気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甥っ子と行く北九州の旅

<<   作成日時 : 2007/03/30 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 今回、久しぶりにソニックに乗って「春の門司港レトロでもの〜んびりと味あうか・・・」なんて思っていましたけど・・・・・・・・ 今回、おまけ付きです・・・・・。

 なんと! 6歳になる甥っ子がついて来ちゃったんです・・・・・
しかもコイツ、誰の影響だか分からないんですけど、無類の鉄道好きでして・・・ 

 「ま、春休みだしこれもいい社会見学だから連れて行ってあげて」と妹(甥っ子の母)に頼まれて、『九州鉄道記念館』に連れて行く羽目事になりました。(・・・なんとなく、父親気分・・・)


 九州陸の玄関口である博多駅は、JR九州の個性的な列車が大集合するところです。
普段は本やTVでしか見たことのない本物の列車を目の前に甥っ子は大興奮!!!
小倉まで乗車する「ソニック」を待っている間もキョロキョロ大忙しでした・・・・

 そして、「ソニック」が入線してきました。
画像 
 客室乗務員の丁寧な会釈に迎えられ、883系「ソニック」が堂々と入線してきました。
 883系、特にリニューアルして真っ青になった883系が好きな甥っ子・・・入線してきたソニックを見てまたもや大興奮!! 
「ブルーソニック!!」、「ブルーソニックに乗るとぉ!?」を連発!

 博多駅に来てからこのハイテンション・・・・ 
走り出した列車内ではどうなることかと心配していたのですが、意外にも車内では大人しく流れる車窓に釘付け状態でして、何とか小倉まで無事到着しました。

 小倉では、「門司港行き」普通列車へと乗り換えます。
画像
 やって来たのは813系の普通列車。
「うぁ!813系!プラレールと同じ電車!!」、「303と似ちょるね(似てるね)〜!」とまたもや大興奮!!・・・・。
 憧れの列車に2つ続けて乗れることがとても嬉しいようです。

 列車は、小倉を出発し門司港へと走り出し車窓には、関門海峡も見えだして、気分はすっかり・・・・・ いつもなら、さすらいの旅モード突入! 「今日は、何処に行こうか・・・」って感じですが、今回はチョット違います・・・・  今回は、小さい旅のお供がいますから・・・・

 さて、列車は門司駅に到着。
食い入るように車窓を見入っていた甥っ子ですが、門司駅構内に進入してきた貨物列車見て三度大興奮!!
画像
 何か!? と思うと、金太郎(EH500)が牽く貨物列車でした。
 いや〜、これにはさすがの自分も感動もんでした。 (大慌てでデジカメを向けました
あのEH500が九州に上陸していたなんて知りませんでした。




 そうこうしているうちに無事、門司港駅に到着しました。
画像
 なんとも、懐かしいというか・・・レトロなところがいいですね。

 近代的な現在の駅にはない、丸みというか暖かさを感じます。
 このレトロな門司港駅でジュース飲みながら一息つきたいところですが・・・・
一方の甥っ子は、「鉄道記念館」へ一刻も早く行きたい様子!「早よ行こぉ! よ〜!!」


 しかし、春ですね。 門司港駅前の桜はほぼ満開で若葉も目立ち始めていました。
画像
 風もぬるみ、鳥の囀りが心地よく、外にいるのが本当に気持ちいいです。

 これで、青空が見えていたら文句なしなんですが、今日はどんよりとした曇り空で時々雨が降りそうな雲行き・・・・少しだけ残念です。
 先を急ぐ甥っ子に、「地図で道を確かめるから・・・」とウソをつき地図を見るふりしてしばし休憩・・・・・。



 しばらく門司港駅前で休憩した後、徒歩数分で九州鉄道記念館に到着しました。
 因みに、九州鉄道記念館は、ここ九州鉄道発祥の地に出現したテーマパークです。
全てをこのブログで紹介したいのですが、とても紹介しきれないのでコチラへどうぞ
九州鉄道記念館HP
画像

 甥っ子は、入り口に展示してあるSLを見て大喜び!!
居ても立ってもいられなくなったのでしょうか!?・・・思わずチケットも買わないうちに入場してしまいました・・・ 

 鉄道記念館は、鉄道が三度の飯より大好きな甥っ子が行きたがっていたところなので、彼が見たいところを自由に心ゆくまで見せることにしました。

 その中で、これは自分も興味があるという展示物を一部紹介します。(鉄道記念館のHPを見ていただくとしっくり来ると思います。)

キハ07(国鉄)・・・昔々自分の地元も走っていた車両で丸っこいデザインに機械式変速装置を採用していている興味深い車両です。
画像
 戦前に製造された代表的な気動車ですが、現在の気動車にない半円形のカオが印象的です。
 なんと、戦前に製造された同型車で原形を保っているのはこの車両だけだそうです。

 このキハは、自分がいつもお世話になっている筑肥線でも活躍していた車両のようで、自分の爺ちゃんが持っていた古い写真を見ているとこのキハ07が写っていました。

画像
現在の気動車のギアは自動車のAT車に近い仕組みのギアが主流ですが、何とこのキハは自動車のMT車と同じ機械式(クラッチ)を採用しています。
だから、運転室にはバスのようなクラッチペダルとギアがあります・・・・
列車なのに、車のような・・・・ 実に面白い仕掛けですね。
 ここである疑問が・・・この車両、連結したときどのようにして運転したのでしょうか?
(1両に1人ずつ運転士が運転していたでしょうが、ギアを替えるタイミングがバラバラだとギクシャクした運転になると思うのですが・・・・??)


 481系・・・懐かしい車両ですが、こちらは随分新しい車両になります。
画像
 この車両、主に国鉄時代、特急列車として活躍しましたが、JR化後も全身真っ赤になった姿(JR九州仕様)をして、つい最近まで九州の線路を元気に走り回っていました。

 自分が小学生の頃、特急は高嶺の花、ただ指をくわえてコイツが追い越してゆく普通列車の中から憧れの眼差しで見ていました。
銀色に光る『JNR』(国鉄)のエンブレムが懐かしくて誇らしげに光っているのが印象的です。


 さて、お次は・・・車両じゃないんですけど、実に懐かしいというか・・・・今もあるの?と思ってしまったものです。
画像 駅弁と共に売られていたお茶(容器)です。
 ペットボトルのお茶が主流になる前、この容器に温かいお湯を入れティーパックとセットで売っていましたね・・・・確か、50円くらいだったでしょうか?
ヴ〜ん懐かしい・・・!
 小学生の頃、婆ちゃんに初めて乗った新幹線の中で駅弁と一緒にこのお茶も買ってもらいました。その時の容器を新幹線に乗った記念として大事に持っていたのですが・・・いつの間にかどっかにいっちゃいました。
 この容器を見た瞬間、程よく温まっている(恐らく50℃前後でしょうか?)容器の柔らかい感触を思い出してしまいました。


 この他にも、鉄道記念館では興味深い物ばかりで自分も甥っ子と変わらぬ目で展示物を見ていたのでは?と思いました。

 九州鉄道記念館は決して広いテーマパークとは言えず1時間足らずで回りきってしまいましたがとても充実した一時でした。
また、訪れてみたいと思いました。



 さて、この後ですがいつものノリだと「和布刈(めかり)公園で桜見物して海峡プラザでお土産でも・・・」って感じですが、今回は甥っ子がいます。
 
 甥っ子はの目的は第一に「電車に乗ること(ノリ鉄)」、第二に「鉄道記念館に行くこと」です。
つまり、彼にとって今日は鉄道三昧の日・・・

 鉄道が大好きな、かわいい甥っ子のためこの後もノリ鉄を続行することにしました。
この記事(はなし)は後日アップしたいと思います。

 それでは、今回はこの辺で・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、気ままさん。
ビックリしました。実は九州鉄道記念館、って名前を聞いたことはあったのですが、こんなに素晴らしい所だったなんて!!
私が大好きなキハ07! もちろん写真や模型でしか見たことがありませんが、もう最高です。それに大好きな鹿島鉄道のキハ600形は、元キハ07の流線形車体を切妻、貫通扉付きへと大改造したもなんです。
ボンネットの485や581まであるなんて知りませんでした。大興奮です。来年、絶対に行きます。
そして、6歳の甥っ子さん、本当に楽しまれたでしょうね。忘れられない思い出となるでしょうね!
クキ
2007/03/31 01:12
ボンネット型のにちりん懐かしいなあ。お茶の容器もなつかしい。私の幼少の頃にジャストミートするものです。
長田ドーム
2007/03/31 20:50
いいですねぇ〜。
私も近いうち、門司港には行かなければなりません!(義務かい・・・?!)
その時にはもちろん、九州鉄道記念館には立ち寄るつもりです♪
だーむー
2007/04/01 00:58
クキさん
九州の鉄道記念館は他の所と比べてこぢんまりしていますが見応えあります。
キハ07、485系、581系は車内の見学も出来ます。

あのカシテツのキハ600形はキハ07を改造したモノだったんですね。初めて知りました。
そのカシテツも今日(4/1)から走らないですよね・・・残念でなりません。
気まま
2007/04/01 17:48
長田ドームさん、ようこそ!
はい、長いボンネットが特徴の481系(とくにJNRのロゴが)にお茶の容器…自分も幼かった昭和50年代のあの頃を思い出し実に懐かしかったです。
気まま
2007/04/01 17:55
だーむサン
自分も「もう一度、門司港に行きたい」です。
門司港というところが好きで、数ヶ月に一回は訪れています。

それと・・・話し反れちゃいますが、この北九州の旅の翌日、桜を見にMR「浦ノ崎」に行きました。7〜8部咲きくらいでしたがとても綺麗でした。
気まま
2007/04/01 18:03
私は今日、浦ノ崎駅に行ってきましたよ!でも、昨日の雨で少し散りかけていました。
ところで、門司港、いいですよね〜!学生時代は小倉にいたので、時々遊びに行っていました。汽車で下関に行き、美術館に行って、唐戸から船で門司港へ、それから西鉄バスで帰る、っていうのがお気に入りコースでした。
小菊堂という甘いモノやさんの金つばが好きだったんですけどねぇ。
だーむー
2007/04/01 21:35
浦ノ崎の桜、やはり散りかけていましたか。
ここに趣味の人たちが押しかけているのはよく知っていましたが家族連れ(地元の人?)も多く来ていたのには正直驚きでした。
それと、だーむーサン学生時代、小倉にいらしたのですね。お遊びのコースは列車、船にバス乗り物三昧で乗り物が好きな自分にとって凄く羨ましいです。
気まま
2007/04/02 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
甥っ子と行く北九州の旅 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる