気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日帰り鹿児島の旅〜リレーつばめに乗って〜

<<   作成日時 : 2007/02/16 12:44   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 いきなりですが、今日はとんでもない早起(5時)きしています。
と、いうのも鹿児島まで日帰りの旅をするから・・・・・

 九州新幹線が開通した今では博多〜鹿児島中央(元西鹿児島)を2時間ちょいで行けちゃいます。

 ま、時間的には博多から特急で長崎に行くような感覚ですが、鹿児島…滅多に行けるところでもないし、日帰りだし少しでもたくさん満喫したいので早めに出かけることにしました。


 まだ、夜も明けきらぬ早朝7時の博多駅、眠い目をこすり大あくびをしながらホームへ上がると既に待っていました『リレーつばめ』
画像
 今回、新幹線がきていない区間(新八代〜博多)を誘ってくれる787系『リレーつばめ』、なんとも精悍な顔つきをしていますね。


 つばめといえば、昔から優等列車の代名詞であり、そのスピードとサービスには定評がありました。
戦争や東海道新幹線開通などで一時的に姿を消すことがありましたが、平成の時代にはいるとつばめ は九州の線路で三度復活、列車もその名に恥じない、デザイナー水戸岡鋭治氏がデザインした787系特急車両や女性客室乗務員を採用しハード・ソフト面で充実したサービスを提供しています。

 2004年には九州新幹線『つばめ』が部分開通したことにより「つばめ」の名は新幹線に譲られることになり、今では新幹線の橋渡し役「リレーつばめ」となりましたが、豪華な車両や客室乗務員によるサービスもそのまま健在です。

画像 
 ダークグレーの車体にきらりと光る「リレーつばめ」のロゴが誇らしげですね。
では、早速乗り込みます。

 因みに、グリーン車や一部指定席(4号車だったっけ?)では客室乗務員がにこやかにお出迎えしてくれます。
さらに、トランクなど大きい荷物持っていたり、お年寄りなど体が不自由なお客さんがいるとお出迎えしている客室乗務員が駆けつけてお手伝いしてくれます。正に、伝統的な優等列車「つばめ」らしいサービスです。

 画像
 早朝の博多駅を出発。
 はやり、早朝の列車だけに周囲のお客さんはビジネスマンらしき人ばかり、忙しく書類に目を通したりパソコンに向かっている人が多いようでした。・・・・お疲れ様です!

 一方自分は、仕事も忘れてすっかり観光気分
大あくびをしながら流れる車窓をぼんやりと眺めるばかりです。 


 長崎本線との分岐点である鳥栖(佐賀県)を過ぎると、線路は鹿児島へ向けて南下します。
画像

 鳥栖を過ぎてしばらくすると車窓からは建設中の高架が見えてきました。
これ、九州新幹線建設中の線路でした。
九州新幹線全線開業まであと4年足らず、建設は急ピッチで進められているようです。


画像


 車窓に、西鉄電車の線路が見えてくると列車は佐賀から再び福岡へと入り、大きな鉄橋を何度となく渡ります。






 博多を出発して1時間余り、車窓を見ているのも楽しいですが、ちょっと飽きてしまいましトイレにも行きたくなったのでここでチョット車内(普通車)探検することに・・・(^^ゞ
画像
 この車両は自分が乗っている普通指定席。自由席も同じような造りです。
 この列車の特筆すべき所は、JR初ハットラック(飛行機のような荷棚)を採用したところです。荷棚をボックス型にすることにより荷物が隠れ静かな落ち着いた車内空間を演出することが出来るそうです。




 今度は、チョット趣が変わった普通指定席です。
エッグラインといわれるドーム型をしたような天井に間接照明を施してあり、これかなり凝った演出の車両ですが・・・画像
 この車両、九州新幹線が部分開通する以前、特急「つばめ」現役の頃にビッフェとして使われていました。
 その当時、天井を照らしているスポットライトの下辺りには大きなカウンターテーブルがあり立食形式でアツアツの軽食を出していました。
 しかし、新幹線が部分開通して乗車時間が4時間→1間半と短縮したためその必要性が無くなり現在では普通指定席に改造されてしまいました。

 次は、この列車ご自慢の席です。
画像 
 なんとガラスで仕切られたセミコンパートメントです。

 グループでの旅行やビジネスマンが仕事の打ち合わせをしながら移動するのにもってこいの車両です。
 中央のテーブルは折りたたんだ状態なので展開すれば実用的なテーブルとなります。また、花形をしたランプがお茶目ですね。


 最後は、デッキに設置されたマルチスペースです。
画像
 JR各社にも多目的室を設けた列車がありますが使用の際には乗務員に許可が必要でした。しかし、787系に設置されたマルチスペースはいつでも誰でも使用することが出来ます。
また、プライバシーを保てるよう全面にブラインドも下ろせるようです。

 
 以上、787系の車内一部をチョイと探検しましたが、この他にも高級感溢れるグリーン車、さらにワンランク上をゆくDXグリーン席などありますが、グリーン券持っていないので行けるわけ無く惜しい思いをしながら自分の席に戻ることにしました。


 さて、席に戻ってみると熊本に到着したところでした。
画像 
 あら、隣のホームにもちょうど九州横断特急が到着したところでした。

 熊本駅と言えば、古い煉瓦造りの車両整備工場があったような記憶があるんですけど・・・今回その工場らしき建物が見あたりません。それに替わるかのように新しい駅舎が建設されようとしているのでしょうか準備工事が進められていました。
 さらに、この駅には0番ホームがあってそこには九州で唯一のSL(通称ハチロク)が牽く「あそBOY」が止まる駅でもありました。
 現在SL(ハチロク)は老朽化が原因で引退していますが、九州新幹線が全線開通する頃、再び復活するそうです。


 熊本を出発すると、『リレーつばめ』の終点「新八代」まであと一息・・・列車は勢いよくラストスパートとします。

 車窓からは完成間近の九州新幹線の高架が近づくと・・・・九州新幹線『つばめ』が待つ新八代駅へ進入するアプローチ線へ進入します。
 

 進行右の窓側の席に座って線路を見ているとある変わった仕掛けを見ることが出来ます。
これ、フリーゲージトレイン(車輪の幅を変えることが出来る車両)の実験線です。

 九州新幹線が部分開通するまでの間、ここでフリーゲージトレインの試験運転が行われていました。(現在その車両どうなったか少々気になるところですが・・・)


 大きく曲がったアプローチ線を登り切り、ホームへさしかかると見えてきました・・・
 新幹線『つばめ

 いよいよコイツに乗るときがやってきました・・・ o(;-_-メ;)o ワクワク  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、いつもながら 臨場感あふれるリポートだこと〜。
ここぞと思うポイントをしっかり押さえて、画像を挟むところがミソなんだろうか。あらかじめ知識がないとできないことだ。
こっちは漫然と乗ってるだけでいいから楽チン〜
さあ、ワク・ワクしてきたわー♪
レイコサウルス
2007/02/16 15:27
九州縦断レポート、楽しく拝読いたしました。
「リレーつばめ」塗装もシブくきまっていますねぇ。
私は、セミコンパートメントが気に入りました。友達とワイワイ旅ができそうですね。こんな楽しい休日は早起きもへっちゃらですねぇ。うらやましい。
GAKU
2007/02/16 23:39
レイコサウルスさん
気ままツアー〜鹿児島の旅〜へようこそー!
なんちゃって(^_^;
これから九州新幹線『つばめ』に乗ります。
鹿児島では市内観光もありますので続編をお楽しみに〜 (^_^)/~
気まま
2007/02/17 21:31
GAKUさん
「リレーつばめ」の場合セミコンパートメントは指定席扱いなので指定料だけで使うことが出来ます。
しかし、この車両がその他の特急(「有明」「きらめき」など)の場合はなんと!自由席扱いになっちゃうんです!
グループや家族連れにはもってこいの席だと思います。(^_-)
気まま
2007/02/17 21:42
こんばんは、気ままさん。
787系リレーつばめ号、かっこいいですね。外観は写真で良く見ますが、車内の様子はよく知りませんでしたので、興味深く読ませていただきました。
車内、とても明るくって綺麗ですね。マルチスペースも、いいですね。以前はビュッフェがあったんですね。私はビュッフェや食堂車が大好きなので、なくなってしまって、ちょっと残念です。あっ、でも、とても素敵な車両です!
ますます九州へ行きたくなってきました。
クキ
2007/02/18 23:59
クキさん、こんばんは。
ご存じだと思いますが、787系はJR特急個性化の先駆けとなった車両で客室を始めデッキや照明に至るまで凝ったデザインとなり鉄道の概念を覆す車両として話題にもなりました。
特に、「つばめ」として活躍しているときはビッフェもあって鉄道の旅を十分に楽しめる列車で一般の人にも好評でリピーターも多かったようです。
九州新幹線が全線開通する前、「リレーつばめ」に乗車されてはいかがでしょうか。
気まま
2007/02/19 21:27
今回はすっごく早起きでしたネ〜♪
でも、眠気もあっという間に吹き飛んだろうとは思いますが(笑)。
天井が違うと、大分感じが違って見えますネ〜☆
昔は、移動時間は短ければ短い程良いと思ってたケド、こうも短縮されると何だか切ない感じ(いや、そりゃ便利だけどネ)。
でも、欲張りなひいなら、1時間半でもしっかり車内でお弁当を食べてる様な気も…(苦笑)。
色々散策してると、時間なんてあっという間に過ぎそうですもんネッ!!
ひい
2007/02/23 14:55
ひいサン
ハイ、とんでもなく早起きでした。(^^;)
実は、今回駅弁なんか食べながら「リレーつばめ」の旅を楽しもうと思ったのですがちょっと居眠りしてしまったので残念ながら駅弁を逃してしまいました。(;_;)
新幹線が部分開通する以前の「つばめ」は4時間という長旅だったのでこの列車は「鉄道のゆったりとした旅を気の合う仲間達とおしゃべりしながら食べたり、飲んだりしながら楽しめる」というのがテーマでビッフェを設けてありました。
今思うと、あの頃のゆったりした旅を1度だけでもしたかったなぁと思います。
気まま
2007/02/23 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
日帰り鹿児島の旅〜リレーつばめに乗って〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる