気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS かもめの〜車窓から〜

<<   作成日時 : 2006/12/23 19:37   >>

トラックバック 1 / コメント 8

 今年も残りわずか、残りの休みは何処にも行かずのんびりと過ごそうと思っていましたが、ヤボ用ができまして、急遽長崎へお遣いに行くことになりました。 

 長崎、車で行くのは余りにもしんどいし、今回も趣味を兼ねて特急列車で行くことにしました。
 
 ・・・・ということで、いつものように地下鉄を乗り継いでJR博多駅に来ています。

 
 2枚切符を買って、長崎行き「かもめ」に乗るため3番乗り場に行くと既に白い列車が待っていました。
画像

 今回、急に長崎に行くことになったので別にねらった訳じゃないんですけど・・・大好きな「白いカモメ」にあたりました。 ラッキー

画像 早そうな格好、どっか高級感を漂わせるエンブレム・・・何度乗っても贅沢な列車の旅を感じさせられます。


 ん〜でも、悲しいかな今にも一雨来そうな天気です。
用事でとはいえ、折角の旅・・・是非雲が切れて欲しいものです。

 余談ですが、こういうときもデジカメは必ず持っていきます。・・・というか、リュックの中に常に入っているので必然と持っていくことになりますが・・・


 2枚切符で指定された席に座ると程なくして出発しました。  
 
 「白いカモメ」は定刻通り、スルスルと博多駅を発車します。 

 今回は、どのような旅になるのでしょうかドキドキします・・・・
ってかぁ…おい! 今日は、お遣いだろって思わず独りツッコミしちゃいましたが・・・お遣いもすぐに済む用事だし、せっかく長崎に行くのだから適当に遊んで帰ることにしました。

 
 さて、白いカモメは長崎への旅路を急ぐかのようにガンガンかっ飛ばします。

先週、西鉄の特急列車に乗りましたが、はやりJRの特急は勢いが違います。通過駅も殆どスピードを緩めることなく、先行していた普通列車を次々に追い抜き流れる車窓は飛ぶように去ってゆきます。
画像 博多を発って10分もしないうちに西鉄天神大牟田線との立体交差をあっという間に通過・・・「そういえば先週、あの線路(西鉄特急)からこの線路を見下ろしていたっけ」

 車窓は、めまぐるしく街並みを変え、15歩分もすると最初の停車駅である鳥栖に停車。
車内に目をやるとビジネスマンらしきスーツ姿の人が多く乗り込んできて立席のお客さんが出るほど車内が混雑しています。(なんか、特急料金払って立席とはお気の毒のような感じがしますけど) 


 鳥栖を出発すると車窓ものどかな緑の風景が広がり・・・少しばかり賑やかな街並みが見え始めると佐賀到着です。

 オッ!向かいのホームには「西唐津」行きの普通列車がいますねぇ〜。
先月、バルーンフェスタに訪れたとき利用した唐津線ですけど・・・・あ〜実家に帰りてぇ!!なんて思ってしまいました。


 博多−佐賀間は、利用客が最も多い区間。ここ佐賀では、多くのお客さんが入れ代わります。


 佐賀を出発すると、だだっ広い佐賀平野をフルスピードでひた走ります。
画像 
 バルーンフェスタが開かれているとき、石橋を叩いて渡るかのようにソロソロと通過していた嘉瀬川河川敷周辺も、バルーンフェスタが行われていない現在ではあっという間に通過・・・

 あまりの速さにシャッターチャンスを逃してしまいました。(嘉瀬川を撮ろうと思っていたのに・・残念です


 嘉瀬川を過ぎ・・・暫くすると肥前山口に停車します。ここを過ぎると先ほどまで賑やかしかった車内も幾分穏やかに、線路もカーブが多くなるためかスピードをも緩めて走っているようだし・・・な〜んとなくローカルムードが漂い始めます。



 車窓は、相変わらず平野ばかりだし、実家へ電話しないといけない用事思い出したし・・・
コモンスペース(デッキ)でチョイと気分転換することにします。
画像 コモンスペース、白熱ランプの演出、木を多用した造りで鉄道らしからぬ落ち着いたスペースは気分転換するのに丁度いいと思います。(デッキなのでこのスペースでの携帯はOK)

 因みに、客室との仕切り(ドア)に使われているガラスには障子に使われている和紙が挟み込まれています。また、通路に近い席からは暖かいランプの光がシルエットとなりいい雰囲気が味わうことも出来ます。

 
 さて、ケータイを取り出し、電話をかけようとしましたが・・・・・
チョット待てよ・・・2号車には電話コーナーがあったはず・・・車内探検も兼ねて2号車へと移動することに。

 3号車を通り抜け、2号車の電話コーナーにやってきました。
ここには、電話ボックスほどの電話用の個室が2つあって、どちらもミニテーブルと荷物起きがあってとても便利です。(片方の個室にはカード式公衆電話が設置してあります)
画像
 電話コーナー(左側手前わずかに写っています)を出ると客室方向には、毛筆アート(乗る列車により書画の内容が違います)のコモンスペースがあります。

 本来このスペースは広告用になる予定で、このアートはデビュー後しばらくイベント的に期間限定で使われるだけでしたが、思いのほか好評のようで現在ではこの列車のシンボル的存在になっているようです。(因みに、左側の出っ張っている部分は車椅子対応型の大きいトイレです)


 電話を済ませ、一度は席へ戻ろうかと思ったんですが、ジュース飲みたくなったし自動販売機がある5号車まで車内探検続行することにしました。 2号車から5号車へ移動・・・
画像

 5号車のコモンスペースは、自動販売機コーナーががありますが、その横にあるハイウインドゥからは、迫力の車窓が味わえます。

 そして、反対側には広めのハイウインドウとミニテーブルが設置してあって、こちらではワイドな迫力ある車窓を楽しむことが出来ます。


 ジュースを買って、席に戻ろうとすると・・・誇らしげに掲げられているエンブレムを発見 
画像
 この「白いカモメ」885系は、2001年に国内鉄道の最高の証とされる『ブルーリボン賞』そして、国際的にも鉄道界のアカデミー賞とも言われる最高の『ブルネル賞』をダブル受賞し、国内外から最高の鉄道車両である事を評されました。

 この栄えあるエンブレムを眺めていると・・・厳しい経営環境にあるにもかかわらず、こんなに素晴らしい列車を走らせてくれる鉄道会社が地元にあるなんて鉄道ファンとして有難いというか・・・嬉しい限りです。

 本当に、JR九州凄い鉄道会社だと思います。


 車内探検、最後は4号車のコモンスペースに戻ります。
画像
画像 










 暖かみのあるウッドウォールには、ミニベンチがあります。
 このベンチ腰掛けてみると意外にも座り心地というか使い心地がいいのには正直驚きでした。
 1駅しか利用しない人があえてこのスペースに陣取る気持ちがよく分かります。

 
 ミニベンチに座り、向かいのハイウィンドウからは有明海が広がっていました。
列車は鹿島を発ちいよいよ佐賀県と長崎県の県境付近を海岸線に沿って緩やかにひた走っています。

 車窓からは、焼き牡蠣屋さんが見えます。 そういえば・・この沿線は牡蠣の名産地でした。
例年だと、平日でも焼き牡蠣屋はそこそこ賑わっているのに・・・・
今年は殆ど車が止まっていません・・・・・これも、全国的に猛威をふるうノロウイルス騒動の影響でしょうか。
 今が書き入れ時の焼き牡蠣屋さんにとって正しく呪(ノロ)ウイルスですねぇ・・・シャレにもなりませんが・・・ホントに

 冗談はさておき・・・
この辺りになると車窓の奥には平成新山(雲仙普賢岳)が見えてくるのですが・・・・今日は、天候が悪く雲仙が見えません・・・残念!


 
 長崎県に入り、しばらくするとトンネルをいくつもくぐり、賑やかな街並みが見えてくると浦上到着・・・・。

 その直前から・・・・ ん??? ♪
なんか、クラッシックのようなしっとりとしたBGMが流れてきました・・・・

 〜 列車が停止してよーく聴いてみると確か・・中学の時、音楽の時間に聴かされたアリア「ある晴れた日に」のBGMが流れています。

 885系「白いカモメ」、やはり終点到着時の演出を忘れていません
しっとりとしたBGMが異国情緒ただよう長崎への旅情をかきたてられます・・・・・。

 そして、BGMが鳴りやむと同時に終点長崎駅到着。

 長かったような・・・・ 短かったような・・・ 「白いカモメ」2時間余りの旅が終わりました。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
佐賀県のお国自慢
佐賀県のお国自慢・インターナショナル・バルーン・フェスタ  毎年秋に開催されるこのフェスタは、 参加する熱気球の数が日本一。 嘉瀬川河川敷で開催される熱気球の国際大会で、 佐賀で数少ない大規模のイベント。・ゴミ排出量 佐賀県は、人口1人当たりが排出す... ...続きを見る
県民性から分かる相性診断
2007/05/03 02:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お遣いだとしても、大スキなかもめに揺られたならば、それはもう既に旅の始まりだよねぇ♪
相変わらずとゆーか、中の設備の整った様子を写し出されると、ホント感心してしまいマス☆
毛筆のアートも素敵だし、本来広告になる予定だったモノを、好評だからという事から取りやめた会社側の粋な心意気にも、感心せずにはいられませんネ。
ひい
2006/12/23 22:47
お使いお疲れさまでした♪
いつも、気ままさんの旅日記ほんとに
楽しく読ませてもらってますよ
それにしても、すごいですねJR九州!
JR東海とは大違いのような・・・
東海は新幹線に力を入れすぎなんでしょうね
ゆうだい
2006/12/24 11:11
やっぱり白いカモメいいですねぇ。
関東圏でも走らせて欲しいものですw
JR東日本の面白みのない電車と交換しませんか?w

焼き牡蠣屋さんも災難ですねぇ。
ノロウイルス騒ぎ、早く収まるといいですが。。
どーるますたー
2006/12/24 22:32
いつもながら、情況が目に浮かぶような、熱のこもったリポートです。「おつかい」っていう言葉の響きがいいな〜 赤ずきんちゃんを思い出す。
それから「2枚切符」とあえていうのは何故でしょうか??
レイコサウルス
2006/12/25 01:30
ひいサン
急な長崎行きでしたが大好きな「白いかもめ」に乗れて正直ラッキーでした。!(^^)!
「白いかもめ」はJR九州特急群のなかでも究極のデザインと言われてます。
さらに、その集大成といえるのが九州新幹線「つばめ」。来年(1・2月頃)は新幹線「つばめ」に乗って鹿児島でも旅しようか・・・と思ってます。
気まま
2006/12/25 21:30
ゆうだいサン
楽しんでいただいているそうで・・・有難うございます。(^_^)v
JR九州の列車凄いでしょう!?自分も始めて「白いかもめ」に乗ったときは驚愕し、一度忘れていた鉄道好きを再燃させてしまったのもこの「かもめ」でした。(^_-)
気まま
2006/12/25 21:35
どーるますたーサン
JR東日本の列車と交換するいいアイデアかも知れませんね (^_-)
もし、交換するとなるとJR九州は東日本から来た車両を個性的なデザインにリニューアルするかもしれませんね。
気まま
2006/12/25 21:43
レイコサウルスさん
今回は、こちら(佐賀・福岡)にいる親戚を代表して、お見舞いに行くことに・・・というか、行かされることになり、正しくおつかいでした。(^^;)

そういえば、『2枚切符』JR九州独自の切符でした。^^;
この切符一言で言えば、「格安特急回数券」です。
コレかなりお得な切符で、区間によっては普通乗車券で普通列車に乗るより安く特急列車に乗ることが出来ます。
気まま
2006/12/25 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
かもめの〜車窓から〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる