気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 列車に乗ってちょっと遠回りの帰路・・・・・

<<   作成日時 : 2007/06/07 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 この日も実家に用事があって帰省していましたけど・・・・
寮に戻るにはまだ時間早いし、またまた遠回りして帰ることにしました。
画像 
 ということで、寮に戻るため東唐津駅へと来ています。
 実は、今回考えている遠回りの帰路は、昨年の秋にやったコースと同じなんですけど、あののんびりとしたDC(ディーゼルカー)に乗りたくてノリ鉄がてら遠回りして帰ることにしました・・・
 東唐津駅1番乗り場で唐津方面へと向かう電車を待つこと数分、3両編成の103系がすべり込んできました。

 久しぶりに電車で渡る松浦川、なんとも懐かしいです・・・・

 そういえば・・・18の頃、あの娘と一緒にあの河川敷でよくデートしたっけ・・・・
あれから10数年・・・あの娘はどーしているのでしょうか・・・・

 でも、この辺りも河川敷には公園やDrヘリのヘリポート(?)が整備され駅の近くには中高一貫の大きい学校が出来ようとしています・・・・

 あの頃と変わりない風景の中にも小さいところで移り変わる車窓を感慨深げに眺めていると・・・・

 大きくカーブする線路の先には唐津駅が見えてきて、乗り換えを知らせるアナウンスが流れます。

 次の唐津で、唐津線の佐賀行きに乗り換えることに・・・・

 唐津駅に到着、103系が到着した3番乗り場から佐賀行きの列車が到着する2番乗り場へ移動し、待つこと10分、『ゴロゴロ』とディーゼル独特のエンジン音を響かせながらキハ47+キハ125の2両編成「佐賀」行きが到着しました。 
 
画像

 このキハ47には、香椎線でも乗る機会がありますけど・・・・自分的には田舎らしい田園地帯をの〜んびりと走る唐津線のキハが大好きです。

画像 それと、なんといっても・・・・ いいのが、このレトロ扇風機

 この天井からぶら下がる回転式の扇風機が何とも昭和らしさを醸し出しているようで・・・これがもう・・・実にいいんですよねぇ〜

 それから、この車両(キハ47)は国鉄時代から活躍している車両・・・扇風機についている『JNR(日本国有鉄道のイニシャルから捩った)ロゴ』がまたいいんです!!
 なんと、この扇風機・・・このキハ47の冷房の効きがあまり良くないので夏場は現役バリバリで活躍しています。


 そんな、大好きな唐津線のキハに乗り込みウキウキしながら扇風機なんぞコンデジで撮っていると出発時刻になり、ディーゼルエンジンの轟音を轟かせゆっくりと出発・・・・

 唐津市内に広がる住宅街を駆け抜けると松浦川沿いに延びる線路をのんびりとした速度でキハがひた走ります・・・・

 もうすぐ山本到着・・・ 車窓にはもうすぐ田植えが行われようとする田園が目立ち始めます・・・。

 実はこの唐津線、高校時代通学の足として利用していました。こうしてあの頃と変わらない車両に乗り、あの頃と変わらない車窓を眺めていると10数年以上時が経ってしまったのが嘘のようです・・・
 
 高校時代、利用していた山本駅を出発し、国道が見えてくると同じ佐賀駅へと向かうバスが併走していました。

 この唐津線、バスとはライバル関係にあるようですけど、乗っている乗客は列車の方が断然多いようです。
 最近では、この各停タイプの他に高速バスもあるようですけど・・・はやり地元の人にとっては鉄道のほうが利用しやすいのでしょうか!?
 因みに自分的には絶対!鉄道です!(単に鉄道好きだからと言われればそれまでですが
 そんな、ライバルのバスを引き離すかのようにこのキハは徐々に加速していきます・・・
あら?一見の〜んびり走っていると思っていたけど、案外スピード出しているのでしょうか??
(とは言ってもせいぜい60q/hぐらだと思うのですが・・・一方バスは40〜50q/hぐらい?)


 山本駅を発って2駅目、相知駅に到着です。

 駅のあちらこちらにある花壇にはこの町(相知町)のシンボルである紫陽花が植えられていて、紫陽花の花がそろそろ見頃を迎えようとしています。
 そういえば、この相知町は有名な棚田や滝など見所が沢山あるので観光するにはもってこいの所です。
 こちらに相知町の公式HPへのリンクを張っておきます

 
 この唐津線ですが・・・その昔炭坑と共に発達してきた歴史ある路線でもあります。
今でも唐津線の駅にはSLが活躍していた頃の設備を見ることが出来る駅が2駅ほどあります。
画像

 厳木(きゅうらぎ)駅にある給水塔です。
今でも、この駅のシンボル的存在で取り壊されることなく大切に保存してあるようです。 

 因みにこの厳木駅ですが、隣接する高校の生徒がボランティアで駅の清掃や維持をしています。






画像

 こちらは、多久駅構内の傍にある・・・設備なんですが、厳木駅の給水塔とは違い廃墟と化しています。

 この廃墟と化した設備・・・・SLの炭水車に石炭を積むための設備でしょうか?




 SLが活躍していた頃を彷彿とさせる厳木−多久を過ぎると、車窓には一面の佐賀平野が広がってきます。

 多久を境に、北部では田植えの準備が行われている田圃が目立ちましたが、南部(佐賀平野)では麦の収穫が最盛期を迎えようとしているようです。

 確か、この麦はビールの原料に使われるとか・・・・
 因みに、麦が刈り取られた後は、米が作られます。



画像
 小城を出ると唐津線の旅も終盤にさしかかり、次の久保田駅で合流する長崎線の線路と某メーカの製紙工場が見えてきました。

 実はこの久保田駅までが唐津線です。
ここから先は長崎本線となり佐賀までの2駅を特急列車を待避しながら終点佐賀へと向かいます。


 長崎線にはいると、そこは時速130q/hで突っ走る特急も走る線路、このキハも終点に向けそれなりのスピードでラストスパートするのかと思いきゃ・・・・・以外にも今までと同じペースでの〜んびりと長崎線の線路を走り抜け、終点佐賀へと到着するのでした。





画像
 終点佐賀に着き、キハをおりると・・・旅立ち恵比寿様がお出迎えしてくれていました。

 この恵比寿様は進学・就職・結婚等々・・・・・人それぞれの旅立ちを祈願されているそうです。

 自分も、次の旅立ち(新たな就職先に)ご縁があるようちゃっかりと祈願してきました。
(親からは、結婚の方が先やろ!!と言われそうですが・・・


                                  −つづく−            

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 気ままさんのお陰で、自宅にいながら旅をさせて頂きました。お陰で心が落ち着きました。のんびり出来ました。気ままさんのような、良いブログが出来るようになりたいです。(今まで、自身のストレスのはけ口にして来ましたが、楽しいブログ良いですね。)
 転職ですか?男性は、精神科とか、ホームの様なところですか?一般病院にも、男性看護師さんがいてもよさそうですが、総合病院は、女性しか見ませんよね。待遇面でしょうか?医者は、男性が多いですから、看護師さんが男性でもいいと思いますけど。。
のん
2007/06/07 20:16
こんばんは。乗り鉄お疲れ様でした♪記事を拝見しているうちに、唐津線のキハが大好きになりました♪みいは、感化されやすいみたいで^^;
良いですよね〜。あの、「ゴロゴロ〜!」というディーゼルエンジンの音といい、扇風機の音といい、もう、全身で唸りまくっているって感じが、タマリませんwホワイトにブルーの帯常磐線カラーのキハ…もう最高ですね!見るからに、唸るぞ〜!って顔していますね(*^^)v
みい
2007/06/07 22:33
のんサン
いや〜列車に乗っただけのだらだら綴った旅日記ですけど楽しんでいただけたようで何よりです。(^^)
次の就職先ですね・・・できれば今度は一般病院に勤めたいところですが、今のところ、やはり待遇面(収入)でしっかりしている事が第一です。
のんサンの仰るとおり、看護業界では男性の進出が著しいです(他の職種と反対ですね)が施設によっては男性が勤務する科を制限しているところもあるようです。
気まま
2007/06/08 21:52
みいサン
唐津線のキハ47いい味出しているでしょう!? (^-^)
つい最近まで同僚のキハ40がいたんですけど、他の路線に転属しました。
それにDCのいいところはECにはないディーゼルエンジンの振動ですよねぇ・・・。(^_-)
発進するときや坂道を登るときエンジンがフル回転するときの力強い音や床から伝わるその振動が、なんともいいんですよねぇ(^-^)
DC・・・あのうなり声が聞きたくて、力強い振動を体験したくて無性に乗りたくなるときがあります。(^_^;)
気まま
2007/06/08 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
列車に乗ってちょっと遠回りの帰路・・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる