気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道ホントに乗りっぱなしの旅〜気を取り直して〜

<<   作成日時 : 2008/07/10 15:07   >>

トラックバック 0 / コメント 11

 思いもしないハプニングでブルーな気分は完全に払拭しきれませんけど・・・
過ぎたことをいつまでも悔いても始まりません。

 気分を新たに、意気揚々とはいきませんが折り返し「快速長崎行き」となる列車の出発時刻が迫ってきたので再びホームへと上がってきました。
 画像
 
 ホームで待っていたのは、他でもない先ほど間違えて飛び乗ったあの列車です。
2両目の同じ位置の席だとさっきの悔しさが蒸し返してくるので、1両目の車両に乗ることにしました。

 本来の計画では、今の時間だと福山雅治さんの写真展(残響)でも話題になった旧長崎本線(長与経由線)の「東園駅」周辺を1時間ほど散策し、「本川内(ほんかわち)駅」など福山さんの写真展で使われていた場所を列車の中からカメラに納めた後、2時間ほど市電で市内観光をするはずでした・・・

 しかし、現実では・・・ 乗り間違いをしてしまったため佐世保駅で道草を食う羽目になり、「東園駅」は通過するだけ、市電で市内観光をする時間もほとんど無く長崎駅のお土産屋さんでお土産を買うのが精一杯になりそうです。
(あいにくにもこの日の夜には友人と会う約束をしていたのでその時間まで帰らなくてはならず、帰りの時間を遅くするのも出来なかったもので・・・

 あら・・・・ いかん・・・ いかん・・・ 冒頭に「過ぎたるは及ばざるがごとし」みたいなことを書いておきながら、蒸し返すようなことを書いてしまいました。



 この大村線「シーサイドライナー」は大村湾沿いに敷かれた線路を優雅に走る快速列車です。
使用されている車両は、国鉄時代急行車両として優等生だったキハ66+キハ67。
画像
 その車両に使われている椅子もその当時にしては高級なクロス転換シートでクッションが凄く効いているいいものを使ってます。

 JR化され、ワンマン装置の追加やJR九州らしい塗装の変更などが行われていますが、客室内は国鉄そのものだと思います。

 そんな国鉄時代の優等生に誘われて、大村線の旅を楽しみたいと思います。

 では、ほんのちょっとですが自分の気に入った車窓をカメラに納めたので紹介しますね。

 まずは、ハウステンボス・・・・
画像
 行ってみたいですね、ハウステンボス・・・・

 最後に行ったのは確か・・・ 10年ほど前・・・
チューリップが綺麗だった季節、あの彼女(ひと)とだったけ・・・

 因みに、大村線でもこのハウステンボスまでは電化されているため、特急「ハウステンボス号」(博多〜ハウステンボス)が乗り入れています。


画像

 ハウステンボスを出ると暫くして、大村湾が見えてくるとその先に小さく3本の建築物が見えてきます。
「針尾無線塔」です。

 太平洋戦争開戦の合図「ニイタカヤマノボレ」を配信した無線塔とも言われている所です。
なんとこの無線塔は’90代後半まで現役で使われいたそうです。


画像
 線路の横を広がる穏やかな大村湾・・・・

 雄大な大村湾を見ていると、さっきのブルーな気持ちもどうでも良くなってきました。

 しかしもう、本格的な夏なんですねぇ・・・・
画像には写っていませんが空には入道雲がモクモクとできていました。



 大村湾を抜けるとシーサイドライナーは、長崎市内へと入り、「喜々津駅」へ停車しました。
ここで、旧長崎本線(長与経由)の列車に乗り換えます。
画像
 気長に待つこと約40分・・・ 長与経由「長崎行き」の列車がやってきました。

 今度の列車もキハ66+67の2両編成。

 では、早速乗り込みます。




 列車が喜々津駅を出発すると、すぐに例の写真展にあった「東園駅」に到着します。
画像

 実は福山さんの写真展には行ったことがないので実際の所どんなアングルで撮られたか分かりませんけど、友人の話ではモノクロ調の写真だったそうなのでPhotoShopでモノクロ調にしてみました。

 後にネットで調べてみると、実際に写っていたのは、現在では使われていない旧ホームだそうで、写っているこのホームではないようです。


 次も、モノクロ調に細工した画像ですが・・・・
画像
 あら・・・ ちょっと見にくくなっちゃいましたけど・・・・・

 東園〜大草間に併走している国道にある桜の木のトンネルです。
現在は、葉桜となりそのほかの木や草が覆い茂っているので分かりにくいですが、桜の咲く季節には桜のトンネルが綺麗なドライブルートとして有名なところです。


 そして、その反対側の車窓には大村湾が広がります。
画像

 走る列車内からデジカメのズームを最大にしてしてみると・・・・
遙か遠く長崎空港が蜃気楼のように見えてきました。

 そういえば、長崎空港って大村湾に浮かぶ埋め立て空港でしたね。




 

 そして、「本川内(ほんかわち)駅」の駅舎。
画像
 こちらもモノクロ調にしてみました。

 この駅はつい最近(’02)までスイッチバックを行っていたところで、鉄道ファンの自分としても興味がある駅です。
この画像でも、その名残である、線路が写っています。

 福山さんの写真展では、本人が改札口から向かって2番目のベンチに座ったところを作品として出展されていたそうです。


 以上、モノクロの画像が写真展で使われていた場所ですが、最後に自分が個人的に気に入った古いホームがあったのでついでに貼り付けておきます。
画像
 「みちのお駅」の使われなくなったホーム。

 もう列車が発着しなくなったホームにポツーンと立っている駅名板・・・

 なんとなく郷愁を感じ思わずデジカメのシャッターを押しました。



 ここまで来ると、今回の旅も終盤にさしかかります。




 鉄道ホントに乗りっぱなしの旅・・・・  つづく・・・・

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
福岡県に住んでいながら、私は長崎に行った事が有りません。
気ままさんの記事を拝見して益々長崎に行って見たいと思いました。
まだまだ死ねない。
有田にも行かないと・・・
行きたい所、いっぱい有るものです。

ハウステンボス、素敵な想い出が有りそうですね。
妹が行った時、(随分前です)
マイケル ジャクソンが貸し切っていたそうです。
妹たちはホテルの中から、マイケル御一行様の様子を見ていたそうです。
楽しい所なのかな?行って見たいです。

乗り間違え、気を取り直すまで時間がかかったようですね。
笑った事、とても反省しました。
ゴメンなさい。
ビオラ
2008/07/11 09:18
追記

写真に写っている車内、懐かしい〜
そう思って拝見しました。
昔、電車通勤していた時、このような(同じかどうか解りませんが似ています)電車通勤でした。
今も有るのか?と思いました。
ビオラ
2008/07/11 09:20
電車から、海を見渡せてとてもいい風景ですね。
ハウステンボスに昔、行かれたんですね〜。
わたしも何度も行ってるけど、一度だけ
電車で行ったことがあります。(ハウステンボス号で)
母親と祖母が博多から、私たちが久留米から別々に
乗車して、鳥栖で待ち合わせの予定が、
母たちが電車に乗り遅れて、ハウステンボスまで
娘と二人で行った記憶が。
電車ではそういうハプニングがつきものかも
しれませんね。
むら智
2008/07/11 10:29
車窓からみる海の光景。
私も大好きです。(〃⌒ー⌒)
札幌からだと小樽への路線で見ることが
出来るんですよ。
ハウステンボス!
懐かしいな〜。
2回行きましたよ。
おかん
2008/07/11 22:56
 今晩は。
 長崎県の海は穏やかなのでしょう。国鉄時代の座席が使用されているのは嬉しいし、大事にしているのだと思います。
珊底羅
2008/07/12 01:43
こんにちわヾ(@⌒ー⌒@)
ハプニングがあってこそ思い出に残るのでは?
伊万里から有田まで30分もかかったかな?と思い出しています。

気ままさんは列車に詳しいんですね♪
乗り間違った列車に、引き換えした後なぜまた乗るのだろうと考えています。

ハウステンボス、去年は夏とクリスマスイルミネーションと2回行きました。
優待券があったからなんですけど。
気ままさんも彼女とまた行けばいいのに・・・・・
blue tango
2008/07/12 10:13
ビオラさん
いえいえ・・・笑い話で結構ですよ。
笑うことは身体にいいことですから・・・
こうした失敗談で笑っていただけるなら失敗し甲斐がありますよ〜(^_^;)
気まま
2008/07/12 22:45
むら智さん
電車の車窓を眺めるのが好きなんですが、特に海が見える路線が特に好きです。
この大村線は、海が穏やかでいつも綺麗な海を見ることが出来るようです。
電車でのハプニング、むら智さんもありましたか・・・
やはり電車の旅には時々ハプニングに見舞われるんですね。(^^ゞ
気まま
2008/07/12 22:50
おかんサン
あら!?過去にも北海道を脱出してハウステンボスまで来られたんですね。
北海道ですか・・・北海道の海も列車の車窓越しに見たいですね。
いつか、九州を脱出して北海道の列車にも乗りに行きたいと思います。(^-^)
気まま
2008/07/12 22:52
珊底羅さん
大村湾は大陸に囲まれた内海なのでとても穏やかなようです。特に、夕陽が綺麗なところでもあります。
国鉄時代から活躍しているキハ66+67、新しい車両にはない無骨な造りがいいんですよね・・・(^_-)
気まま
2008/07/12 22:55
blue tangoさん
伊万里〜上有田間、松浦鉄道を利用すると駅が多く各駅停車の列車しかないため優に30分はかかってしまいます。(確かに車だとここまでは掛からないみたいですけど・・)
乗り間違えた列車に引き返したのは・・・折り返し「長崎行き」となる車両が間違って乗った列車だったからです。この列車は車内の掃除が行われるため一旦列車から降りないといけなかったからです。

ハウステンボス、行きたいんですけどねぇ・・・一人だと気が引けるし、友人たちを誘っても誰も一緒に行ってくれる人がいないので、遠くから眺めるだけにしています。^_^;
気まま
2008/07/12 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道ホントに乗りっぱなしの旅〜気を取り直して〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる