21日に「社歌」と題するCDが発売され、このうち2番目に浪漫鉄道が収録されている。(by Wikipedia)
kamome
2009/08/16 18:57
九州らしいナイスな歌詞ですね。感動しました。
通りすがり@LEGEND
2016/07/24 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い特急で流れるあのBGMの歌詞 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる