気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初乗り鉄〜雪景色を求めてA〜

<<   作成日時 : 2011/01/20 20:22   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 前回からの続きです・・・

 日田彦山線に乗り雪深い「筑前岩屋駅」に到着しました・・・
画像
 列車を降りホームに一歩足を踏み入れると一気に足首以上まで雪に埋まり思わずビックリ!!!


 思いの外深かったヴァジーンスノーに足を取られながらも、先ほど乗ってきた「日田行き」のキハを見送ります・・・
画像


 徐々にスピードを上げ去っていくキハ・・・
画像
 雪がエンジンの音を吸収しいつもより静かに去っていきます・・・

 さらにスピードを上げていきます・・・
画像
 九州の雪は湿気が多く雪煙があまりたたないですが、この日は気温が低く今朝降った新雪が積もったためでしょうか?
キハのスピードが上がるにつれ雪煙がご機嫌な感じで舞い上がります・・・
ホント、これが九州の列車で見ることが出来るなんて信じられないです。


 列車が行ってしまった「筑前岩屋駅」・・・
画像
 周りに人の姿はなく自分だけがぽっつんと取り残されたようで、陸の孤島に迷い込んでしまった感じさえしてしまいます。


 そんな孤独感にさいなまれながらも、すっかり銀世界になった「筑前岩屋駅」周辺を散策したいと思います・・・
画像
 この日は日曜日、雪が積もっていない日ならこの駅にある水汲み場に多くの人が訪れるのですが、さすが積雪している日に水をくみにやって来ている人はいませんでした。
日曜日なのにひっそりとした「筑前岩屋駅」を見るのも・・・ なんだか不思議な気分がします。


 慣れない雪道に足を取られ雪と格闘しながら歩いていると遠くから踏切の音が・・・
目の先にあるアーチ橋を見ると「小倉行き」の列車が接近しているところでした・・・。
画像
 慌てながらカメラのズームを目一杯やってアーチ橋を渡るキハを撮影します。
本当ならもっと橋に近づいてやや橋を見上げる形で撮りたかったのですが・・・
慣れない雪道で思いの外時間が掛かってしまい思っていた撮影スポットにたどり着けませんでした

 アーチ橋を渡り終え、「筑前岩屋駅」に向け勾配を駆け上がる白いキハ・・・
画像
 力強いエンジン音が小さく聞こえてきます・・・。

 上の画像をトリミングしてみました・・・
画像
 風で雪が払いのけられた針葉樹の緑が良い感じでアクセントになっていると思います。

 「筑前岩屋駅」まであと一息、力強く呻っていたエンジン音も鳴り止みスピードを緩めます・・・
画像
 枝一面に雪が着雪した並木沿いを走るキハ・・・
僅かに黄色みかかったキハの車体がアクセントになりました。



 それではつかの間の撮り鉄を楽しんだところで、次に乗る列車が来るまでの1時間、雪景色をカメラに納めたいと思います・・・
画像
 雪と格闘しながら必死に歩いてきた道です・・・
歩道は20〜30pほどの積雪が、車道は車で圧雪されほぼアイスバーンとなりどちらも歩きにくい状態です。
 普段なら5分ほどで行ける距離もこの日は倍以上の時間がかかってしまいました。


 細い枝にも結構な量の雪が積もっています・・
画像


 木の枝が密接しているところでは大きな雪の塊が乗っかっているように積もっています・・・
画像
 


 一面真っ白な景色ばかりを撮っていると、なんだか単調で面白くなく・・・
画像
色の変化が欲しくて川を入れて撮ってみましたが・・・ 
なんかモノクロ写真のようでカラフルな色が欲しくなります・・・。

 
 どこか、自然で明るい緑系の色がないかなぁ・・・? と思いながら畑を見ながら歩いていると・・・・
雪の塊から僅かに緑色が見える畑を発見・・・
画像
 よ〜く見てみると雪に埋もれた白菜でした。

 こちらは、長ネギ?もありました・・・
画像
 雪に埋もれるネギと白菜、その奥にカーブミラー・・・ そのバックはアーチ橋・・・ 
なんか妙な取り合わせになりました 


 ちょっと古風な民家があったのでこちらも撮影、雪雲の合間から青空も覗いていますが・・・
画像
 今にも日本昔話に出てくるおじいさんやおばあさんが出てきそうな感じがします。

 あれこれ写真を撮っているとあっという間に30分が過ぎてしまいました・・・
次の列車に乗り遅れると大変なことになるので、ここで早めに駅に引き返すことにします。


 ・・・ということで、「筑前岩屋駅」に戻ってきました。
画像
 ホームには相も変わらず深い雪が積もり、列車を降りた時の自分の足跡だけが残っていました。


 列車の時間まであと15分ほど、じっとしていては凍死してしまいそうなので駅の周りを散策し寒さを何とかしのぐことにします・・・。

 折角なので駅のカーブミラー越しに記念撮影です・・・
画像
 カーブミラーの世界も一面の銀世界です・・・
画像
 当たり前ですが・・・・

 ホームのすぐ横にある引き込み線も深い深い雪に覆われています・・・。
画像
 秋、この場所でオレンジ色のコスモスの蜜を吸うホウジャク(蛾)の写真を撮ったことを思い出します。


 駅の周りを散策していると・・・
 あっという間に時間が過ぎトンネルの向こうからキハのエンジン音が小さく聞こえてきて・・・
画像
 ゆっくりと黄色キハがトンネルを抜けてきました・・・。



   つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ミラーでセルフポートレートしていますね。
結構積もっていますよね。
としおちゃん
2011/01/20 23:59
素晴らしい景色ですねぇ・・九州とは思えんばい。
2〜3日前テレビでやりよったけど、鉄道マニアの女性が急増しとるらしかですね。
むっちゃん
2011/01/21 23:59
としおちゃんサン
はい、ちょっとミラーで遊んでみました。
東峰村は雪が多いところですけど・・・
こんなに深い雪は小学生以来の体験だったので雪道が歩きにくいことをすっかり忘れていました。
気まま
2011/01/22 11:42
むっちゃんサン
列車で雪国へワープしたような気分になりました。
ホント、こんな銀世界が九州で見られるなんて思いませんでした。

あっ、鉄道好きな女子=”鉄子さん”のことですね。
特に子供と共に鉄道好きなお母さんのことを”鉄ママ”ともいうそうです。
気まま
2011/01/22 11:50
雪煙を巻き上げて走る気動車は、絵になります。
とってもカッコいいですねぇ。
こんなに積もることは少ないのでよいシャッターチャンスに恵まれたのではないでしょうか。
GAKU
2011/01/30 22:56
GAKUさん
そうですね・・・雪煙を上げているところは、条件もそろっていたようでとてもラッキーでした。
九州の雪は湿気が多くシャーベットに近い状態なので余りこんな感じにならないのですが・・・
今回は気温が氷点下で新雪が積もっていたこともありパウダースノーに近かったのかもしれません。
気まま
2011/01/31 10:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
初乗り鉄〜雪景色を求めてA〜  気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる