気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学生時代の想い出 (゚_゚i)タラー・・・こ、これ甘茶!?

<<   作成日時 : 2008/07/18 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 28

 これは自分がまだ看護学生の頃、在宅看護実習で経験した、とってもとっても甘〜く、ほんのちょっぴり苦い経験談です。


 自分が通っていた看護学校では、3年生になると臨地実習がありました。

 臨地実習では内科や外科など病院での実習の他、病院を飛び出し地域の看護を行っている保健センターや保健所、それから訪問看護ステーションでの実習も行われます。


 今回は、在宅看護実習で経験したとっても甘〜くちょっぴり苦い経験を書いてみたいと思います。



 梅雨が明けたばかりの蒸し暑い夏・・・ アブラゼミが賑やかに鳴き出す頃でした。

 在宅看護実習で実習先(訪問看護ステーション)の指導Nsさん2人と自分の3人である片田舎にある利用者宅へ向かいました。
車を走らせること約1時間、そこは山深い田圃に囲まれた昔からある古い一軒家Bさん宅、寝たきりの夫と介護する妻、2人暮らしの世帯でした。 (老人が老人を介護している典型的な老老介護)

 いつも通り、指導Nsさんと共に挨拶を済ませ、世間話を交えながら介護者の奥さんからBさんの状態を聴き、看護活動を始めます。
Bさんのバイタルサイン(体温・脈拍・血圧など)を測定し胸部や腹部の音を聴診器で聴いて全身のチェック、仙骨部と肩胛骨部にある褥瘡(床ずれ)のガーゼ交換を行いオムツを替えた後、寝たきりで関節が固まってしまわないよう寝たまま出来る軽いストレッチを行いBさんの看護活動はひとまず終了です。

 病院感覚では、ここで看護活動が終了し、次の仕事もあるのでさっさと失礼するところですが・・・
訪問看護は、よりよい形で在宅での療養を続けてもらうため患者さんのご家族とのコミュニケーションも大切な仕事です。また患者(利用者)さんのお宅にお邪魔して行うものであり、家の人に不快な思いをさせてはいけません。
活動終了後もし10分ほど、介護者の方と世間話を交えながら患者さんの日々の変化や介護される方の不安や不満などを聴いたりもします。

 
 その時に、ほとんどのお宅では訪問看護師にお茶などの飲み物をだされます。

 Bさん宅でも、看護活動が終わると、奥さんに活動内容の報告をしながらコミュニケーションをとるときが来ました。

 Bさんの介護部屋に続いている居間の卓袱台に着きお話をすることになりました。
  「わざわざ遠いところから来ていただき有り難う」 
 「さぁ、さぁ・・・喉も渇いたことでしょうから・・・ 特製の甘茶でもどうぞ・・・」 
と、奥さんから涼しげなグラスに入った冷たい麦茶らしき飲み物を出していただきました。


 自分は、実習中でもあり緊張していた上、場慣れしないところでの活動で喉がカラカラ状態・・・・お茶が出されたのを見て内心「やった!生き返る〜!」と思いました。

 卓袱台の上には、涼しげなグラスに入った冷たく美味しそうな甘茶(?)が入っています。
すぐにでも飲み干したい気分でしたが、指導Nsより先にお茶を頂くのはやはり失礼になると思いぐっとガマンしていました・・・・・・。


 「奥さん、いつもお気遣い有り難う材ます、それじゃお茶頂きますね」、
 「ほら、学生さんも折角だから頂いて・・・」

 と指導Nsさんの言葉。

 指導Nsさんが一口飲むのを待ってから、自分も待ちに待ったお茶を口に運ぼうと思いました・・・

 そして、いよいよ自分もお茶を飲むときが来ました・・・・・

 一口目、一気に飲みたいのをガマンして上品に少しお茶を口に含みました。

 と、次の瞬間! 

    (゚Θ゚) !?

        このお茶・・・ 変!!! (”ロ”;)ゲゲッ!!

 

 と思った瞬間・・・

   ウプッ・・・ w(☆o◎)w 

             思わずお茶を吹き出しそうになりました・・・(>▽<;;


 なんと! 奥さんが「甘茶」と出してくださったお茶は・・・・
灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるあの甘茶ではなく・・・・

 麦茶に砂糖を入れ甘くした麦茶だったのです!
                              o(@.@)o ナンジャコリャ!! 
 
 思いもしない、あま〜く、あま〜く、香ばしい風味がする変わった味の麦茶を吹き出しそうになりながらも必死に喉に流し込み・・・・
なんとか、ピンチを脱することが出来ました。 (-。−;)フ〜ッ

 いや〜 ホント・・・ ビックらこいた・・・ 焦った・・・ 
   でも・・・ 粗相しなくて良かった・・・(;^_^A アセアセ・・・


 看護ステーションへと帰る車中、指導Nsさんと訪問先でやった看護活動についての反省会が行われます。
今回も、いつものように看護活動の振り返りBさんの状態の変化や在宅看護ならではの細かい接遇について指導や指摘をしていただきました。

 そして、最後に指導Nsさんが・・・

 気まま君、Bさん家の甘い麦茶びっくりしたでしょう!?

 あれねぇ、奥さんが茨城出身でその地方では麦茶に砂糖入れるのが普通らしいのよ・・・
それに、私たち(訪問看護師)が疲れているからと配慮してくれて砂糖を多めに入れてくれてるみたいなのね・・・

 私も初めてBさん宅に出かけたとき、出された甘い麦茶飲んで、思わず吹き出しそうになったけど・・・
必死に飲んだことがあったの・・・ 今では慣れてしまったけど・・・

 ごめんねぇ・・・ 甘い麦茶出ること気まま君に言っておくの忘れて・・・
  
 でも気まま君、少し咽せながらも奥さんに気づかれまいと必死に飲んでくれてよかったよ

 ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ それ・・・始めに言って欲しかったんですけど・・・と突っ込みを入れたいところですが、、、ガマンガマン…

 訪問看護ではね、自分が持っている固定概念や先入観をなくして寛大に利用者さんや介護者さんを受け入れることも大切なのよ・・・・

 それから・・・ こんな面白い体験をすることもできるから訪問看護やめられないのよねぇ〜

 と、現場で働いている指導Nsさんならではの有り難いアドバイスを受けることが出来ました。



 しかし・・・ あのキョーレツなまったりとした甘さと麦茶の香ばしい風味のコラボレーションは忘れることの出来ない何とも不思議な味でした・・・。

 今でも、初めて訪れた友人や知人のお宅で麦茶を出していただいたとき、Bさん宅で味わった不思議な味覚を思い出し、恐る恐る1口目をチビチビ飲んでしまいます。 σ(^_^;)アセアセ...


 皆さんのお宅では、麦茶の中にお砂糖入れますか?
            

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
えー!麦茶に砂糖ですか!!
初めて聞きました。茨城では普通なんですかね。
甘茶は美味しいけど、麦茶に砂糖は合わないような・・・
簡単にできるけど、やろうとは思わないですね〜
(苦笑)
時々、秘密のケンミンショーという番組見るけど
その地方特有のものがあって面白いですよ。
むら智
2008/07/18 16:23
むら智さん
そ、そうなんですよ!! 麦茶に砂糖なんです!!
無糖の麦茶を飲み慣れている自分たちにとっては、表現できないほど”変な味”です。
ネットで検索してみるとやはり関東地方で砂糖を入れて飲む習慣があり、市販のお茶でも砂糖入りの麦茶が販売されているようです。また、京都だったと思いますけど・・・「塩」を入れて飲む地方もあるようです。
しかし、やはり自分的には麦茶は余計なものを入れずそのまま飲むのが一番だと思います。

秘密の「ケンミンショー」自分もよく見ます。
その地方独自の習慣や慣習があってそのギャップがとても面白いですよね。
特に、たまにある「近県サミット」というコーナーがお互いに重箱の隅をつつきあっているようでとても面白いです。
気まま
2008/07/18 21:24
 今晩は。
 麦茶に砂糖を入れるのは初めて聞きました。土地土地の環境が、生み出すのでしょう。
珊底羅
2008/07/18 23:01
珊底羅さん
麦茶に砂糖・・・自分もその時初めて知りました。
世界的に見ても紅茶を始めお茶の中に砂糖と入れる事が多いので、麦茶に砂糖はありなのかもしれませんね。
また、地方によっては麦茶に塩を入れて飲むのは発汗で失われた塩分を補うという点で理にかなっているように思います。
気まま
2008/07/19 10:41
こんにちは〜
麦茶に砂糖入れるところがあるのですね。
私はやっぱり、アルコール入りの泡のでる麦茶がいいです。
としおちゃん
2008/07/19 12:48
出だしから想像して”恋の芽生え”かなんかと思いましたよ。
その後、麦茶の色をした実はビールか何かだったのか?
北陸辺りではところてんだったか忘れたけど、砂糖をかけて食べる習慣があるらしいですよ。

甘い飲み物のあとには味のないお水が欲しくなりますね。
blue tango
2008/07/19 13:27
こんばんはぁ!!

麦茶に砂糖を入れるという飲み方には私もビックリしましたね。
その土地ならではの風習が目立っているのでしょうね。
くらさん
2008/07/19 20:27
としおちゃんサン
麦茶に砂糖・・・ホントびっくりでした!
自分も暑い夏、一汗かいた後はアルコール入り泡の出る麦茶がいいのですが・・・
ある理由で禁酒中なので香ばしいノンシュガーの麦茶でガマンしています。
気まま
2008/07/19 20:52
blue tangoさん
ちょっとご期待に反した記事になっちゃいました??
砂糖入りの麦茶を飲んだとき、「この夜にこんな飲み物があるものか!?」と衝撃を受けてしまいました。
今考えてみると、麦茶に砂糖を入れるなら少なめにしてミントなんかを加えるとハーブティー感覚で飲めるのかなぁという気がします。
でも、甘い飲み物の後には味のないミネラルウォーターが欲しくなりますね。

気まま
2008/07/19 21:03
くらさん
ホント、麦茶に砂糖とは・・・驚愕もんでした!
ネットで調べてみると、茨城では砂糖入りの麦茶が市販されていたり冷蔵庫の中に常備してあったりするそうです・・・・
なんか、信じられないですけど・・・その土地の風習なんでしょうね。
気まま
2008/07/19 21:06
麦茶に砂糖、
お味は想像出来ます。が、飲みたくないです。
私の知り合いに、トマトに砂糖をかけて食べる人がいます。(30代半ばの人です。)30代はそのような食べ方をするのか?と初めて知った時にはそう思いました。(その方は女性です。)
しかし、麦茶に砂糖は一般的ではないので、入れるまでに希望を聞いて欲しいですね。
ビオラ
2008/07/19 21:17
ビオラさん
そうですねぇ・・・こちらでは一般的ではないので出来るなら希望を聞いて欲しかったです・・・。
でも、「麦茶に砂糖はいかがします?」と聞かれたら驚くと同時にどん引きしていたかもしれません・・・。
トマトに砂糖ですか・・・それ、自分の婆ちゃんがやっていましたよ。時には、トマトに砂糖をかけた上に醤油をつけて美味しそうに食べてました・・・。
自分にはどんな味がしていたか想像もつきませんが・・・・。
気まま
2008/07/19 21:41
我が家は普通の麦茶ですよ。^^;
最近はアイスコーヒーやアイスティーです。
気ままさん。
安心して飲んでも大丈夫よ。(笑)
おかん
2008/07/19 22:24
じつはちょっと前に、20年以上前に砂糖入りの缶麦茶を飲んだことを思いだし、麦茶に砂糖を入れて飲んだことをブログに書こうとしていたところです。

上記のとおり、20年以上前に砂糖入りの缶麦茶を飲んだ記憶があります。
そのせいか、いまでも缶麦茶を見ると砂糖入のように思えて仕方ありません。

当時の記憶はあまりおいしいイメージはありませんでしたが、先日砂糖を入れて飲んでみると、適宜好みの甘さにすれば結構美味と思いました。
ただ、その「好みの味」を見つけるのが難しいと思いました。

砂糖+麦茶で、もうひとつ思い出すのが「メッコール」という飲み物です。
砂糖+麦茶+炭酸という感じの飲み物で、かなりのインパクトがありました・・
asada
2008/07/20 17:22
茨城在住ですが、麦茶に砂糖を入れる習慣があるというのは初耳でした。もっとも、今となっては私の身辺で、そうしたことを行う人が誰もいないためかもしれませんけれども・・・。
おおみや
2008/07/20 20:02
おかんサン
おかんサン家の麦茶もプレーンですか・・・
安心しました。
北海道だから牛乳なんか入っていたらどうしようと思いました・・・。
因みに、自分の友人には焼酎の麦茶・牛乳割りなる変なお酒を飲む輩がいます・・・。
気まま
2008/07/20 21:00
asadaさん
20年も前から砂糖入り麦茶缶が販売されていたんですね・・・驚きです。
世界的に見ればお茶に砂糖を入れるなんて当たり前の習慣、外国に行くと緑茶でも砂糖入りのペットボトルが売られているようだし、麦茶の場合も好みの甘さであればありなのかもしれませんね。

「メッコール」噂には聞いたことがあったのですけど、そう言う味だったのですか・・・・。
そしたら麦茶をサイダーで割ってもメッコールに似た味になるかもしれないのですね。
気まま
2008/07/20 21:10
おおみやサン
やはり、現在の若い世代には定着していないのですね。
ネットで調べてみると茨城地方でそうした飲み方をやっている事が書かれていたのでてっきり・・・・
これは、失礼しました。
気まま
2008/07/20 21:13
忘れられない在宅実習でしたね。
在宅介護の現場にいるとやはりお茶・漬物・お菓子(寒天類)出して頂きます。先輩達は、「お断りがルールよ!」とお話しますが、私は食習慣アドバイスになるので頂いてました。 やはり甘かったぁ…。

高齢世代はご飯に砂糖・トマトに砂糖・心太に砂糖と醤油…ユニークな味をお好みです。
麦茶砂糖入りはケンミンショーでやってました。
一部地域らしいでしたね。

秋田県内でも北と南では大分違いがあり…嫁に来た時はビックリしました。
今は、自分にあった方を選択しご飯を作ってます。

夏本番お仕事も良いけど…楽しく夏を楽しんで下さいねぇ (*^-')b
さぼてんママ
2008/07/21 05:52
とっても楽しい経験話ありがとうございますo(^o^)o
実は…
麦茶はブラックですが、トマトは砂糖です!
幼少の頃、母親に作ってもらい、それが普通です。特にトマトをミキサーでトマトジュースにするときは絶対砂糖です。 スライストマトは何もかけませんが…♪
ケンミンショーに、名古屋人は味噌ダレを持ち歩いてるって放送していましたが、名古屋にいるのに、一度も味噌を持ってる人に出会ったことはありませんよ〜!
うめこ
2008/07/21 20:24
さぼてんママさん
やはり高齢者世代って砂糖や醤油中心にユニークな味付けをされているんですね。
また、高齢による味覚の鈍化により味付けがどうしても濃くなる傾向もありますよね。
やはり・・・県の北と南では大きな違いがあるんですね。自分の出身地も小さな県ですが北と南では食習慣が大きく違ったりします。

これから夏本番ですね・・・毎日35℃を超すような酷暑が続きますが、さぼてんママさんも体調には十分気をつけてくださいね。
気まま
2008/07/21 21:36
うめこサン
訪問看護ステーションでの実習期間は2週間と短い期間でしたが、様々なお宅を訪問させていただき色んな在宅介護の現場を見せていただきました。

ところで・・・トマトジュースに砂糖ですか!?
当然甘くなりますよねぇ・・・
友人の中にはトマトジュースの中に塩を入れるのがいいますけど・・・

ケンミンショーの「味噌ダレ」は自分も見ていました。あれを見ると、あたかも名古屋人のダレもが味噌ダレを持ちあるているのが当然のように放送されていましたが、やはり現実は一部の人というか地域だけなんですね。
バラエティー番組なので大げさに面白可笑しく構成されているため何でしょうけど・・・こう誤解を招く番組作りは避けて欲しいものですね。
気まま
2008/07/21 21:45
気ままさん、こんにちは♪
麦茶のお話色々想像してました。
もしや”麺つゆ”だったとか(笑)

実は私がホームヘルパーをしていた頃、手作りの”麺つゆ”を麦茶と言って出され飲んだ事がありました。

言うに言えず・・・グッと飲み干して帰りました(^^;
月桂樹
2008/07/22 14:59
月桂樹さん
出されたお茶は、麺つゆではなかったんですけど・・・想定外の甘い麦茶を飲んだときの衝撃は、”麺つゆ”を麦茶だと思い込んで飲んだときの衝撃と同じだと思います。
いや〜ホント、あの時はカルチャーショックを受けてしまいました。

そういえば・・・月桂樹さんも似たような経験されたんですねぇ、麺つゆだったとは・・・
気まま
2008/07/22 21:17
麦茶に砂糖、最近麦茶を飲んだ記憶がないので味を思い出せません。
一度やってみたくなりました。
トマトは、子どもの時ソースをかけて食べました。
今は、ソースも醤油も塩も ほとんど何もかけずに食べます、何でも。
兵庫県の赤穂市には、塩辛いこし餡の塩味饅頭と言うのがあります、塩味がきついです。
 そうそう、心太には黒砂糖の黒蜜を少しかけます。
ひこうちゅうねん
2008/07/24 02:47
ひこうちゅうねんサン
麦茶に砂糖を入れる場合、砂糖を少量から入れ自分の好みの甘さにするといいかもしれません。それと、麦茶は濃いめにするのがいいようです。
しかし、自分は麦茶にしろトマトにしろ何も足さずプレーンな味付けがいいです。
それから、塩辛いこしあんの「塩饅頭」初めて知りました。汗を大量にかくこの季節、塩分と糖分の補給をするのに良さそうですね。
気まま
2008/07/24 09:36
12月14日の忠臣蔵の赤穂浪士の祭りが、兵庫県赤穂市や東京都で行われますが、東京よりも赤穂市の方が近いので時々行ったことがあります。
 初めて行ったときに土産にと買って帰った饅頭がこれで 一寸不思議な感触でした。
ひこうちゅうねん
2008/07/28 03:42
ひこうちゅうねんサン
その饅頭、面白そうなお菓子みたいですね。
気まま
2008/07/28 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
学生時代の想い出 (゚_゚i)タラー・・・こ、これ甘茶!? 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる