気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR大川野駅

<<   作成日時 : 2009/08/21 10:53   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 しつこいようですが、今回も駅ネタです。

 今回の駅は、前回と同じくJR筑肥(西)線の大川野駅
前回取り上げた、ボロボロな駅舎があった肥前長野駅の隣の駅です。


 大川野駅、佐賀県伊万里市の市街、大川町大川野にある無人駅です。
画像

 筑肥(西)線にある無人駅の駅舎はボロボロだったり駅舎そのものが取り壊されホームに雨をしのぐ程度の待合室があるくらいですが、この大川野駅には地元の展示施設を併設した新しい立派な駅舎が建ってます。
 

 大川野駅に併設されている展示場に展示されていた旧大川の駅舎です。
画像
 額入りの写真をデジカメで撮影したので多少見づらいですが・・・味わいのあるレトロな木造の駅舎です。
因みに旧駅舎も肥前長野駅の駅舎と同じく昭和10年に建てられ老朽化のため’02に解体されました。




画像

 駅舎に入るとまず驚くのは、天井が高く広々したガラス張りで明るい今風の待合室。
待合室に入るとセンサーが感知して駅の照明が点灯します。
 

 さらに、待合室の横には展示室が併設されていて大川町に縁のある展示物が展示してあります。
(展示場へは日中の時間帯であれば誰でも自由に入ることができるようです。)
画像
 展示室には、旧駅舎の駅名板をはじめ炭坑で栄えた頃の品々がショーケースに置かれていたり、地元の小学生が作成した街マップなども掲示してあり、列車の待ち時間を利用して大川町の事について知ることができます。

 また、展示室には椅子とテーブルが置かれているので町の集会場としても使われているのでしょうか?・・・



 そして、展示場の床にはこんなものまで置かれていました・・・・
画像 この、黒い岩みたいなものは・・・石炭です。

 石炭がエネルギーの主役だった頃、この辺りでは炭坑で栄え良質の石炭が採掘されていたそうです。
そういえば筑肥(西)線と接続している唐津線沿線の町も炭坑で栄えてましたっけ。



 ホームへ上がってみました。
画像

 大川野駅は、1面2線島式のホームがあり筑肥(西)線で唯一列車のすれ違いができる駅です。

 ホームは一部がリニューアルされてますが、文字やペンキが剥げかけている古い木製の駅名板がありました。



画像


 ホームにある木造の待合所には、縦書きの駅名板もあり昭和の懐かしい感じを醸し出してます。





 ・・・と、そこに「唐津行き」の列車が到着する自動アナウンスが流れてきます。

画像 

 暫くすると、1両編成の黄色いキハ125が、ゆっくりとブレーキを軋ませながらホームへと入線してきました。





画像 

 今回訪れたのは列車の本数が少ない14時台、すれ違う列車もなく「唐津行き」の黄色いキハが1本だけひっそりと停車。
黄色キハは、数人の乗客を降ろし暫く停車した後、黒煙を吐きながら一気に加速しながらホームを離れていきました。




画像

 
 黄色いキハがいなくなった「大川野駅」ホーム・・・

 そこには、長閑な雰囲気と久しぶりに見る夏空に駅の周りでは蝉の声だけが賑やかに響いています・・・。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
駅舎は、リフォームしたのですかね。「おおかわの」の木製縦書き看板とギャップがりますね。
としおちゃん
2009/08/21 17:39
こんにちは
ここの駅のホームに夏の時期に立つと
どうも九州ではないような雰囲気です。
暑さが九州だと言っているようで異空間に
突然出たような感じがしておもしろいです。
ただ自動放送が・・・(笑)
伊万里保線区
2009/08/21 17:55
としおちゃんサン
新しい駅舎が建ったときに見た新聞記事では、地元の人達の交流の場としても使える駅舎が欲しいという声が上がりこの駅舎が建てられたそうです。
確かに・・・木製の駅名板とかなりギャップがありますね。
気まま
2009/08/22 11:09
伊万里保線区さん
そうですね・・・古い駅舎に都会の駅と同じような自動放送はミスマッチですね。
気まま
2009/08/22 11:10
大川野駅、外観は湯布院の駅に似てるな〜と
思いました。
中も立派そうな駅ですね。
唐津線沿線あたりが炭坑で栄えていたとは
知らなかったです。
気ままさんは物知りですね〜。
むら智
2009/08/22 23:36
むら智サン
あっ!そうですね、由布院駅に似ているところがありますね。
待合室や展示室、トイレもとても立派で田舎の駅にしては勿体ないほどでした。
唐津線と筑肥(西)線(唐津〜伊万里)は炭坑で発展したような路線、炭坑が盛んだったときはとても賑わっていたようです。
今では、炭坑もすっかり衰退してしまい筑肥(西)線に至っては1〜2時間に1本、一時は廃線の噂もありましたが、地元の学生や高齢者の足として欠かせない交通機関であり、地元の人によって支えられている路線でもあるようです。
気まま
2009/08/23 09:53
美術館のようですね〜♪駅舎は昔なつかしいレトロな雰囲気なのに中は展示室があってテーブルがあって〜とそのギャップが又ステキです♪
みい
2009/08/26 12:22
みいサン
そうですね、美術館みたいな駅です。
この駅はこの地域の公民館みたいな役割も果たしているようです。
また、ホームと駅舎とのギャップも凄いです。
気まま
2009/08/26 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR大川野駅 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる