気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下鉄七隈線・・・・

<<   作成日時 : 2009/02/14 12:08   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 九州北部では、ここ10年で最も早い春一番を観測した休日の日、筑肥線の乗りつぶしをやるつもりでしたが・・・
地上を走る筑肥線は春の嵐の影響でダイヤが無茶苦茶になっているので地下に潜ることにしました。(謎



 地下鉄・・・駅は何処も同じような造りで流れる車窓も蛍光灯ばっかり・・・実に面白くありません

 そこで、何か楽しめる所はないかと思っていると・・・ ありました

画像

 福岡市営地下鉄『空港線』の天神駅から歩くこと、歩くこと・・・
500m 約10分ほど・・・



 同地下鉄3号線『七隈線』、天神南駅にやってきました。
画像 
 七隈線・・・福岡市南西部と都心を結ぶ路線です。
一部区間では'75年まで路面電車が走っていた城南線の下を走りその沿線には3つの大学があり、都心からの通学客も多い路線です。

 しかし、地下鉄1・2号線とのアクセス駅である天神駅とは500m(軽く一駅)ほど離れておりその乗り継ぎが大変なのが大きな欠点です。将来的には天神南駅から延伸し博多駅に繋げたり、橋本駅から北上し姪浜まで延伸する計画があるようですが・・・・実現するまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。


 そんな、福岡市営地下鉄『七隈線』ですが・・・
筑肥線に接続している1・2号線とは違い全く独立した路線なので3000系という最新鋭の車両が投入されています。

 
画像
 特に、先頭車両にある運転席はオープンスペースになっていて運転士の仕事ぶりや普段見ることのない地下鉄の前景を楽しむことが出来ます。

 この先頭車、テツな人やちびっ子達には大人気のようで、先頭車両はわりと乗車率が高いような気がします。

 因みに、七隈線の車両はATO(自動運転装置)搭載なので運転士の仕事は扉扱いの安全確認と運転機器がちゃんと動いているかモニターを監視するくらいだそうです。
 この七隈線の車両、新交通システムの「ゆりかもめ」などと同じく無人運転もできるそうなんですが、現在の所、異常時に備えて運転士が乗務していますが・・・
 営業中は直接車両を運転することがないので乗客達にじろじろ見られていると変に緊張したりしないんでしょうか?
 

 運転室がオープンスペースになっているのは全国の地下鉄でも珍しいことだと思いますが・・・
なんと!その反対側・・・ 最後部の車両にある運転室は一般に開放されます!!
画像
 電車が、終点「橋本駅」に到着し折り返し「天神南行き」となり、今まで先頭車だったこの車両は最後尾の車両となります。
それまで、客室と運転室を仕切っていた細い棒が取り払われ一般の乗客に開放されました。
さすがに、運転装置をいじられるとヤバいので、そこにはカバーがされ施錠されますが・・・・

 今まで運転士が座っていたベンチシートには大人2人ほどが座ることが出来ます。
(余談ですが・・・時々カップルで座っているのを目撃することがあります・・・


画像

 この特等席に座ると・・・・
普段見ることの出来ない地下鉄の後展望を楽しむことが出来ます。

 どうです!? 地下鉄がホームから離れる風景・・・・
普段客室から見ることが出来ないホームドアの線路側や地下鉄の駅の造りを見ることが出来ます。


画像

 普段の客席からは余り変化がないように見えるトンネルの断面も、後部運転席から見ると・・・
四角だったり円形だったり・・・変化に富みます。

 また、コストを少しでも下げるためトンネル無いが意外に狭いのも実感することが出来ます。



画像

 こちらは、シールド工法でつくられた円形のトンネルです。

 普段地下鉄に乗っていて感じないことなんですが・・・
運転室から見ていると地下鉄って意外に勾配や急カーブが連続しています。




画像

 この地下鉄七隈線、全線12qを24分で運転しています。
普段ならこの24分間って退屈な時間になってしまいますが、この特等席に座るとあっという間に24分が過ぎてしまいました。

 やはり・・・普段見ることの出来ない前展望や後展望を楽しむことが出来る運転席って魅力的ですねぇ・・・・。
 でも・・・小心者の自分にとって、この席を陣取るにはちょっと勇気が必要でしたが

 もし、この七隈線を利用する機会がありこの特等席が空いていることがあれば皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか!?
ちょっとしたアトラクション感覚で普段とは違った地下鉄を楽しむことが出来るのではないかと思います・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪市営の長堀鶴見緑地線や今里筋線みたいな感じの路線ですねATOにワンマン運転・・・。
としおちゃん
2009/02/14 13:01
七隈線は一度だけ、乗ったことあります。
ホームは誰もいなくてガラガラでした。
(平日の昼間だったから?)
薬院に住んでる友達の家に行くために
天神から乗ったような記憶があります。

しかし、運転車両や後ろの車両が開放されて
いるとは。知らなかったです。
不思議な風景を見られるんですね。
SF映画のよう(笑)
むら智
2009/02/14 15:43
 今日は。
 御堂筋線の天王寺駅は二面三線。珍しいですよ、これ。
珊底羅
2009/02/14 17:47
おはようございます。

ATOとワンマン運転。この地区では名古屋市営地下鉄の上飯田連絡線ですが、サイズがフル規格とリニアタイプでは雲泥の差ですね・・・

最後尾のベンチシートは、普段の乗車とは違った視点で地下鉄を乗車できるまさに特等席感覚ですね。

でも、空港線・箱崎線の天神駅から歩いて移動となるとかなり面倒な感覚ですね。将来はウオーターフロント部への延伸も計画されているようですが早く実現してもらいたいというのが一番の思いでしょうかねぇ・・・
くらさん
2009/02/15 08:54
 七隈線も早いもので開業4年ですね。 リニアタイプと最初は新鮮だったのですが、天神南から天神への乗換えは不便です。 
てつお
2009/02/15 10:35
としおちゃんサン
この七隈線、いずれは(ラッシュ時以外)完全無人運転になるかもしれません。
気まま
2009/02/17 21:02
むら智サン
七隈線、その他の地下鉄との接続も悪いため思ったほど業績を上げていないようです。
また、天神南からそこそこ乗っているように思えても、福大前を過ぎると一気にガラガラになってしまいますね、ホントにこの地下鉄って必要があったのかなぁ?と思うくらいです。
しかし、七隈線の車両は運転席が丸見えだったり後部が開放されたりするので地下鉄好きな人には溜まらないかもしれませんね。
気まま
2009/02/17 21:07
珊底羅さん
二面三線とは・・・片側のホームを区切って2線にしてあるのでしょうか?
地上駅のホームではよく見ますが、地下鉄で見かけるとは珍しいですね。
気まま
2009/02/17 21:09
くらさん
この七隈線も大江戸線同様、車両が一回り小さく少し混雑すると窮屈に感じることがありますね。
リニアタイプ、鉄輪式にはない加速感を味わうことが出来ますし高低差が激しい地下鉄にとっては最適のようですね。

でも・・・この七隈線、地下鉄1・2号線とのアクセスが最悪なのが残念です。
気まま
2009/02/17 21:14
てつおサン
つい最近開業したかと思っていたら・・・
もう4年も経つんですね。
七隈線・・・なんで既存の天神駅の下まで線路を延ばさなかったのでしょうね?天神地下街、人混みの中の500mはあまりにも遠すぎます。
気まま
2009/02/17 21:16
 今晩は。 
 島式ホーム一面で上下各一本、追い抜き追い越しのためのホーム一面を二面三線といいます。
珊底羅
2009/02/17 21:49
珊底羅さん
追い越し専用のホームがあるなんて凄いですね。
こちらの地下鉄でもそう言う設備があるなら快速なんかの設定も出来るんでしょうね。
気まま
2009/02/18 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
地下鉄七隈線・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる