気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初乗り鉄〜博多南線〜

<<   作成日時 : 2011/01/27 08:40   >>

トラックバック 0 / コメント 18

 前回からの続きです・・・


 地下鉄に乗り「博多駅」へと戻ってきて地上へと上がってみると新幹線乗り場近くに出てきました・・・。
 地下鉄に乗っている時は鹿児島本線に乗って「筑豊電鉄にでも乗ってみるか?」って感じだったんですけど・・・
「新幹線」の文字を見た瞬間、無性に新幹線に乗りたくなったので博多南線で「博多南」まで行ってみることにしました。
画像
 こちらが博多駅の新幹線乗り場入り口・・・
明らかに在来線とは違い、なんか高級感溢れた・・・ どことなく空港みたいな雰囲気を醸し出しています・・・。


 それでは気が変わらないうちに切符を買うことにします。
画像

 因みに、博多南線はJR西日本の管轄になる上、車両は新幹線でも在来特急と同じ扱いになるので「九州満喫きっぷ」は使えず別に料金(運賃190円+特急料金100円=290円)を払うことになります。



 さて、「博多南行き」の列車が入るホームへ上がると向こう側のホームには100系「こだま」が停車していました。
画像
 東海道新幹線では絶滅してしまった100系もこちらではまだ見ることができます。
しかし、九州新幹線と相互乗り入れを開始するのを機に定年退職する日も近いかも知れませんね。


 反対のホームには700系7000番台(ひかりレールスター用車両)が清掃作業中です。
画像
 因みに「ひかりレールスター」ですが、一時来春のダイヤ改正で廃止されると言われていましたが、実際にはそのまま存続されることになりました。



 そして、色んな新幹線を撮っているとやって来たのが・・・
これから乗る「博多南行き」、こだま仕様の500系です。
画像
 嘗ては東海道山陽新幹線の最速のエース「のぞみ」として大活躍した車両ですが、日本一のスピードと引き替えに客席が減ったり、先頭車のドアが一つしか設置できなかったり・・・
乗り入れ先のJR東海に何かと迷惑がかかってしまうことから、大人の都合で早々に「のぞみ」の座から一気に「こだま」に格下げされた可愛そうな車両でもあります。


 自分的には、画一的で個性の少ない東海道・山陽新幹線の中で斬新的なデザインの500系がいちばん好きな車両です。
画像
 「のぞみ」時代は16両編成だった大所帯も「こだま」化された今では半分の8両編成となり、「のぞみ」時代に比べひっそりとした存在になってしまったような感じさえしてしまいます。
 でも、鋭く尖ったグレイッシュブルーのおカオがとてもカッコよくあの頃と変わらない貫禄があります。


 
画像
 それでは、扉が開いたのでつかの間の新幹線の旅を楽しみたいと思います・・・・



 数分後、出発時間になったので「博多南行き」の500系がゆっくりと走り出しました・・・・
画像
 博多駅構内を徐々にスピードを上げていきます・・・
 すぐ横には九州新幹線用の真新しいレール、その向こう1段下には在来線の線路があり「白いかもめ」が休憩をとっています。


 「博多南線」、車両は新幹線を使用していますが営業上は在来線扱いスピードも在来線特急並みの120Km/hで走行します。
画像
 在来線で120Km/hというと、かなりかっ飛ばしている感じがしますが、新幹線の車窓から見る120Km/hはかなりゆっくり走っているように感じます・・・。
 
 博多南線、「博多」〜「博多南」の所要時間は10分、ゆったりと流れている車窓を眺めているとすぐに過ぎていきます・・・

 スピードが徐々に緩み、進行方向左側に沢山の新幹線が見えてくると「博多南」到着です・・・
画像
「博多南駅」すぐ横にある博多総合車両所、山陽新幹線や東海道新幹線を走る車両が沢山留置されています。
その奥には3月から九州新幹線と相互乗り入れをする新しいN700系「さくら」・「みずほ」の姿も・・・
画像
 後数ヶ月後にはこの車両に乗ることができるのかと思うとワクワクしてきます・・・。


 
 
 そして、改札を抜け駅ビル2F入り口へやって来ました・・・
画像
 さて、「これから新幹線基地の周りでも散策してみようか??」と思ったんですけど・・・・
夕方16時を過ぎ寒がきつくなってきたし、今日は散々歩いて脚が悲鳴を上げ始めたのでやむなく断念、近くのドラッグストアで買い物をして引き返すことに・・・。


 駅ビルと駅とを結ぶ連絡橋からは南へと延びる新しい高架が延々と伸びています・・・
画像
 九州新幹線は新幹線有数の勾配区間があるのが特徴、こうしてみると九州新幹線に分岐した途端、結構な坂になっているのが解ります。





 再び「博多南駅」のホームへと向かうと、先ほど乗ってきた500系がそのまま折り返しの「博多行き」として待機していました。
画像
 鋭くとがった500系新幹線の横顔・・・やっぱこの新幹線はカッコいいです 
 それでは、外の気温もさらに下がってきたことですし・・・暖房の効いた車内へとっとと乗ることにします・・・。


 今度乗った車両は先頭車、客室に入ると運転席側にはこんなキッズスペースが・・・
画像
 運転席側、切り妻壁一面には運転席の写真が貼られ左窓側に運転席を模した椅子があります・・・。
本当はこの席に座ってみたいですけどいい年したオッサンが座るわけにはいかず・・・
他の新幹線が見える右側の席に座ることにしました・・・。

 「博多南駅」すぐ横ある新幹線の基地には沢山の新幹線が鼻を並べていました・・・
画像
 手前からN700系のハナが3つ、700系のハナが1つ、それに300系のハナが2つ・・・
こうしてカメラで新幹線のおハナだけを切り取ってみるのも面白いです・・・。


 さて、定刻になり「博多行き」の列車はゆっくりと走り出しました・・・
画像
 「博多南駅」構内を出ると徐々に九州新幹線の高架が迫りこの先で合流します・・・
九州新幹線と博多南線の線路は一部区間が共用となっているので一時は博多南線が大幅に減便されるのではと懸念されましたが、沿線住民の足として定着しているため休日朝の上り2本のみ減便される他は現状維持となるようです。



 福岡は空港が街中にある珍しいところ、空港がラッシュとなる頃は飛行機が上空で旋回しているところを見ることが出来ます・・・
画像
 飛行機と新幹線はある意味、商売敵・・・
九州新幹線が開業するとますます飛行機との競争が激化するんでしょうね・・・・。


 そんな飛行機が旋回する車窓をぼんやりと眺めていると・・・
あっという間に博多駅到着です。
画像
 列車を降り九州新幹線用の増設されたホームを見てみると・・・


 九州新幹線・山陽新幹線、相互乗り入れ用のN700系が試運転のため新ホームへ入線していました。
画像
 画像ではホワイトバランスの関係上、車体の色が白く見えてしまいますが、実際には薄水色という感じでしょうか?
 相互乗り入れ車両が発表されるまで、ど派手な水戸岡デザインが大好きなJR九州も関わっているので、もっと派手なデザインで登場するのか!?と思いましたが・・・
実際には、背広を着たような画一的なデザインが多いJR西日本やJR東日本に足並みを合わせるためでしょうか?実に大人しい優等生的な車両になってしまいました。

 そして、車体側面にもど派手なロゴの代わりに、「JR九州JR西日本とっても仲良しですよ〜!!!!」的なロゴが掲げられています。
画像
 この辺り、従来JR東海とJR西日本が相互乗り入れをやっている東海道・山陽新幹線の車両にはなかったことですね・・・。
(自分的には、我が社は新幹線のリーディングカンパニーだぁ!!!って独りで威張っているJR東海にJR西日本&JR九州のやる気を見せつけているようも思えます  (^^ゞ  )




 以上、2011年の乗り鉄始めは雪を求める旅に始まり新幹線で〆となりましたが・・・・
今年はJR九州の悲願だった、九州新幹線(鹿児島ルート)全線開通し九州の縦断路が大きく変わることになります。
それに伴い在来線でも大きくダイヤが変更、特急列車についても大異動・観光列車の新規投入や旧型車の引退など大きな変化があります。
これまでとは違った九州の鉄道の旅を再発掘できるのでは?と期待しています。

 今年も少なくとも1ヶ月に1回は乗り鉄を楽しみたいと思います。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
九州新幹線が開業したら博多南線て、どうなるのでしょうかね。
としおちゃん
2011/01/27 17:59
としおちゃんサン
当分は現行維持だそうです。博多南線はこの駅周辺の人たちにとってなくてはならない路線ですからね・・・
でも、九州新幹線の増便次第では博多南線の減便もあり得る?かもですね。
気まま
2011/01/27 18:22
↑博多南線の本数が減ったら那珂川町の人口が激減するやろねぇ。サルとイノシシの町に逆戻りするばい。。500系は「のぞみ」じゃなくて「こだま」に降格されたとですか!知らんやったばい。しかし、新幹線の5列シートって最悪やと思うなぁ。飛行機と競争するならもう少し快適性を考えんとダメやと思うけど。
むっちゃん
2011/01/29 08:39
むっちゃんサン
原則的にはJR西日本は那珂川町のためにも博多南線を現状維持のままにしていくようなので安心して良いと思います。
500系「のぞみ」、早さを追求するあまり車内の快適性と他の車両との互換性ば犠牲にした部分があって鉄道(ポッポ)屋さんにとっても使いにくいところがあり一気に格下げとなってしまったようです。
あの5列シートですねぇ・・・自分もいかんと思います。
特にJR東海は人を詰め込むことばかりを考えていて快適性を全然考えとらんですね・・・
でも、JR西日本や九州の車両は快適性も考えられていて自由席はともかく指定席でもグリーン車並みの快適さになっとるですよ・・・。
気まま
2011/01/29 09:10
500系も東海道新幹線に進出して10年足らずで8両に短縮。「こだま」に転用へ…

新幹線もただただ客だけ乗せればいいだけではなく快適さを求めるのも大事ですね。
JR東海でも新幹線の車内にグランクラス(スーパーグリーン車)の設定や指定席の2+2のシートへの見直しを施さないといけない時期に差しかかりそうですね。

新幹線も九州内は高速バスと対本州は飛行機との顧客争いが更に激しくなりますが…

旅の楽しみだけは維持してもらいたいですね。
竜(ドラ)バンライター
2011/01/29 15:25
竜(ドラ)バンライターさん
日本は国家的に新幹線を世界に売りに出したいみたいですけど・・・
今のまま詰め込み主義第一じゃ世界に通用しないかも知れませんね。
確かに安全面や運用面で優れてはいるようですけど、デザインに関してはヨーロッパの鉄道に後れをとっているように思います。
日本の鉄道は安全で効率的なのは当たり前、これからはもっと乗客のことを考えて、例え通勤通学でも楽しく快適な車内空間を提供できるようお洒落で乗り心地のよい車両を開発するべきだと思います。
気まま
2011/01/29 17:37
お久しぶりです。
博多南線・・・・?耳慣れない言葉ですが
ケイゴが見ればはしゃぎそうな車両の数々ですねたったひと駅でも乗れるのですか?それに特急券が100円なんてことも初めてです。最低300円かと思っていました。

今年は雪がすごいですね!
さっき降った雪はあっという間に積もりましたよ。
↓富士町と平野との違いはわたしも何年か前に経験しました。景色が同じです。
blue tango
2011/01/29 18:25
blue tangoさん
どうも、お久しぶりです。
博多南線は気軽にお手頃の値段で新幹線に乗ることができるので電車好きなケイゴ君にはいいかもしれませんね。

ホント、今年は寒が強く雪が凄いですね!!
七山の友人が言っていましたが、年末に降った雪がまだ溶けずその上に新雪が積もり続けているそうです。
また除雪も大変なようで雪が酷い日には除雪した数時間後にはまた除雪しなければならない状態が続いているようです。
この寒さも2月に入るとかなり緩むそうなのであと少しの辛抱ですね。
気まま
2011/01/29 22:27
新幹線レポ、読みごたえありましたぁ。
新幹線基地で鼻を並べる姿、絵になりますね。
わたしも500系大好きです。私にはチョコボールのキャラクターの「キョロちゃん」に見えてしまいますぅ。
GAKU
2011/01/30 23:11
GAKUさん
500系、良い車両ですね。
この車両が登場した時、それまでスーツ姿のようなどれも似たようなデザインが多かった東海道・山陽新幹線の中に一際目立つ異色の車両にとてもワクワクしました。
そんな異色溢れる個性が災いして今では短編成化された上「こだま」へと一気に格下げされてしまいましたが・・・
今後も末永く山陽新幹線を走ってもらいたいと思います。
気まま
2011/01/31 10:18
新幹線にそんな値段で乗れるとは
知らなかったです
子供とか連れて遊びに行くにはピッタリの
レジャーかもですね。
博多南駅に行ったら、こんなに
新幹線が見られるんですね〜。
一度見に行ってみたいような気がします!
むら智
2011/02/02 15:01
むら智さん
博多南線、むっちゃんサンのお膝元にあり、那賀川町の人にとっては欠くことの出来ない交通機関となっています。
また手軽に新幹線に乗ることができますし、博多南駅では新幹線の車両基地も見ることが出来るのでちびっ子を連れた家族連れもちょくちょく見かけます。

この駅周辺にはビル以外なにもありませんでしたが、「もしかしてむっちゃんサンがいたりして・・・」なんて思いながら駅周辺をほんのちょっとだけ歩いてみました。
気まま
2011/02/02 17:47
博多南線って知名度低いですね、これが無いと那珂川町は陸の孤島になるんやけど(笑)。
むっちゃん
2011/02/06 11:50
むっちゃんサン
新幹線で通勤・通学なんて贅沢な感じがしますが、博多南線は那珂川町にとってなくてはならない鉄道ですね。
九州新幹線が繋がる時は減便されるのでは?と危惧されましたが今のところ休日に一部の便が廃止されるだけで後は現状維持ということで何よりでした。
また、去年の3月まで博多南駅は列車はJR西日本の新幹線、駅員はJR九州の社員とちぐはぐでしたが今では一貫してJR西日本がやっていますね。
気まま
2011/02/06 19:52
新幹線と言っても。
色んな顔があるんですね〜。
北海道新幹線が実現したら。
どんな車両になるんだろう〜。
おかん
2011/02/08 23:21
おかんサン
そうですね・・・
北の新幹線は、サラリーマン的な西や東の新幹線と違ってどれも個性的な車両が多いのでどんな車両になるのか期待できますね。
気まま
2011/02/09 09:30
列車の形は、ホントに色々あっておもしろいですね。どれが何系か・・・さっぱりわかりません。
ハナの形は、空気抵抗とかを計算してこうなったのでしょうが、飛行機と違って様々な形があるということが、おもしろいです。
さくらこ
2011/02/15 22:22
さくらこサン
空気力学上どうしても飛行機は似たようなデザインに偏りがちですが、列車はそれぞれの顔があり、その列車はもとより鉄道会社によってカオに個性があるのが面白いですよね。
そうですね、新幹線のお鼻の形は高速で走るため空気抵抗を減らすほか、トンネル内で発生する爆発音を抑えるためにあのような形になっています。
気まま
2011/02/16 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
初乗り鉄〜博多南線〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる