気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ”白いかもめ”で帰ります・・・

<<   作成日時 : 2010/02/24 11:02   >>

トラックバック 1 / コメント 8

 帰る時間が迫ってきたので長崎駅へと戻ってきました・・・
 
画像
 長崎駅のコンコース上には龍を模ったランタンが飾られています。
ランタンフェスタの本番は暗くなるこれから・・・
自分もこれから用事があるとはいえ、ランタンフェスタを目の前に長崎を去らないといけないのは残念で仕方ないんですけど・・・
やはり、帰らないといけません・・・・ 


 未練たらたらの状態で・・・ 改札を抜けるとシーサイドライナーが2本そろうところでした。
画像
 もう少し陽が低ければ紅の夕日が良い感じに列車を照らすところでしょうか・・・



 シーサイドライナーを撮影し終えると、今度はこれから乗る「白いかもめ」を記念撮影します。
画像
 うっすらと夕日の紅に染まる「白いかもめ」・・・洗車したばかりなのでしょうか?ピカピカに白光りしてます


 長崎方向のカオをドアップです・・・
画像
 885系「白かもめ」登場から10年以上が経ち、ワイパーやヘッドライト周りがややくたびれてきてますが・・・ 
水垢一つ無い真っ白なボディー、白いお鼻の上にちょんとのっている「かもめ」のエンブレムがとても誇らしげです。
画像
 自分的にはこの角度から見る「白いかもめ」が一番好きです。

 中間車につけられている「かもめ」のエンブレムです。
最近このエンブレムは取り外されていますがこの編成はまだ健在・・・。
やはり、このエンブレムがある方が「白いかもめ」の車両の豪華さを引き立てるような気がしますが・・・
画像
 大分方面へと向かう「白いソニック」と車両を共通運用することがあるため乗客の誤乗を防ぐ目的で車両の側面に取り付けられているエンブレムを撤去しているそうです。


 今度は、博多方面を向いているカオを撮ってみました。
画像
 良い感じに夕日が照ってきたのでこれはシャッターチャンスと思いカメラを向けると・・・
あっという間にお天道様に雲がかかり、夕日が差し込まなくなってしまいました 

 「白いかもめ」の横顔、と稲佐山です・・・
画像

 ”INTERCTIY KYUSHU KAMOME EXPERSS 885 SINCE 2000”が良いアクセントになってとても格好いい横顔になってます・・・
画像
 「白いかもめ」が登場してもう10年になりますがJR九州のスタートレインとして長崎線をはじめ、鹿児島線や日豊本線をご自慢の振り子機能を活かして誇らしげに爆走しています。




  
 「白いかもめ」は外見もさることながら、内装もとても美しい車両、無機質になりがちなデッキもこの車両はきちんとしたデザインが施されています。
画像
 こちらは2号車のコモンスペース(デッキ)、書画のアートがでぇ〜んと飾られています。
もともとこのアートは「白いかもめ」が登場した記念として限定的に飾られ、その後は特大の広告スペースとして使われる予定だったそうです。
しかし、思いの外このアートが好評だったようで広告スペースとはせずそのまま書画アートが飾られてます。
因みに、書画は編成によって違いますし、「白いソニック」バージョンの編成では墨画になっています。


 こちらは5号車のコモンスペース(デッキ)、自動販売機コーナーがあります。
画像
 自動販売コーナーの仕切りには鉄道のアカデミー賞と言われる”ブルネル賞”と”ブルーリボン賞”の証が誇らしげに飾られいます。


 そして、「白いかもめ」最大の自慢は・・・グリーン車だけでなく普通車にも豪華な革張りの椅子が採用されたこと・・・
画像
 コスト的にはアウトレットの革が使われているため普通のシートと価格面ではあまり変わりないそうです。
「白いかもめ」が登場して暫くは普通車に初めて乗った人がグリーン車と勘違いする事がよくあったとか・・・




 
 今回のテツ旅もこの「白いかもめ」で最後、ゆったりとした革のシートで寛ぎながら夕暮れの流れる車窓と「白いかもめ」の爆走ぶりを楽しむことにします・・・
画像
 
 と、長崎駅を出発したまでは良かったのですが・・・
この日は、鹿児島線の箱崎駅で人身事故が起きた影響で長崎線でもダイヤが乱れちょこちょこと信号停車を繰り返してはトロトロ走り出す・・・を繰り返し爆走ぶりをあまり味わうことが出来ず、20分近く遅れて終点「博多」到着となるのでした・・・・。




     ・・・・おわり。 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白いソニック
いつもの多々良踏切で撮影です。  多々良川を渡る博多方面の列車を撮影していますが、今回は、志向を変えて(たまたまカメラを構えただけです)小倉方面の列車を撮影して見ました。 ...続きを見る
駅スタンプ、音鉄、きっぷな日々
2010/02/26 21:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
白いかもめ、また乗りたいです…。良い特急電車ですよね。
としおちゃん
2010/02/24 20:49
書画のアート興味あります。私も書道を習っていたので、墨絵とぁ書画は好きです。「白いかもめ」はなかなかやりますねぇ。
dragon pearl
2010/02/25 13:30
としおちゃんサン
地元贔屓と思われるかもしれませんが、885系は在来線最高峰だと思います。
気まま
2010/02/26 08:39
dragon pearlさん
長崎〜博多間を主に走る車両の2号車アートギャラリー(デッキ)には長崎にまつわる書画が四宮佑次氏の筆で綴られているそうです。
気まま
2010/02/26 08:45
白いかもめ、かっこいいですね!
一度乗ってみたいです。
娘も喜びそう。
むら智
2010/02/26 08:58
むら智さん
「白いかもめ」は見てもよし乗ってもよし、JR九州ご自慢の特急です。
時には娘さんを連れて列車の旅もいかがでしょうか・・・
気まま
2010/02/26 17:50
白いかもめ、まだ未体験です。
次に九州に行く機会があったら是非とも乗りたいです。同じ列車でも撮る角度や部分を撮る事でずいぶんと雰囲気が変わるものですね
GAKU
2010/03/13 21:13
GAKUさん
「白いかもめ」は自分にとって鉄な趣味を再燃させてしまったとても思い入れのある車両です。
鉄道という概念を取っ払った豪華でデッキまでも美しい内装、丸っこっくってとても可愛いカオしながらもご自慢の振り子を活かしながら鹿児島本線&長崎本線を爆走する姿にとてもしびれます。
自分的には九州新幹線長崎ルートなんて不要、「白いかもめ」で十分だと思っています。
気まま
2010/03/13 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
”白いかもめ”で帰ります・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる