気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 160円で大回り〜その1

<<   作成日時 : 2009/01/17 12:29   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 2009年も明けて早2週間が経ちます。

 ちょっと出遅れた感じもしますが・・・・
今年の乗り鉄初めは福岡市近郊、160円大回りをやりました。

 大回りとは、一言で超簡単に説明すると隣の駅に行こうとするとき、通常ならA駅→B駅のルートをとりますが、特例として指定された区間内(=大都市近郊区間:東京、大阪、新潟、福岡)であれば遠回り(A駅→C駅→B駅)してもかまわないというものです。

       A駅−−−−−−−−−B駅
        \             /
          \          /
           \       /
             \    /
               C駅
 ただし、これには諸条件があり・・・・
 ★途中下車無効〜つまり、途中駅で改札を抜けることが出来ません。もし途中下車する場合には、乗り越し料金が必要となります。 
(但し駅の構造上、列車の乗り換えなどで改札を抜けなければならない場合はこの限りではありませんが、大回りする旨を係員に伝える必要があります)
 ★有効期限は1日〜初乗り160円(JR九州)の切符なので有効期限が1日なのは当たり前ですね。
 ★一筆書きのルートでなくてはならない〜同じ駅を2回通ることが出来ません。

 以上の注意点に留意すれば、格安の160円で思う存分?列車の旅を味わうことが出来ます。
因みに、特急券を購入すれば特急列車にも乗車することが出来るそうです。
また、JR職員の中にはこのルールを知らない人もいるそうなので、旅の趣旨を説明するため時刻表(運賃計算の特例)とルートを書いたメモを持って行くのがベストだそうです。

 
 それでは、福岡近郊大回りの旅を始めたいと思いますが・・・・
今回、大回りの旅のルートは下図の通りです。
画像
 博多→吉塚のルート、博多と吉塚は隣り合っている駅なので最短ルートで行けば5分もあれば着いてしまいますが、今回は最遠ルートで数時間かけて博多→吉塚の旅をやってみたいと思います。






・・・・と、いうわけで、いつものようにJR筑肥線&地下鉄でやって来ました九州陸の玄関口『博多駅』です。
 
画像

 2年後全線開通する九州新幹線のため大改装中の博多駅です。
古い駅ビルが取り壊されちょっと淋しい駅舎になり、駅のあちこちで工事が行われているため相も変わらずとんでもない状況になっているようですが・・・・

 それでは早速、博多→吉塚の切符を買って「大回りの旅」を始めたいと思います。



画像
 先述しましたが、今回の旅は隣の駅に行くためわざわざ遠回りをしようというものなので、吉塚とは反対方向に向かう「鹿児島本線・大牟田行き」の列車で「原田駅」に向かうことにします。 

 やって来たのは813系+811系。
 
 この日は、大寒波が去ったとは言えまだまだ寒い日で駅のホームでじっとしていると凍えそうな感じ・・・・
列車が到着し降車客が降りるとそそくさと車内へ乗り込みます・・・・。

 まだ通勤の時間帯なのか椅子には座ることが出来ませんでしたが、ほどよく暖房が効いた車内は天国のようなものです。

画像
 そして、これが今回の切符。

 160円という初乗り料金で、本当に大回りできるのかはっきり言って半信半疑・・・
この切符を眺めていると吉塚駅に降りたとき無事に改札を抜けることが出来るのか不安になってきました

 「大野城駅」を出ると車内はほどよくガラガラになり、窓側の席をゲットすることが出来ましたが・・・
ここで試練がやってきました!!
 なんと!車掌さんが車内改札にやってきたのです!!!! 
ん〜もう・・・ 小心者の自分はドキドキしながら時刻表と今回のルートを書いた紙を準備してその時に備えます。

 そして、車掌さんがやってきて「切符を拝見しま〜す」・・・・
自分の切符を見た車掌さんは「乗り越しですか?」 
「大回りしてます・・・」と一言答えると・・・ 「あっアレですねぇ・・・お疲れ様です」と改札印をおしてくれました。
 ま、不正乗車じゃないんで当たり前なんですけど、、、車掌さんの余りにもあっさりした対応に・・・ ホッとしたというか・・・ 肩すかしだったというか・・・ 一気に気が抜けちゃいました


 そして、博多から列車に揺られること20分ほどで最初の乗換駅「原田」に到着しました。
画像
 木造の駅舎がなんともいい感じですね・・・ 「原田駅」
そして、ここ「原田」は絶好の撮影ポイントでもあるので撮り鉄の人たちで賑わうこともある駅です。
寒風吹きずさむこの日も完全防備をした撮り鉄さん達がホームの先端でバズーカーみたいなカメラを構えていました。

 「原田」からは、原田線で「桂川」へと向かうのですが次の列車まで大凡20分の待ち合わせがあります・・・
寒さに身を震わせながら、次から次へとやってくる列車をトレインウォッチングすることにします。

 次から次に原田駅を通過する特急列車を見ていると、遠くで甲高い電気機関車の汽笛が聞こえてきました・・・・
画像

 なんと!! やってきたのは、今や絶滅危惧種となったブルトレ「やはぶさ」!!

 「はやぶさ」の姿を見たときには大慌てでカメラを向けてしまいました。
ホント、あと2ヶ月半ほどで「はやぶさ」がいなくなってしまうのはとても淋しく悲しいことですが、これも時代の流れ仕方のないことかもしれません。




 通り過ぎる「はやぶさ」を取り終えることしばし・・・
次に乗る列車がコトコトとホームへゆっくりと滑り込んできました。
画像

 「桂川駅」までの旅路を誘ってくれるのは原田線のキハ31「桂川行き」。
”ゴロゴロ”とディーゼルエンジン独特の音を響かせています。

 では、早速キハ31に乗り込むことにしますが・・・
停車中はとても静かな電車と違い、車と同じエンジンを乗せているディーゼルカーはエンジンの振動や熱気が床下からも伝わってきてまるで生き物のよう・・・・
電車の電気暖房とは違う暖かさが車内を包み込み身も心も温められるような気がします。

画像

 難所の冷水峠付近を通過中です・・・

 標高がちょいと高いため、日陰になるところでは残雪が目立ちます。
きっと、数日前の雪の日には車が通れないほど雪が積もったんでしょうねぇ?

 
 列車は難所の峠越えを終え、長閑な集落を抜けると間もなく終点「桂川駅」に到着します。


 「原田」から約30分で「桂川」到着です。
画像



 この駅での接続時間は2・3分、大急ぎで駅名板を撮影し、次の列車がやって切るホームへとダッシュ



 「桂川駅」からは筑豊本線の列車に乗り換え途中の「新飯塚」まで行きます。

画像

 
 今度乗るのは福北ゆたか線の817系「折尾行き」・・・・
久しぶりに見る・・・というか乗る817系、なんか新鮮です。





画像
 さすが、最新鋭817系・・・・
先ほど乗ったキハでは考えられないほどのスタートダッシュの良さは電車ならではです。

 遠賀川に架かる鉄橋もあっという間に渡ってしまいました。

 それにしても・・・ 今日は天気が悪いですね・・・
列車の窓にはポツポツと雨が・・・・

 
 817系「折尾行き」の電車に揺られること10分足らずで「新飯塚」に到着しました。
画像

 この後は、田川後藤寺線で「田川後藤寺」へと向かいます。

 博多駅を出てからここまで約1時間半ほど、大回りの旅、終点の「吉塚」まで、まだまだ・・・・・







        つづく・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
えええ???と思ってしまいましたが、この大回りはOKなのですねぇ?!
知りませんでした。
一般の人は滅多にないかもしれないですが、降りなければ、良いのですか?
という事は、同じ駅から同じ駅だったら、入場券(?そんな券ない?)でもOKという事ですか?
数年前に、ご近所の男の子を、南小倉駅から乗車して、小倉駅へ行き、折り返して列車に乗せてあげたことが有りましたが、小倉駅は改札を出なかったけど、料金は往復払ったけど、払わなくても良いという事なのかな?と思ったりしました。(今更言っても仕方ないですが、参考のために・・・?)
でなければ、160円で沢山楽しめますね。
意味不明なコメになってしまったかな?通じてなければ、無視して下さい。
ビオラ
2009/01/17 13:58
 今日は。
 特例が多すぎて覚えきれないのは当り前。とはいっても屈指して満足する予定を組むのは腕のみせどころ。
珊底羅
2009/01/17 15:03
初乗りお疲れ様でした。
気ままさんの行動力には頭が下がります。
私の初乗りはいつになることやら・・・
伊万里保線区
2009/01/17 17:13
ビオラさん
福岡も指定された近郊区間に限り一筆書きのルートで途中下車しなければ隣り合う駅を遠回りして行くことが出来ます。
ただし、小倉←→西小倉は別の迂回ルートもありませんし往復すると同じ駅を2度通ることにもなるので大回りのルールは適応できません。つまり、正規往復の料金が掛かることになります。
但し、西小倉←→九州工大前は迂回ルートができるので大回りをすることができますよ〜。
もし、近くに電車好きなお子さんがいるご家庭があれば教えてあげるのもいいかなぁ・・・と思います。
気まま
2009/01/18 21:28
珊底羅さん
確かに時刻表を眺めていると大回りの他にも色々と特例があり料金計算がややこしいですね。
でも、通の人はこれをフル活用していかにお得な鉄道旅行をするかが腕の見せ所みたいですね。
でも、超初心者の自分にはまだまだできない技なのでボチボチ時刻表を眺めながら勉強していきたいと思います。
気まま
2009/01/18 21:31
伊万里保線区さん
いやいや、とんでもないです・・・。
160円で大回りは『九州満喫きっぷ』の期限が切れた頃から考えていました。
『九州満喫きっぷ』では、その日一日九州の鉄道であれば何処の会社線でも乗り放題、ルートも急遽変更したりとても柔軟な使い方が出来ましたが、今回の大回りは制約があって計画通りにしか行動できないのが難儀でした。
気まま
2009/01/18 21:35
おおまわり、1日安く遊べますね。最近は駅中も増えてきたし、食料も調達しやすいのでわ。
としおちゃん
2009/01/21 20:07
としおちゃんサン
駅中、都会じゃ増えてきましたね。
しかし、九州の駅にはそんなモンありません・・・せいぜいキオスクか立ち食いうどんぐらい・・・
たいていの駅は自動販売機だけで寒さと退屈さをしのがなければなりません。(^_^;)
気まま
2009/01/21 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
160円で大回り〜その1 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる