気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 下関駅に来ちゃいました・・・

<<   作成日時 : 2009/02/01 11:10   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 門司港レトロでサイクリングする予定でしたが、最悪なことに雨に祟られたので急遽予定変更、門司港駅へと戻ってきました。
画像
 最初は小倉に戻って、チャチャタウンかアミュープラザで映画でも観て帰るかぁ!?なんて思いましたけど・・・・
お金もないし、久しぶりに下関駅に行きたくなったのでまたまた予定変更、下関へ行くことにしました。
因みに、門司港〜下関駅と門司港〜小倉間は同じ運賃270円で行くことが出来ます。

 では、本州へ行く列車に接続している門司駅へと向かうため813系「鳥栖行き」に乗ることにします。


 数分後、「門司駅」に到着です。
「鳥栖行き」の列車を降りると、向かいのホームに珍しい見慣れない車両が停車していました。
画像
 マルチプル・タイタンパーという保線車両で、線路の歪みを修正し列車の安定走行と乗り心地をよくします。

 この車両が主に活動するのは、最終列車が通り過ぎた深夜なのですが・・・・
この日は、どこかに回送されていたんでしょうか???
マルチプル・タイタンパーがエンジンをかけ自走している姿を見るのはこの日が初めてです。


 滅多に動く姿を見ることが出来ない車両を夢中になってカメラに納めていると、いつの間にか「下関行き」の列車がやってきていました。
画像

 今度乗るのは415系「下関行き」です。

 これから、この電車に乗って関門トンネルをくぐり本州へと上陸しますが・・・・
門司〜下関間って、デッドセクションや関門トンネル通過など鉄道ファンにとってはちょいとしたイベントがある区間なので見逃せない区間だったりします。


画像
 そして、長いトンネルをくぐると・・・・ そこは、本州・山口県は下関でした。

 下関の車両基地には、交流電化の九州では見ることの出来ない電車や機関車が沢山溜まっていました。

 特に、青い色した電気機関車は九州では絶対見ることの出来ない車両なのでとても新鮮です。


 そんな車両達に見とれていると、あっという間に「下関駅」に到着しました。
画像
 そういえば、下関駅って放火で駅舎が焼失しちゃってましたね。

 この地に立ってみると、ものすごい勢いで燃えさかる下関駅の姿が思い出されます・・・
たった一人の身勝手な人間の行のため、あの味わいのある下関の駅舎が二度と戻らなくなってしまうとは・・・とても残念で憤りを感じます。


 さて、下関に来たいいんですけど・・・・ この後、どうしようか・・・・???
戸惑ってしまいましたが、こちらも雨が降っていますし(門司からそんなに離れてないので当たり前ですけど
 雨の中、町中を彷徨っても面白くないし、ちょっと買い物を思い出したので駅近くのショッピングセンターで買い物をすることに・・・・・
 結局、欲しいCDと本を探していたらあっという間に2時間ほど経ってしまいまして・・・
再び、下関駅に向かい九州に帰ることにします。

画像
 切符を買ってホームに上がると既に415系「中津行き」の列車が待っていました。

 う〜ん・・・ ラッキーなことに今度の列車はロングシートではなくボックスシートがある車両でした。
やっぱ、列車の旅を楽しむにはボックスシートやシートの向きを変えられるクロスシートがベストですね。
では、車両の中程のボックスシートを1人で悠々とゲット、わずか10分足らずの旅を楽しみたいと思います。

 
 関門トンネルをくぐり九州へと戻ってきました。
画像
 間もなく門司港駅到着というところで急に客室内の蛍光灯が消えてしまいました・・・・
これが、ちょっとしたイベントのデッドセクション通過中の様子です。

 本州と九州では架線に流れている電流の種類が違うのでその間に電流が流れていない区間(デッドセクション)を置き、その区間を通過している間に列車のスイッチを切り替えます。
デッドセクション通過中は電流が流れてませんので列車は停電状態となり、エアコンや一部非常用の照明以外の蛍光灯が消えてしまいます。
 しかし、始めてここを通過する列車に乗る人にとっては、急に車内の照明が落ちるのでビックリされる方もいらっしゃるかと思います・・・・


 
 さて、「中津行き」の列車で小倉まで戻ってきたんですが・・・・
この後、どうしましょう??

 小倉駅のJR改札を抜けると、モノレールが見え不意に乗りたくなったので100円切符を買って「旦過」まで行くことにします。

 


        つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
下関へ行って、その後はお帰りなのかな?と思ったら、今度は旦過ですか。
気ままさんの一日は、凄い一杯に感じます。(笑)
時間の使い方がお上手なのでしょうが、お疲れにならないのかと思ってしまいます。
旦過は何か良いことが有ったかな?次回も楽しみです。
ビオラ
2009/02/01 13:59
鳥栖はむかしは鉄道の町で、国鉄マンばかりでした。
わがやの近所にもOBがたくさん住んでおられます。
友人のお父さんも、編物の先生のご主人もOBです。

先日、気ままさんの例の160円大回りの話を編物教室でしたら、先生、ご存知ありませんでした。
青春18切符のことをやっと覚えかけたばかりで、やはりある年齢に達した人にはなじみがないのでしょうね。
blue tango
2009/02/01 16:42
今度はちょっと足を伸ばして下関ですか。

その途中で、門司駅でマル・タイに遭遇するというのは昼間ですとなかなかお目にかからない光景なのでラッキーだったかもしれないでしょうね。

交流・直流のデッドセクションでは、一旦電源が落ち照明も消灯するシーンは普段利用する方は慣れていても初めての人は驚いてしまうでしょうね。
車両によって車内の電源が切れたり無停電でスルーする電車(北陸地区の交直流電車はこれが主流なんです)もあったりするので試しに乗って調べてみる価値はありそうですね。
くらさん
2009/02/01 21:02
こんにちは、春の青春 18きっぷを利用して
新大阪駅から指宿枕崎線 枕崎駅まで行こうと思いますし、811系、813系、キハ 40、キハ200、
415系などを撮影したいです。
JR東日本から譲渡された415系の車内は
どうなっているか楽しみですし、
JR東日本のシールも残っているでしょうか。
JR九州では415系もまだ廃車になることは
ないですが、九州新幹線全線開通で485系 特急は
引退しますが、415系はどうなるでしょうか。
大阪人
2009/02/02 11:42
 今日は。
 下関と門司港を結ぶ海底歩道へいった事がある。不思議な空間だった。鹿児島本線に準快速があるのをみつけたときは何これと思った。快速で充分なのに。 
珊底羅
2009/02/02 17:48
415系がなくなったら、関門用の近郊電車どんなのを造るのでしょうかね。
としおちゃん
2009/02/02 20:47
ビオラさん
そうですね、自分自身でも盛りだくさんの旅をいつもやっていると思います。
こんな無理な行程を組めるのも一人旅だから・・・
団体の行動ならこんな無理な旅は出来ませんね。
気まま
2009/02/03 11:54
blue tangoさん
160円の大回りですが、大回りルールが出来たのがわりと新しいためでしょうか・・・・現役の鉄道関係者でも年配の方は知らない人が多いようです。
気まま
2009/02/03 11:57
くらさん
門司駅でマル・タイが動いている姿を見たときはホント感動しました。普段は駅の隅っこで動かない姿をみるだけですから。

そうですね、最新の交直電車は客室内の照明が落ちないものばかりですから、そのうち九州のデッドセクションを通過する415系は天然記念物になるかも・・・ですね。
気まま
2009/02/03 12:00
大阪人さん
JR東日本から譲渡された415系、今のところ鹿児島に向かったようですね。JRマークはとりあえずテープで赤色のJRに変更されるのでは?と思います。
内装については、そのまま使用されるのではと思います。
九州の415系についてこちらでは、九州新幹線を通すのに躍起になっているので当分の間、交直電車を新製する余裕はなくまだまだ415系に延命工事を施し使って行くのでは?と思います。
103系同様、415系が最後に姿を消すのも案外九州だったリスかもしれませんね。
気まま
2009/02/03 12:05
珊底羅さん
海底トンネル人道、あそこ自分も通ったことありますが、ホント異空間というか地上とは違った空気が流れているように感じました。
因みにあの人道のすぐ上には車道があり、人道はその避難通路になったりします。
それから、「準快速」の表現、快速より止まる駅が多いということを言いたいのだと思いますが、自分もその表現は不要だと思います。
気まま
2009/02/03 12:09
としおちゃんサン
JR九州はJR東から不要になった415系をもらってきちゃったようだし、まだまだ415系をソンビらせるつもりなんでしょうねぇ。
交直電車は高価だしまだまだ交直電車を新製する余裕はないんでしょうね。
もし、新しい交直電車を新製するときにはそのデザインがどのようになるのか見物ですね。
気まま
2009/02/03 12:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
下関駅に来ちゃいました・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる