気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ソニック」で北九州へ(前編)

<<   作成日時 : 2006/11/25 11:51   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 仕事が休みの前日、「浪漫鉄道」(JR九州社歌)聴いてしまい、列車でどっか行きたい衝動に駆られてしまい・・・・・

 休みの当日もその衝動がどーしても治まらず、月末で財布の中は火の車状態にもかかわらず、列車に乗って一人旅へと出かけました。


 で、博多駅まで来たのはいいんですけど・・・・  はて、どこ行きましょう?・・・・

 ん・・・・・????

 悩んだあげく・・・・・ 

 「ソニック」で北九州は門司港レトロへ向かうことにしました。 


 博多駅1番乗り場で「ソニック」を待っているとやって来ました883系「ソニック」
画像

 あら!? これ、真っ青なリニューアルした「ソニック」じゃないですね。 久しぶり見ました元祖「ソニック」やっぱ、「ソニック」といえば”ワンダーランドエキスプレス”ド派手なデザインの元祖の方がしっくり来ます。(画像じゃ見づらいようですけど・・・)


 始発駅から乗ったため難なく窓側の自由席をゲットでき、列車は定刻になると勢いよく走り出しました。
 「ソニック」から流れる車窓を見ていると、「これからどんなたびになるのかなぁ?」ってワクワクしてきます・・・・(どうにか天気も良くなりそうだし・・・) 


 ♪ はーしりだ〜せー ♪   ♪ひとよ時間よ〜 ♪
 ♪伝説の国へ ♪   ♪ はーばたけ〜♪
           (中略)
 ♪ ゆめーの列車が  ひた はし〜る  愛と神秘の平野を駆けて〜 ♪
 ♪ ゆめーの列車が  ひた はし〜る  人それぞれの願いを乗せて〜 ♪
なんて、ウキウキした気分で「浪漫鉄道」を思わず口ずさんでしまいました。

 列車は、勢いよく福岡市街を駆け抜けいくつも駅をすり抜けていきます。

 「ソニック」の車窓から若戸大橋が見えてくると・・・・

戸畑停車、ここから段々と工業地帯が目立ちはじめ、「北九州市」に入ったことを実感します。

 列車は工業地帯を相も変わらず凄い勢いで通過し、スピードがゆるみ始めると「JR九州をご利用下さいまして有難うございました、間もなく小倉に着きます・・・」と車内放送が流れ下車準備のためデッキへと向かいます。
画像

←これ、883系「ソニック」デッキの一部です。ちょっとした荷物置きがあったり、おちゃめなアートギャラリーがあったり、照明にも(画像では分かりにくいですが)凝っていたり、ほかのJRにはないデザインが施されているのも特徴です。



 小倉駅に到着し「ソニック」を降ります。
 
 ここ小倉で「ソニック」は進行方向を変え大分を目指します。
画像



 小倉まで先頭車だった7号車、ここからは運転士さんも交代。
 
 小倉まで誘ってくれた運転士さんが見送る中「ソニック」はゆっくりと発車し日豊線へと消えていきました。





 さて、ここからは普通列車に乗り換え「門司港駅」へと目指します。

 先ほどまで乗ってきた「ソニック」に比べ今度はゆったりと車窓が流れます。車窓からは、「港町〜」って感じで海辺の景色が見えてきます。


 たまたま乗った車両が先頭車。終点の門司港が近づく頃合いを見計らい、降りる準備をする振りをしながら乗務員室越しに列車が門司港駅へとすべり込むところを撮っちゃいました。
画像 



 なんか、こうして運転席から見える風景や運転士さんの操作をみていると年甲斐にもなくワクワクします。なんか、少年時代に戻ったみたい・・・・

 あの頃、電車に乗ると一目散に先頭車に乗り込みこうやって運転席をのぞき込んでは、運転席から見える風景を楽しんだり、運転士さんの動きを憧れの眼差しで見ていたことを思い出します。(・・・・あ〜ぁっ、運転士になりたかったなぁ・・・)




 さぁ〜列車を乗り継ぐこと博多から1時間ちょいで門司港へ到着です。

 とりあえず、門司港レトロを散策がてらブラブラする事にします。
画像


 ”ブルーウイングもじ”から「旧門司税関(右)」と「国際友好記念図書館(左)」が見えます。


 
 ここで、この画を撮影してフッと周りを見るとあることに気づきました・・・・

 なんと団体の観光客の他は、周りはカップルばかり・・・・ (はぁ・・・絶句かなぁ・・・)
心なしかブルーな気分になりながらもそそくさと橋を渡りきります。



 気を取り直して、一人旅続行することにします。一人旅の良いところは、自分のペースで存分に周りの景色を味わいながら気ままな旅が出来ること。

 今回も、勢いというか思いつきで「ノーフォーク広場」を目指すことに・・・
時間も正午を過ぎようとしていたので、駅近くのコンビニでサンドイッチ買って行くことにしました。


 はじめていく「ノーフォーク広場」そういえば昨年、自分のオカンがパック旅行で門司・下関に行ったとき「フォークが刺さった公園があった〜」って言っていたけど・・・・

 確か・・・”フォーク”じゃなくてあれは、”イカリ”だったはず・・・・
 (ま、イカリもフォークも見ようによっては似たような物・・・ そそっかしいオカンが勘違いするのも判るような・・・・)


 歩くこと30分ぐらいでしょうか!?

 「ノーフォーク広場」到着!!
画像
 やっぱ、「フォーク」じゃなくて「イカリ」が刺さっていました。「ノーフォーク広場」・・・・ 
コレ見た瞬間、思わず苦笑してしまいました。

 
 幸いこの日はポカポカ陽気・・・ ベンチに腰掛け関門海峡を往来する船を眺めながら先ほど買ってきたサンドイッチでお昼を済ませ、しばし休憩を取ることに・・・・・


 
 以下、後編に続く・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
九州には・・・福岡に行って、博多駅に1回撮影に行った事があるだけですね・・・
顔だけ水色のソニック、懐かしいですね・・・
ドラ猫
2006/11/25 13:41
ソニック、内装がカラフルで可愛らしいですねぇ♪
じっと座席に座っておくのは勿体無いので、初めて乗ったら、ウロチョロし通しになるカモしれませんねぇ(とゆーか、全然OKなのでしょうネ☆)。
大きなフォー…もとい、イカリも見に行ってみたいデス(メモ×2・笑)。
ひい
2006/11/26 03:22
この記事でちょっぴり九州に行った気分にw
水色ソニックも乗ってみたいなぁ。
「ノーフォーク広場」いいところそうですねぇ。
門司海峡がバッチリ見渡せるですか?
どーるますたー
2006/11/26 21:33
ドラ猫さん
最近では、883系リニューアル車が目立つようになって、旧デザイン車が少なくなってきました。
全ての編成が真っ青になってしまうのは少し淋しい気がします。
個人的にはカオだけが黄色だったソニックが好きでした。
気まま
2006/11/28 08:55
ひいサン
ソニック、最近では装いも新たにシックなデザインとなっていますが、デッキはそのまま旧車の奇抜なというか可愛いデザインのままです。

フォーク広場や門司港レトロなど、門司港駅周辺は町並みが綺麗でお勧めNo1です。また、門司港レトロでは人力車で街を案内するサービスもあったりするので訪れた際は是非利用されてはいかがでしょうか!?
気まま
2006/11/28 09:03
どーるますたーサン
九州旅行つぶれて残念でしたね。
関東から来られるのであれば、安い値段で九州内の列車(普通、特急・新幹線の自由席)を利用できるフリー切符がありますよ。
フォーク広場・・・関門海峡が目の前で見られます。
気まま
2006/11/28 09:11
初めまして。先日はご来館いただき、ありがとうございました。
どの記事にコメントをしようかと迷いましたが、ソニックの話題が載っているこの記事を選ばせていただきました。JR九州の車両は奇抜なデザインゆえに好き嫌いが分かれるようですが、私はもちろん好きです。雑誌の「新車」の記事で883系の姿を初めて見た時はとにかくすごいと感じました。ただ・・残念ながらまだ乗ったことがありません。
まめ写真館
2007/01/31 23:56
まめ写真館さん、ようこそいらっしゃいませ。
自分は幼い頃から鉄道が好きでしたが、高校・・専門学校と進学し就職してからは一度は鉄道というもの忘れていました。
しかし、ある日フッと乗った特急列車がきっかけで鉄道好きを再燃させてしまいました。
その特急列車というのが885系「白いかもめ」や883系「ソニック」でした。両車とも始めて乗ったときとてもお洒落というか変わったデザインでとても驚きでした。
気まま
2007/02/03 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ソニック」で北九州へ(前編) 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる