気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JRトレインピックの旅〜熊本方面へ その2〜

<<   作成日時 : 2008/09/20 21:04   >>

トラックバック 0 / コメント 18

画像

 雨風が強くなる中、スタンプをゲットするため豊肥線で「宮地駅」へとやってきました。

画像
 列車を降り改札口をくぐると、改札口横の待合室に置かれているスタンプを発見!
一息つく前に早速、「宮地駅」のスタンプをゲットです。

 7個目のスタンプを無事ゲットしちょっと休憩・・・・
そして、駅に置いてあるパンフレットを見ながらもう一つのスタンプが置かれている門前町「とり宮」の場所を確認し、「いざ出陣!」って感じですが・・・・

 外を見てみると、雨も本降りになり風も強くなっているようです。
多少雨に濡れるのを覚悟し、デジカメが濡れないようリュックの中にしまい意を決して出発します。
(広めの傘を持ってきて正解でした)

 雨の中わざわざ歩かなくても、「バスやタクシーで行けば・・・」なんて思われるかもしれませんけど・・・・
ここは健康と節約のためあえて徒歩で行くことにします。


 雨の中歩くこと20分ほど・・・ なかなか表れない目印の阿蘇神社・・・・
一時は迷ってしまったのか!? と思いましたが、自分を信じてさらに歩いていると・・・
画像
 やっと着きました「阿蘇神社」。
ラッキーなことに雨も小康状態となり、デジカメで阿蘇神社を記念撮影
(阿蘇神社の詳しい事についてはコチラへ)

 あとは、この近くにある「とり宮」という馬肉入り名物コロッケを作っているお店を見つけるだけなんですが・・・・
はてさて「とり宮」はどこなんでしょう

 もう一度、駅でもらったパンフレットを見直しますがイマイチ土地勘がつかめないし、この門前町には『水基(みずき)』と呼ばれる水飲み場が20カ所ほどあるのでそちらも散策しながら「とり宮」を探すことにします。

 阿蘇神社から歩くこと数分、初めて見つけたのがこの水基。
画像
 「清泉」と呼ばれる水基でした。
朝起きてからほとんど水分補給してなかったので、ここの水を飲んでみましたが、とてもまろやかで水道水のような癖がなく(湧き水なので当たり前ですが)甘い感じがする水でした。
こんな、天然のミネラルウォータが飲み放題なんて正直羨ましいです。

 すぐ近くには、清涼飲料水の自販機が置かれていますが・・・・
こんなところでジュースなんて買わなくても・・・ 
この無料の美味しい水だけで十分な気がします。

 さて、水基の名前を元にパンフレットの地図を見てみると・・・
が〜んスタンプが置かれている「とり宮」とは反対方向に向かっていました・・・ 

 あ〜でも・・・ 早めに分かって良かった・・・・
すぐに、彷徨っていた道を軌道修正、一路「とり宮」目指すことにします。

 そして、歩くこと数分路地を抜けると目の前に、「とり宮」がありました。
画像
 この「とり宮」ですが、「馬ロッケ」という馬肉入りの名物コロッケを作り売りしているお店で有名なところだそうです。

 お店の中には、ちょっと休憩が出来る「竹水庵」と呼ばれる小さい休憩所もありここでアツアツの馬ロッケをいただくこともできます。また、「竹水庵」には「酒杜の水」という水基もあります。

 「竹水庵」レトロな雰囲気でとても落ち着ける感じの休憩所でここの写真を撮りたかったのですが、仲むつまじいカップルがいらっしゃったので撮影は自粛しカップルに遠慮しながらサッサとスタンプを押し「竹水庵」と「とり宮」を後にするのでした。

画像

 ちょっと苦労して見つけた「とり宮」のスタンプも無事ゲット! 
お店の人からは特典として馬油のお土産を頂きました。 

 と、ここで時計を見ると、次に乗る列車の時刻が迫っていたので宮地駅」へ戻ることにします。



 門前町から歩くこと再び30分・・・ 宮地駅に戻って来ました。

 出発まで10分前、「肥後大津」へと向かう列車が既に待機していたので2番ホームへ向かっていると、駅構内に何やら気になる設備が目に飛び込んできました!
画像
 そう・・・ 転車台です。
これを見た瞬間、「転車台がなぜここに??」と思ったのですが・・・・
よく考えてみるとつい数年前まで、この豊肥線(熊本〜宮地間)には『SLあそBOY』が走っていたところ、そのSLがこの駅で方向転換するために使われていた転車台だったんですね。

 因みに現在は、そのSLも老朽化のため引退し小倉工場で大規模な修復作業を受けているところです。
また、営業復帰後もSLに負担がかかる豊肥線への投入は考えられてないためこの転車台もいずれは撤去されるのかもしれませんね。


画像

 それでは、再び赤いキハ200に乗り熊本へ戻りたいと思います。

 次は熊本駅と熊本城のスタンプをゲットする予定です。







               JRトレインピックの旅〜熊本方面へ  つづく・・・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
台風の影響の中、距離のある場所へ徒歩で移動とはご苦労様でした。
そんな時に限って道を間違うというようなアクシデントに遭遇する物です。
が、知らない所は「歩く」それが一番その土地を感じることが出来ると言いますね。
折角旅をしたら自分の足で歩くのが一番!そう思います。

馬肉入りコロッケですか。
馬肉は食わずぎらいで食べた事がないです。
コロッケにinすると馬肉だと解りましたか?
「竹水庵」
旅の疲れを癒してくれそうな素敵な外観ですね。
ほっと一息つけた事でしょう。
ビオラ
2008/09/21 05:57
おはようございます。
宮地駅、あそBOYが走っていた頃は、幾度となく訪れました。ここで分けてもらった石炭を写真と一緒に飾っていますがもうここには来ないんですね。
肥薩線は、少し遠いのであまり行けないとは思いますが、復活したら撮影に行きたいと思っています。
宮地駅から大観峰方面に少し行ったところに名前は忘れましたが、馬刺しのおいしい店があります。
伊万里保線区
2008/09/21 10:25
熊本。。。
火の国ですね〜。
阿蘇山の近くにある動物園みたいな
とこに行きました。
九州を旅するなら気ままさんと一緒の方が
楽しそうです!!
オヤヂとならずっと車ですもの。(笑)
おかん
2008/09/21 13:55
こんにちは! お初でございます。
どこから、どうたどりついたのか、昨夕覗かせていただいて あれ 、てっちゃん! ゆっくり拝見してる時間がなかったので、本日伺いました
貴方の旅は列車に乗ってスタンプとその土地を散策するのが、目的ですか?わたしの連れ合いと息子はてっちゃん ですがそれぞれ目的が違います
面白いですね

あの〜〜こんな数え唄があるのご存じかしら
一番初めは 一宮(いちのみや)二は日光の東照宮
阿蘇神社 立派な楼門ですね阿蘇へは旅しましたが
神社は知りませんでした。美味しいお水よかったですね 甘露甘露でしたね。
しじみ
2008/09/21 14:09
徒歩20分+30分ですか〜
私はそれをした後に、命の水ビールを飲むので消費したカロリーがすぐ戻ってきます(汗)

転車台いい感じですね。
86機関車よくぞ復活しましたね〜
C571も阪神淡路大震災で被災しましたが奇跡の復活を遂げていますね。
としおちゃん
2008/09/21 19:50
できることなら、転車台も撤去しないで、何らかの廃車車両を置いて展示・・・なんてことをしてほしいものですが、簡単にはできそうにないですね。
とりあえずは、SL8620形が復活するだけでもうれしいことですかね。
おおみや
2008/09/21 20:20
阿蘇神社もコロッケも写真で見たことあります。
娘たちが阿蘇郡に住んでいたころ行ったときの写真をみせてもらいました。
今どきと違った風景というイメージでしたが。

知らない土地なら早く尋ねたらよかったのに・・・・
雨に濡れなかったですか?
blue tango
2008/09/21 20:55
こんばんは。お久です♪
熊本行かれたんですね♪雨の中、お疲れさまでした。
馬肉コロッケ...牛肉コロッケはポピュラーですけど、
何か珍しいですよね。熊本って、馬刺しが有名で、一度だけ、ニンニク醤油で食べた事があります。牛肉の赤身を食べている感覚でした♪コロッケも美味しそう!!
みい
2008/09/21 23:34
鉄道の旅を満喫されているようで…、羨ましいです。
神社や仏閣を回るのは私も大好きです。
今は殆ど行けていませんが。
しかし、馬油はラッキーでしたね。
とっても身体にいいそうですよ。保湿剤には最適だと思います。
GAKU
2008/09/22 10:38
ビオラさん
旅にアクシデントはつきもの・・・このアクシデントも後になれば楽しい思い出になります。
中学校の修学旅行が熊本でしたが、そこで泊まったホテルで馬刺しが出されましたが嫌な臭みがあって食べられませんでした。それ以来、馬肉を食べることが出来なくて今回も馬ロッケ食べてません。
「竹水庵」は隠れ家みたいな空間でいい雰囲気でしたよ。ホント写真を撮ることが出来なったのが残念です。
気まま
2008/09/22 20:38
伊万里保線区さん
せっかく復活したハチロク、もうこの場所には戻ってきませんが駅や街のお店にはハチロクの勇ましい姿の写真が至る所に飾ってありました。
来年復活したときには自分も肥薩線へ出かけてみたいと思います。
気まま
2008/09/22 20:41
おかんサン
そうです、熊本は火の国。
JR九州のコーポレートカラー「赤」もこれに因んだもの聞きました。
そして、この阿蘇には”志村動物園”でお馴染みのパン君やジェームスがいるカドリードミニオンや阿蘇熊牧場など動物園的なテーマパークもたくさんあります。
おかんサン一家とテツ旅も面白そう・・・何時かやってみたいですね。
気まま
2008/09/22 20:48
しじみサン、初めまして! ようこそ!
自分の場合、鉄のジャンルとしては”乗り鉄”です。
好きな電車に乗って、ぼんやりと車窓を眺めるのがとても好きです。それと序でに降り着いた先で当て処もなく散策することも好きです。
鉄の趣味と一言で言ってもそのジャンルは多岐にわたっていて「鉄道とは奥深いものだなぁ」と思います。

一番初めは 一宮・・・って駅に置かれていたパンフレットで見かけましたが・・・数え歌の一節だったんですねぇ。パンフレットもらってくれば良かったです。
あと、阿蘇のお水とてもまろやかで美味しかったです。
気まま
2008/09/22 21:11
としおちゃんサン
ちょっと冒険した後、列車の中で飲む命の水も美味しそうですね。その命の水に含まれているアルコールはカロリーが高いので消費された分のカロリーはすぐに取り戻してしまいますね。

ハチロクですが、ホントに三度復活するとは思っても居ませんでした。一時は設計図がJR九州にないため修復不可能と言われていましたが、奇跡的に設計図が見つかって修復できたそうですから・・・
ハチロク、これからも末永く人々の夢を乗せて走り続けてもらいたいと思います。
気まま
2008/09/22 21:17
おおみやサン
そうですね、宮地駅の転車台は撤去せずに残してもらいたいものですが維持費などの問題もあり難しいかもしれませんね。
仰るとおりとりあえずハチロクが無事復活できそうなのが何よりです。
気まま
2008/09/22 21:20
blue tangoさん
娘さん達が阿蘇地方にお住まいだったんですね。
景色がよく、水が美味しいところなので羨ましいです。
ホント、このことが早く判っていればblue tangoさんにお尋ねしたところでしたが遅かったですね。
実は、インターネットでちょっとは下調べしておきましたが、やはりネット上で見るのと実際に自分の足で歩くのとは感覚が全然違いました。
気まま
2008/09/22 21:24
みいサン
台風が接近している中、思い切って恐る恐る行ってきました。
馬刺し・・・ビオラさんへの返コメでも書いたんですけど、中学の修学旅行で出された馬刺しに臭みがありそれがトラウマとなってそれ以来馬肉を口にしたことが無いんです・・・・
今度熊本に行ったときには思いきって食べてみようと思います。
それと、みいサンの九州旅行記も楽しみにしてま〜す。
気まま
2008/09/22 21:29
GAKUさん
はい、九州内の鉄道乗り放題の「九州満喫きっぷ」で乗り鉄を思いっきり満喫してます。
自分は、歴史が苦手だったんで神社や仏閣に関しての知識は0以下なんですが、日本的な神秘さにひかれるところがあります。
馬油、説明書を見てみると食用には用いず保湿とか化粧水みたいに使うみたいですね。
これから皮膚の乾燥が気になる季節になるので保湿剤として試してみようと思います。
気まま
2008/09/22 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
JRトレインピックの旅〜熊本方面へ その2〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる