気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春18切符の旅・・・久留米駅へ・・・

<<   作成日時 : 2008/08/21 10:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 子供達の夏休みもあとわずかになりましたね。

 この夏休みも甥っ子の切なる希望により「青春18切符」で、列車に乗るだけの乗り鉄に出かけることにしました。

 今回の旅の始まりは、実家の最寄り駅である東唐津駅。
画像
 早朝7時過ぎ外の空気はちょっぴり涼しく・・・というか冷たくなり半袖では少し寒いくらいです。
昼間は相も変わらずの猛暑だと言え、秋は少しずつやってきているんですね。

 では早速、改札口で青春18切符に改札印を2つ押してもらい、今回の乗り鉄が始まります。

 今日の乗り鉄は、NHKで月に1回やっている鉄道の旅番組「てつ旅」で日田彦山線をやっていたそうで、甥っ子がその路線に興味を持ち行ってみたいということなので、今回は日田彦山線に乗りに行くことにしました。


 まずは、東唐津駅から筑肥線の103系で唐津駅へ、唐津線で佐賀へと向かうことにします。

 
 唐津駅に着き筑肥線の電車を降り、唐津線「佐賀行き」の列車がやってくる3番乗り場に上がると、既に高校生達がたくさん並んでしました。(夏休みといえど、夏期補修や部活で学校へ通っているんでしょうね・・・・)
画像
 そんな高校生達に混じりながら「佐賀行き」の列車を待つこと数分、唐津線のキハ47+キハ125、4連の列車がやってきました。

 ドアが開き車内に乗ってみるとどこの席も高校生ばかり、自分たちも2人の高校生が座っていたボックス席に相席させてもらうことにしました。


 高校生でほぼ満席状態の列車は、の〜んびりとしたペースで川沿いに佐賀方面へと向かいます。
画像
 途中停車駅の「山本駅」です。

 炭坑が盛んだった頃、この駅は唐津線と筑肥線の分岐駅でもありとても賑わっていました。
その駅も今ではこぢんまりとした無人駅です。
この山本駅、これから乗りに行く久大本線と日田彦山線の分岐駅である「夜明駅」にどっか似た雰囲気があります。


画像
 唐津を出発してから1時間以上経ち車窓には、「バルーンフェスタ」の会場となる嘉瀬川河川敷が見えてきました。

 車内は高校生で満員状態のまま唐津線の列車は長崎本線へと合流、終点佐賀を目指しラストスパートします。
そして終点、佐賀到着。

 佐賀からは、長崎線「鳥栖行き」の列車に乗り換え「鳥栖」へと向かいます。
画像
 やってきたのは817系の「鳥栖行き」。

 久しぶりに乗る817系を目の前に、甥っ子はうれしそうにニコニコ
甥っ子は817系がインバーター音を響かせながら入線してくるところを自分のケータイのムービーで撮っています。
(余談ですが、ホント現代の小学生って贅沢というか!?・・・ケータイ持つのが当たり前なのでしょうか・・・? 自分たちの小学生の頃と大違いです。)

 画像
 途中停車駅で、特急待避のため3〜5分の待ち合わせが・・・・

 の〜んびりとした田舎の駅、蝉の声だけが賑やかに響く中、「ファ〜ン」とドルチェホーンを響かせ猛スピードで783系特急”かもめ+みどり+ハウステンボス”があっという間に通過していきます。

 慌ただしく、特急が通過した数分後こちらはの〜んびりと出発・・・ ローカル列車の旅ではこんな風景が何度となく繰り返されます。
こんな、の〜んびりとした旅も「青春18切符」ならではです。


そして、特急列車を待避しながらの〜んびりとしたペースで佐賀駅から約30分ほどで終点「鳥栖」に到着。

画像
 「鳥栖駅」では鹿児島本線の快速列車に乗り換え久大本線に接続する「久留米駅」へと向います。

 接続列車との時間がわずか数分、ちょい早歩きで乗り換え先のホームへ上がるとすぐに「荒木行き」の811系快速がやってきました。

 この快速列車に乗り10分足らずで「久留米駅」到着。
ここで甥っ子が楽しみにしていた日田彦山線へと接続する久大本線の列車へと乗り換えます。



               青春18切符の旅・・・・つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
良い叔父さんですね。
この夏休みも甥っ子ちゃんを楽しませてあげたのですね。
日田彦山線は古い列車が多いので、マニアの人たちにはたまらないのかも知れないですね。
田舎の景色も魅力的でしょうか。
続きが楽しみです。

最近、気ままさんの記事が更新されないようなので、どうしちゃったかな?そう思っていた所です。笑
ビオラ
2008/08/21 11:27
こんにちは〜
地方のローカル線は、夏休みでも中学生や高校生が良く乗ってきますね。
今から、甥っ子さんに鉄分教育ですか・・・。
としおちゃん
2008/08/21 14:29
ビオラさん
夏休みの乗り鉄も甥っ子の中では恒例となっているようです。
久大本線・日田彦山線を始めJR九州の路線はどこも大自然に囲まれ田舎の景色も楽しめるのでとても魅力的です。

それから、最近ブログの更新が滞ってました。
最近なんとなく忙しくて更新をサボっていました。
ご心配おかけしましてすいません。
気まま
2008/08/22 20:43
としおちゃんサン
そうですねぇ・・・ローカル列車には夏休みでも朝夕になると学生達が多く乗ってきますね。
甥っ子への鉄分教育は、彼が六ヶ月の時からやってます。
気まま
2008/08/22 20:45
甥っ子様と列車のたび♪
良いですね〜。
夏休みの自由研究はコレで決まり?
なのかな?^^
おかん
2008/08/23 22:24
おかんサン
小さいお供をつれての旅、疲れるけどなかなかいいモンです。
夏休みの宿題の1つに絵日記があり、夏休みの思い出として書いていました。
気まま
2008/08/24 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春18切符の旅・・・久留米駅へ・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる