気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本の青ガエルに会いに・・・・韓々坂駅・・・・・

<<   作成日時 : 2008/02/02 12:43   >>

トラックバック 0 / コメント 20

 熊本電鉄を完乗(青ガエルが走る上熊本〜北熊本間と旧東京都交通局6000系が走る御代志〜藤崎宮前)し再び上熊本駅へと戻ってきました。



 最後に、是非寄りたかった駅があって、再び青ガエルに乗り上熊本方面へと向かいます。

画像 「韓々坂駅(かんかんざか えき)」…上熊本駅の次にあるひっそりとした小さい駅です。

 「韓々坂」どこか異国を感じさせる駅名のように思えます。
その名の由来についは諸説あって判然としないそうですがある日、ものの本を見てこの駅を知り、その駅名の異国情緒溢れる響きと昭和を思わせる風景が気に入り青ガエルに会いに行った際には是非訪れたいと思っていた駅でした。


 「韓々坂駅」…実際に歩いて訪れてみると閑静な住宅街の中に小さい1線1面の駅がひっそりと佇んでいました。
画像 

 あれ? 近くの住宅はみぃ〜んな昭和後半に造られた比較的近代化した住宅ばかりだし・・・・???

 あの本で見た昭和昭和したあの写真とは裏腹に、この駅全体を自分の肉眼で見るとフツーの平凡な田舎の駅です・・・・


 とりあえず、記念に古びた駅名板でも撮影しようかとプラットホームへと上がり駅名板にカメラを向けてみました。

 アングルを決めようとデジカメのモニターを見てみると・・・・・そこにはあの本で見た風景と同じ「これぞ!昭和!」とういうような画像が映しだされていました。
画像 おー! これこれ!! これです!!!
自分が探していた昭和・昭和した韓々坂駅!!!

 古びた「かんかんざか」の駅名板、太い木製の柵、それに木製のベランダが設置してある住宅・・・それに干してある洗濯物が・・・・何とも昭和を象徴しているようで、なんだんだか映画『Always三丁目の夕日』にも出てきそうです。

 あまりの感動にしばし、ボー然とするようにこの風景に見入っていると・・・・
遠くで踏切の音が・・・・ そこに青ガエルがトコトコと北熊本方面からやってきました。
画像
 おーっ!! これまた感動的な!!!
 古びた駅名板・・・ その後ろには昭和の時代を思わせる庶民的な住宅・・・ そして、昭和の高度成長期に活躍していた古い電車、青ガエル・・・・・

 この写真を見ていると、どう見ても昭和の風景にしか見えません・・・・
平成のハイテクカメラが平凡な田舎の駅の風景の中から、昭和の懐かしい風景を見事切り取ってくれました・・・。そして、一瞬の記憶でしかない光景を想い出のアルバムの一枚にしてくれたのです。(そう思うとカメラって凄い器械ですね)

そんな、昭和の懐かしさと感動の余韻に浸りながらカメラに納めた青ガエルに乗って「韓々坂駅」を後のするのでした。









・・・・・ おまけ ・・・・・・・

熊本電鉄には、「青ガエル」をはじめ鉄道遺産とも呼べるばかりの車両が現役で活躍しています。
熊本電鉄の車両基地がある北熊本駅には、一際古い一両編成の電車がポツーンと留置されています。
画像
 モハ71形、調べてみると現在車籍はなく営業車ではありませんが、工場の敷地内で入れ替え用の業務車として今でも使われているようです。(運がよければ動いている所見られるかも!?)

 この71形は広島地区で走っていた電車で「被爆電車」と呼ばれることも多いようですが、この車両、実際には広島以外の工場で点検整備を受けていたらしく被爆を免れた車両ですが古い貴重な存在、いつまでもその象徴として残ってもらいたいものです。





・・・・・・ 最後に ・・・・・・・

 今回の旅、今までノリ鉄していた中でとてもレトロで不思議な場所が多くとても印象に残った感動いっぱいのノリ鉄でした。

 熊本電鉄、一時は行政支援(LRT化:簡単には近代設備を持つ路面電車のような鉄道)がなければ鉄道部門の廃止を表明していましたが、熊本市電との乗り入れなど新たなネットワーク構想が具体化したことなどから、鉄道部門の廃止を撤回しました。
(いや〜よかった、よかった・・・・)

画像
 昭和20〜30年代から走っている「青ガエル」も誕生してから大凡60年。
大切に整備され使われているようですが、その経年的な傷みは至る所にありました。

 「青ガエル」いつまで使われるか、いつまで走れるか解りませんけど・・・地元熊本県民の身近な足として少しでも永く熊本のレールをのんびりと走ってもらいたいものです。


画像
 ガンバレ!! 青ガエル!!!

 ガンバレ!! 熊本電鉄!!






                  熊本の青ガエルに会いに・・・・ 完 ・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
雰囲気があっていいですね
長田ドーム
2008/02/02 12:50
レトロな旅でしたぁ〜〜〜
とぉっても良い旅をナビして下さって凄〜く堪能させて頂きました。
暖房のきいた自室で満足な旅をさせて頂き感謝です。
気ままさ〜ん、ありがとう。
楽しかったぁ!!!!!
のん
2008/02/02 13:32
 昭和を残しているような場所、保存したいですね。
珊底羅
2008/02/03 00:00
気ままさんの列車の旅を見てると
自分も行きたくなっちゃいます。 (*^-^*)☆
昭和チックな雰囲気。
いいですね〜。 (*^-^*)☆
おかん
2008/02/03 12:06
長田ドームさん
今思えば、熊本電鉄ほとんどの駅がとても風情のある駅だったような気がします。
将来、LRT化構想もありいつまでこのような形で運行されるかわかりませんが、少しでも永く青ガエルも風情のある駅も残り続けるといいなぁと思います。
気まま
2008/02/03 22:28
のんサン
熊本電鉄の旅…堪能していただいたようでよかったです。
この日の熊本はとても寒かったですけど、とても貴重な古い車両を見たり乗ったり出来たし色々と珍しい光景も見ることが出来とても充実した旅でした。
気まま
2008/02/03 22:38
珊底羅さん
そうですね、昭和の香りがする場所は是非ともそのまま保存して欲しいと自分も思います。
また、青ガエル(旧東急5000系)は是非、動態保存して欲しいです。
気まま
2008/02/03 22:43
おかんサン
たまにはのんびりした列車の旅もいかがですか・・・

それから、雪の多い北海道の列車には憧れがあります。一面の銀世界の中、雪煙を上げながらひた走る列車を自分の目で見てみたいです。
気まま
2008/02/03 22:50
製造から60年ほどがたった青ガエルが現在も現役ということには、改めて考え直すと驚かされますね。そして昭和の雰囲気を色濃く残す韓々坂駅など、熊本電鉄には良いものが多くあると感じました。
オーミヤ
2008/02/05 17:43
ほんと、昭和・昭和していますね!
平成も20年、歳とったなぁ〜。はぁ〜。
だーむー
2008/02/05 23:28
オーミヤさん
青ガエル製造から60年も経ってるんですね・・・
人間でも60歳というと隠居生活しているというのにここの青ガエルは本当に働き者なんですね。
それに、韓々坂駅を始めそれぞれの駅もいい雰囲気でした。
気まま
2008/02/06 21:58
だーむーサン
駅の雰囲気といい青ガエルといい昭和昭和しているでしょう!?
自分が小学生の頃まで、このような昭和が溢れていたのに時代が平成に変わったとたん世の中が急に忙しなく成ったような気がします。
平成になってから20年・・・これから本格的に平成生まれの人が社会に社会人として進出してくるのですねぇ・・・あ〜ぁ、本当に歳とりました・・・
気まま
2008/02/06 22:04
こんにちは。熊本電鉄、懐かしい!!(地元では、菊池のほうまで路線が通じているので『菊電』と呼ばれていました)韓々坂で下車したことはありませんでしたが、こんなレトロな駅だったとは…いまどき珍しいですね。このままの姿で残ってくれることを望みます。
あき
2008/02/11 11:28
あきサン
熊本はあきサンの出身地でしたね。
仰るとおり、以前は菊池まで線路が繋がっていたので『聞く電』と呼ばれていました。
また、自分にとって熊本鉄道はとてもレトロで不思議な鉄道でした。特に「韓々坂駅」は地方の住宅街の中にある他愛のない小さい駅ですが、昭和の風景が残っている貴重な駅です。
将来熊本電鉄は、熊本市電と繋がり車両も駅も様変わりするかもしれませんが、この駅だけはこのままの姿で残して欲しいと思いました。
気まま
2008/02/12 21:16
何か、景色といい、青ガエルクンといい、昭和の良き時代にタイムスリップしたような錯覚さえ覚えますね♪今でも、こんな光景が日本に残っているなんて、感動ものです。JRには、なくなってしまった風景ですよね。
みい
2008/02/13 21:39
みいサン
そうですね、こんな昭和チックな駅はJRの駅には無くなってしまったかもしれませんね。
『韓々坂駅』一目見たときから昭和昭和したレトロな雰囲気がとても気に入ってしまいました。
これからもこのままの姿でいつまでも残して欲しいと思います。
気まま
2008/02/14 08:56
韓々坂駅から物凄く近い所に僕の家があります。毎日、嫌になるほどあの青がえるを見ています。
ちなみに、あのサビだらけの駅名看板は新しい物に取り替えられ、木製の昭和を思わせるベランダの家も無くなり、新築した家が建ってます。
時代の移り代わりは早い…いや、速いです。
近所人
2012/03/13 02:12
近所人さん
はじめまして、ようこそ!
この記事はいまから4年前に書いたものですが、このときに初めて「青ガエル」にあうことが出来、また「韓々坂駅」もある雑誌に載っていたままの姿で佇んでいたのでとても感動したことを思い出します。
あれからちょくちょく「青ガエル」に会いに行ってますが・・・韓々坂駅横に建っていた古い家が取り壊されていたのを見た時はちょっとショックを受けました。
今では立派な今風の家が建っているようですね。
気まま
2012/03/13 10:16
気ままさん、
…まさか、返信していただけるとは思いもしませんでした!
そうですね、たしかにショックだったかもですw
他の駅にも行きましたか?
韓々駅の隣の、上熊本駅なんかは、九州新幹線も開通し、活気づいてきました!
鉄道とか好きなんですか?
近所人
2012/03/26 22:58
近所人さん
はい、鉄道マニアというほどではありませんが、子供の頃から好きで長距離の移動は極力鉄道を利用するようにしています。
熊本電鉄はとても小さい鉄道会社ですが、味わいのある車両が多いですね。
特に上熊本〜北熊本を結んでいる通称「青ガエル」がお気に入りでよく会いに・・・というか乗りに行ってます。
韓々坂駅の他にはトンネルのすぐ傍にある池田駅がすきです。
気まま
2012/03/27 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊本の青ガエルに会いに・・・・韓々坂駅・・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる