気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜野浦の棚田〜’09春…再び〜

<<   作成日時 : 2009/05/05 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 20

 本格的な黄金週間直前の日、またまた唐津に用事があり、天気も良かったのでその帰り玄海町まで足をのばし夕暮れに染まる『浜野浦の棚田』を狙いに行ってきました。

 『浜野浦の棚田』には先週にも行きましたが、その日はあいにく天候に恵まれず、ど〜んよりと曇っていたので紅に染まる棚田の様子をカメラに納めることが出来ませんでした。(その日の記事はコチラ

画像


 この日は、黄金週間直前の平日の午後5時過ぎ棚田を見渡せる展望台近くの駐車場は既に満車状態、車を止めるためちょっと離れた場所にある第2駐車場に向かいます。

 車を降り、第2駐車場の下に田圃が見えたのでその田圃を見渡せる位置まで移動してみました。
「浜野浦の棚田」って展望台から見える範囲だけではなく、そのはるか手前からあったんですねぇ・・・・



 第2駐車場から歩道沿いに展望台を目指しボチボチ歩いていると・・・・
藪の間から見慣れた棚田が見えてきました。
画像








 展望台に近づくと先客の皆さんが沢山いるようで、人の話し声が聞こえてきます・・・




画像  
 国道沿いの歩道を歩くこと数分、棚田の展望台に着きました。

 
ピーカンのこの日、夕日に染まる棚田の様子をカメラに納めようとする愛好家の人たちや恋人の聖地を訪れるカップルたちで賑わってます。

 
 日没まで、まだまだ1時間以上・・・ ギャラリーが沢山いるので良い場所を確保しようと思いましたが、まだまだ場所に余裕があるのでタイムの序でに展望台の様子を撮ってみました。
画像

 田圃からは、人の声に負けないくらい賑やかで元気いっぱいのカエルさん達の声が聞こえて来ます・・・・
 そして、海から吹いてくる暖かくて柔らかい風は潮の香りを運んできます・・・・

 なんだか・・・ 大自然に囲まれていると・・・ その場にいるだけで癒されますねぇ



 それでは、人も益々増えてきているようなのでいい場所を確保することに
・・・と、その途中、国道から伸びている階段を見上げると・・・
画像
 インターネットのライブカメラを発見!!

 いつも情報収集のため、インターネットを通して見ていた画像はここに設置されていたカメラで中継されていたんですね。

 このライブカメラの映像は、下記のHPで観ることができます。
アドレスクリックするとリンクできますので、よかったらみてくださいね。
http://www.town.genkai.saga.jp/public_html/out_camera.php?gl_job_flg=view&pid=1&id=14



画像
 なんとか、お気に入りの撮影ポイントを探し出すことができ・・・その場所でじーっと待機することにします。
日没まで、あと1時間・・・・ 辺りが徐々に紅に染まりはじめました。

 カメラのモードを「夕暮れ」にして試し撮り・・・
微かに赤味がかった方にカメラを向けると・・・・・
近くに咲いていた草花が「私も撮って〜」と言わんばかりにファインダーに入って来たので、その草花を主役に試し撮り 
試し撮りだったので、最初はすぐに削除しようかと思いましたが思いの外良い具合になったので作品の一つとして取っておくことにします。

 それから、暫く・・・・「暇だなぁ〜」とケータイでメールしたりゲームしながら時間を潰していると・・・・


画像


 「さぁ〜こっから本番ばい!」と隣でバズ−カーみたいなカメラを構えていたおじさんの声!
ふと、海の方を見てみると太陽が随分低くなって空の紅が濃くなっていました。

 先ほどまで、待機している人の話し声で賑やかだった展望台もいつの間にかシャッターの音とカエルさんの声だけ・・・・



画像


 陽が傾くにつれ空も田圃も良い具合に紅に染まってきました。



 あっ、でも・・・ 日が沈む西の空にはうっすらと曇っているのでしょうか・・・・
太陽の姿がぼやけています・・・




画像


 ファインダーを覗いていると農道をあるく人影が見えたので、そこにズームイン!

 この棚田で農作業していた人でしょうか・・・・?



画像

 
 引き続き農道を行く人・・・・

 もしかして!? この方、カメラの被写体になることを知っているのでしょうか?
ものすごい早歩きで農道を歩いていきます。




画像

 今度は、思いっきりズームアウトしてみました。

 今いる撮影ポイントから棚田全体を撮ってみました。
 
 全体的に肉眼より暗いですが、この時の夕景を肉眼で見るとこんな感じでした。




画像


 さらに陽が傾きいい感じになってきたのですが・・・・

 太陽がさらに崩れてきたような・・・

 でも・・・・ これはこれでいい感じです。






画像




 太陽が水平線の彼方に沈んでいくまであと僅か・・・・・


 このまま、薄雲に隠れながらこのままいい感じで沈んでくれるのか!?・・・・
と、おもいきゃ・・・・


画像

 厚い雲に隠れて、朧気に真っ赤になったかと思うと・・・・


 あれ?? 

 一番の見せ所を前に雲隠れしちゃいました・・・ ^_^;
きっと、沢山のカメラとギャラリー達を直前にお天道様も恥ずかしかったんでしょうねぇ!?




 あ゛〜っ゛ 惜しい!! ・・・正直思いましたけど、これも大自然が相手なので、こればかりは仕方ありません。
 
画像

 残念やねぇ・・・・ と思いながら東の空を見てみると、まだうっすらと青空が残っていました。

 そしてそこには、ゴーッ!!という轟音に遅れて一筋の白い雲が・・・・
思わず、飛行機雲にカメラを向け撮ってしまいました・・・



 この日は、夕陽が沈む浜野浦の棚田を狙いたかったのですが、残念ながら一番いいところで太陽が隠れてしまいました・・・
もし出来る事ならあと1回再度リベンジしたいと思うのですが、今のところ浜野浦に行けそうにありません・・・・
また来年、今度は一デジを持って(買えるかなぁ?)より綺麗な浜野浦の棚田を撮りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
いつみてもステキな風景ですね。(*^-^*)☆
時間で表情が変わって楽しめました。

先日。。。
交通記念館に行きました。(*^-^*)☆
くらさんと気ままさんを思い出しちゃいましたよ。
おかん
2009/05/05 22:23
この光景は、ビルなどが立ち並ぶところでは見られないものですね。これほど太陽が映える場面もないように思います。
おおみや
2009/05/06 00:00
絵になる風景ってこのような風景をいうのかなぁ〜、
何度拝見させて頂いても、色々な変化の有る素敵な景色ですね。
四季、時間、天候、色々な顔を持っていて本当に素敵です。
気ままさん、何度も足を運んでくれてありがとう(^_-)-☆
ビオラ
2009/05/06 07:15
お〜!
とても綺麗に写真、撮れていますね!
棚田を歩いている人がいますけど、
私が行った時にもカメラマンが田んぼに
入っていて、おっちゃんのカメラマンに
怒鳴られていました。

みんな真剣なんですね〜(苦笑)

ホント、こんなに夕日が映える風景は
他にはないような気がしますね〜。
むら智
2009/05/06 09:32
こんばんはぁ!!

大型連休期間中、このような自然の光景が見れるのはとても嬉しいですね。

時間の経過と同時に時を忘れてしまいそうです。
くらさん
2009/05/06 18:25
おかんサン
そうですね、この棚田は季節や時間と共に表情を変えバラエティーに富んでます。
特に、夕日に染まる様子も刻々と紅の色も変化して面白いです。
北海道の交通記念館には自分も行ってみたいです。
気まま
2009/05/06 21:26
おおみやサン
この辺りは絵に描いたような田舎の風景・・・
この棚田もその土地にあわせてつくられたので幾学的な美しさがあるんでしょうね。
気まま
2009/05/06 21:31
ビオラさん
そうなんですよね、この棚田は同じ季節同じ時間でもその日その日によって違った表情を見せてくれます。
だからその表情を見たくて何度も何度も足を運ばされます。
気まま
2009/05/06 21:33
むら智サン
どーも、有り難うございます。
自分が撮っているときも、よりよい場所で撮ろうと田圃の中に入ろうとした人が居ましたが、常連らしきカメラマンのおじさんから注意されていました。

でも、綺麗な夕陽を見ていると自然と隣の人と会話できて色んな情報交換が出来たりして楽しい一時を過ごすことが出来ました。
気まま
2009/05/06 21:39
くらさん
大型連休の直前でしたが、会社によっては既に連休の所もあったりして関東など遠方から来ていた人も居ました。

西の空が紅に染まる頃から日没まで大凡90分、あっという間に時間が経っていました。
気まま
2009/05/06 21:42
きれいな写真ですね。黄金色ですね。
黄金週間後半、お天気はパッとしませんでした。
としおちゃん
2009/05/06 22:48
としおちゃんサン
今回の夕焼け、紅というより黄金になりました。
正しく”黄金週間の夕焼け”みたいですね。
そちらの御天気そうですか・・・こちらでは1日ほど天気が崩れましたが、まぁまずまずと言ったところでした。
気まま
2009/05/07 09:28
今度は夕日に染まった棚田を見られてよかったですね
いつ頃まで見物者が多いのでしょうね?
あぜ道を歩く人のシルエットがいいですね〜

ところで、たまたま昨夜TVで”テツタビ”という番組を観ました。
今回は島原鉄道、日田英彦山線沿線を旅する番組で、気ままさんを連想しましたよ。
blue tango
2009/05/07 09:32
気ままさん、お見事な腕前ですね〜 美しい!!
目の保養をさせていただきました。ありがとう〜
それにしても、こんなに急な斜面を耕作して水を引いて米作りをしようとした、古えの人の労苦もしのばれ胸熱くなります。。感動!!
やはりお米は、一粒たりとも粗末にしちゃいかんとですね。。
レイコs
2009/05/07 15:46
こんにちは。はじめまして。
夕陽で照らされた棚田は絵画のように美しいですね。
実際、田んぼを管理されている農家の方々は大変でしょうが残して欲しい風景です。。。
Tomo
2009/05/07 18:25
コメントありがとうございます。
夕日に染まった棚田、素敵ですね。特に厚い雲に隠れて朧気に真っ赤になっている写真が好きです。
また遊びに来ます。
dragon pearl
2009/05/08 09:30
blue tangoさん
そうですね、綺麗な夕陽を撮ることが出来、リベンジしてよかったと思います。
多分、夕暮れはGWがピークだと思います。

テツタビ、NHKハイビジョンで総集編やってましたね、地元の隠れた名所を案内してくれるので毎回欠かさず観ています。
気まま
2009/05/09 10:01
レイコサウルスさん
この風景、レイコサウルスさんにも是非カメラに納めて欲しいです。
そうですね、古の人はこんな急斜面の谷間に機械も使わず人の手だけでよく田圃を開田したもんだなぁ・・・と思います。
この田圃ですが、複雑な形状なため大型の機械を入れることができず、細かいところは人の手でやっているそうです。
気まま
2009/05/09 10:07
Tomoさん、ようこそ!はじめまして!
浜野浦の棚田は、有名になる以前から知っていましたが、数年前この棚田の写真集をみて虜になってしまいました。

そうですね、田圃を運営している人の多くが高齢者のようで、省力化するための機械も複雑な形状や狭い畦道のため入れないことをが多く管理が大変なようです。しかし、この美しい風景を末永く後世に残すためにも若い後継者が育ってくれることを願いたいです。
気まま
2009/05/09 10:12
dragon pearlさん
夕日に染まる棚田・・・日本特有の風景ですね。
厚い雲に隠れたお天道様、現場ではガッカリしてしまいましたが・・・・
家に帰り、PCで見直してみると、意外に良い具合に仕上がってました。
気まま
2009/05/09 10:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜野浦の棚田〜’09春…再び〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる