気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎市内でちょい観光

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:51   >>

トラックバック 1 / コメント 6

 「白いかもめ」で長崎にやってきた目的は、”遊び”ではなく叔母が入院している大学病院へ”お見舞い”に行くためだったんですけど・・・・

 せっかく長崎までやって来たのでお見舞いを済ませた後、長崎市内を少し観光することにしました。


 お見舞いを済ませ、帰りの特急の時間まで2時間ほど時間があるので大学病院周辺にある名所を廻ることにしました。

 大学病院の近くには平和公園もあり季節柄でしょうか修学旅行生も多く訪れていました。
そこで、今回は「平和」をテーマにいくつか名所巡りをすることにしました。


 まずは、病院の近くにあった『山王神社の二の鳥居』。
画像 爆心地より大凡900メートルほど離れた場所にありました。
原爆のすさまじい爆風により左半分が吹き飛ばされました。
近年、補強工事が行われたそうですが、原爆で片方が吹き飛ばされた姿のまま保存されています。(近くには、吹き飛ばされバラバラになったもう半分の鳥居も一カ所に集められ保存されています。)
 原爆の威力もさることながら、すさまじい爆風に絶えた片方の鳥居の頑丈さに驚きでした。


 「山王神社の二の鳥居」からすぐ近くにあるのが『山王神社の大クス』です。
画像 現在では、大きな幹に大きく広がる枝をいっぱいつけていて、正しく大クスといった感じですが、被爆直後は枝や葉が全部吹き飛ばされ幹も大きく裂けて黒こげになり、その生命も危ぶまれたそうです。
その後、延命処置も行われ奇跡的に樹勢も回復し現在では立派な枝葉をつけています。
 画像ではわかりませんが、大きな楠の幹には延命処置が施された痛ましい傷跡があります。
 しかし、どうです!? この画像をパッと見るだけでは、とても原爆で丸焦げになった木とは思えないでしょう!!
 この木自体がもっている生命力や必死の延命処置があったのも奇跡的な回復につながったと思いますが、自分的には大昔からこの木に宿っている「日本古来の神様が守ってくださったのでは」と思わずにいられませんでした。

 
 次に訪れたのが、『原爆落下中心公園』。
画像 「原爆投下中心碑」この日の直上約約500メートルで原子爆弾が爆発したそうです。
このたった一発の爆弾で長崎市内のありとあらゆるものを一瞬にして焼き尽くしました。
 この碑には”原爆殉難者名奉安”がその近くには浦上天主堂から移設された「浦上天主堂違壁」があります。(すいません、この違壁の画像はありません)
 現在では、青々とした木々が生い茂り、原爆が投下された後の壮絶な光景は想像も出来ませんが、昭和20年8月9日午前11時2分この地に原爆が落とされたのは紛れもない事実なのです。  


平和祈念像』世界平和を願って造られました。
画像 ブロンズ像が天を指す右手は原爆の脅威を水平に伸ばした左手は平和を示し、閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈る姿を表しています。
 長崎=修学旅行といえば、ここが一番有名な場所ではないでしょうか。
この日も日本各地からやって来た修学旅行生がたくさんいて、平和祈念像で記念写真を撮ったり、公園のあちこちでボランティアによる講話がおこなわれていました。


 そして、今回のテーマから外れてしまうんですけど、どうしても行きたい名所があったので路面電車に乗り、行くことにしました。
その場所というのが、『眼鏡橋』です。
画像
 おーっ!、水面にも橋が映しださされ、立派な「メガネ」になっています。
 この姿が、眼鏡橋といわれる由縁だそうです。
デジカメに再生された画像を見て思わずニッコリしてしまいました。

 眼鏡橋をデジカメに納め、時間があれば他の所にも廻りたかったのですが・・・あえなくここでタイムアップ、惜しい思いをしながら長崎駅へと向かうのでした・・・・・。





                          長崎市内でちょい観光〜おわり          






 **** おまけ ****


 長崎駅で帰りの特急「かもめ」に乗ろうとしたとき、長崎駅の留置線にフッと目を向けると・・・なんとも懐かしい車両が止まっていました。
画像
 国鉄色を纏ったキハ66系です。
前回、小倉駅で出会った国鉄色の415系同様、このキハ66も1編成のみ国鉄色に戻された貴重な車両です。
 その車両が、こんな間近に見ることが出来るなんてとてもラッキーでした。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
広島平和記念資料館に行ってきました
広島平和記念資料館に行ってきました ...続きを見る
広島県(元)呉市在住にしおの日記
2007/10/10 07:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
メガネ橋の写真、すごいバッチリ取れましたね。
このような写真は初めて見ます。

最後の写真、日田彦山線を走る列車でしょうか?
小倉から列車で(南小倉へ)帰る時に乗る列車に似ています。
叔母さんの御加減はいかがでしたか?
早くお元気に成られます様に祈っています。
のん
2007/10/05 06:00
のんサン
眼鏡橋に行きたかった理由・・・それは、この写真を撮りたかったでもあります。この日は風がほとんど無く水面がとても澄んでいて思い通りの写真を撮ることが出来ました。(^_^)v
最後の列車の写真、現在は佐世保線(主に長崎〜佐世保)を走っていますが、かつては日田彦山線も走っていました。
 以下はトレビアですが、日田彦山線を走っている車両もこの車両に似たような格好をしていますが、違う車両なんです。
国鉄時代から走っている車両は違う車両でも製造コストを安くするため格好が似ています。それと対照的にJR化後に登場した列車は路線ごとにデザインが違うため個性がはっきりしています。
気まま
2007/10/05 09:42
長崎へのお見舞い…おつかれさまでした〜。長崎へは、1度だけ観光に訪れた事あります。平和記念公園…有名ですよね。何か異空空間が流れている感じがしました。
ちなみに、国鉄色のキハ66系に出会えるとは、本とラッキーでしたね。やはりこの色が一番似合いますね〜♪
みい
2007/10/14 16:20
みいサン
長崎・・・なんか日本のような日本じゃないような異国情緒が漂ってますよねぇ。
自分は、この異空間のような雰囲気が好きで良く訪れる場所でもあります。
それと、国鉄色のキハ66に偶然で会えたのは本当にラッキーでした。
やはりキハ66は斬新なJR色より国鉄色が一番!ですね。(^_-)
気まま
2007/10/14 21:09
国鉄色 キハ66の運用区間、運用番号などが
わかりましたら、
教えてください。
こう
2008/10/12 09:11
こうサン、ようこそ!
国鉄色のキハ66の運用区間ですがJR九州、大村線(佐世保〜長崎)です。なお、運用番号は不明です。
気まま
2008/10/12 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎市内でちょい観光 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる