気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 棚田の田植えと夕景

<<   作成日時 : 2011/04/26 12:18   >>

トラックバック 0 / コメント 16

 早いもので4月も終わろうとしています・・・
もうすぐゴールでウィーク!・・・ といっても自分には全然関係なですが


 4月下旬になると黄金に染まる棚田を見たくなり、この地を訪れたくなります。 
画像
 佐賀県の北西部、唐津市のお隣、東松浦郡玄海町の棚田です。


 毎年変わり映えしない風景ですが春になると訪れたくなる「浜野浦の棚田」・・・
画像
 例年は田植えが終わった頃に訪れる事が多かったのですが、今年はちょうど田植えが行われているようです。


 夕景が綺麗で「恋人の聖地」として登録されて立派なモニュメントもありますが・・・
画像
 この時期ばかりはカップルよりカメラマンの数が非常に多いです・・・。


 日没2時間前、展望台には場所取りのための三脚がぽつぽつと立てられていきます・・・
画像
 ちなみに自分は手持ち専門なのでテキトーにあいているところを探してできれば移動しながら撮ることにします・・・。



 まだ陽は高く日没まで時間がありますが、コンデジでちょいと試し撮りです・・・
画像
 田植え直前の田圃もあり水鏡となり空を映し出す水面、それに田圃のあぜ道の曲線が美しいです。


 人影があるところをズームがきくコンデジで思いっきりアップしてみました・・・
画像
 田植機で植えられなかったところを手で植えているところでしょうか?
画像
 

 別の田圃で代掻きをやっていたトラクターがやってきました・・・
画像
 今でこそ機械を使ってますが、昭和30〜40年代頃までは牛が活躍していたそうでその頃を想像するともっと多くの人がこの田圃で働いていたんでしょうね・・・・

画像


 コンデジで人の姿を追いながら何度となくシャッターを押していると徐々に日が傾き・・・
画像
空を写している田圃も少しずつ紅に染まってきます。

 日没まであと1時間程・・・
画像
 今日の農作業もこれまでのようです・・・。



 ここからはコンデジから一眼に持ち替え棚田の様子を記録します・・・
画像


 まだ少々陽が高いですが・・・
画像
無理矢理に夕日を入れ広角で撮ってみました。
画像
 この『浜野浦の棚田』とても夕景が綺麗なのですが・・・
陽が高いと高圧送電線も一緒に写ってしまうことが難点です
因みにこの送電線を北よりに辿っていくと玄海原子力発電所へたどり着きます。


 さらに日が傾き、いい色に染まってきました・・・・
画像


画像


 この日は意外に風が強く一部の田圃では水面が波立っています・・・
画像
 波立っている田圃をドアップです・・・ 
何気なくシャッターを押してみましたが波立っている水田も変化があって面白い感じです。


 日没まで30分、さらに夕日が沈んできて空もいい感じになってきました・・・
画像


 「今日はいいものが撮れるかも!!」期待が高まります!!
画像



 でも・・・・・・


 あれ!?・・・・・???????
画像
 空の色が変になってきました


 どうも、日没直前に薄雲がかかってきて・・・
画像
せっかくの夕日を遮り始めたようです・・・

画像

 夕日がかすみ始めたところで、多くの人たちが撤収・・・
画像
 日没を迎えるころにはすっかり・・・・
普段の静けさを取り戻すのでした・・・・  (^_^;)


 せっかくのところで「お預け!」を食らったようで少々不満足でしたが帰宅してみてPCでその画像を見直してみると例年撮ることができなかった田植えの様子がたくさん写っていて意外にも面白いものが撮れていました。

 しかし、イメージ通りの綺麗な太陽の日没を撮ることができなかったので、できればリベンジしたいと思うのですが・・・・・
スケジュールがどうも空いていないようで・・・ 今年はこれっきりとなりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
だんだんと黄金になって行く様子がわかりますね。
としおちゃん
2011/04/26 13:05
おー!
今年も行かれたんですね。羨ましい〜。
結構気ままさんのところからも
遠くないですか?
やっぱりここは絵になりますね〜。

最後の方は薄雲ですかね?いい感じの夕日だと
思いますよ。
GWは娘の部活とかがあるみたいだし、
お金もないしで(泣)
むら智
2011/04/26 15:53
としおちゃんサン
人間の目から見ると黄金に見えなくても、デジカメのホワイトバランスの設定次第で大げさに黄金になってくれるところがいいですね。
気まま
2011/04/26 19:48
むら智さん
そうですね、ここはおいそれと行ける距離じゃないのでスケジュールを調整しないと行けませんがとても景色が素晴らしいので是非行きたくなる場所です。

カメラのホワイトバランスを曇りにしたおかげで赤味が強調されいかにも夕日っぽく写っていますが・・・
実際の肉眼で見ると夕日が雲で隠れてしまい、ほとんど赤くなってませんでした・・・

GW、自分も仕事三昧で連休なしです。(^^ゞ
気まま
2011/04/26 19:57
わたしももう一度見たいです。
でもとてもひとりでは・・・・
だれか運転を代わってくれる人を見つけないと・・・

あれから2年が経つのかと感無量です。

blue tango
2011/04/28 12:14
blue tangoさん
ここは公共の交通機関ではなかなか来ることができないところ、しかも遠方からだと道も少々複雑ですし誰かと運転を交代しながら来られる方がいいかもですね。

ここの夕日は特に綺麗で、運がよければ日没後は漁船の漁り火も見ることができるので何度となく訪れたくなるところです。
気まま
2011/04/28 17:48
むっちゃんも今の時期2年連続で行っとるけど、なかなかいい色の夕日に出会わんですね。地元の人が言うにはカメラマンの歓声が上がるほど田んぼが赤く染まることもあるらしいけど。。今年も行ってみようかと思案中です。
むっちゃん
2011/04/29 08:34
むっちゃんサン
そうなんですよ・・・条件がよければ肉眼でも明らかに赤く染まることがあるそうなんですが・・・
自分も毎年通い詰めてますが1度しか当たったことがありません。
「今日はヨカ夕日やけん今日ならヨカ夕焼けば撮られるやろうなぁ・・・」と思いながら沈む夕日を背に仕事してました。
むっちゃんサンが撮る浜野浦の棚田も見てみたかです。
是非言ってくださいな。
気まま
2011/04/29 20:59
昨年も拝見しましたが。
いつ見ても良い風景ですね〜。
いつかは生で見たいです。
おかん
2011/04/29 21:35
気ままさん、こんばんは。
今回の棚田は、いい写真がとれましたねぇ。すごい。
水を張った棚田が夕日を受けて鏡のように光を反射する様はホントに綺麗ですね。そして、朱色に染まる丸い夕日も加わり素晴らしいシチュエーションですねぇ。細目に足を運んだ者だけが巡り合える絶好のシャッターチャンスですね。
ナイス。
GAKU
2011/04/29 21:39
おかんサン
そうですね、水鏡が美しい棚田の風景、いつ見てもいい風景ですね・・・
この風景は後生に長く伝えていってもらいたいです。
(近くに原発があるので想定外の原発事故が起こらないよう祈るばかりです)
気まま
2011/04/29 22:30
GAKUさん
お褒めの言葉ありがとうございます。
もっと陽が低くなると、細長くたなびく夕日が田圃にも映り込みとても美しくなるのですが・・・
今回もここぞ!というところで雲が出たようで夕日が隠れてしまいました・・・(残念)
GW中にもう一度行ければいいなぁ・・・と思いましたがどうも雨のようで今年はこれきりとなりそうです。
気まま
2011/04/29 22:33
今年もまた、この季節が来たのですね。きれいです。
「恋人の聖地」と名付けたところ、ニクイですね(^^)
さくらこ
2011/05/01 23:14
さくらこサン
そうですね、今年も恒例の水鏡の季節がやってきました。
何時もと変わらず綺麗だったのですが、この棚田のほんの近くに原発があるので、ことしは何かしら複雑な気持ちがしました。
昔ながらの土地や文化を守るためにも原発にはしっかりとした安全対策をとってもらいたいと思いながらシャッターを押しました。
「恋人の聖地」・・・この時期ばかりは「カメラマンの聖地」となります。
気まま
2011/05/02 20:57
棚田に出来た水鏡が美しいですね。
田植えを手伝っていたころを思い出しました。
薄暮(夜の一歩手前)になるまで植えていましたよ。
家に帰って風呂に入ると日に焼けてヒリヒリしましたよ。
おーい競馬場
2011/05/15 23:19
おーい競馬場さん
そうですね、ここは棚田百選に選定されているだけあってとても美しい棚田ですね。
特に、夕焼けに染まる水鏡は絶品です。

ここも日によっては日没直前まで農作業をしている田圃もあっていい被写体になります。
春から初夏にかけて紫外線の量はとても多いので日焼けしやすい時期ですね。
気まま
2011/05/16 09:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
棚田の田植えと夕景 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる