気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州満喫きっぷでモノレール・・・・

<<   作成日時 : 2008/03/27 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 鉄道記念館を後にし、小倉駅へと向かうため再び門司港駅へと戻ってきました。
画像
 そういえば、去年甥っ子とここを訪れたのも春休み入ったばかりの頃で門司港駅前にある広場の桜は6〜8部咲きといった所でしたが・・・・

 ん!?今年は、咲いてませんねぇ・・・

 つい昨日、福岡でも桜の開花宣言が出されたのですが、やはりここは海辺にあるためまだ蕾の状態です。
実は、桜の花をバックに門司港駅の写真を撮ろうと思っていたのですが・・・・蕾では残念です。

 諦めて、改札に向かおうとしていると・・・・ 「桜一つ咲いちょるよ〜」と甥っ子の声・・・
画像
 彼が指差す上方には・・・ぽつんと1・2輪の桜が咲いていました。

 でも、この桜花の形が見慣れた桜と何だか違うようですけど・・・ 
ソメヨシノではなく山桜のようですね。

  位置的な関係で桜の花と門司港駅舎を撮る事が出来ませんでしたけど、とりあえず門司の桜を撮る事が出来たのでとりあえず満足・・・ 小倉駅へと向かう事にします。



                 


・・・・・ということで、小倉駅にやってきました。
画像
 駅の食堂街でランチした後、モノレールで「企救丘」に向かいます。
 北九州は、九州島内で唯一モノレールが走っている所。
甥っ子は鉄道記念館に続いてモノレールに乗るのを楽しみにしていました。

 去年は、時間の都合で数区間しかモノレールに乗る事が出来なかったので、今回は北九州モノレールも利用できる「九州満喫きっぷ」があるので、終点「企救丘駅」まで行く事にします。


 早速モノレールのホームに上がると、企救丘行きの電車が既に待機していました。
画像
 先頭車両から前方の風景が見渡せるのでちょいと失礼して1枚撮らせてもらいました。

 う〜ん・・・・ 普通の電車と違い太く1っぽんだけのびているレールがとても新鮮です。
また、高架下を走っている道路が丸見えというのも、これまた新鮮ですね。


 小倉駅を出発したモノレールは、市街地の上をゆっくりと走り抜けます。
画像 
 小倉競馬場が見えてきました。

 普通の電車では、防音壁や架線柱などの地上設備があるため視界が妨げられますが、そう言ったものが一切無くすっきりした眺めの良い車窓を見られるのもモノレールの良い所ですね。

 列車の車窓は賑やかな市街地の風景から徐々に静かな住宅街へと変化します。


 小倉駅を出発してから大凡20分で終点「企救丘」に到着しました。
画像
 ここで乗るときに撮り損ねていたモノレールの記念写真を撮る事に・・・・

 ここのモノレールは開業当時から活躍する1000形。
従来は、クリーム色に青帯を巻いた車両で統一されていましたがここ最近帯の色を数種類の違う色に塗り直しているようですね。


画像
 列車を記念撮影している間、甥っ子は終点「企救丘」のプラットホームから見えるあるものを興味深そうに眺めていました。
 何か!?と思うと・・・ 企救丘駅の先にあったものは、大きくカーブするモノレール線路とその車両基地でした。
特に、普通の鉄道ではあり得ないほどループした線路には興味津々、しばらくの間ピョンピョン跳ねながら見取れていました・・・・・

画像
 ふと、気づくと発車のベルが鳴り、先ほど乗ってきた列車のドアが閉まり、再び小倉目指してゆっくりと走り出しました。

 それまで、基地に夢中だった甥っ子は発車のベルを聞くと今度はホームの反対側へと向かい小倉行きのモノレールを名残惜しそうに列車が見えなくなるまで見送るのでした・・・・

 
 北九州モノレール「企救丘駅」のすぐ近くには、JR日田彦山線の「志井公園駅」があるのでそこからJRに乗り変え「田川井田駅」へと向かいます。
画像
 「志井公園駅」に向かっている途中、聞き慣れたディーゼルエンジンの音・・・・

 ふっと音のする方を向いてみると、道路と立体交差している下の線路には、力強いディーゼルエンジンの轟音を響かせながら日田彦山線のキハ147が小倉方面へと向かっている所でした。

 時計を見ると今度乗る日田彦山線の列車がやってくるまで10分足らず・・・ちょいと急ぎ気味に「志井駅公園」へとむかうのでした・・・・。


 ・・・・・ つづく ・・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
モノレールて、小倉競馬場に行ってるやつですよね。15年くらい前に競馬場に行くのに乗った記憶がありますわ。
としおちゃん
2008/03/28 20:05
 今晩は。 
 姪たちはゲームに夢中。ついていけません。歳は離れていても、鉄道を通じて会話が出来るのだからいいものです。
珊底羅
2008/03/28 20:44
としおちゃんサン
そうです。小倉競馬場に行っているあのモノレールです。
競馬場前駅といえば、競馬開催日になると多くの利用客を素早く捌けるように特設の改札口もありました。
気まま
2008/03/28 22:17
珊底羅さん
そうですね、年が離れていても鉄道を通して話が出来るというのは良い事だと自分も思います。
しかし、不思議なのはどうして甥っ子が鉄道好きになってしまったのか・・・・これもある種の隔世遺伝でしょうか!?
気まま
2008/03/28 22:20
こんばんは。おおおお〜!九州のモノレールカッコイイですね〜♪クリーム色に黄色だなんて目立ちすぎ〜!!私も好みです(^^)v顔も良い顔立ちで〜♪お口を大きくあけて跨って走っているんですね〜♪
ちなみに、東京のゆりかもめ乗った時に思ったのですが車輪が、もう、まんまのタイヤになっていてレールなんかプラレールソックりでした。
みい
2008/03/30 20:35
みいサン
北九州モノレール、この他にも赤い帯を巻いていたり、ど派手な広告を纏っていたり・・ここ最近のモノレールの外装はバラエティーに富んでいます。
東京のゆりかもめってプラレールそっくりなんですね・・・もしかして、新交通システムを開発した人の中にプラレールを元にこれを発想した人がいたのかもしれませんね。
モノレールを始め新交通システムや札幌の地下鉄など最近ゴムタイヤ系の鉄道も多くなってきましたね。
気まま
2008/03/30 22:55
山桜でも、桜の画像ありがとうございます。
モノレールの黄色のラインなんとも愛らしいですね。東京のモノレールのイメージと違い新鮮でした。
甥子さんとの旅恒例ですね。お疲れ様。
楽しんだようでよかった。
さぼてんママ
2008/04/02 10:41
見慣れた景色が沢山登場しました。(笑)
昨日出かけて、モノレールを見かけました。
この写真と同じでした。
いつの間にかモノレールは色が変わっていたのですね。
この写真を拝見した時に「あれ?」と思ったので昨日意識して見てしまいました。(笑)
ビオラ
2008/04/03 11:30
さぼてんママさん
今年はやや気温が低かったせいか桜の開花が遅れているようで、門司港駅付近の桜もほとんど咲いていませんでした。
北九州モノレールのモノレールシンプルなデザインだと思っていたんですけど・・・(やはり個性的な列車を多く走らせているJR九州の影響なんでしょうか)やはり関東の車両とはイメージが違うんですね。
恒例となっている甥っ子との旅ですが、今年は長崎に行くことを考えていましたが、甥っ子の切なる希望により例年と同じく鉄道記念館に行くことになりました。
気まま
2008/04/04 08:45
ビオラさん
小倉〜門司港周辺はビオラさんのホームグラウンドでしたね。
門司港駅にモノレール(その車窓も)・・・ビオラさんにとってどれも身近なものだと思います。
今回も甥っ子連れで旅のペースは彼にあわせたものとなりゆっくり門司港レトロを楽しむことが出来ませんでしたが、GWが過ぎた頃もう一度この地に訪れたいと思いました。
気まま
2008/04/04 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州満喫きっぷでモノレール・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる