気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の2

<<   作成日時 : 2008/05/22 14:42   >>

トラックバック 0 / コメント 9

画像 雲一つ無い青空・・・ ぽかぽかと暖かい陽気・・・・ 
「行橋駅」前で休憩することしばし、気持ちよくなって眠たくなってきました・・・

 ぼ〜んやりとしながらも、「ここから先どうしようかなぁ??」と時刻表を眺めていると・・・・
 
 思い出しました! 「行橋駅」は平成筑豊鉄道も乗り入れしている駅。
時刻表を見てみると、15分ほどで「直方行き」の列車があることも判り、さっそく平成筑豊鉄道が乗り入れている5番乗り場へと向かうことにしました。

 因みに、平成筑豊鉄道のホーム(5番乗り場)は、先ほど乗ってきた筑豊本線が到着した4番ホームの奥に置かれています。また、JR(3・4番ホーム)と平成筑豊鉄道のホームは同一ホームですが、2社のホームの間にはJRの中間改札口があります。

 平成筑豊鉄道が発着する5番乗り場で、「直方行き」の列車をの〜んびりと待っていると・・・・

博多へと向かう特急「ソニック」が凄い勢いで滑り込んできました。
画像 
 特急「ソニック」、この「行橋駅」は停車駅なのでスピードを大分落としていると思われますが・・・・
ダースベーダーのようなごっついカオをしてホームに滑り込んでくる姿は正に圧巻もの・・・ 勢く迫力があります!

 さすが・・・ 列車のデザインといい、列車名といい”ソニック(音速)”というだけありますね!


 そんな、迫力満点列車がやってきた後、しばらくして・・・・
 
 の〜んびりと、1両編成のディーゼルカーが5番乗り場にゆっくりと滑り込んできました。
画像
 やってきた車両に思わず感激!!!!
なんと!今春就任したばかりの新車(501号?だったけ?)でした!! 

 この車両、レトロ調なデザインをしたイベント兼営業車。
1両しかないためこの車両に当たる確率は低くく「何時乗られるか分からない」と思っていたので、今日いきなりこの車両に当たったのには意外というかちょっとしたサプライズでした。


 ドアが開き、降車するお客さんがすべて降りると、早速乗り込みます。
画像 車内に入ると・・・まだ新車のにおいが漂っています。

 シートは、進行方向に向きを変えたりボックスシートにもできる転換シートを採用し、内装もレトロ調な照明器具に木の床、木目の化粧板を取り入れとても暖かみを感じるものとなっていす。
また、イベントにも使われるためか大型の液晶モニターも運転席後部に設置されています。

 平成筑豊鉄道の車両はオールロングシートが多いので、この新型の車両に乗れたことは本当にラッキー!
この車両ならシートを進行方向に向け悠々と流れる車窓を楽しむことが出来ます。

画像
 列車は、山間部を駆け抜けながら、短い間隔で停車しては発進を繰り返し・・・ 実にの〜んびりとしたペースで「直方」へと向かいます。

 また、車窓を流れるどこまでも田園の風景や川でのんびりと釣りをしている人の姿が長閑に感じてとてもいいですね。

 そんな、どこまでも長閑な車窓をぼんやりと眺め、時にはウトウト時には考え事をしての〜んびりとした時間を過ごしていると・・・・いつの間にか終点「直方」に到着しました。
 ちょっと豪華な平成筑豊鉄道の旅もここで終了、列車を降りると改札を抜けることにします。



 平成筑豊鉄道「直方駅」を抜け同一敷地内にあるJR「直方駅」前にやってきました。
画像
 直方といえば、JRと平成筑豊鉄道のほかにも、ここからちょっと離れた他所にあと一つ「筑豊電鉄」が乗り入れていたはず・・・・

 JRの駅で「筑豊直方駅」を確認し徒歩で向かうことにしました。

 「筑豊電鉄」、自分の記憶が確かならば・・・西鉄グループの一つで、昔路面電車として走っていた車両が現在でも活躍しているレアな鉄道だったはず・・・。

 前回発売された「九州満喫きっぷ」ではこの鉄道には乗ることが出来ず残念だったんですが、今回からは「筑豊電鉄」も乗ることが出来るようになったので・・・これは絶対乗らなくては!!です。

 でも・・・ しかし・・・ です・・・・
いけども・・・ いけども・・・ その駅らしき建物が見あたりません・・・ 
なんで・・・??
画像
 しかも、どこをどう歩いたか分からなくなり・・・・ 

 遂には、小さい路地に入り込み迷ってしまいました・・・・

「はぁ・・・ 良運もここまでかぁ・・・」 

 過去の経験からこうなってしまうと・・・ あっさりと諦めるのが得策。
JR「直方駅」へ引き返し、そこでJR福北ゆたか線筑豊電鉄と接続する黒崎駅に向かうことにします。




 はい、ということで・・・ JR福北ゆたか線で折尾駅までやってきました。
画像
 この折尾駅、大変珍しいつくりになっていて、福北ゆたか線の一部が乗り入れるホーム(6・7番)と鹿児島線のホーム(1〜5番)とが離れています。

 鹿児島本線と接続する本舎のホームまでは150メートルほど離れているので一旦改札口を通って向かい側にあるホームへと歩かないといけません・・・ なんか・・不便


 さぁ・・・、150メートル歩き本舎の改札をくぐると、すぐ目の前にある1番乗り場には・・・・
「ゴロ・・・ゴロ・・・ゴロ・・・」ディーゼルの重厚なエンジン音を響かせるキハ47がとまっていました。
画像 若松線の若松へと向かう列車です。
 今回の旅は無計画で思いつきばったりの旅・・・ 急ぐものでもないし・・・ 
ちょいと寄り道をすることにしました。

 ディーゼル列車と言えば先ほど平成筑豊鉄道の最新型ディーゼルに乗りましたが、それに比べると・・・・やはり小さい頃から乗っているキハ47のエンジン音には親しみがわきます。

 そんな、親しみのあるエンジン音を響かせほどよい速さでひた走るキハに乗っていると・・・思わず意識不明に・・・・   
ふと意識が戻ると終点の若松に到着していました。


 若松駅の改札をくぐり、駅前の公園を過ぎて海辺へとやってきました。
画像
 目の前には、大きな若戸大橋が対岸には戸畑の街を見ることが出来ます。
なんか・・・関門海峡のミニチュアを見ているような錯覚にもなります・・・・・・・

 と、ここで・・・・ ふとした疑問が・・・・ 「こっから先どうしよう?」
ホント、衝動的に若松線のキハに乗ったまではよかったのですが、これからのことを何も考えてませんでした。
 
 折り返し「折尾」へと向かう列車の発車時刻まで40分ほど・・・・ 「このままぶらぶらと散策するのもありかぁ!」と思いながら当てもなく海沿いに歩いていると・・・・ 

 あれ!? なんか面白そうなもん発見!!
画像 若松と対岸の戸畑を結ぶ若戸渡船が目に入ってきました。
 しかも、戸畑渡船場と戸畑駅は目と鼻の先・・・・

 またまた思いつきで予定変更!

 早速、渡船乗り場へと向かうことにします。

 しかも、乗船時間は5分ぐらいだし港に囲まれている内海だから波もほとんど無いし、これなら船酔いの心配もほとんどないしね

画像
 ということで、若戸渡船で戸畑へ目指します。
 
 おー!! 若戸大橋の真下をくぐってますけど・・・ 
これって、なんかすごく迫力あります!!

 って・・・ なんか・・・ 心持ち気持ち悪くなっているのは・・・ 気のせい!?




   鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の3 へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントにすごい思いつきの旅ですね。
見ていてちょっと心配になるくらいですが。(笑)
でも、色々な出会いもあり、船に乗ったり
楽しそうですね。レトロな電車いい感じ〜。
室内も良さそうだし。最近、ちょっとだけ
電車の旅をした私ですが、気ままさんには
恐れ入りました。
むら智
2008/05/22 18:20
行橋は青空でしたね。
私の住んでいる所(南小倉)は、随分長く空が汚いです。
光化学スモッグが出ているようです。
福岡は大丈夫ですか?

若松と戸畑を結ぶ船、子供の頃に父がわざわざ乗せに連れて行ってくれたのを思い出しました。
若戸大橋、歩いて渡れていたのですが、今は歩道がないので不自由ですね。
先日の釣りの時の船酔いがトラウマにでもなったのでしょうか?この距離でも酔ってしまいましたか。

2,3日前にソニックらしい特急を南小倉の踏切で見たつもりでしたが、『白』でした。あれはソニックではなかったのでしょうか?と思ってしまいましたが、ソニックは『ブルー』ですか?
ビオラ
2008/05/23 07:09
無計画な旅ができるのは、こうしたフリーきっぷならではですね。計画を立てないというのも、時には良さそうですね。
おおみや
2008/05/23 21:31
むら智サン
はい、今回は九州内の鉄道であれば乗り放題の超お得切符を使ったので、あえて計画を立てず思いつくままに旅をしてみました。
こんな列車の旅・・・自分が言うのも何ですが好きじゃないと出来ないです。(^^ゞ
気まま
2008/05/23 21:37
ビオラさん
行橋の空はとても澄んでいて綺麗な空でした。
でも、このたびをした翌日に戸畑地区で光化学スモッグ注意報がでていましたね。
若戸大橋って歩いて渡れたことがあるんですか!?
驚きです。
船酔い・・・すっかりトラウマになっているようです
。なんか、乗った瞬間に気持ち悪くなるような間隔がして・・・^^;

それと、ソニックですが・・・全身ブルーの「ソニック」と新幹線のような白色の「白いソニック」の2本立てで運行しています。ビオラさんが見かけたのは「白いソニック」ですよ。(^_^)v
気まま
2008/05/23 21:44
おおみやサン
そうなんですよね、こんな無計画な旅が出来るのもフリー切符のおかげ・・・。
「旅名人の九州満喫きっぷ」は「青春18切符」と同じ感覚で九州内すべての鉄道が利用できるのでとても重宝します。また、18切符と排他的に発売され利用者の少ない平日に悠々とノリ鉄出来てしまうのも魅力的です。(^-^)
気まま
2008/05/23 21:47
平成筑豊鉄道の気動車、何か乗り得感のある車にですね。ロングシートだと車窓もゆっくりと眺められませんね。
としおちゃん
2008/05/25 21:33
としおちゃんサン
そうですね、ロングシートだと向かいの人と睨めっこ状態になっちゃいますし・・・目のやり場に困ってしまうこともありますね。
やはり、鉄道の旅で車窓を堪能するには最低でもクロス、贅沢を言えば転換シートがいいですね。(^^)
気まま
2008/05/26 16:14
金曜日、病院へ行く日でした。
妹が昼ごろから京都へ行くために有給を取っていたので病院へ車で送ってくれました。
その車の中で(日豊線で)気ままさんがアップされたいるブルーの特急ソニックが通過しました。
思わず「気ままさんのソニック!」と大声をあげてしまいました。(苦笑)
妹が、「気ままさんに会って見たい。」そう言っていました。
それってどういう意味?って感じですが、きっと良い意味でそう思ったのではないかと思います。

(くだらない書き込みしてごめん!です。お返事は要りません。笑)
ビオラ
2008/05/26 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道乗りっぱなしの旅・・・・其の2 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる