気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ぐるっと佐賀きっぷ」で筑肥線・唐津線乗りつくしの旅vol2

<<   作成日時 : 2007/10/16 23:26   >>

トラックバック 1 / コメント 6

 さぁ〜、一夜明けて再び東唐津駅です。
画像
 この日は土曜日で学校が休みだったので、ここからは電車好きな甥っ子と合流し、「筑肥線・唐津線乗りつくしの旅」続行です。

 甥っ子は、8月に「青春18きっぷ」でスタンプラリーの旅をやった以来、久しぶりに電車に乗るので身も心も「ウキウキ」状態のようです。


 まずは、昨日の続きから・・・・
筑肥線の電化区間(姪浜〜西唐津)を乗りつぶすためとりあえず「西唐津」へと向かう電車に乗り込むことにします。
画像
 やって来たのは、筑肥線でお馴染み103系1500番台の九州オリジナルバージョンです。

 グレーの地に、赤のアクセントが刺激的です・・・・

 この路線には、最新鋭でスタイリッシュな303系も走っていますけど、昔から走っているこの103系は何か風格を感じてしまいます。


画像 東唐津駅を出発すると、進行方向右手側に、「唐津城」が見えてきます。

 唐津市のシンボルである『唐津城』を見ると「故郷に帰ってきた!!」って実感してしまいます。

 また、看護学生時代は唐津城を見ながら通学していたのでこの光景を見ると・・・その当時を想い出し切なくなってしまいました・・・・。 

 そんな想い出に浸りながら、車窓をぼんやりと眺めていると、あっというまに「唐津駅」到着。

 唐津駅はターミナル駅でもあるため、ほとんどのお客さんがここで下車します。
賑やかだった車内もガラガラに・・・・
画像
 ここでチョイと余談です・・・・・・
 他のお客さんがいないことを良いことに、103系の客室を撮影しちゃいました・・・・。
 乗り入れ先である福岡市営地下鉄のお洒落な車両に対抗するため、当時の国鉄が最新鋭である201系の内装を九州の103系にも採用したそうです。だから・・・たぶんですけど・・・本州の人がこの客室を見ると201系の客室にみえちゃうかもしれませんね。

 ガラガラ状態になった列車は、高架の線路を大きくカーブしながら終着「西唐津」駅へとラストスパート。
スピードが緩み高架を下り終えると「西唐津」到着、これで筑肥線の電化区間をのりつくしました。
画像
 数分後、先ほど乗ってきた103系がこの先にある車両基地へと引き上げていきました。

 どうも、お疲れ様でした。

 さて、ここで一旦、改札を抜けようと思いましたが・・・・ 
数分後には「伊万里」へと向かう列車がやってくることだし、この駅の周りには面白そうな所もないのでこのままプラットホームで待機することにします。


画像
 程なくして、103系と入れ替わるように「伊万里」行きのキハ125形が入線してきました。

 今度は、この黄色いキハ(125形)に乗り筑肥線の非電化区間(西唐津〜伊万里)を乗りつくすことにします。

 黄色いキハのドアが開くと早速乗り込み、真ん中辺りのボックス席をゲット。
甥っ子と朝食替わりのパンを食べながら出発の時刻を待ちます。

画像 また想い出話になっちゃいますが・・・・高校時代は列車通学をしていたのでこの「西唐津駅」はいつも利用していました。
 駅の佇まいも列車もあの頃のままですが、駅の周辺が変わっていました。
 ホーム反対側の車窓からは、あの頃には無かった大きな跨線橋と新しいマンションや福祉施設が建っていて、当時あんなに大きく見えていた火力発電所の煙突も今では妙に小さく見えます。

 またまた、想い出にどーっぷりと浸っていると・・・・ いつの間にか列車が出発していました。


 筑肥線といえば、福岡市営地下鉄と相互乗り入れをしている西唐津〜福岡空港間を電車が走っている路線が有名ですが、今乗り込んでいるディーゼルカーが行く路線(西唐津〜伊万里)も歴とした筑肥線です。(たまに地元の人が「伊万里線」などと呼んでしますが・・・それはご愛嬌

画像 電車が走っている区間(西唐津〜福岡空港)は海沿いを駆け抜け九州の大都市「博多」へと向かう幹線ですが、こちらの区間(西唐津〜伊万里)はどこまでも長閑な田園地帯と自然豊かな山間をの〜んびりと伊万里まで行くローカル線です。

 一時は廃止の危機にさらされましたが、「自分たちの町から鉄道を無くしたくない!!」という地元からの必死の声を受け細々ではありますが存続し続けています。

画像
 西唐津を発ってから大凡1時間で終点「伊万里」到着、これで筑肥線を完乗したことになります。

 惜しくもこの日は10月13日、鉄道の日(14日)に近いことから伊万里駅の広場では鉄道に因んだイベントが行われていましたので、ちょっと寄っていきたかったのですが・・・・

この先のスケジュールがあるので、後ろ髪を引かれるような思いで、「有田」へと向かう列車が待つ松浦鉄道のホームへと急ぐのでした。
 


              「ぐるっと佐賀きっぷ」で筑肥線・唐津線乗りつくしの旅vol3 へと続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ぐるっと佐賀きっぷと佐賀キャンペーン号
待ち望んでいた切符「ぐるっと佐賀きっぷ」。なぜかというと、佐賀県内の鉄道を乗りま ...続きを見る
えふ流パパサウルス
2007/10/17 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 昨晩、ヤフーオークションにはまっていました。
(目覚まし時計をゲットしました。が、その方が出されていた他の物は全て(時計以外は)鉄道の本でした。以前は鉄道マニアだったのかな?と思いながら気ままさんを思い出していました。
 甥っ子さんも気ままさんと趣味が合い、一緒に連れて行って貰って気ままさんの事が大好きでしょう!
(朝食を途中で取るほどの早いスタートだったんですね。)子連れ旅、お疲れ様でした。
お二人のニコニコ笑顔を思いながら楽しく旅をさせて頂居た気分に成りました。(*^_^*)/
 看護学校は辛かったのですか?
のん
2007/10/17 08:15
のんサン
初めてオークションで手にする目覚まし時計、届くのが楽しみですね。
鉄道関係のグッズや本・・・時にはビックリするような品(駅名板、方向幕など)ものまであったりして見ているだけでも楽しそうですね。
それに、甥っ子の鉄道好き「本当に誰が教えたの?」と思うぐらいはまってます。(^_^;)
看護学校ですか・・・そうですねぇ・・・一言で言えば、「もう一度行け!」と言われても生きたくないですね。仕事をしながら看護学校に行っていたので、その大変さを想い出して切なくなっちゃいました。
気まま
2007/10/17 22:42
鉄道好きのあのカワイイ甥っ子ちゃまとプチ電車旅だったのですね〜♪ウキウキ嬉しそうなお顔が目に浮かんで微笑ましいです〜(^^)ちゃんと、お顔の下に103系と書いてある所が又、粋ですね〜♪
みい
2007/10/31 00:02
みいサン
はい、あの甥っ子と電車の旅でした。
甥っ子は、初めて乗る783系「みどり&ハウステンボス」がとても気に入ったようで783系のチョロQを無理矢理買わされました・・・(^_^;
それと、お顔にさりげなく「103」のレタリングは自分も粋だと思います。さすが水戸岡さん!です。
気まま
2007/10/31 11:38
あれ・・・?伊万里駅でそんなイベントがあっていましたか?
う〜ん・・・知りませんでした。
だーむー
2007/12/10 00:46
だーむーサン
そうなんですよ・・・自分も伊万里駅に行くまでは知りませんでした。

伊万里駅と言えば、昔ダイエーがありましたね。
伊万里のダイエーなかなか好きで実家にいるときは良く買い物に行ってました。
今でもダイエーの亡骸となった建物を見ると淋しくなります・・・・。
気まま
2007/12/10 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ぐるっと佐賀きっぷ」で筑肥線・唐津線乗りつくしの旅vol2 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる