気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗り鉄初めです・・・vol3

<<   作成日時 : 2010/01/15 09:59   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 
画像

 五重塔を見た後、ちょっと急ぎ気味で山口駅へと戻ってきました。


 改札をくぐり1番ホームへ向かうと「新山口駅」のキハ47がホームへゆっくりと入線するところでした・・・
画像

 キハ47って国鉄型の気動車、JRになった今でも日本各地のローカル線で活躍し、その土地のJR色に色が塗り替えられていますが、自分的にはJR西日本の塗装が一番好きです。



 ・・・で、「新山口駅」に戻ってきました。
画像

 「下関方面」へと接続する列車が発着するホームを見てみると「下関」行きの列車が停車しているので、それに乗ってみることにします・・・・


 「下関」行きの列車は115系でした。
画像



 これから乗る115系を記念撮影し、早速乗り込もうとしますが・・・・

 あれ・・・     扉が開いてませんけど・・・ 

 でも、車内を見てみると他のお客さんが乗っているみたいだし・・・  




  あっ!  忘れてました!!!

 そういえば西日本の車両って長時間停車する場合、寒冷対策でいったんドアを閉め切り半自扱いになるんでしたね・・・
 だから、乗るときは自分でドア近くにあるスイッチを押してドアを開けなければいけませんでしたね・・・σ(^◇^;)
画像
 ドア横にあるボタンを押して・・・ 開け!ごま!!・・・・ 
そして開いた!!!  
九州ではこんなスイッチ付いた車両はあまりなじみがないんで、こんなスイッチ一つで電車のドアが開くなんて、何か感動モンです!!!
画像
 このように、車内にもドアを開閉するためのスイッチがあってドアを開け閉めすることが出来ます。
 
 因みに、普段は車掌側のドアスイッチが優先になっているので通常はこれを押してもドアを開閉することはできません。
乗務員室からの操作でこのスイッチが使用できる状態になったとき(長時間停車する場合など)だけこのスイッチが有効になります。
また、乗客がドアを開き放しにしていても出発直前になると乗務員室のドアスイッチでドアを閉めることができるので間違ってもドアを開けたまま走り出すなんて事は絶対にありません。
 
 九州んモンにとっては、がばい珍しかこのスイッチ・・・
大人気なかことですけど、周りに誰もおらんことば確かめて 2・3度ドアを開け閉めして遊んでしまいました・・・f(^ー^;



 序でだから・・・・ 他の乗客が誰もいないことをいい事に115系の車内も記念撮影です。
画像
 ずら〜っと並んだクロス転換シート・・・
やはり、ちょっと長距離になるとクロスシートは有り難いです。



 そして下関到着です・・・
 列車を降りると隣のホームには、105系がいたので記念撮影です。
画像
 外見、特にカオは自分の地元を走っている筑肥線の103系にそっくり・・・というかそのまんまです。


 カオがに地元の103系に似ているのですが車内は・・・
画像
 オールロングシートと言う点では同じですが、内装は全く別物です・・・。
うむぅ・・・ 筑肥線の103系は地下鉄区間も走るので照明が明るいですが・・・こちらは若干暗めでレトロ感が漂っているように感じます。

 車内を取り終えたところで、105系乗り心地を確かめるためこのまま2・3駅ほど乗ってみようか?とも思いましたが夜に新年会が控えているため断念、九州へ戻ることにします。


 

 「小倉」から先、快速で帰るのはあまりにもかったるいですし、先月使った”博多〜小倉”間の特急2枚きっぷの片割れが残っているので、ここからは特急でワープしたいと思います。
 ワープする特急は・・・やはり大好きな885系「白いソニック」でしょう!
画像
 今回の「白いソニック」も885系1次車”白いかもめバージョン”がやってきました。


 さすが特急は速い!ですね・・・ 小倉から40分ほどで博多に到着です。 
画像
 最後に小倉から乗ってきた特急「白いソニック」を記念撮影です。
やっぱ、885系丸っこくって白くて流線型で・・・ 可愛く格好いいカオしてますね・・・




 これで、今回の乗り鉄は終了。
このあと、地下鉄に乗り新年会の会場へと急ぐのでした・・・。



  ・・・・・ おわり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 山口線に徳佐駅がある。ここは林檎栽培南限だそうです。知らない土地へいくと眼を大きく開けて声が漏れてしまう遭遇がありますね。
珊底羅
2010/01/15 10:57
自分でドアを開けないといけないなんて!
知らなかったらずっと立って待ってるのかな?
山口に住んでたけど、知らなかったです。
もう20年以上前だからでしょうか?
むら智
2010/01/15 16:21
こんばんは〜
新山口、鹿児島中央と共に違和感が未だにありますわ。
としおちゃん
2010/01/15 20:39
近畿圏(大阪周辺)には自分で開ける車両はないので、
「へぇ〜っ」と思いながら記事を拝見しました。
北陸の方に行くとボタンじゃなくて、自力でドアを開ける車両ありますねぇ
 白いかもめのフェイスを見るとウルトラセブンに出てくるガッツ星人という宇宙人を思い出しちゃいます。
GAKU
2010/01/15 23:51
米原地区も京都方面から着いた新快速などは、長時間停車する駅は自動では開かずにボタンを押しておりますね。東海は、長時間停車の場合は真ん中のドアだけ開けて残りは締め切ってます。
天浜線
2010/01/16 22:17
珊底羅さん
そうだったんですか・・・知らなかったです。
そうですね、知らないとへ行くと色々と発見がありますね。
気まま
2010/01/17 08:10
むら智サン
そうですよね、九州じゃ電車のドアを自分で開けるなんて事ないですから、初めてこんな電車を見たらびっくりしますね。
現に九州と本州の接続駅の「下関駅」では、「ドア開いとらんやっか!」と文句言っている人いますし、構内放送でも半自動ドアについての放送をちょくちょくやっています。
気まま
2010/01/17 08:14
としおちゃんサン
自分になじみの薄い”新山口”はともかく”鹿児島中央”はホント違和感ありますね。
新幹線が開通する前は、”西鹿児島”だったんですからね。
気まま
2010/01/17 08:17
GAKUさん
自分も、このような半自動ドアを持っている車両があるって事は知っていましたが、北陸など北の地域のものだけ・・・と思っていましたがこんなところで見られるとは最初驚きました。

ガッツ星人と885系・・・確かに、にてますね!
気まま
2010/01/17 08:20
天浜線さん
九州も東海と同じように長時間停車する場合は真ん中のドアだけを開け残りのドアを閉めています。
でも、それだけでは冬は寒くてたまらないですし、夏は色んな虫が電車に乗りに来て大変です・・・。
こちらもローカル線の長時間停車があるわけですから是非半自動ドアを採用して欲しいなぁ・・・と思いました。
気まま
2010/01/17 08:28
名古屋地区でも、313系やキハ75のワンマン対応車では長時間停車を考慮して半自動ドアスイッチが設置されています。

名鉄では一旦ドアを閉めて全て手動で開けるようにしています。(特急型車両を除いて)
JR西日本の105系は、前面の顔が両方とも103系1500番台と同じタイプと片方が103系1500番台タイプで反対側は103系1000番台をそのまま転用したタイプの2種類があります。

ちなみにこの4ドアの105系は、最初は可部線で用いられその後奈良線の電化で奈良へ転属。奈良線の普通列車を原則4両化で和歌山に。そして老朽化で広島や下関へ転属という経歴を持っています。
竜(ドラ)バンライター
2010/01/17 08:58
竜(ドラ)バンライターさん
半自動ドア、初めての人にとっては戸惑うと思いますが、寒い思いをするよりマシですね。
105系、103系1500番台と同じカオばかりと思えばそれ以外のカオもあるんですね。
今度、本州に渡った際は是非105系に乗りに行ってみようと思います。
気まま
2010/01/17 11:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
乗り鉄初めです・・・vol3 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる