気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Σ(゚д゚;) ヌオォ!? びっくらこいた・・・夜勤の出来事・・・・

<<   作成日時 : 2008/06/28 22:27   >>

トラックバック 0 / コメント 21

 一般的に老人ホームと言われる施設で夜勤をしていると実に非日常的というか・・・いろいろな経験をします。


 つい数日前の夜勤でも、ちょっとドキッとした・・・・というか、ゾーッとした体験がありました・・・ 


 夜勤帯では入所者50名に対しスタッフ2名体制となる自分の施設ですが、11〜5時の間にスタッフが交代で仮眠をとることになります。
今回のゾーッとした体験は夜も更け丑三つ時となりスタッフが自分一人だけとなったときに起きました・・・・・
 

 いつも通り、事務的な仕事が一段落し定時のラウンド(居室巡回)に回っているときのことです・・・・

 いつものように認知症で夜間徘徊があるAさんが4人部屋の自室から出てこられました。
自分は、またAさんの徘徊が始まったか・・・ ま、ついでだからトイレにでも誘導してホットミルクでも談話室で飲んでもらってお引き取り願おうと・・・ と思っていました。

 しかし、今日はいつものAさんの表情とは違いなんだか険しそうな表情をしていらっしゃいます。

 Aさん: あら…こんばんは、気ままサン
      ちょっと私しゃー、困っとぉーとさ〜 ・・・・・・
      私ん前ん人(前のベット)の亡くならして 仏さんば、そんまんまして家ん人は誰〜もおらっさんと!
      やけん、私がついてやっとるとばってん・・・・
      枕経もなんもして無かとよ・・・    ねぇ・・・・
 
 と、困ったような深刻な顔をして自分に話をされます・・・・


 「もしかして!急変!?」、「とりあえずBさん(Aさんが言う仏さん)の様子を見に行こう」と気を引き締めながら小走りでBさんのベットへ駆けつけてみると・・・・・


 w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!! w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!  
 w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

 そ、そこには・・・・ 

 部屋の常夜灯にうっすらと照らし出されているBさん・・・・

 そして、Bさんの顔全体には白いハンドタオルが掛けられていました・・・・

 一瞬、ゾーッと背筋に冷たいものが走りましたが・・・・これでも老人ホームに勤務して10年の経験があるしNsでもある自分、冷静になってBさんを観察してみます。

 枕元の読書灯を点け、Bさんを観察してみると、顔に掛かっているタオルの鼻に被さっている部分がBさんの呼吸にあわせてピクピクしています。呼吸も至って正常・・・・。

緊張が一気に抜けました・・・・
 はぁ〜  よかった・・・・ 何事もなくて・・・・C= (-。- ) フゥー


 すると・・・・Bさんがふっと目を覚まされました。
Bさんがさっとタオルをどけると、「なんかあった!?」といった様子で・・

   Bさん:なんかあったとですか?

   自 分:いやねぇ・・・Bさんが白い布かけて寝ていたからね、Aさんが心配して職員を呼びに来られたんですよ。
      それで、ちょっと来てみたんですけど・・・

   Bさん:あら・・・そうやったと・・・
       うちゃ、そこん電器(常夜灯)のまぶしかけんタオルで目隠しして寝たつもりばってん・・・・
       鼻息でタオルの広がってしまとったとばいねぇ・・・・ 
       えへへへへ(苦笑)・・・・・


 なんと、真っ暗な環境でないと眠りにつけないBさんは常夜灯の光を遮ろうとハンドタオルを目の部分だけにかけて寝ていたところ、鼻息や体動で少しずつタオルが広がり・・・遂には顔全体に白いタオルが掛かってしまったようです・・・・・(-_-;)

 そこへ、何気なく目が覚めたAさんが、そんなBさんを目撃してしまい・・・・
それをご遺体だと勘違いして・・・・・・


 はぁ・・・ でも、Aさんが目撃する前に巡回している自分が発見したとしても、驚いたと思います。

 だってねぇ・・・ 薄暗い中、顔全体に白い布が被せてあったら・・・・


 しかも・・・翌朝分かったことですが、第一目撃者のAさんなんとお供え物のお菓子まで準備しようとされていました。(^^;)



 後から考えてみると、お笑いのコントのような事ですが、場所が場所だけに・・・・
笑い話になるような・・・ならないような・・・ ちょっとドキッと、ゾーッとした出来事でした・・・・


 ホント、夜勤って思いもしない出来事が沢山あります・・・。
さて、今度の夜勤はどんなハプニングが待っているのでしょうか・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
あるある。。。
この前もありました。
他の患者さんが急変するようなことを
言っていた患者さんがいて。。。
また認知症状かな〜?なんて思ってたら
本当に急変してビックリ!
病院勤務も不思議がいっぱいです。(泣)
なんて思ってたら
おかん
2008/06/28 23:04
あとから、振り返るとコントみたいに吹き出してしまいますねぇ。命をあづかる大切な仕事だけど、こういうエピソードがあるから止められないです。
GAKU
2008/06/29 07:56
おかんサン
そうなんですよねぇ自分たちの業界では不思議なことがいっぱい・・・・
医学は科学なんで全ては理屈で片付くはずなんですが、時には科学では説明のつかないような事が起こりますよね。
特に急変間近な人なんか一時的に状態が良くなって急変したり、認知症の方が同室者の方の急変を予期したり・・・ホント不思議なことでいっぱいです。
気まま
2008/06/29 09:30
GAKUさん
そうですね・・・今回はまるでコントみたいな出来事でした。
一方では「縁起でもない!」とタブー視されそうな事ですがこれも実際に起こったこと・・・・
ホント、白い布を被せられた顔を見た瞬間には「ドキッ!」としてしまいました。(苦笑)
気まま
2008/06/29 09:33
亡くなられていたのではなく、まだ存命であったと分かった時は、他にない安心感があったかと思います。
ですが、顔に白いタオルがかかったまま寝ている人の姿を見ると、動揺してしまいそうです。
おおみや
2008/06/29 21:29
おおみやサン
はい、そうです。実際の現場でその姿を見かけたときは実にリアルで・・・・・思わずテンパってしまいました(^_^;)
顔に白い布をかけて寝るのはホントやめてもらいたいものです。
気まま
2008/06/29 21:44
気ままさん、おはようございます。

一瞬、亡くなられたのでは!?と目を疑いそうでしたが、実際には常夜灯が嫌いなのでこのような策を・・・

顔にタオルが被せられたまま熟睡中だと、誰でも「ドキッ」としてしまいそうですね。

本当に冷や冷やもんです。何か常夜灯が目に入らないようなアイデアがあればいいと思いますね・・・
くらさん
2008/06/30 06:11
おはようございます。
ドキドキしながら読ませていただきました。
最後は安心しましたよ。
夜勤の巡視は大変ですよね。
皆が寝てるからって、あなどれません。

某病院での深夜勤務のこと
先ほど準夜帯で脳幹梗塞で車椅子の護送入院患者様が入院してきました。丑三つ時の2時に巡視を開始しました。夜間のため皆が寝ているのは当たり前の事なのですが、その新規の患者様のイビキが気になり、寝ている所を起こすのは迷惑でしょうが、声をかけました。
なかなか起きてくれません。しつこく。。。
爪をピンチしても。。。
瞳孔3mm。。。
戻ってカルテを書きに来ていたDr.に見に行ってもらいました。
そしたら、そこからナースコールが。。。
心肺停止。。。
以後の忙しさはご想像にお任せします。。。
(@Д@; アセアセ・・・

イビキとてあなどれません。
お互い気をつけましょうね。
うめこ
2008/06/30 08:01
泊まり勤務いろいろありますね。
私は、死んだ方にはまだ遭遇?するわけはたぶんないでしょう私の業界では・・・。
仮眠室で隣のベッド方が、寝言で説教言い出すのに相手よくしますよ(笑)
としおちゃん
2008/06/30 19:59
くらサン
そうですね、一瞬お亡くなりになったのかと思っちゃいました。
常夜灯は、施設にとって絶対必要な設備なんで24時間つきっぱなしなんですよね。Bサンのために電球をとって強制的に消灯させることもできないので、Bさんのご家族に協力してもらってアイマスクを着用してもらうようにしました。
気まま
2008/06/30 21:12
そうですね、夜間巡視は色んな意味で大変ですね。
高齢者、特に脳疾患などある方なんかは一過性無呼吸があったり、呼吸やイビキのかきかたにも注意する必要があるんですよね。
それと夜間の急変ですが、当たり癖がついちゃうと続くんですよねぇ・・・コレが・・・
気まま
2008/06/30 21:21
としおちゃんサン
自分たちの業種の他にも泊まり勤務いろいろあるようですね。
仮眠室で隣の方が寝言で説教ですか・・・・
それも、なんか微妙な気分ですねぇ・・・。
気まま
2008/06/30 21:24
皆さん夜勤には色んなエピソードがありますね。読んでいて面白いです(^-^)
私も深夜勤で、認知症の方の行方を探してたどり着いた場所が、オペ室の中!滅菌水で手を洗っていた姿は忘れられません(笑) 在宅看護でも意外と色々ヒヤヒヤがありますね。お客様がいなくて探したら田んぼに落ちてたりとかね(>д<)
miho
2008/07/03 00:35
皆さん夜勤には色んなエピソードがありますね。読んでいて面白いです(^-^)
私も深夜勤で、認知症の方の行方を探してたどり着いた場所が、オペ室の中!滅菌水で手を洗っていた姿は忘れられません(笑) 在宅看護でも意外と色々ヒヤヒヤがありますね。お客様がいなくて探したら田んぼに落ちてたりとかね(>д<)
miho
2008/07/03 00:39
私の仮眠姿をたまたま借り物に来た他病棟のNsさんが見られて驚かれたと言う事を聞いたことがありました。
 全身、白い布(包布:布団は無し)を頭から被って詰め所の隅っこで寝ていましたので(まるっきりご遺体そのものに見える)
 布団をかけるほど寒くはないし(布団を着ると熟睡するから)目には、タオルをかけていますがそのままですとずれやすいので。
 一番ナースコールが聞こえる場所(ナースコールの隣)で事務用の丸椅子を3個並べて寝ています。
 仮眠用のベッドはありませんのでhi
ひこうちゅうねん
2008/07/03 00:41
mihoさん
そちらではオペ室の中ですか・・・・
やはり場所が場所だけに・・・(^_^;)
それから、在宅看護でも珍しいというか、色んなハプニングがあるんですね。
この他にも自分の場合、花火大会の音を空襲の爆弾と勘違いして防空壕(倉庫)に避難された方がいらっしゃいました・・・
ホント夜勤は色んな事がありますね。
気まま
2008/07/03 18:08
ひこうちゅうねんサン
そりゃ・・・包布を全身引っ被って寝ていたら間違われますよ(^^;) 場所が場所だけに・・・・
仮眠用ベットがないと言うことは勤務は3交代ですか?
気まま
2008/07/03 18:13
いえいえ、2交代です。
患者さんの付き添い用簡易ベッドしかありません。
空いていればそれを使う人もいますが、私はそれを使うと爆睡してしまって寝過ごしてしまいますので使用しません。
 不安定な状態で仮眠しています。
熟睡すると血圧が下がってしまって緊急時に対応できなくなりますので、頭が常に起きている状態にしています。
ひこうちゅうねん
2008/07/03 21:40
ひこうちゅうねんサン
2交代なんですか! それはそれはお疲れ様です!
休憩時間とはいえ仮眠はあくまでも仮眠。
すぐ起きて対応しないといけませんから寝ていても緊張感をもってないといけませんもんね。
気まま
2008/07/04 21:08
夜間巡回は、緊張してましたね。 只でさえ不思議なもんが見える人なんで…。
でも夜間オペ室のドアが異常を起こし勝手に開閉した時はヘタリました。

ぼや騒ぎがあった時、エレベーターが使えず…75kg程の方を3階から担ぎ降ろし、乙女としては恥ずかしい伝説を作った事がありましたっけ。
今では楽しい思い出話です。

最近は、休憩時間に山に蕗を取りに行きたくなり出て行って仕舞われた方がおり、久々の山登り…しかも捜索もどき! (ToT) を体験。
いろいろありますねぇ (v_v)
さぼてんママ
2008/07/05 03:55
さぼてんママさん
そうなんですか・・・病院勤務の時には色んな不思議なものが見えたのですね。
自分には見えないので分かりませんが、やはり亡くなったのが分からなくて病院で彷徨っている方とかもいらっしゃるんですか?

夜勤って、入所者の方の命を自分一人が預かっているという緊張感と何か不思議な出来事があるのではないかという緊張感でいっぱいですよね。

それから、捜索・・・自分たちの施設でもありました。徘徊癖がある認知症の方が同室者の面会の方と出てしまわれたことがあり、夕方の5時から深夜1時まで大捜索をやったことがありました。
気まま
2008/07/05 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
Σ(゚д゚;) ヌオォ!? びっくらこいた・・・夜勤の出来事・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる