気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 門司港レトロ・・・その2

<<   作成日時 : 2007/05/13 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像

 めかり第二展望台でしばし休憩・・・・ さて、この後どこに行きましょう??

 ここはやはり、あそこしかないでしょう・・・・ 海峡プラザ・・・・
って事で来た道を戻る事にします。
 
画像

 ブルーウイングが見えてきました・・・・ あら 橋が閉じているところでしょうか? 
何度となくこの地に訪れていますがあの跳ね橋が上がっているところ初めて目にしました・・・


画像 「海峡プラザ」到着。ここで買い物!ってとこですが、めかり展望台の坂道を登ったためでしょうか・・・さすがに疲れてしまいここで再び休憩です。

 しかし・・・いい天気ですね・・・ 
平日だから人もそんなに多くないし・・・ やはりこんな観光地に来るのは平日に限ります。 
悠々と休憩所も使えるし、海峡プラザのお店もゆっくりと見ることが出来たし・・・・ご機嫌です。


海峡プラザを後にしようとすると、見覚えのある猿回しのお猿さんと親方がいらっしゃいました。
画像
 このお猿さん、”早川はるこ”さんというお名前が付いておりまして、東京のお茶の水女学校という由緒ある学校も卒業されているエリートお猿さんです。(←レイコサウルスさんから情報をいただきました。有難うございます。)

 ちょうどステージが終わり・・・ペットボトルのジュースを飲んでちょっと一休み・・・って所でしょうか。
 一年ぶりに見る、早川さんコンビ・・・休んでいる姿がなんとも微笑ましく思わず、その姿をカメラの納めてしまいました・・・休憩のところ失礼いたしました。


 ここ門司港には古い建物が沢山ありますが、次に訪れたところもかなり古い建物でした。
画像 栄町銀店街のアーケードをぬけしばらく歩くと、石垣の上に建つ、お城のような木造3階建ての古い家が見えてきます。
 『三宣楼(さんきろう)』です。かつては高級料亭として多くのお客さんを迎えていました。また、芸者達の晴れの舞台がこの「三宣楼」だったこともあり昔(昭和初期)はとても賑わっていたそうです。
 そんな「三宣楼」ですが・・・今では使われることもなく古びた木造の建物がひっそりと建っているだけでした。聞く話によると去年の秋には期間限定で一般公開も行われたようですが、保存するか取り壊すのか協議中との事です。
 修復や建物の維持管理など色々な問題が山積しているようですけど、なんとかしてこの「三宣楼」を後世に残してもらいたいものです。



 
 充実した休日というものは、あっという間に時間が経ってしまうものです。
まだ門司港レトロを楽しみたいのですが・・・・ 帰る時間がきてしまいました。
画像
 後ろ髪を引かれるような思いをしながら改札をくぐると813系オデコでっかちニューバージョンが待っていました。

 人間というものは不思議なモンです。見慣れないちょっと変わったモノを見ると「何だかヘン、しっくり来ない」と感じるのですが・・・見慣れてくると愛嬌あるカオに見えてくるのですから・・・。

 そんな新しい813系に揺られること数分・・・ 小さい駅に到着します。
画像
 「小森江」です。

 漢字で書いても、ひらがなで書いても、可愛らしいというかメルヘンチックな響きがとても好きです。

 駅の後ろには煉瓦造りの古い倉庫のような建物も見えるし・・・・ここもレトロでいい雰囲気ですね。



 
 この後、小倉で一旦下車して、チャチャタウンで買い物して・・・
画像
 帰りは、いつものように大好きな885系「白いソニック」で帰路につくのでした・・・。

 あれ?でも・・・ 今回やって来たのは真っ白なボディーに青い帯を巻いたソニックバージョンじゃなく、黄色い帯を巻いたかもめバージョンの885系がやって来ましたけど、車両繰りの都合で代走しているのでしょうか・・・


 いや〜門司港・・・ 何度来てもいいところですね!!!

 また近いうちに行くゾー!! と思いながら家路につくのでした・・・・・。


                                    −おわり−


 
 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
気ままさんのお陰で、自宅に居ながら、素敵な旅気分でした。いつもいつも、ありがとうございます。
あ〜・・・ 楽しかった!
のん
2007/05/14 11:00
のんサン
門司港レトロの旅お楽しみいただけましたでしょうか。
実は今回、レトロな雰囲気の小路と言われる”栄小路”にも行きたかったのですが、残念ながら道が判らず行けずじまいでした。
次回訪れたとき、栄小路を探してみます。(^_^)/~
気まま
2007/05/14 18:46
気ままさん、どうもご無沙汰していました。m(__)m
いつもRSSリーダーに登録して読んでいますから。
先日転職宣言のときは、熟読しながらなにか一言・・と思いつつ、書いては消して結局送信するには至りませんでした。資格あるものの強みです、前途をお祈りしていますよ。
さて、この記事、あんら〜!なつかしや〜(*^_^*)
去年大宰府で見た直方から来た早川花子さんじゃーありませんか・・といってもオスだけど(笑)
親方相変わらず色黒いですね〜
この前のときの扮装は、明治時代の女学生風で、矢羽根柄の着物に袴をはいていたのに、この日は赤いおべべ?
あの親方のことだから、「兵庫は宝塚の音楽学校を出て・・」とかいって、役どころを変えているかも・・
とここまで、ノリ鉄に一切触れずにすみません(^^ゞ
レイコサウルス
2007/05/14 20:51
レイコサウルスさん、今晩はデス。(^_^)v
早川さんコンビ・・・今年もいつもの場所で芸を披露されていました。
やはり、TPOにあわせて色々な設定を用意されているのですね。画では見にくいのですがこの日は赤いワンピースを着ていらっしゃいました。
それと、転職の件の記事も読んでいただいたそうで、有難うございます。
現在、次の職場を探すため就職活動の準備を進めようとしているところです。(^_^)v
気まま
2007/05/14 22:23
こんばんは、気ままさん。
門司港の旅、楽しく読ませていただきましたー。 私は、門司というと、製鉄などの工業地帯の印象が強かったのですが、ぜんぜん違うのですね。 なんだか異国情緒たっぷりで、文化の香りがする素晴らしい街ですね。
とても気に入りました。 九州旅行の際は、ぜひ、立ち寄りたいです。 楽しい記事を、ありがとうございました!
クキ
2007/05/15 00:40
そうですね、門司港駅周辺は異国情緒たっぷりの文化の街です。
今回紹介した場所はいずれも九州鉄道記念館の近くなんです。
九州に御出の際は是非門司港レトロも是非堪能してくださいね。(^_-)
気まま
2007/05/15 09:43
885系はソニック、かもめ仕様共々殆ど差がないそうですから車両運用の都合でしょうね。・・・しかし、JR九州は普通列車用の車両でもデザインに抜かりはないのですね〜。
オーミヤ
2007/05/16 19:07
オーミヤさん
そうですね、885系ソニック、かもめ仕様を共通してあるのでそれぞれを代走しあっています。
JR九州の車両・・・地元の自分たちにとって見慣れているので「これが普通」としか思わない所があるのですが、やはり他のJRの車両を見慣れている方から見ると、車両のデザインにインパクトがあるのでしょうか・・・。
気まま
2007/05/17 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
門司港レトロ・・・その2 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる