気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シックディ

<<   作成日時 : 2007/09/01 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 15

 「青春18きっぷ」でちょい旅・・・熊本へ の旅をした日の事です。

 
 旅を終え、家に帰ってくると、どうも身体が怠く動きたくありません。
それに、朝も昼もろくに食事をしていないというのに食欲が無く、頭も重いし・・・・
あまり動き回っていないのに、体中の筋肉が何となく痛いのです。

 なんと! 不覚にも、ここで初めて体の不調に気づきました。

 これはヤバい!! 夏風邪かもしれない!! 明日勤務なのに!!

 そう思った自分は、食欲が無く重い体を引きずってキッチンへと立ち、昨日の残りご飯でおかゆを炊き、うまかっちゃん(インスタントラーメン)の玉子入りをつくり無理矢理に胃袋へと押し込み、シャワーを浴びるとまだまだ夜の8時にもかかわらず早々にベットへともぐり込みました。

 あとは、自分の体の免疫力を信じて明日を迎えるばかり・・・・・・


 しかしです・・・・・

 最悪の事態が、自分の身に起こってしまいました・・・・


 夜中の0時近くでしょうか・・・・・

 フッと目が覚めると・・・ 何となく寒いじゃないですか・・・・・

 とっさに、「エアコンの消し忘れかなぁ?」と思いましたがエアコンはタイマーが切れ既に止まっていました、さらに時計の温度計を見てみると28℃・・・・・・

 「あら?」と思いながら寝返りを打とうとしたとき寒気が増してきて真夏だというのに体中が震えだしてきました。

 専門用語で言う悪寒戦慄という状態です。(体の防御反応の一つで細菌感染や著しい低体温から身を守るため全身の筋肉を振るわせて体温を上げようとする反応)

 こんな時の対応は気温に関係なくとにかく、体の保温に努める事。
とにかく、タオルケットに夏布団、ベットカバーにPCの防塵カバー何でも良いから手の届く範囲で保温に役立ちそうな物を自分の体に重ねて掛けますが、悪寒戦慄はなかなか治まりません。
そこで、ベット下の整理箱の中に使い捨てカイロを入れていたのを思い出し、使い捨てカイロを取り出すと、カイロを2つほど布団の中に入れ込みました・・・・・

 すると、これが良かった!!・・・・・
カイロのお陰で体の保温が出来、20分程すると悪寒戦慄は治まりました。

 「これは・・・39℃以上の熱が出ているなぁ・・・・」と思いながらベット下に置いている救急箱の中から手探りで体温計を探し体温を測定・・・・・

 数分後、体温計がピピピピー×3
測定終了の合図。
 
 恐る恐る、体温計の表示を見てみると・・・・・・・

    39.8℃    

 予想以上の高熱に思わずイッてしまいそうになりました・・・・

 も・・ も・・ぅ  き、きゅうう・・・ 救急車・・・・・ 呼んで!! って叫びたかったです・・・・ ホントに・・・・

 どうにかこうにか・・・・ 気力を振り絞り・・・ 

 解熱剤を飲もうとキッチンへむかいますが、もう・・ フ ラ フ ラ 〜 〜 〜
さらには吐き気までしてきて、薬飲んでるんだか、吐いてるんだか訳もわからない状態・・・
(結局、口からでは無理と判断し坐薬を入れて様子を観る事に)

 そして、どうにかこうにかベットまで戻る事が出来、ほぼ失神状態で眠りにつき、再び目が覚めた頃には夜が明け出勤時間が迫っていました。
熱を測ると、38.4℃ 少し熱が下がり、何とか動けたので、上司に一報を入れとりあえず施設(会社)に行く事になりました・・・・


 朝礼後、真っ先に併設病院の内科へ受診、血液検査してDrの診察を受けた結果、自分に下された診断は、『感染性胃腸炎』・・・おそらく症状の出方から風邪の菌が胃腸に入ったのでは?との事でした。

 結局、2日間は仕事を休んで点滴をする事になりました。 

 それから、今日で4日ほど経ちますがやっと、食事が入るようになり体調も徐々に回復してきました。


 これから、季節の変わり目になり体調を崩しやすい時期になります。
どうぞ、どなた様もお体には十分注意してくださいね。

 それでは、ご機嫌よぅ  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ〜さすがの知識と対応です…この暑い時期に暖めるなんてワタシじゃ思いつきませんね。
生身の気ままさんと看護師の気ままさんとの戦いになんだか笑うところじゃないけどくすっと笑えます。
知識があるぶん、こううしなきゃあぁしなきゃと、ただばててるわけに行かなかったのでしょう…大変でしたね〜。でもそのおかげで復活、めでたしめでたし。お大事に。
ルート
2007/09/02 07:50
気ままさん、体調は如何ですか?
私は、やっと回復しました。
食欲も出て来ました。
ちょっと、胃が不完全な感じは有るけど、(私の)普通に暮らせるようになりました。
気ままさんは、お仕事を御持ちなので、なかなか養生がしずらいでしょうが、早期完治しますように!
くれぐれも、病気を復活させないように、お大事に。
のん
2007/09/02 16:27
現在のご体調は如何でしょうか、だいぶ回復されているようで良かったです。ふとした時に病気となってしまうことも確かにあるようですから、注意が必要になりますね。
オーミヤ
2007/09/02 18:55
ルートさん、お気遣い有難うございます!
そうなんです!こういう時って生身の自分と看護師の自分が戦うんですよ。でも・・・ねぇ・・・
ルートさんの仰るとおり、なかなか体が動かなくてもどかしい思いをするんですよ (-_-;)
こういう仕事をしているので職場で治療して貰えるのが特権みたいな物です。
おかげさまで、早く復活する事が出来ました。(^_^)v
気まま
2007/09/02 22:00
のんサン、お気遣い有難うございます!
2日間の病欠後、仕事に復帰しましたが食欲が今イチ無く仕事の休憩時間に点滴を打ったりしましたが、今日から食欲も戻りようやく本調子になってきました。
今年の夏は少しばかり体をこき使ってしまいました・・・やはり暑い夏は適度な休養も必要なんですね。
重々反省しました・・・^^;
のんサンも復活されたようで、良かったです。(^_-)
気まま
2007/09/02 22:05
オーミヤさん、お気遣い有難うございます!
お陰様で、今日から完全復活いたしました。
今年の夏は、「青春18きっぷ」の旅が少しハードだったのかもしれません(-_-;) ・・・・
病気は予防することで大半が防げますが、やはり罹るときには罹るんですよねぇ・・・
気まま
2007/09/02 22:14
  *−*−*−*−*
     補足です
  *−*−*−*−*
悪寒戦慄時は、季節や気温に関係なく保温する事と記していますが、その後の対応についてお知らせいたします。
保温処置が適切に行われると、素早く体温が上がるため発熱中枢が満足し不快な症状は短時間のうちに消失します。(逆に体が熱くなっているからと冷やしてしまうのは不快な症状を長引かせ体力を消耗させるだけです)

寒気や震えが治まったらそれ以上、余計に暖める必要はありません、余計な布団(湯たんぽを使用していたら湯たんぽ)を除いたりして寝具環境を整えます。
もし、解熱剤を投与するなら体温が上がりきったこのタイミングが最適です。指示された量を投与しましょう。
そして、本人が希望するなら氷枕やおでこに冷たいタオルをしてあげます。
気まま
2007/09/02 22:32
一人暮らしでの病気って辛いですよね。
でも、対応がさすがと言うか・・・。
私はいろいろとやらかした結果、けっこう熱に強くなったらしく、39度台ってよく出ます。さすがに、インフルエンザで5日間続いた後は2日ぐらいフラフラしましたが・・・^^
釈迦に説法でしょうが、これから夏の疲れが出て、体調を壊しやすいと思いますので、お気をつけて。
だーむー
2007/09/02 23:48
だーむーサン、お気遣い有難うございます。
そうなんですよねぇ・・・一人暮らしは気ままなのがいいんですが病気の時が辛いんですよねぇ。
医療施設に勤めているので病気になったときの対応はバッチリなのがせめてもの救いなんですが・・・・
自分も熱には結構強いんですが、さすがに39℃台はキツかったですねぇ・・・
しかも、胃腸炎だったので熱が下がっても2,3日は食事も入らないし・・・仕事に復帰してからも2日ほどは休憩の時に点滴してました。
夏の疲れが出るのはこれからだし・・・再び体調をくずなさいよう気をつけようと思いました。(^_^;)
気まま
2007/09/03 21:33
気ままさん 私も正におんなじ症状でした
悲しいかな、分析し自ら介抱しちゃうんですよね…
仕事はしてましたけどね、主人が全く介抱してくれない人なんで、ご飯の支度もしました
結婚を後悔するのはこんな時です 笑
お身体お大事に…
栄養取って下さいね
さぼてんママ
2007/09/04 05:37
気ままさん、おはようございます♪
大変でしたね。
一人暮らしで何が辛いかと言えばやはり病気の時ですね。
我が家の子供達も独立したいと言っています。
友人の知人が一人暮らしをしていましたが、心筋梗塞で亡くなっていたそうです。
かなり苦しそうな顔で亡くなっていたそうです、結婚はしないと言い悠々自適に過ごしていた女性だったそうですが、悲しいですね!

気ままさんは、昨年も体調を崩され大変な思いをされたのに・・・
ぼちぼちお嫁さんを貰っては如何ですか?
良い娘がいますよ(*^o^*)♪

月桂樹
2007/09/04 09:40
さぼてんママさん、お気遣い有難うございます。
最近、胃腸炎が流行りだしたそうですけど・・・こういう時も、思わず分析しちゃうのは・・・やはり職業病の一つなんでしょうねぇ(^_^;) また、職場が医療の現場なので病気の時はすぐに治療を受けられる事がこの商売の特権ですね。でも、こういうとき本当に、独り身の淋しさが身にしみます・・・(-_-;)
気まま
2007/09/04 21:27
月桂樹さん、お気遣い有難うございます。
そうですねぇ・・・医療の関係で働いているので必要な医療はすぐに受けられますけど、やはり病気をしたとき独身だと不安がありますね・・・・

月桂樹さんの友人の知人の方も心筋梗塞で孤独死されたのですか・・・実は、自分の母親の友人も一人暮らしをしていて心筋梗塞で孤独死しました。
気ままな独身生活もいいのは若いときだけ・・・年を取ると健康面で色々不安な事が出てくるそうですね。
自分もそろそろ考えなきゃ・・・ですね。
現在はとりあえず、今の職場を辞めるタイミングを見計らいながら次の職場を探しています。
気まま
2007/09/04 21:34
こんばんは。災難でしたね(>_<)夏疲れが出たのでしょう。。。しかも、季節の変わり目ですからね。気をつけないと…しかし39度8部なんて、気が遠くなりそうな体温ですね〜。誰か家族とか同居人がいれば気分的にも楽なんですが、私のように、一人暮らしで、そのような高熱が出たなら、もう・・・・考えただけで。。。。き、気をつけなきゃ^^;
みい
2007/09/07 00:40
みいサン、お気遣い有難うございます。
39.8℃・・・体温計を見た瞬間、本当に気が遠くなりました(-_-;)
病気したときは、本当に一人暮らしの辛さを感じてしまいますねぇ・・・・。
今まで以上に体調管理には気をつけなければ・・・と反省いたしました。
気まま
2007/09/07 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
シックディ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる