気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS これで乗り納め〜青春18きっぷの旅〜

<<   作成日時 : 2009/12/26 11:42   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 2009年も残りあと僅か・・・ 今年は例年にまして1年が早く過ぎたように思います・・・。


 さて、仕事が休みだったこの日は12月25日、世間はクリスマス一色って感じの平日ですが、自分は特に誰とも過ごす予定もなく今年最後の鉄活動することにしました。


 ・・・と、いうことでいつものようにやってきました「博多駅」です。
新博多駅開業まで大凡の大凡で約1年、上棟式も終え徐々に表した博多駅をカメラに納めたかったのですが・・・
画像
残念なことにこの日は寝坊してしまいぎりぎりの地下鉄に乗ってしまったのでそんな余裕もなく大急ぎで駆け上がってきました・・・

 これで乗り納め、今回はJR線が乗り放題の「青春18きっぷ」を使って九州を脱出し山陰線に乗りながら冬の荒々しい日本海でも眺めようと思います。

 では、これから「小倉」までの旅を誘ってくれる快速「小倉行き」の813系を記念撮影して列車に乗り込むことにします。


画像
 数分後、「小倉行き」の電車はゆっくりと走り出しました・・・

 列車から見える博多駅新幹線ホームも九州新幹線が乗り入れてくる新ホームもだいぶ完成しているようです。
再来年3月にはこの博多駅でもウサギガオをした800系の姿が見ることができるのかと思うとワクワクしてきます。



 快速電車に揺られること1時間ちょいで「小倉駅」到着。
画像
 
 ここから「下関行き」の電車に乗り換え、九州を脱出します。

 「下関」までの旅を誘ってくれるのは九州ではまだまだ現役バリバリの交直電車415系。
(多分)関東あたりから来たと思われる親子連れのお父さんが、この415系を懐かしそうにカメラに納めていらっしゃいましたが・・・
関東では見かけなくなった415系を撮りまくるのはいいですが・・・駅構内で列車に向かってフラッシュを焚きまくっていたのはちょっと止めてほしかったです・・・。


画像

 「門司駅」を過ぎ関門トンネルをくぐって九州脱出!

 やってきました本州! 

 山口は下関です!!












画像


 さて、ここから冬の日本海を見るためには山陰線へと乗らないといけないんですが・・・
時刻表を見ると15分後に都合よく観光列車「みすゞ潮彩号」がやってくることが分かり、ダメ元で優雅に海を眺められる指定席を取ろうとみどりの窓口に行ったのですが・・・・
やはり指定席は全部埋まっていたので自由席に乗ることにします。


画像 
 これから「仙崎」までの旅を誘ってくれるのは、普通型気動車キハ47型を改造した観光列車「みすゞ潮彩号」、アールデコを基調としたデザインが素敵な観光列車です。

 この列車には、今年の夏に仙崎→下関を「青春18きっぷ」で乗ったことがあるので今日は前回とは逆に下関から旅をしてみたいと思います。


 では、「みすゞ潮彩号」を記念撮影して早速乗り込むことにします・・・
画像
 今回乗ることになった、自由席の様子です・・・・
今回乗った「みすゞ潮彩」は観光列車であると同時に自由席は地元向けの輸送手段でもあるのでキハ47そのもののセミロング&ボックスシートとなっています。
因みに、観光客向けの指定席はソファー仕様の豪華な内装となってます。
(「みすゞ潮彩号」の内装については後の別記事で紹介したいと思います。)
 

 さて、下関駅を出発した「みすゞ潮彩号」ですがしばらくは山陽本線を走り分岐駅である「幡生(はたぶ)駅」を出ると山陽本線と別れ山陰本線へと入っていきます・・・

 山陰線へと入ると早速、車窓から海が見えてきます・・・
う〜ん・・・ 今日の早朝、筑肥線から見えた玄界灘(こちらも日本海ですが・・)は少々荒れているようだったので「こちらも荒れた日本海の姿を見ることができるのでは?」と思っていましたが・・・
荒れが治まっているようで大人しい冬の日本海を見ることができました。

 それでは、今回「みすゞ潮彩号」から見ることが出来た日本海の車窓をいくつか貼りつけておきます。


      「福江駅」〜「吉見駅」間
画像
     画像を小さくした上荒くしているので分かりにくいですが・・・
    車窓の奥には3つの小さい島とそこに架かるフィッシングパークの橋が見えます。


      「川棚温泉駅」停車です・・・
画像
     海の車窓ではありませんが・・・
    川棚名物、『瓦そば』が名物の温泉地です。
    九州の大村線にも「川棚」という駅がありこちらにも温泉があるんで
    『瓦そば』は九州の名物かと思っていたんですけど・・・
    どうも違ったようです・・・
     

     引き続き海じゃありませんが・・・ 「川棚温泉駅」〜「小串駅」間?
画像
     「みすゞ潮騒号」は海辺だけではなく田園広がる山間部も走ります・・・
    冬の間は淋しい田園風景も、表情豊かな春から秋にかけては
    日本的な素晴らしい車窓が楽しめるのでしょうね・・・


    「小串駅」〜「湯玉駅」、再び海が見えてきました。
画像

    ここ間で見ることの出来る車窓は断崖絶壁から見るようでとても迫力があります。
    海が大荒れしていると恐怖さえ感じるかもしれませんね・・・・。
画像



    「宇賀本郷駅」〜「長門二見駅」、列車がビュースポットに停車します・・・
画像
     車窓の右手奥には夫婦岩が小さく見えます・・・
    コンデジのズームをめいっぱいやってみると、こんな感じになりました。
    夫婦岩に架かっている綱は地元の青年達により年に一回架け替えられるそうです。

    
    「長門粟野駅」〜「伊上駅」
画像

    とんがり頭のような小さい島がなんとなく気に入ってしまい
    カメラに納めてしまいました。


    「黄波戸駅」停車です。
画像
     ワンマン運転時に運転士が使用するカーブミラーごしにレチ(車掌)さんの仕事ぶりを拝見・・・
    戸閉めと安全確認は確実に・・・
    どこの鉄道会社でも真剣に確実に行われています。


    「黄波戸駅」〜「長門市駅」、ここまでくると「みすゞ潮騒号」の旅も終盤です。
画像
     車窓からは青海島が見え条件が良ければ波の橋立も見ることが出来るそうです。
    しかし、今日は残念・・・視界が悪く車窓の奥に青海島がわずかに見えるだけ・・・
画像



    そして、終点「仙崎駅」到着です・・・。
画像

    「みすゞ潮騒号」を降りるとコンデジから一デジに持ち替え記念撮影です。
   先ほどミラー越しに撮った写真が面白かったので「仙崎駅」でもちょいと撮ってみました。
   左隅に、1/10ほど自分の姿が写ってますが気にしないで下さい。




    

      つづく・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
外見のおばけみたいなケバケバシイ塗装はちょっと引いてしまいます(汗
 みすゞ潮彩自体は何度も乗っていますがいつも指定席が満席で自由席ばかり。 車内販売スペースはあるものの車内販売員が乗務するのは土日だけ。この辺はJR九州を見習って毎日乗務をお願いしたいです。 
てつお
2009/12/26 20:42
関門トンネルを通って山陰詣ですね。山陰本線の長門市〜幡生の間国鉄時代に、乗ったきりだね。あの頃は旧客だったんだとな〜、あの時代の山陰線で旅がしたいです。
としおちゃん
2009/12/26 20:54
ついに・・・
九州を抜けて本州上陸ですね。
ミラーに移ったキハ、なんだかいい感じで写ってます。
GAKU
2009/12/26 22:32
関門トンネルを越えて山陰へ…

「みすゞ潮彩号」は観光目当てに指定席に乗る方や沿線乗客が乗る一般席と区分されている各駅停車だという事には私も初めて知りました。

広島・山口地区は写真の「みすゞ潮彩号」と「瀬戸内マリンビュー号」以外の全ての車両で今後8年間かけて電車はカナリア色に気動車は首都圏色に統一するので現行の瀬戸内色やシティライナーカラー・カフェラテカラーも今のうちに撮っておきたいですね。

明るい時間帯にフラッシュを焚いてまで写真を撮るのは一寸迷惑千万ですね。光源ぐらい調整しろよ…
と物言いしたいほどです。
竜(ドラ)バンライター
2009/12/27 09:46
気ままさん、こんにちは♪
今年も残り僅かとなってしまいましたね。
一年間あっという間でした。
気ままさんの、乗り鉄の旅、いつもご一緒させていただいているようで、いろんな所へ行ってみたいと思いました。
「みすゞ潮騒号」いつ見ても可愛いですね♪
気ままさん、せっかくですからもっと前面に出てきてください!!
月桂樹
2009/12/27 10:20
てつおサン
「みすゞ潮彩号」指定席はいつも埋まっているようですね。今度乗るときには1週間ほど前から指定席を押さえておこうと思いました。

もし、「みすゞ潮彩号」がJR九州の列車だったら・・・「いさぶろう・しんぺい号」のようにワンマン扱いで客室乗務員を乗務させるでしょうね。
また、客室のデザインも自由席までコテコテに改造していたでしょうね。
でもケバケバしい塗装、自分はなかなか気に入ってます。
気まま
2009/12/27 19:28
としおちゃんサン
山陰本線、すっかりお気に入りの路線となりました。
機関車に牽かれる旧客での旅、気動車・電車天国の日本では滅多にないことなので、一度乗ってみたいです。
気まま
2009/12/27 19:31
GAKUさん
今回はJR全線乗り放題の「青春18きっぷ」を使ったので本州に上陸しました。
カーブミラーに写ったキハを見ていたら何となく撮ってみたくなりカメラを向けたら案外いい感じに撮れました。
気まま
2009/12/27 19:33
竜(ドラ)バンライターさん
「みすゞ潮彩号」、の〜んびりとした観光列車兼普通列車で初めて知ったときはとても驚きました。
それも観光客向けの指定席は凄く豪華なのに対し地元の人向け?の自由席は種車のキハ47のまま・・・
やり出したら徹底的にやってしまうJR九州の感覚が普通になっているので「みすゞ潮彩号」のギャップにも驚いてしまいました。
それから・・・駅でのフラッシュ撮影、観光客の方が気づかずにやっていることが多いようですね(もちろん知っていながらわざとやっている輩もいるようですが・・・)列車の運行に支障を来すことですから広報などで呼びかけて欲しいですね。
気まま
2009/12/27 19:41
月桂樹さん
ホント、一年一年があっという間に過ぎてしまいますね。
今年一年、主に地元ばかりですが一日乗り放題のきっぷのお陰で色んなところに出かけました。
乗り鉄をしていて気づかされることは、本当に九州は自然豊かでいいところだと言うことです。
同じ場所でもその時、その季節により色んな表情を見ることが出来ますし何度訪れても飽きることがありません。
いや〜九州ホントよか所です。九州に生まれて良かった・・・。

恥ずかしがり屋な上、年甲斐にもなく人見知りするので・・・登場するのを控えてしまいました。
気まま
2009/12/27 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
これで乗り納め〜青春18きっぷの旅〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる