気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 騒ぎすぎだね・・・

<<   作成日時 : 2009/05/20 09:57   >>

トラックバック 0 / コメント 18

 豚インフルエンザ・・・とうとう日本でも感染者が出てマスコミは連日ニュース速報で知らせるほど大騒ぎになっていますが・・・・


 ちょっと、この豚インフルエンザに関してマスコミをはじめ大げさに騒ぎ立てているように思います。

 まぁ・・・マスコミの報道や政府の発表では冷静に対応するように呼びかけていますが・・・
その情報源であるマスコミが異常すぎるほど過剰に反応し意味もなく国民の不安をかき立てているように思えてなりません。


 そして、街中に目を向ければ、マスク、マスク、マスク、マスク・・・・・ 町中マスクだらけ・・・



 豚インフルエンザは、呼吸器を介しておこる飛沫感染だといわれています。

 その飛沫から身を守るために有効なのがマスクなんですが・・・・

 町中でマスクをしている人をウォッチングしていると・・・
誤って着けている人が多いこと多いこと・・・・

 誤ってマスクを着けている人が多いので正しいマスクの付け方を簡単に紹介しておきますね。

 まず、マスクはガーゼ(布)以外の不織布のマスクを使用します。
ガーゼマスクは目が粗すぎて、空気中のウイルスをはじめ雑菌はほとんど素通りしてしまいます。
つまり、感染防止目的にはなりません。(吸気に湿気を与えると言う点で有効性があるくらいです)
また口から放出される飛沫もそのほとんどが通り抜けてしまうそうです。
感染防止目的にガーゼマスクするくらいなら、しないほうがマシかも??

 不織布のマスクを着けるときには、マスクの縁がピッタリ顔に密着させることがポイントです。
特に、マスクの上部は鼻柱と顔との間に隙間が出来やすいのでノーズワイヤー部分でピッタリと鼻の形に合わせて密着させ、マスクの横側も頬にあわせて縁が浮かないように密着させます。
そして、マスクの下側はあごの下まで覆いこちらもマスクの縁が浮かないように密着させます。
要するに、マスクを着けるときはウイルスが入る隙間をつくらないことが大変重要なポイントとなります。


 町中でよく見かける・・・
 マスクをしたら苦しいからと、鼻を出している口だけマスク、顔中隙間だらけの当ててるだけマスクマスクは意味がありません。(これなら、中途半端に苦しいし着けない方がマシかも)
 
 さらに、マスクは1回限りの使い捨てだと考え、1度使ったマスクは感染予防上使い回しできません
使い捨てるタイミングとしては、目的地に着いたとき、帰宅したときなどマスクを外した時マスクを着けて連続2〜4時間(商品によって違いがありますの説明書きに従ってください)たったときです。
例え短時間でもマスクの表面特に口や鼻が当たっているところはウイルスを含め雑菌やゴミがたくさん付着しています。
勿体なくても思い切って捨てましょう。
マスクを外すポイントは、マスクの表面に手が触れないよう耳ゴムや紐を持って上手に外すことですが、もし触れてしまった場合は手を洗いましょう。
また、使ったマスクはビニール袋など個別に密封できるものにくるんで捨てるのが理想的です。


 感染防止で大切なのは、マスク手洗いうがい(歯磨きも有効だそうです)で、この3つを欠かさず励行することが望ましいとされています。(マスクをしているだけでは不十分です)
 

 豚インフルエンザは、人類がかつて経験したことのない新型のインフルエンザなのでこれに対応する免疫を人が持っていないので感染が広がりやすく、世界的に恐れられています。
しかし、今のところ季節性インフルエンザに有効な抗ウイルス薬『タミフル』や『リレンザ』が有効のようですし、致死率も高くないので極端に恐れる必要なないと思います。
むしろ、それより恐ろしいのは、豚インフルエンザを恐れるあまり神経質になりすぎ様々な所で風評被害でることです。
(あっ!もう風評被害がでているか・・・・)


 重複しますが、かつて人類が経験していない新たなインフルエンザが出現したとして、ちょっとしたパニック状態になっているようですが、神経質に過剰に反応する必要はないと思います。

 今回の豚インフルエンザに関しては、季節性インフルエンザ同様の基本的な予防策(人混みでのマスク、手洗い、うがい)と人が本来持っている抵抗力を弱めないため規則正しい生活を心がけることが大切だと思います。

 もっとも・・・ 人と接触しないのが最大の予防策だったりするのですが、現在の社会生活を考えるとこれはさすがに無理なので、上記に記した予防策をしっかり行うことが大切だと思います。

 因みに、今回の豚インフルエンザの症状は、倦怠感、全身の関節痛の他、そんなに高くない発熱に伴い嘔吐・下痢などの消化器症状が現れることが特徴のようです。
このような症状があれば、地町村が指定している機関に電話してその指示に従ってくださいね。


 最後に、厚労省のHPを見ていると感染防止策の資料がYouTubeにアップされていたので貼り付けておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=WNQ7Y9d4D4k
 
 


 今回の豚インフルエンザ、思いもしないところから突然あらわれ、世界中にあっという間に広まったことからちょっとした驚異となっていますが、神経質に恐れることなく基本的な予防策で十分対応できると思います。
極端に恐れていると未知の病原体が人間をナメてしまいます。その病原体からナメられないよう毅然とした態度(季節性のインフルエンザと同じよう対応)で応じましょう・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
マスクの知識、ありがとうございます。
コレ、とっても役立つと思います。
私は普段からマスク愛用者ですが、使い捨ての紙の様なマスク、意味が有りませんでした。
というのは、私は感染症予防でマスクを使っていますが、他にもハウスダストアレルギーが有ります。
使い捨てのマスクをしていてもハウスダストアレルギーで咽喉がかゆくなり、咳き込みました。
その時にアレ?と思って薬局で相談しました。
マスクが役立っていなかったです(苦笑)

新型インフルエンザ、それほど怖いものではないようですが、自分の所から人に感染させてはいけないと思ってしまいます。
出来るならかかりたくもないですから、予防するに越したことはないとは思いますが、報道は凄すぎですね。
感染しているかどうか解らない時から、隔離してそれを発表して、「感染が確実になって報道したらどう?」と思ったりしていましたが、騒ぐから騒ぎになり、騒がれたくないからそれぞれが大きく広がって来たのだと思います。
今の季節は日本列島はそれほど広がらないかも?と思ったりします。これが冬ならもっと広がってくるかも?ではないのですか?と思うのですが。
ビオラ
2009/05/20 11:52
うちの職場も、万全な体制で構えています。
ただ外からの面会者には、神経を使います。
今回に限らず、日頃から行っている事ですけど、
準備しているマスクをして頂く時、一瞬嫌な顔をされる方もいます。
院内感染を広めない為に、日常的にやっている事でも不快感をあらわにされる方がいますから。
難しいものです。
月桂樹
2009/05/21 01:12
聞くところの話によると、防護服を着てゴーグルやってウロウロせんと、無理とかききましたわ。
としおちゃん
2009/05/21 12:01
ガーゼマスクも意味ないのですね〜。
知らなかった。旦那は天神勤務なので、
マスクをして会社に行ってます。
一日で使い捨てるのが正しいとは思っていたけど、
何日か同じのをして行ってました。

毎日の事だから出費ですね〜。
むら智
2009/05/21 16:12
ビオラさん
マスク・・・市販のヤツは思ったほど役に立ちません。
本気でウイルスをカットしようと思うなら「N95規格」の業務用マスクを使用するほかありません。
しかも、このマスクも2時間ほどで交換を推奨しているようです。
それから、今回の豚インフル関連のニュースは、具体的な個人情報こそ流さないも、かなり細かいことまで報道しているのであまりにも酷すぎだと思いますし、ただ国民の不安を仰ぎ風評被害を起こしていると思います。
今回のインフル騒ぎ、冬なら確実に日本全国に広がっていたことと思いますし、今年の冬が本当に恐ろしいような気がします。

気まま
2009/05/21 20:25
月桂樹さん
自分の施設も月桂樹さん所とほぼ同じような状況です。
家族からは、「私は豚インフルには関係ないから・・・」と協力頂けないケースが多々あります。
・・・と言いながら、退荘されるときにはちゃっかりマスクを持って行かれたり・・・
今回の豚インフルにかかわらず感染予防には、ホント気を使います。
気まま
2009/05/21 20:29
としおちゃんサン
正しくその通りです!
完全に感染を防ごうと思うなら、宇宙服みたいに完全に外界と遮断する防護服が必要になります。または、人里離れた所へ疎開するしかありません。
マスクは、しないよりした方がいいくらいで、極端な話気休めにしかならないとも言われています。
だって、衣服やむき出しの肌にはウイルスがたっぷり付着してますから・・・
気まま
2009/05/21 20:36
むら智サン
そうなんですよ・・・感染予防にエコやセコロジーは無縁なんです。同じマスクを何日も使い続けるのは非常に危険なことです。
マスクは、少なくても半日に1回は交換しうがいや手洗いも欠かさず行うことで、感染の可能性を低くすることができるのです。
因みに最近では、水洗いで再使用が出来るマスクも開発されているようです。
気まま
2009/05/21 20:41
今年こそは行ってみたかったところへの旅行を実現させたかったのですが、見送ることにしました。

マスク、どこも品切れのようです。
いざとなったら自分で作ろうかと思っていましたが
気ままさんによれば役に立たないみたいです。

どうか関門海峡を渡らないでと願うばかりです。
blue tango
2009/05/22 12:08
blue tangoさん
なんかのTVでキッチンペーパーを用いて即席のマスクを作れると聞きましたが・・・既製品のマスクほどではないようです。
現代のように交通機関が発達した世の中では、新しい感染症に対して無力です。残念なことに新ウイルスが九州にやってくるのも時間の問題のようですね。
しかし、このウイルス今のところ通常のインフルエンザと同じ治療が適応されるので極端に恐れることはないと思います。
因みに、自分は豚インフルより嘔吐下痢症を引き起こすノロウイルスの方が怖いです。
気まま
2009/05/22 20:52
新型インフルエンザでマスクを3箱も買っていたお客さんがいました。全て売り切れですという張り紙もよく見かけます。日本人は流されやすいと言われているので何かあるとドーンと傾いてしまうのが心配です。外国の方が日本人の性格を分析した所、みんな買ってるよ(持ってるよ)というと行動に移すそうです。マスコミがその誘導をしている場合があるので困りますね。ウイルスは怖いので予防を心掛け早期発見であれば今回はクリアできるような気がします。
dragon pearl
2009/05/22 21:50
dragon pearlさん
ブームと団体行動が大好きな日本人、豚インフル騒動でマスクは何よりの防護策と外出する誰もがマスク姿という異様な雰囲気になってますね。
さらに、マスコミがマスクの有無で「感染しただの・・・」、「しないだの・・・」報道したもんだから尚更大変な事態となってしまいましたね。
ウイルスは生物の中で最も小さいため不織布のマスクでも完全に防ぐことが出来ませんし、極端な話気休め程度だとも言えると思います。
人間には、ウイルスを排除しようとする抵抗力が備わってます。マスコミもマスク神話ばかりではなくその抵抗力を高めるための方法も紹介して欲しいと思います。
気まま
2009/05/23 21:11
無防備も良くないですが、神経質にマスクをひたすら着用するというのも、決して良くはないのですね。本当に感染を防止したいなら、それなりにしっかりしたマスクを使って、そしてマスクをつけること以外の予防法もする必要があるのでしょうかね。
おおみや
2009/05/25 23:00
おおみやサン
日本では感染予防には「マスクが一番!」というマスク神話が横行しているようですが・・・・
使い方を誤ると逆効果になってしまうのも事実です。
感染予防には、マスク、手洗い、うがいの他、人間が元々備えている抵抗力を低下させないため睡眠を十分にとったり、過剰すぎる清潔志向を捨てることも必要だと思います。(過剰すぎる清潔志向は、有害な微生物に対する基礎的な抵抗力を落としてしまう原因になりますから・・・)
気まま
2009/05/26 12:25
 今晩は。
 快食、快眠、快便でいくべし。どんな病にも負けない。
珊底羅
2009/05/27 00:39
新型インフルは、あまりにも恐ろしいですね・・・・
私が出かける時、マスクをつけていますが・・・・
けんまる
2009/05/27 12:52
珊底羅さん
その通りです。
規則正しい生活にバランスの良い食事と適度な運動を心がけていれば、生活習慣病の他、感染症にもある程度抵抗力が付きます。
気まま
2009/05/27 21:04
けんまるサン
新型インフルエンザ、一見とても恐ろしいように思えますが今のところ従来のインフルエンザと変わりないようです。
過剰に反応せず、マスク・手洗い・うがい・規則だたしい生活を心がけるを実践していれば感染する確率が低くなります。もし万が一新型インフルエンザに罹ったとしても抗ウイルス薬(タミフル・リレンザ)が有効ですし、対処療法でも十分に回復することが可能です。
重複してしまいますが、マスクだけでは感染予防として不完全ですので、外出したらマスクを取った後に手洗いとうがいを欠かさないようにしてくださいね。
気まま
2009/05/27 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
騒ぎすぎだね・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる