気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪景色を求めて・・・続きの続き・・・

<<   作成日時 : 2010/01/24 09:56   >>

トラックバック 0 / コメント 18

 「大行司駅」のホームへと上がってきました。
画像
 帰りの列車が来るまであと30分以上あります・・・
本来なら駅の周辺を散策したり駅探訪をするところですが・・・ 
夜勤明けなのでそんな気力もなくぼんやりとホームの椅子に腰掛けて待つことにします。


 でも、退屈なので時々ホームをぶらついてみたり、てきとーにコンデジのシャッターを押してみては撮れた画像を見たりして遊んでます・・・
画像
 そんな中でも、特に気に入ったのがホームの安全ミラー越しに撮ったホームの画・・・
 左右が入れ替わったの鏡の世界、現実のようで現実でないような不思議な感じがします・・・。



 コンデジで遊んでいるとあっという間に暇がつぶれ、今度乗る「田川後藤寺行き」の列車が接近してきました。

 今度は、デジ一に持ち替え低い場所からやって来るキハの姿を狙います・・・
画像
 やってきたのはキハ147でした・・・。
画像



 

 では、この列車に乗り込みます・・・
画像
 



 先ほど歩いてきたところを今度は列車の車窓から見ています・・・
画像
 雪!?ありませんねぇ・・・ 
まぁ〜 まだらに雪が残っているところもありますけど・・・ ほとんど雪が溶けてしまっていてこの画を見ると春の景色とさえ思えてきます・・・。





  
 でも・・・列車が「筑前岩屋駅」に止まり・・・
画像


 長〜い 長〜い・・・ トンネルを脱けると・・・ そこは一面の銀世界・・・
画像
 まるで、春の世界から冬の世界へ・・・ タイムマシーンにでも乗ったような感じがします・・・


 「彦山駅」では「日田行き」の列車とすれ違います・・・
画像
 真っ白な雪景色の中を「筑前岩屋駅」方面へと去っていく黄色いキハ125・・・・
 


 今回、この様な状況を事前に知っていたなら、ここ「彦山駅」で下車していたところですけど・・・
思いつきと勢いだけでやってきたこともありたった一つのトンネルを越えるだけでこれほど積雪の量が違うとは思いもしませんでした。(彦山駅付近も、筑前岩屋駅付近も同じ山の中なので当然、同じように雪が残っているというイメージがありましたしね・・・) 
 でも、久しぶりに空気が美味しい東峰村をウォーキングすることができて気分をリフレッシュすることが出来ました。
もし、今度雪が降るような事があればもう一度、車窓だけでもいいから「筑前岩屋駅」〜「大行司駅」の雪景色を撮ってみたいと思うのでした。



   ・・・・ おわり。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
むかえ合わせで座る席は味がありますね。ヨーロッパの鉄道で、イギリスからスコットランドに行った時、こういう電車でした。風景ものんびりと優雅で素敵でした。空気も綺麗でしょうね。
dragon pearl
2010/01/24 14:01
雪があったりなかったり、それほど離れてなくてもずいぶんと違うものですね

一昨年の3月はじめに七山を越えて浜玉へ行ってのですが、家を出るときは雪なんてちっとも降ってなかったのに、富士町辺りから凄い積雪で、でもUターン出来ないほど両側に溜まっていたのでそのまま行きましたが、着いたところはポカポカでした。
あの日は不思議な体験をしました。
blue tango
2010/01/24 18:50
こんばんは〜
わかるわかる、明けだと歩き回るのしんどいよね。
としおちゃん
2010/01/24 20:28
明けでの小旅行 お疲れさまでした。
私も電車で旅しているみたいに、楽しく読ませていただきました。
6枚目の写真、ステキですね。昔話に出てくるような景色。。途中でおむすびとか食べて、のんびりと歩いてみたいです。
さくらこ
2010/01/24 22:13
のんびりな列車旅いいですね〜。
自然は思うようにはならないって
ことでしょうか。

でもリフレッシュできて良かったですね〜。
むら智
2010/01/25 13:59
浜松は降っても積もりません…。
天浜線
2010/01/25 22:24
dragon pearlさん
外国の車両は日本の車両に比べ大きくてシートもゆったりしているから日本以上にゆったりした電車の旅を味わえますね。また、ヨーロッパの車両はとてもお洒落ですね。
気まま
2010/01/26 08:58
blue tangoさん
そうなんですよ・・・三瀬や富士町付近はとても雪深く平地が雨でもこの辺りは雪だったりするようです。
自分も一度、実家から峠越えして佐賀へ向かうとき七山より上になるとそれまでの雨から雪に変わりついには積雪してしまいノーマルタイヤでは上ることが出来ず引き返したことがありました。
気まま
2010/01/26 09:01
としおちゃんサン
ホント、明けで動き回るのがしんどくなりました・・・
20代の頃は明けの日でも暴れ回れたのに・・・
気まま
2010/01/26 09:02
さくらこサン
ローカル線の旅はゆっくりまったり・・・
都会の喧噪を忘れ、ストレスを解消できます。
いいですねぇ、田園風景の中でおむすびを食べる・・・幼い頃に戻ったような感覚になりそうです。
気まま
2010/01/26 09:06
むら智さん
自然ばかりはどうにもなりませんね。
トンネル一つ越えるか越えないかでこんなに違うとは思いもしませんでした。

ほんと、東峰村の空気は豊富な森林で浄化されているようでとてもおいしかったです。
それから、筑前岩屋駅にあった無料の給水設備が有料化されていたのでビックリしました。
気まま
2010/01/26 09:09
天浜線さん

浜松って太平洋側に面しているから暖かいみたいですね。
一方、九州北部は日本海側にありますから思いの外寒く雪も積もったりします・・・(すぐに溶けてしまいますが)
気まま
2010/01/26 09:13
はじめまして。 天浜線さんのブログでお世話になっている京浜東北です。
ローカル線は撮影したいものの、僕は横浜なので・・・。でも見ているだけでもはまっています。
僕もブログやっています。
「ハマ鉄日記」と言いますので、よかったらご覧になってください。
京浜東北
2010/01/27 20:00
気ままさん、こんばんはぁ。

知多半島エリアは、雪雲が四日市や津方面に流れ込まない限り雪が降らないエリアなんです。

立春の頃を思い出す光景から一転、雪景色に…

季節の逆行を感じ取られるシーンかもしれませんね。
竜(ドラ)バンライター
2010/01/27 22:30
京浜東北さん、初めまして!ようこそ!
ローカル線は都会を走る路線のようにダイヤが濃くありませんけど、車窓も列車の雰囲気もの〜んびりしていて、日常の喧噪を忘れるにはとてもいいですね。
後ほど京浜東北さんブログにもお伺いしたいと思います。
どうぞ、今後ともよろしくお願いします。
気まま
2010/01/31 08:54
竜(ドラ)バンライターさん
そちらは、九州より雪が降りやすいのかと思えば、地理的な関係で雪が降りにくいんですね。

トンネルを一つくぐればそこは雪景色だったり、一見春景色みたいだったり・・・何かの小説みたいでした・・・
気まま
2010/01/31 08:57
北海道はどこを走っても雪景色ですが。
そちらは所々が雪だったり緑もあったり。
小説の一頁を見ているみたいです。
おかん
2010/02/01 23:10
おかんサン
雪が少ないというか積雪があまりない九州に住んでいる自分にとってはどこを走っても雪景色がとても珍しく一度経験してみたかったりします。
特に、北海道のパウダースノーとは違いこちらの雪は湿気を多く含んでいるので時間が経つとシャーベット状になってしまいます。
気まま
2010/02/02 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪景色を求めて・・・続きの続き・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる