気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 旦過市場にやってきました・・・・

<<   作成日時 : 2009/02/02 15:39   >>

トラックバック 0 / コメント 14

 北九州モノレール乗り場にやってきました。
画像
 これから、モノレールでレトロなアーケード街がある旦過(たんが)へと向かいます。

 100円切符を買って改札をくぐりホームへ上がると、すぐに「企救丘行き」の電車?がやってきました。
普通の鉄輪式の列車と違ってゴムタイヤのモノレールは登場がとても静かです。


 モノレールに乗ること5分足らず・・・ あっという間に「旦過」に到着です。
はっきり言って小倉駅から旦過駅までわざわざモノレールに乗らなくても歩いていける距離なんですけど・・・
雨脚が少し強いので今回はモノレールに乗ることにしちゃいました。

画像
 そして、こちらが『旦過市場』です。

 一見、何の変哲もないアーケード街のようですが・・・
一歩このアーケード街に踏み入れると、そこには・・・・

 昭和♪ 昭和♪ 昭和♪ ・・・・ 昭和が溢れています♪


 
 以前、JRのパンフレットで『旦過市場』の様子を見て一度行ってみたいと思っていた所でした。
画像
 旦過市場に足を踏み入れた瞬間、所狭しとぎゅうぎゅうに押し込まれたお店、お店、お店・・・・
どのお店の看板も年季が入り良い感じです。

 アーケード街の通路も今時のそれとは考えられないほど狭いため人がごったがいしお店のおばちゃん達の威勢の良い掛け声がこのアーケード街の活気を盛り上げています。



画像

 漬物屋さんの前を通りかけました・・・
昔懐かしい吊り下げ式の秤に、ビニール袋に小分けした色んな漬け物・・・・
自分が幼い頃、こうした漬物屋さんが近所の小店にもありましたっけ・・・

 余りの懐かしさにカメラのシャッターを押さずにいられませんでした。


 さらに、足を進めると・・・

画像
 色とりどりの野菜や果物がならぶ八百屋さんです。

 近代的なスーパーに並ぶ、パック入りの野菜とは違いこのお店のざる入りの野菜はとても新鮮そうです。
また、段ボールにワイルドな文字で書かれた値札も昭和、昭和してますね・・・

 そう言えば・・・ 幼い頃、母親の買い物に着いていくと、威勢の良い顔なじみのおばちゃんが蜜柑やリンゴをお負けしてくれました・・・・。 (今、あの時のおばちゃんどうしているんでしょうか??)


 そして、駄菓子屋さん・・・
画像
 
 置いてある商品は今時のヤツですが、こうレトロなお店にあると懐かしさを感じます。

 あっ!よ〜く見てみると、節分豆と鬼のお面も置いてありますね。
もうすぐ節分ですねぇ・・・・って! この記事書いている今が節分だったりするんですけど


 ん〜 もう・・・ 素晴らしい 旦過市場!! 

 いつまでも浸っていたいこの懐かしい活気ある昭和の雰囲気・・・・
何を買うわけでもなく、ただこの雰囲気を味わいたくて旦過市場を数往復しちゃいました。


 そんな、懐かしい昭和の雰囲気ただよう旦過市場ですが、中でも非常に気に入ったのが『大學堂』。
画像
 北九州市立大学が主催するコミュニティースペースのようで色んな催しや休憩所として使われているようです。

 大學堂のHPはこちらhttp://www.daigakudo.net/

 何気なく通りかかっている途中、ふと「大學堂」の大きい看板に目がいきその中を覗くと・・・・

そこには、忘れかけていた懐かしい茶の間がありました。

画像 
 余りの懐かしさに、おもわず 引き込まれるように入り込んでしまいました・・・・

 陶器製の火鉢、雑然とした畳部屋に置かれた炬燵に木目調のレトロなテレビ・・・・
う〜ん・・・ もう・・・ 懐かしすぎて・・・ 涙ちょちょ切れそうになりました・・
 何という偶然でしょう!!!  自分の幼い頃、ここと同じような作りをしたお米屋さんが近所にあったのです!

 「お米くださ〜い」と言うと、今にもあの頃の人の良さそうなY米屋さんのおじちゃんがヒョッコリと顔を出しそうな感じです。

 ホント、タイムマシンなるものがこの世にあるなら、自分が幼かった昭和50年代に戻ってみたいです。
そして、いつまでも浸っていたい昭和昭和した雰囲気・・・・

 フっ、と我に返り・・・ 時計を見てみると・・・ あら!!帰りの電車の時間が迫っていました

 帰りの電車の時間まで残り20分ほど、一気に現実に引き戻され大急ぎで小倉駅に戻ります。




               

 昭和の懐かしさに後ろ髪を引かれながら、小倉駅へと戻ってきました。
これから博多へと帰るため、「ソニック」に乗ります。

画像

 今回の旅の際のに乗る列車は大好きな885系「白いソニック」です。

 遠くから見ると、イモムシみたいな電車ですけど・・・いつ見ても格好いいです!
丸っこくって白いスマートな車体を見つめていると思わずナデナデ、ハグハグしてしまいそうです。


 帰りは悠々と窓側の席に座りたかったので、ちゃっかりと指定席を押さえていたので自由席みたいに慌てまくって乗り込む必要はありません。
画像

 885系と言えば編成毎に違う2号車のアートギャラリー
この日も、このアートギャラリー見たさに2号車より乗車しちゃいました

 885系には大きく分けて「かもめ」バージョンと「ソニック」バージョンとありますが、「かもめ」バージョンのアートギャラリーが長崎に因んだ書画であるのに対し、「ソニック」バージョンは墨画が飾られています。

 
 そして、「ソニック」バージョンの中で特にお気に入りなのが3号車のコモンスペースです。
画像
 なんと! 列車のデッキにブーメランベンチがあります。

 客室の椅子に座り飽きたり、電話をかけたりするときによく利用します。

 また、客席が満員の時など臨時の腰掛けとしても使えますね。
九州新幹線が全線開通したときに走る相互乗り入れ車両にもこうした設備があっても・・・
と思うのですが、輸送力第一のJR西日本の区間もあるのでこんな設備置きたくても置けなかったんでしょうね。



画像

 そして、帰りはゆったりとしたレザーシートに悠々と腰掛け、最後の列車の旅を楽しむのでした・・・・









         ・・・・おわり 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いつだったか、私がミーヤキャットと出会って、抱っこさせて貰った場所は、この『大学堂』です。
この大学堂はとても懐かしいようなムード漂う所ですよね。

旦過市場、以前はもっと賑わって小倉の台所といった感じでしたが、最近少し寂しい感じにはなってきてますが、小倉名物などが有って、毎月医療センターへ行った日には必ずと言っていいくらい行く場所ですが、気ままさんの記事で良さを再発見した様な気がします。
ずっと見慣れている私は新鮮さがないのですが、こうして見るとよいところなのかも?です。
素敵に紹介して下さって、ありがとうございます。(^_-)-☆

ソニック、車内がとても素敵なのに、乗っても座席から離れないでいるのは勿体ないですね。
乗った時にはウロウロして見たくなりました。
ビオラ
2009/02/02 15:51
こんにちは
お疲れ様でした。
こんないい雰囲気のアーケードがあるんですねぇ〜!
ホント買うわけでもなく何往復もしてみたい雰囲気です。いつまでも残して欲しい昭和の雰囲気ですね。
今朝の新聞に伊万里のアーケード撤去の記事がありました。思い出がまた一つ消えようとしています。

気ままさんの旅を拝見していると私も鉄分だけに囚われずにいろんなものにも目を向けなければと反省させられてしまいます。
いろんなところに「昭和」は残っているんですね(汗)
伊万里保線区
2009/02/02 17:47
市場の写真モノクロにすると、昭和していますね。
としおちゃん
2009/02/02 20:48
昔ながらの活気のある市場ですね。
近年、このような市場は、シャッターが下りている店が多くなりゴーストタウンみたいになるところが多いのではないでしょうか。
 記事を見ているだけで活気のあるワクワクとした市場の雰囲気が伝わってきますねぇ。
 対面販売の八百屋や漬物屋さん笑顔での雑談も楽しいでしょうね。人間身あふれる市場が、やっぱりいいですよ。
GAKU
2009/02/03 08:51
ビオラさん
『大學堂』ってそんな企画までやってるんですか!?
さすが若い大学生が企画しているだけありますね。

旦過市場、自分にとってはとても懐かしく活気のあるアーケード街に見えましたけど・・・・
理路整然と区画整備された現代的なアーケード街と違い旦過市場は昔からの店構え、とても懐かしくまた行きたいと思いました。

帰りのソニックの車内では、疲れもありましたし自由席が混雑していたのでお気に入りのコモンスペースには行かず客室で大人しくしていました。
気まま
2009/02/03 12:22
伊万里保線区さん
去年、浦ノ崎駅の桜を撮りに行った帰り伊万里のアーケード街を10年ぶりぐらいに歩いてみました。
お店のほとんどにシャッターが降りていてとても淋しくなりました。自分が高校生の頃はもっと賑わっていたのに・・・今ではアーケード街が無くなってしまう話まで出ているんですねぇ・・・。

気まま
2009/02/03 12:27
としおちゃんサン
そうですね、画像を古くさく見せるため加工してみるととても良い感じになりました。
ただ、ブレブレになった画像を誤魔化しているだけだったりしますけど・・・・
気まま
2009/02/03 12:29
GAKUさん
そうですね、ほとんどの街では昭和の頃に賑わっていたアーケード街も平成の現在ではシャッター通りになってしまった所も多いですね。
そんな中でも旦過市場はまだ賑わっている数少ないアーケード街の一つではないかと思います。
威勢の良いおばちゃんとの掛け合いも、上品すぎる今時のスパーでは見られないことですね。
気まま
2009/02/03 12:32
北九州はなかなか行く機会がないので
このモノレール乗ってみたいな〜と
思いました。
旦過市場、レトロな感じですね〜。
最近は大手スーパーばかりができていて
こういう所はホットするものがありますね〜。
ソニックも確かにかっこいい!
段々、気ままさんの影響を受けてきたかも(笑)
むら智
2009/02/03 16:46
カラーでも十分、市場の昭和な雰囲気を感じられましたが、セピア調にするとより一層懐かしい雰囲気を感じます。
市場で売られている商品は、今ならコンビニで調達できそうなものが多いかと思いますが、コンビニで買ってもどこかむなしさが残りますね・・・。
おおみや
2009/02/04 21:11
むら智さん
モノレール、九州じゃ北九州にしかないですし滅多に乗ることの出来ない乗り物だと思います。
一般的な電車と違い車と同じゴムタイヤで動いているので列車なのに音がとても静かでとても見晴らしが良いです。
旦過市場・・・とてもレトロで昭和の香りが漂うアーケード街です。
いつか、むら智さん取材に行ってみてはいかがですか?
気まま
2009/02/04 21:23
おおみやサン
そうですね、臨場感があるカラーよりセピア調に加工してみると朧気になり懐かしい感じになりますね。
この市場で売られている生鮮品はコンビニやスパーでは比べものにならないほど新鮮で地元のものばかり・・・正しく地産地消です。
気まま
2009/02/04 21:27
小倉や門司には古い市場が多いのですね。
いつだったかTVのローカル番組で見た風景です。
セピア色に加工してあって昭和に戻ったようです。

ブーメランベンチってすわり心地はどうなんでしょう?
blue tango
2009/02/05 19:14
blue tangoさん
門司港駅周辺を中心にレトロな街並みが多くあります。
昭和の活気があった頃、そのままといった感じで昭和生まれの人にとってはとても懐かしいカモです。

白いソニックのブーメランベンチ・・・あくまでもデッキに設置してある簡易的なベンチですから、座るというよりもたれ掛かるという感じですが・・・揺れる列車の中でケータイをかけたり、気分転換のため足を伸ばしたりするのにはとても良い設備です。
気まま
2009/02/05 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
旦過市場にやってきました・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる