気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甥っ子とノリ鉄・・・

<<   作成日時 : 2007/03/31 12:44   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 前回の続きです。(前回の記事は こちら

 鉄道記念館を一回りした後、「海峡プラザで散策なんかもありかぁ?」なんておもっていたんですけど、それでは甥っ子が不満な様子・・・。

 「次、何の電車乗ると?・・・・」、「電車乗りたい・・・・」と完全にノリ鉄モードに入っておりまして、観光を諦めノリ鉄に変更しました。


 では・・・・ 何処行きましょう・・・・ 

  関門トンネルある!!  関門トンネルくぐろう! 九州脱出!本州上陸だ!
・・・って事で再びも門司港駅へと向かいました。

画像
 門司港駅で待っていたのは817系、福北ゆたか線経由博多行きです。

 コイツに乗って門司へと向かい門司で下関行きの列車に乗り換える予定です。

 817系といえば・・・自分が好きな車両の一つです。
画像 
 というのも、暖かみのある木製の椅子に革製のクッションが採用されたクロス転換シートだからです。
 しかも、ドア付近には折りたたみ式の簡易椅子もあって、こちらは車内が混雑していないときだけ使うことが出来ます。
 甥っ子は、この折りたたみの椅子が気に入ったのか、この間に椅子に座って流れる門司の車窓を見入っていました。


 817系に乗ること数分・・・ 門司駅到着。
ここで、下関行き電車に乗り換えます。

 下関行き電車をホームで「まだか・・、まだか・・・・」と待っていると・・・・・
 「ほら!! 新しい813系来た!!」と甥っ子が興奮気味に反対側のホームを指さします。
画像 
 おー!なんと813系の新車両(12次車)でした。
 でも、この813系・・・なんか、おでこが盛り上がったみたいで違和感ありますけど・・・
 ものの本によると、先頭車の行き先表示器に大型LEDパネルを採用したためこうなったそうです。
 ・・・・ホント、見れば見るほど違和感がするのは自分だけでしょうか (^_^; 


 そんな、違和感のある新813系を見送り程なくすると「下関」行きの列車が入線してきました。画像
 国鉄時代から活躍している415系です。

 この車両、関東では消えゆく運命にあるようですがここ九州ではまだまだ現役バリバリで、本州と九州の橋渡し役として元気いっぱいに活躍しています。

 ご存じの方も沢山いらっしゃると思いますが、これから先関門トンネルを越えて本州の線路に入るにはこの415系でないといけないんです。(気動車は違いますけど)
というのも、九州の電化区間と本州の電化区間では電圧(正確には電気の性質)が違うからその切り替えが出来る車両が必要です。九州で唯一切り替えが出来る電車というのが415系なんです。

 この415系(下関行き)に乗って門司駅を出てすぐ面白い現象が車内に起こります。
画像
 それまで作動していたエアコンがプッツリと切れ室内を煌々とともしていた蛍光灯もパッと消え小さな非常灯だけが密かに点灯します・・・・・。夜間だと車内は薄暗くなります。
 実はこの時、デッドセクション(死区間:電気が流れていない区間、数百メートル)を通過している時なのです。
この間に運転士は、電車のスイッチを九州仕様(交流)→本州仕様(直流)に切り替えるのです。
(因みに、このデッドセクションは日本各地に存在します。現在、他のJRでは最新型の車両も登場してこのデットセクション通過中も客室内の蛍光灯が消える事はなくなりました。)

 さて、デッドセクションを無事通過し電車は本州へと向け関門トンネルへと突入しました。
画像 ゴ       関門トンネル通過中、列車はどんどん加速しているようです。
  トンネル内に数メートルおきに設置してある蛍光灯が流れるように去っていきます。
これを見た甥っ子は・・・「電気のトンネルに点いとるけん地下鉄みたいね」、「でも地下鉄よりうるさかねぇ・・・・」、「地下鉄の1000系ばうるさくないけん走らせたらよかとけ・・・」とぶつぶつ言いながらも変わらず流れる車窓に釘付けです。



 数分地下鉄状態が続いた後・・・・・・ 本州上陸!!
「九州は佐賀の片田舎からはるばる本州へ〜♪」って感じがします。

 トンネルと出てしばらくすると、JR西日本の車両基地が見えました。
画像
 九州では見ることの出来ない青い色をしたEF66、EF65やDD51?などの機関車達、その奥には九州にいない電車達が沢山たまっていて、初めて見るJR西日本の車両を見て甥っ子はまたもや大喜びの様子です。

 列車は車両基地の横を通過するとしばらくすると終点、下関に到着しました。

 下関駅の改札をくぐり、普通なら「せっかく下関まできたんだから、さて何処さすらおうか・・・」なんですが、今日は完全に甥っ子ペースなので彼にお伺いを立ててみると・・・・

 何と!信じられないことを言ったのです・・  ・・・・・・・

 「小倉に戻ろー」、「また、海の下のトンネルくぐりたくなった・・・・」 

 その信じられない言葉を聞いた自分は・・・・
      
 せ、せ、せっかく・・・ここまで来たのに・・・ なにもせずすぐに引き返すなんて・・・
 アンビリバボー!! 

 泣く泣く・・・ たった今、出てきた改札口を再びくぐりホームへと上がるのでした・・・

 ホームへ上がると・・・ 「あっ!103系のおるよ!!」、「103系の色違い!!」と甥っ子が反対のホームを指さします。
画像
 ふと見ると・・・筑肥線で走っている103系1500番台と同じカオをしたJR西日本の105系がいました。
 なるほど・・・この105系のカオは筑肥線の103系と間違うはずです。殆ど同じカオをしているのですから。
っていうか・・・どちらもデビューした時期が同じ頃だったはず、共通した部品を使ったのに違いありません。←これ自分の勝手な推測なので確信ありません。悪しからず。
画像
 因みにこちらが、筑肥線の103系1500番台です。

 105系とカオが瓜二つですね。 





 そんなJR西日本105系を撮影して、すぐさま折り返し「宇佐」行きのJR九州415系に乗りサッサと九州へと戻るのでした・・・・ 


 九州へと戻る415系の車内で恨めしそうに甥っ子を見ていると・・・・

 ニワ〜ンとしながら窓の桟で手混ぜをしながら車窓に見入っています・・・
これは・・・なんか企んでいるときのサイン・・・・・「なに目論んでるんだ! 甥っ子!!」

 甥っ子にはこの他にも、乗りたい電車があるのでしょうか・・・・

 それが分かったのは、小倉に着いてからでした・・・・・

 このお話は、また次の機会で・・・・・ それでは・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは・・・オツカレサマでした・・・・この記事の電車を見て少々、興奮気味になってしまったみいであります。ワクワク・・・真っ黒いお顔をした817系カッコイイ!ですね(^^)813系のこのオデコ高いバージョンどうしちゃったんでしょうね。少しは変化したんだぞーとアピールしたかったんでしょうかね?それに415系懐かしいです!もう、こっちでは、絶滅してしまったから・・早く415系に再会したくなりました。
みい
2007/03/31 17:38
九州は、関門トンネルがありますから、415系は、まだまだ活躍の場がありそうですね。
長田ドーム
2007/03/31 20:53
みいサン、どうもお疲れ様です。
817系、これまで真っ赤な色を使ったデザインが多かった九州の通勤列車ですが、こちらは珍しく赤を使ってません。でも、強烈なブラックフェースに本州じゃ考えも出来ないような椅子のつくりは、やはり九州らしさを感じられると思います。
オデコが高い813系…本当にどうしたのでしょうねぇ? まだ、見慣れないせいでしょうか、かなり違和感感じます。
それに、関東じゃ絶滅した415系ですが九州じゃまだまだ活躍しています。そういえば、1編成だけ国鉄色のヤツがいるみたいです。
気まま
2007/04/01 18:29
長田ドームさん
そうです。415系は九州じゃまだまだ活躍の場があります。
JRQでは九州新幹線を通すのに躍起になってますので交直列車を新製する余裕は到底ないようです。
気まま
2007/04/01 18:35
私も酷い旅したことありますよ・・・。関門トンネルは普通列車・・・。
私は越後湯沢駅に行って帰便を見つけてすぐに戻ったことがありますよ。しかも往復グリーン車、ああ、本当に馬鹿みたいな私・・・。九州の車両はやはり個性的ですね〜。
オーミヤ
2007/04/01 21:53
オーミヤさん
そう言えば、自分も一般の人から見れば勿体ない列車の旅してました。
それは、885系「白いかもめ」と出会ったばかりの頃、終点博多駅に到着する5分前にBGMで流れてくる「浪漫鉄道」を聴きたくてお金と時間(休日)の余裕があれば「白いかもめ」に乗ってました・・・。
気まま
2007/04/02 21:54
こんばんは、気ままさん。
やはり415系の写真が、まずは目に入って来ました。常磐線では、つい先日、引退してしまいましたので...。塗装も常磐線と同じなんですね。
私も常磐線の取手・藤代間の直流・交流切り替えデッドセクションを通るのが大好きでしたー。
九州の車両は871も813も、情熱的で良いですね。103も105も、元気に走っているんですね。羨ましいです!
クキ
2007/04/03 00:32
クキさん、こんばんは。
九州では415系当分の間活躍します。来年こちらに来られるときは是非会いに来てやってください。塗装は、常磐線と同じですが内装は若干JR九州らしさが伺える改造がしてあります。
それに、自分もデッドセクションを通過するのが何となく面白くて好きです。(特に初めて乗ったであろう乗客が驚いている様子を見るのが好きだったりします)
気まま
2007/04/03 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
甥っ子とノリ鉄・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる