気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人事じゃないニュース

<<   作成日時 : 2009/03/20 22:03   >>

トラックバック 0 / コメント 16

 昨日、何気なくニュース記事を見ていると産経ニュースで人事じゃない記事を見つけました。


 以下、緑の文書は産経ニュースからのコピペですが、詳細な地名は削除し加害者、被害者の氏名は伏せ文字にしてますのでご了承ください。


夜勤明けの介護福祉士、工事現場の作業員2人はねる
2008.12.22 21:43
 22日午前9時半ごろ、群馬県の国道254号で、乗用車が反対車線に飛びだし、工事作業中だった作業員Aさん(49)をはね、さらに作業中のBさん(46)をはねた。2人はともに胸などを強く打ち、Aさんは間もなく死亡、Bさんは重体。

 群馬県警下仁田署は自動車運転過失傷害の現行犯で、介護福祉士、K容疑者(22)を逮捕した。

 調べに対し、K容疑者は「気がついたら反対車線を走っていた」などと話しているという。

 K容疑者は同町内の特別養護老人ホームでの夜勤を終え、帰宅途中だった。勤務時間は午後10時から午前7時半までで、同容疑者は20人の入居者を担当し、休憩約1時間半をはさみ業務にあたっていたという。




 この事故、夜勤明けで仮眠もほとんどとることが出来ず睡眠不足だった上、帰宅時で勤務の緊張もとれついついウトウトと居眠り運転してしまったときに起こしてしまったものではないかと思います。

 これ・・・・ 同業者である自分にとっては、とても人事と思えない交通事故です。

 自分の周りでは夜勤明けに交通事故を起こした人はたくさんいますし・・・ 決して珍しい事故ではありません。
そう言う自分も事故こそありませんが、夜勤明けの帰宅途中、運転中に一瞬意識が飛んだりしてヒヤリ・ハットした経験が何度かあります。


 本来なら、勤務が終わった後に休憩室などで少し仮眠をとったり公共の交通機関を利用して帰宅すればいいのかもしれませんが・・・
日勤者が出勤してくるし更衣室(休憩室)や駐車場のスペースなどの問題で仮眠できなかったり、近くに公共の交通機関がない施設もありますし・・・ 帰宅前に休憩を取ったり、代替手段をとることも出来ないのが現実だったりします。


 この事故、被害に遭われた方にとっては降ってきた災難ですが、加害者にとってもとんでもない災難だったと思います
こんな事故を防ぐためにも、夜勤の職員の人数を増やして確実に仮眠を取れるようにしたり、夜勤の職員には公共の交通機関を利用するように呼びかけたり施設から送迎したりするのが理想的だと思いますけど、どれもコスト的に無理、現実的ではありません。
ましてや、徒歩で通勤できるくらい近くに住むなんて・・・ 簡単にできることではありません・・・


 やはり現実的には、マイカー通勤で事故対策は個人レベルでの努力ということに尽きると思います。

 しかし、一晩緊張感たっぷりに入所者一人一人に気配りし、仮眠もとることが出来ずほとんど立ちっぱなし動きっぱなしの勤務が終わり、さらに車の運転で緊張感を持続させハンドルを握ることは難しいことだと思います。

 このような事故を増やさないためにも、施設や国にも対策を講じて欲しいと思います。




 最後に、この事故で亡くなられたお二人のご冥福を心よりお祈りすると共に、加害者となった方が1日も早く立ち直りもう一度介護の現場に戻ってくれればと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
私もマイカー通勤ですが。
夜勤の時は車は置いていきます。
旦那が在宅の仕事で自由が利くので
お願いして送ってもらっています。

介護施設の火事もあり・・・。
なんかココロが痛い新聞記事が最近多いかも。
おかん
2009/03/21 11:13
実はあれなんだよね〜
目を開けて居眠り運転、夜の東名高速なんかわ日常茶飯事ですからね。飲酒運転やっている人間もいくらでもいてるしね。目を開けて居眠り運転、私も何度も経験があります。自動車には、ATSもATCも付いてないですからね。ほんと怖い乗り物ですよ。
としおちゃん
2009/03/21 11:52
 今日は。
 県に三つぐらい大規模な施設をつくって、入れてしまう。反発はあるにしても軽くするために監視カメラを設置する。人数もある程度揃うから仮眠の時間はとれる。小規模は全部失くすという事ですね。これからどのくらいの負担はかかるのか知らないが、負担はやりたくないのが私の感想。非正規で薄給、やっていけるのか不安が募る。介護は廃止をと思っている。
珊底羅
2009/03/21 17:44
こんばんは♪
今日は夜勤明けだったのですが、よく分かります。
私もドキッ!!とすることがあります。
あわやと言うことも・・・
気をつけなくっちゃ!
月桂樹
2009/03/21 18:05
おかんサン
旦那さんのお迎えがあるんですねぇ・・・うらやましいです。

そうですね、無認可介護施設の火事、とても心が痛みました。防火設備が全くなく夜勤帯は職員一人だけで対応していたようですし、初期救助には近所の住民の方も協力されたようですね。
気まま
2009/03/21 21:30
としおちゃんサン
そういう現実もあるんですねぇ・・・
飲酒運転、これからは免停ではなく一発で免許取り消しになるようですけど、飲酒運転止められない人もいるんですね。
自分もよく車にも鉄道のATSやEBに相当する安全装置をつけたら?と思うことがありますが・・・
車の場合、急に止まっても危険なことがありますから安易につけることも出来ないんでしょうね。
気まま
2009/03/21 21:34
珊底羅さん
監視カメラですか・・・施設の中にはつけている所もあるようですが、いざという時にはやはり人手が要りますからあくまでも補助的な手段でしかないというのが現実のようです。
これから、少子高齢化が益々進みピーク時には養う者より養われる者の方が多くなる見通しなので介護保険制度が崩壊するのではないかという不安感があります。
気まま
2009/03/21 21:39
月桂樹さん
この仕事をしている人でマイカー通勤している人であれば夜勤明けの帰宅途中でヒヤリとした思いをすることが少なからずあると思います。
ただニュースにならなかっただけ、このような事故も珍しいものでは無いかもしれませんね。
気まま
2009/03/21 21:43
おはようございます。
自動車の保安装置、技術的には、可能なようですが、大人の事情がありますからね。検挙者の数が減ると国庫が潤わなくなりますからね。この数をある程度予算の頭数にいれてますかね。ちゃんと取り締まりやってますよ〜て、アピールしないといけないですから、利権絡みの汚い世界です。
としおちゃん@怪社
2009/03/22 07:47
介護、看護に携わる職業はハードな勤務に対して報酬が少ないので敬遠されているというニュースを見るたびに
「気ままさんはどうなんだろうか」
と思います。

人の命を預かる仕事なのですからもっと優遇されてもいいのではないでしょうか。


前回のコメント同じ文がなんどもコピーされててびっくりしました。
注意力散漫ですみません(*- -)(*_ _)ペコリ
blue tango
2009/03/22 12:32
としおちゃんサン
やはり、そんな汚い事情があったんですか・・・
やはり罰金や反則金も国庫ひいては議員さんや官僚の懐にはいるんですね・・・
気まま
2009/03/22 21:19
blue tangoさん
そうなんです、どうしようもないほど報酬が少ないです。ホント、結婚しても一家を養うなんてこと絶対に出来ません。
介護の世界は色んな意味で過酷な現場です。
気まま
2009/03/22 21:22
こんばんわ
 私の勤める救急病院では16:30〜翌9:30の17時間の仮眠なし、あるのは2時間程度の休憩だけです。
 仮眠をしてはいけない、とまで言われています。
ほとんどの職員が公共交通機関が近くにないので、マイカー通勤です。
 私は時々エンジンをかけた車の中で寝てしまっていることがあります。
ひこうちゅうねん
2009/03/23 22:50
ひこうちゅうねんサン
どうも、お久しぶりです。
そうなんですよねぇ・・・施設によって仮眠はあくまでも仮眠、「寝ることは贅沢だ!」みたいな所も多くありますね。
しかし、人間にとって睡眠は重要なものです。適度に睡眠を取らないと通勤だけでなく業務でもミスや事故を起こしやすくなるのでその辺りのリスクを考えてもらいたいものですね。
気まま
2009/03/24 21:16
適切な勤務時間になっていれば、こうした事故も自然と起こらなくなるのでしょうけれども、適切な勤務時間を設定するのが難しいというのが実情、というのは残念でなりません。
悲劇を繰り返さないように、早急に何か対策を望みたいところですが・・・。
おおみや
2009/03/24 23:20
おおみやサン
福祉・医療業界業界に限らず日本の大半の企業が労働者に対して無理な勤務を強いているのが実情です。
こうした事故を起こしても会社は知らんぷり・・・挙げ句の果てには「こうした社員は要らん!」と容易にクビを切ってしまいます。
気まま
2009/03/25 17:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
人事じゃないニュース 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる