気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道ホントに乗りっぱなしの旅〜白いかもめでラストスパート

<<   作成日時 : 2008/07/13 11:43   >>

トラックバック 0 / コメント 14

 色々とハプニング続きだった今回の旅も終盤にさしかかりました。

 これまで、フリー切符「九州満喫きっぷ」を使っての〜んびりとした普通列車の旅をしてきましたが、ラストスパートは前回使った特急2枚切符の余りがあるのでそれを使って「白いかもめ」で一気にワープします。

画像
 ホームにやってきたのは出発数分前、待っていたのはお気に入りの885系「白いかもめ」です。

 残念なことに、今回は白くて丸っこい顔になでなで、ハグハグする暇がない(実際にしたことは一度もありません、出来るわけありません・・・ただ妄想の世界でやってます)ので、この記念写真を1枚撮っただけで早々に乗車することにします。
 

 乗車前、指定券をもう一度確認します。今回は2号車中央の有明海が見渡せる窓側の席、今度は優雅な「白いかもめ」に揺られながら広大な有明海を見ることが出来ます。
画像
 そして、2号車と言えば885系編成ごとに異なる独自の毛筆アートギャラリーですが・・・
今回の編成は、「阿蘭陀」、「長崎」、「南蛮」などが飾られていました。

 因みに、このアートギャラリーですが元々は広告スペースのために造られたそうで、2000年デビュー直後だけの期間限定の装飾だったようですが利用者からのウケが思いの外良かったそうで、その後も広告スペースにはならず8年経った今でも墨書が飾られています。
 この辺り他のJRにはないJR九州のデザインに対するこだわりを見ることが出来ると思います。


 さて、指定席を見つけ出しフカフカの革の椅子に腰掛けると程なくして「白いかもめ」は走り始めました。
画像
 はじめの停車駅「浦上」を出ると暫くして有明海が車窓に流れてきました。
 
 雲一つ無い青空の下に広がる穏やかなエメラルドグリーンの有明海・・・とても綺麗ですね。
でも、残念ながら今回も霞が掛かっていて雄大な雲仙普賢岳の姿をかすかにしか見ることが出来ませんでした。

 
 「白いかもめ」は有明海に沿って敷かれた線路をほどよい速さで快調にひた走ります・・・・
画像
 肥前大浦〜太良を通過途中の大カーブにさしかかると「白いかもめ」は徐々にスピードをゆるめ遂には停車しました。
 「里信号所」です。 単線であるこの区間、列車のすれ違いのためここで信号停車します。

 暫くすると、長崎行きの「白いかもめ」がやってきました。
こちらの列車も一時停車し2本の「白いかもめ」が仲良く顔を並べます。
 そして、息を合わせたかのように同時に発車しゆっくりとそれぞれの目的地へ向けて走り出します。
自分的には、このすれ違いのシーンが格好良くてとても好きだったりします。


 そんな里信号所で離合して暫くすると「肥前鹿島」へと到着します。
肥前鹿島付近からは海の景色から徐々に田圃や畑が広がるの〜んびりとした平野へと車窓が変化します。
画像
 そんなの〜んびりとした田園風景の中に、ふと現れた藁葺き屋根の民家を発見!!

 こんな所に藁葺き屋根の家が!・・・正直驚いてしまいましたが・・・。

 でも、あるところにはあるんですね昔ながらの藁葺き屋根・・・
よーく見ているとこの付近には同じような屋根をした民家が何軒かありました。
これぞ!日本の風景ですね! 瓦屋根に比べると色々と手入れが必要みたいですけど、出来る限りこのまま藁葺き屋根を維持してもらいたいです。
 


 特急列車と言えば車内販売・・・ 駅弁や飲み物、おやつの他にもストラップやキーホルダーなど車内販売でしか手に入れることの出来ないグッズも売られています。
今回も旅の記念に「かもめオリジナルグッズ」を買うことにしました。
画像
 それが、この「かもめオリジナルバンダナ」700円です。

 このバンダナですが、お土産品にしては大きめ(52×52p)なので実用性もバッチリ
はじめは旅の記念として使わずにとっておこうと思いましたが、今ではキーボードカバーの替わりとして使っています。
 因みに、このバンダナも「白いかもめ」をデザインされたデザイナー水戸岡さんの作品だそうです。



 さて、「白いかもめ」は佐賀を発車後さらにスピードアップし終点博多へと急ぎます。
画像 佐賀の次に停車する「鳥栖駅」付近に来ると、2011年に開業する九州新幹線鹿児島ルートの高架が見えてきました。

 ここで余談ですが、九州新幹線と言えば、最近長崎ルートも建設されることが決定されましたが、果たして長崎ルートは本当に必要なの疑問に思ってしまいます。
長崎ルートを通しても博多〜長崎間の短縮時間は現行とくらべさほどありません・・・いっそのこと、既存の路線を複線化してこの885系「白いかもめ」をもっと早く走れるように改造して”スーパーかもめ”化してくれた方が利用者としてはうれしいのですが・・・
 はっきり言って、ある一部のお偉いさんの自己満足のためだけに無理矢理新幹線を通しているように思ってしまうのは自分だけでしょうが・・・


 そんな、九州新幹線鹿児島ルートの高架を見ながら「鳥栖」に到着。
「鳥栖」を出ると「白いかもめ」は終点博多に向けて猛ダッシュを始めそれまでゆったりと流れていた車窓もあっという間に流れていきます。
 
 「白いかもめ」が福岡県へと入ると、賑やかな都会の車窓へとかわり、うっすらと紅色に染まる都会の町並みが次々に流れてきます。
遠くに天拝山が見えてくると、優雅な「白いかもめ」の旅も終盤・・・・
画像
 西鉄天神大牟田線の線路との交差点にさしかかると、間もなく終点を知らせる自動放送がかかり、今回の旅もいよいよ終わりに近づきます・・・・

 自動放送に続き車掌による乗り継ぎ案内のあと・・・・

懐かしい聞き覚えのあるBGMがうっすらとフェードインしてきました・・・。

 なんと!! ここ1年ほど聞くことが出来なかった『浪漫鉄道』のBGMが流れてきたのです!
「白いかもめ」の中で聴く『浪漫鉄道』のBGMは、久しぶりと言うこともありとても感動的でした。
画像
 最後の最後に聴きたかった『浪漫鉄道』のBGMを聴くことが出来、ハプニング続きだった今回の旅の思い出もいいものになりました。

 やはり、博多駅到着時このBGMが流れてくると「白いかもめ」の高級感を引き立て「もう一度この列車に乗ってみたい」と思わせます。


 今回の旅、ハプニング続きで一時は最悪な旅だと思いましたが、最後に無事「白いかもめ」に乗れたし「浪漫鉄道」も久しぶりに聴くことができたのでまぁまぁ満足した旅となりました。



    鉄道ホントに乗りっぱなしの旅・・・・   おわり。



 おまけ・・・・

 最後にまたまたyoutubeにアップしてあったHiFiセットが歌う『浪漫鉄道』を貼り付けておきますね。
今度は、日本語・英語の歌詞付きです。

 どうぞ、今回もエンディングがてらお楽しみください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 今日は。
 九州新幹線の必要性、地元でも疑問視されているのですね。環境の時代に逆行、在来線の全ての駅に待避線つくれば速度を上げるのは可能。でも、羨ましい。足を伸ばせば綺麗な海が見られるのだから。
珊底羅
2008/07/13 12:11
こんにちは〜
885系になでなではぐはぐですか〜
何か飼い猫みたいですね。
としおちゃん
2008/07/13 16:18
ワクワクドキドキ、素敵な旅でした。
自分が乗っている気分で長崎行きのかもめに出会った時は最高の気分でした。ニッコリ!
思いきってハグハグ、なでなでして見ては?
私だったらするかも?
ただし、一人旅では出来ないなぁ〜、連れが有れば勇気出そうですが・・。甥っ子ちゃん連れている時にでも如何ですか?
ビオラ
2008/07/14 18:30
長崎ルート建設のことについて、同感です。既存の在来線の改良をせずに新幹線という手段を取ることには疑問があります。
もう一度、初代の新幹線路線「東海道新幹線」がなぜ建設されたのかを、再確認する必要がありそうですね。
おおみや
2008/07/14 20:58
珊底羅さん
そうなんです、長崎ルートができて喜ぶのは一部の人たちだけだと思います。
長崎ルートが出来ても時間的には現行と余り差はなく、フリーゲージトレインを採用することで博多駅で本州へと向かう新幹線の乗り換えが少しばかり便利になるというだけです。
既存の長崎本線は有明海に沿って敷かれているので車窓から流れる海の景色がとても綺麗で好きな路線の一つです。
気まま
2008/07/14 21:25
としおちゃんサン
885系「白いかもめ」・・・端から見れば鉄のかたまりでできた何の変哲もない鉄道車両なんですが、自分にとっては飼い猫のような存在に近いかもしれません・・・。
気まま
2008/07/14 21:28
ビオラさん
一緒に長崎に行った気分になって頂いたみたいで自分もうれしいです。
「白いかもめ」に無事乗ることが出来たときには心底ホッとしましたし税体躯な革のシートに座って優雅な気分で流れる車窓を眺めているのは最高の気分でした。
ハグハグなでなで・・・やってみたいんですけど、、小心者の自分には出来そうにありません・・・。
気まま
2008/07/14 21:33
おおみやさん
そうなんですよね、長崎ルート・・・あまりにも強行採決されたような気がしてなりません。
現行の「白いかもめ」で十分なんですよね・・・新幹線の鹿児島ルートが開通すれば過密状態の博多〜鳥栖間にもダイヤの余裕ができると思いますし・・・
もっと議論する必要があったのでは・・・と思います。
気まま
2008/07/14 21:38
”白いかもめ”数年前に友人たちと島原へ行くときに乗りました。
5人旅でず〜っとしゃべり通しだったのでよく覚えていません。

今、この写真を見て電車が大好きなケイゴが「しんかんせん♪」
と喜んでいます。

新幹線、ほんとに不必要です。
鳥栖は駅も在来線と違うんですよ。
blue tango
2008/07/15 14:38
九州新幹線長崎ルートの建設についてはなんとなく疑問を持ちますね。

所要時間も「かもめ」で2時間を切る程度の区間であるから新在直通タイプ(ミニ新幹線)やフリーゲージトレインで十分な区間だと思いますね。

半ば強行で建設しようと言う考えしかないでしょうか。
くらさん
2008/07/15 20:29
bulue tangoさん
島原ですか〜いいですねぇ♪
今度は、島原鉄道で島原方面を流離ってみようかなぁ?なんて思います。

九州新幹線長崎ルート本当に不要だと思います。
自分の周りにも「白いかもめ」を既に新幹線だと思っている人も多いですし・・・
長崎本線は「白いかもめ」で十分だと思います。

それと、鹿児島ルートについても新鳥栖駅を始め在来線との接続が悪く在来線とのアクセスが寸断されて不便なところも疑問になるところです。
気まま
2008/07/15 20:52
くらさん
九州新幹線長崎ルートについては、長崎〜新鳥栖間をスーパー特急方式(狭軌)、新鳥栖〜博多間をフル規格で運転を行うフリーゲージトレインを採用することがほぼ決定されているようですが、肝心の車両開発がうまくいっていないようですし構想だけが先行しているような気がします。
何回も申しますが、九州新幹線長崎ルートは不要です。
「白いかもめ」で十分です。
気まま
2008/07/15 21:01
どうも、はじめまして(^O^)
885系って、スピード感があっていいですね〜。是非一度、乗ってみたいと思います。
けんまる
2008/07/16 18:30
けんまるサン、ようこそ!
そうですね、885系ってスピード感があって新幹線みたいですね。
自分はこの885系「白いかもめ」を一目見て乗った瞬間から虜になってしまいました。
列車名「かもめ」と車両が符合する列車は885系以外ないとも思います。
気まま
2008/07/16 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道ホントに乗りっぱなしの旅〜白いかもめでラストスパート 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる