気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の1

<<   作成日時 : 2008/05/22 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 金欠病で、家に引きこもりがちな生活をしていた今日この頃ですが、100円貯金もようやく10000円に達したことから九州内の鉄道(普通列車)すべてが乗り放題になる「旅名人の九州満喫きっぷ」を買って、鉄道乗りっぱなしの旅に出かけることにしました。


 今回の旅の始まりは、東唐津駅。 
画像 「快速福岡空港行き」で博多へと向かいます。
 やってきたのは大好きな303系。インバーター音を響かせゆっくりとホームに滑り込んできました。

 余談ですが・・・ 以前も同じ時刻にこの快速列車を利用したことが何回かあるんですけど、なんだか今日は利用する人が格段に増えています。
 これも、石油高騰に伴い車から電車通勤へと移行した人が多くなったからでしょうか?


 画像
 「福岡空港行き」快速列車は、田舎の小さい駅をするすると通過しながら、福岡方面へとひた走ります。

 列車は沿岸沿いへとさしかかり・・・ 車窓からは青い空と穏やかな海が見えてきました。
こんなすっきりとした車窓を見ていると、今日はどんな旅になるのかドキドキワクワクしてきます。
 因みに今回のノリ鉄は無計画・・・・ そう、何も考えていません。
切符は九州内の普通列車すべてに乗ることが出来る「九州満喫きっぷ」なので、とりあえず「博多駅」についてからその先を考えることにします。


 博多駅に着いたのは8時30分近く・・・博多駅ではまだまだ朝のラッシュが続いています。
とんでもない混雑の中、何となく1番乗り場にやってきました。
電光掲示板を見てみると、「快速門司港」が数分後にやってくるようです。
画像
 程なくして「快速小倉行き」の列車がやってきたので、とりあえずこれに乗っちゃうことにします。
やってきたのは水中メガネをかけたようなカオをしている811系。

 乗客の大半がここ博多で降り、それと入れ替わるようにこの列車に乗り込みますが・・・ 並んでいた列の後部だったので立ち席になると諦めながら列車に乗り込むと、なんとか窓側の席をゲットできました。
些細なことかもしれませんがラッキーでした。

 窓側の席に座り、流れる車窓をぼ〜んやりと眺めていると・・・・
隣の席に座っていた20代位の男性が「So, Sorry・・・・・」とハングルと日本語が書いてあるガイドブックを差し出しながら話しかけてきました。

 「え・・・・!!! (韓国からのお客さんかい)」、「どうしよー・・・」
「英語なんて今更話せんよ・・・(日本語だって九州弁オンリーなのに・・・)」・・・・ 外人さん慣れしていない自分はもう・・ ハラハラ・・・・ ドキドキ・・・(日本を楽しむためにやってきた外国の人に失礼があってはいけません・・・どうしよ) 内心テンッパってしまいました・・・

 すると、その男性はガイドブックを使いながら「Space Word・・・・  This train OK?」、「When ・・・・」
とそのガイドブックを指さしながら「いつ着くの?」と聞いているようでした。

 そこで、テンパリながらも・・・ 片言の英語というか・・・ 単語並べただけですけど・・・
「スペースワールド・・・ ディス、トレイン、(←ん!?) 、オッケー」

  時刻表を取り出し・・・ スペースワールドの到着時刻を指さしながら・・・
「アライブ・・・ アット・・・」、「九時三十二分・・・(あら!!肝心なところが思わず日本語になってしまいました)」・・・・
分かってくれたかなぁ???と思っていると・・・

 「Thank You」、「Nine-ThirtyTow・・・」   「OK!」、「Thank you!!」
どうにか、こちらが言っていることも伝わったよう・・・  ホッ・・・・ よかった・・・

 もし、自分がもっと気の利いた英語を少しでも話すことが出来たらもっと彼とおしゃべりして、楽しませてあげたかったのですけど・・・ それが出来なくてなんか残念・・・。

 その後も列車が「スペースワールド駅」に着くまで終始無言・・・・ 
「スペースワールド駅」に到着直前・・・「Thank you!」と一礼・・・ 
自分も何か言わなきゃ・・・と思いながら言葉を思い出すことが出来ず・・・ 一礼して手を振り返すことで精一杯でした・・・・。
 
この出来事を踏まえ、挨拶程度でいいからちょっとした英会話が出来るよう勉強し直そうと思いました。


 そんな出会いがあった「スペースワールド駅」を過ぎしばらくすると・・・
画像まもなく終点の小倉・・・・

 車窓には、紫川とリバーウォークが見えてきて、車内放送では乗り換えの案内が行われています。 

 最初は「ちょっと小倉の街で遊ぼう・・・」と思ったのですが、車内放送で「行橋行き普通列車・・・」というアナウンスが耳に飛び込み気が変わったので列車を乗り換え「行橋」に向かうことにしました。



画像
 早速、日豊本線が発着する1番乗り場に向かうと「行橋行き」の列車が既に待っていました。

 今度乗る列車は、本州じゃ徐々に定年退職で姿を消している415系。
ここ九州では、日豊本線でも主力車両として現役バリバリで活躍しています。

 そんな415系、定刻になり扉が閉まると元気いっぱいにモーター音を響かせ日豊本線を南下していきます

 南小倉駅を出発、大分・行橋方面へと向かう日豊本線の線路に進入すると、しばらくして・・・
画像
 JR九州の個性的な列車を生み出し、大がかりな点検や修繕を行っているJR九州小倉工場が見えてきました。

 うん!?・・・ 流れ去る車窓の中、一瞬でしたが、北部九州では全滅してしまった真っ赤な国鉄型の特急電車485系が車庫の中でメンテされているのが確認できました。

 因みに、この小倉工場では、毎年秋になると一般にも工場が公開される「小倉工場まつり」が行われるので、今年は同じ趣味を持つ甥っ子を誘って行ってみようと思います。

 そんな小倉工場の側をすり抜けていると・・・
画像 おーっ!!!!! とても興味深い車両が!!!

 九州新幹線「長崎ルート」でも話題になっているフリーゲージトレインの試験車両が留置されていました。

 この車両を初めてTVで見たときは、883系「ソニック」に似ていると思ったんですが・・・ 
こうして見ると、ヨーロッパの新幹線ICEそっくりにも思えます。

 いや〜、一瞬でしたが・・・・ 今の九州北部では見かけなくなった485系や試験車両を見ることができて「ラッキー」、密かに自分の中で興奮しちゃいました。

 そんな、余韻を残しながら・・・ 30分ほどで「行橋駅」到着。
画像
 ここで、改札を抜けて一旦休憩・・・・

 さぁ・・・・ ここから先どこに行きましょう??


 「鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の2へ」続く・・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 今晩は。
 若松、戸畑は工業地帯のように思っていたのですがおしゃれな街ですね。海が美しいと羨ましい。
珊底羅
2008/05/22 20:59
珊底羅さん、今晩は。
若松〜戸畑・・・工業全盛期時代の姿は社会の教科書でしか見たことありませんが、昔と比べるとかなりクリーンでお洒落な街になっていると思います。
ただ、現在は中国からやってくる大気汚染物質の影響で光化学スモッグが発生することもあるようです。
気まま
2008/05/23 21:33
九州では、原油価格高騰のあおりでモーダルシフトしたエコ人間が増えたのでしょうか?
としおちゃん
2008/05/25 21:35
としおちゃんサン
実際にはどうでしょう?
都市部については、モーダルシフトした人もいると思いますけど・・・郊外になると車なしには交通が不便なところもありますし・・・
完全に鉄道へシフトしてしまうのは不可能でパーク&ライドが現実的ではないのでしょうか・・・
気まま
2008/05/26 16:10
冬に青春 18で九州に行くのですが、
フリーゲージトレインの試験車両を
撮影したいんですが、
現在、どこの車庫に留置していて、
どこの駅で下車したらいいなどを、
教えてください。
大阪人
2008/10/13 20:56
大阪人さん
フリーゲージトレインについてですが、本文の通りこの時はJR九州小倉工場の敷地内に留置してありました。
現在も恐らくここに留置してあると思いますが、詳しくは分かりません。
JR九州小倉工場へは、日豊本線の南小倉駅で下車タクシーで行かれ方がいいかと思います。
詳しくはJR九州小倉工場HP→http://www.jrkyushu.co.jp/shokou/にアクセスしてみてください。
気まま
2008/10/13 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の1 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる