気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州満喫きっぷの旅、第2弾・・・・夜明駅

<<   作成日時 : 2007/12/02 13:01   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像

 「旅名人の九州満喫きっぷ」の旅、第2弾どこにいこうか色々迷ったんですが・・・・
今回、「夜明駅(大分県日田市)」に再び訪れることにしました。

 夜明駅には今年の夏、「青春18きっぷ」で訪れたことがありますが、その日はあいにく雨に祟られた上、前日の台風でダイヤが乱れてしまい「夜明駅」を楽しむことが出来なかったので、何時か出直してみようと思っていた駅でした。
その前回の記事はコチラ


画像
 朝の博多駅、プラットホームには通勤・通学のお客さんでごったがいしています。

 すっかり観光モードの自分は、暢気にこれから乗る列車の記念撮影・・・・
これから乗るのは鹿児島本線の快速「大牟田行き」やって来たのは813系オデコでっかちばージョン。
 コイツがデビューしたばかりの頃は、その見慣れないオデコに違和感がありましたが、今じゃすっかりお馴染みとなりました。 「○○は3日で慣れる・・・」ですねぇ(^_-) 
 この列車で、久大本線への乗り換え先である「久留米」へと向かいます。


 オデコでっかちばージョン813系に乗ること約40分、久留米駅到着です。
画像
 やって来たのは、折り返し「日田行き」となるJR九州最新の気動車キハ220-200番台。

 思わず最新の車両を目の前にウキウキしながらデジカメのシャッターを押すのでした。

 この車両、ものの本なんかで見たことはありますが自分の目で見るのは初めて・・・・
大型のLED表示器がついているためかそれまでのキハ220と違いかなり個性的なカオしています。(まるで初めてオデコでっかちばージョンの813系見たときのような印象でした)

画像 このキハ220・・・一目見て気に入っちゃいました。
 窓側の席を無事ゲットすると荷物を置き、改めて記念撮影。

 しかし、キハ220-200番台ホントに個性的なカオつきししています・・・・自分はこの横顔が凄く気に入ってしまいました。

 よ〜く見てみると・・・自分的には、おじさんぽっいというかドイツ系のカオしていると思います。

 すっかり気に入ってしまったキハ220をデジカメに納めたあと、定刻になりこのキハ220はスルスルと久留米駅を離れました。
(さすが、最新の気動車。その力強い加速感はまるで電車のようで、国鉄時代の気動車にありがちな重々しい感じはまったくありませんでした)

 列車は、自然豊かな平野を軽快に駆け抜け河童で有名な「田主丸駅」に到着。
画像
 乗っている列車が到着した反対側のホームでは、河童君が出迎えてくれました。

 しかし・・・前回来たときにと違い天気が良く(画像では逆光のため空の写りは良くありませんが)、車内はポカポカ・・・絶好のノリ鉄日和です。(^_^)v



 田主丸を過ぎ暫くすると筑後川の支流である玖珠川に沿い走ります・・・・
画像
 車窓からは、玖珠川に掛かる夜明ダムが見えてきました。
 その上流にでは、カヌーに乗る人たちが・・・・
この川は、カヌーの練習で有名なところみたいですが、近くの学校にあるカヌー部員の練習でしょうか?
 しかし、水面をスイスイと進むカヌーは気持ちよさそう・・・・ 「ちょいと乗ってみたいなぁ」とも思いました。

 そんな、気持ちよく水面を走るカヌーに見取れていると・・・程なくして「夜明駅」到着。
ここで、列車を下車・・・・
画像

 列車を降り素早く跨線橋に駆け上がると記念撮影がてら、ここまで誘ってくれた、キハ220を見送ります。

 前回やって来たとき撮り忘れていた駅舎を今回は真っ先に記念撮影。
画像
 こぢんまりとした、どこにでもある木造の田舎の駅舎ですが、何とも味わいのある駅舎です。
列車が行ってしまうと駅舎静寂さに包まれます・・・ 
(真っ赤に紅葉した落葉樹の葉がはらはらと静かに舞い散るのを目にすると何となく淋しささえ感じてしまいました。



 次の列車まで1時間近く・・・・ちょっと駅周辺を散歩してみることに・・・・
とりあえず国道沿いに、夜明大橋まで行ってみることにしました。
画像 
 夜明橋から、駅方面を撮ってみました。
この周辺には、温泉街もあるようですが・・・・なんだかひっそりとした街並みです。

 もっと、駅周辺を散策したいと思ったんですが周りには何もないし、狭い国道を猛スピードでひっきりなしに車が通るので危険を感じ駅へ退散することにしました。


 駅に戻りもう一度、駅の全景を撮ろうと跨線橋に登ると・・・日田行きの列車がやって来ました。
画像 今度やって来たのキハ125でした。
 モノトーンな、駅の全景にキハ125の黄色は良いアクセントになります。

 夜明駅・・・はやり、その駅名を象徴しているようで晴れた日に訪れるのが一番です。 
そして、自分はこの跨線橋から見る夜明駅の全景が大好きになってしまいました。
もし、絵心があるならここでスケッチでもしてみたいのですが・・・絵を描くことが一番不得手なので、写真を撮るだけにしておきます。

 跨線橋を降りて暫くすると、日田方面から久留米ゆきの列車もやってきました。
画像
 これまた・・何とも・・・ 黄色いキハと赤いキハのツーショット・・・・ 思いがけないシャッターチャンスにウキウキです。

 はやり、駅構内に列車がやってくると駅が活き活きしてくるように感じます。
 
 本来の計画では、ここで「日田行き」の黄色いキハに乗り、さらに久大本線を進み「豊後森駅」まで行き、豊後森機関庫を見学する予定でしたが、帰りの列車が夕方にしかなく、このあとの予定もあるのであえなく断念・・・・(-_-;) 
前回来たときと同じ行程、同じ時刻の列車で福岡へと戻ることにしました。


 今度乗る列車は、この駅で日田彦山線へと分岐する「田川後藤寺」行きの列車。
次の列車が来るまで20分足らず・・・日田彦山線へと接続する列車が発着する3番乗り場で待つことにします。
画像
 しかし、3番乗り場のホームの曲がり具合・・・・本当に良いですねぇ。

 なんというか??・・・・ なんでしょう!?・・・・ きちんと説明できないですけど・・・
とにかく、ホームの先っちょの曲がり具合がいいんです。
(余談ですが、このホームの曲がりかたを見ていると・・・喉頭鏡という医療器具を連想してしまうのは自分だけでしょうねぇ・・きっと!)

 そんな3番乗り場で列車を待っていると・・・・・
画像
 日田彦山線「田川後藤寺行き」のキハ147がやってきました。

 しかし、今日は最新型のキハ220から古株のキハ147まで1日で乗ったり見たり出来るとは・・・とてもラッキーです。




                             九州満喫きっぷの旅・・・・つづく





 − 追記 −

*夜明駅
 ものの本なんかでよくよく調べてみると・・・・元々この夜明駅周辺は焼き畑を行い開墾した場所のようで、最初は「夜焼(よやけ)」とされたようですが、「焼」という字や音を嫌って「夜開」とされ、さらに改名され現在の「夜明」となり、現在では縁起の良い駅名として知られるようになったそうです。
 また、某放送局(お金を徴収する局)の企画で「片道切符」と「JR乗りつくしの旅」で関口智宏さんが訪れた駅でもあります。


*喉頭鏡
鉄道とは何の関係もない医療器具(下の画像、L字形をしている器具)のことです。
画像 夜明駅の先っちょの曲がった3番ホームをみているとこの器具を連想してしまいます。
 因みにこの器具は、喉に異物を詰めたときや急変(呼吸がとまってしまったとき)などのとき口から舌の奥へとこの器具を挿入してのど(喉頭)を開いて異物を除去(長い鋏みたいな器具が異物を除去する鉗子です)したり、呼吸を助けるためのチューブを気管へと挿管する場合に使います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あら〜。気ままさん久留米まで来られたんですね。
のんびり九大線の旅いいですね。
日田の夜明といえば、ここにある夜明け薬湯温泉に
たまに行ってました。古びてますが効能がすごくありそうな温泉です。
むら智
2007/12/03 09:43
のんびり列車の旅。
いいですね〜。
我が家は車の移動が多いです。
たまには列車で旅を満喫したいな〜。

喉頭鏡・・・。
最近使いました。
気管内挿管患者さんが多くて・・・。
おかん
2007/12/03 23:16
むら智サン
は〜い、通りがかりですけど久留米まで行きましたよ。(^^)/
薬湯温泉ですか・・・そういえば、駅の近くにそういう看板がありましたし、駅の対岸ににあったドライブインみたいな所にもそういう温泉があったような気がします。
今度行ったときには、薬湯温泉にゆっくり浸かってきたいと思いました。(^_-)
気まま
2007/12/04 21:19
おかんサン
の〜んびりした鈍行列車の旅・・・たまにはいいですよ。(^_^)v
北海道には、一度乗ってみたい「スパー北斗」や「白鳥」などがあって何時か行ってみたいと思っています。

喉頭鏡・・・最近使ってないですねぇ。
そういえば新人の頃、喉頭鏡のハンドルにブレードを取り付けることが出来なくて、Drに酷く怒られたことがあります。(-_-;)
気まま
2007/12/04 21:26
キハは、上から撮ると、ものすごくかっこいいんですね。私も撮ってみたくなりました。よい景観ですよね〜。見ていて元気がもらえます。
それにしても・・・・喉頭鏡ってよく、テレビドラマとかで目にしますが、そんな風に使われていたのですね。でも、何だか痛そう(>_<)自分は、喘息持ちなので、悪化しないように気をつけよう・・・・
みい
2007/12/09 14:54
みいサン
そうですね、ローカル線にキハの姿は良く合いますね。
「きっと、みいサンなら自分より上手く撮るんだろうなぁ・・・」なんて思いながら記事を書いていました。

喉頭鏡ですねぇ・・・使うときには意識がなくなって放っておくとかなりヤバイ状態の時か、麻酔で眠らせてからこの器具を使うので、多くの場合口につっこまれても何も感じないようです。(時に、意識があるときに使う場合もあるようですが希です。)
気まま
2007/12/10 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州満喫きっぷの旅、第2弾・・・・夜明駅 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる