気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS あそぼーい! 注目の3号車です・・・

<<   作成日時 : 2011/06/01 10:44   >>

トラックバック 0 / コメント 12

画像

 前回からの続きです・・・
6月4日から豊肥本線(熊本〜宮地)で走り出す特急「あそぼーい!」を見学しています・・・

 今回は注目の3号車です。


 3号車はキッズ車両として設定され、小さい子供たちが楽しむことができる子供たちが主役の車両です。
このため、子供たちが鉄道の旅を楽しむことができるように様々な工夫が施されています。



 2号車から連結面を渡り通路のドアが開くと・・・・
画像
 あら〜!!! これまでの車両とは趣ががらりと変わり鉄道らしからぬ造りで一瞬驚きます。
 実はこのスペース、「ちゃちゃくらぶ」と呼ばれるキッズスペースがあり、木のプールがある遊び場や子供たちだけが入れる図書室などがあります。


 木のプールがある遊び場です・・・
画像
 手前に見えているのが円形の木のプール、木の暖かい感触を感じながら木玉浴びを楽しむ事ができます。
また、棚には木製のブロックがありプール外のスペースで遊ぶことができます。
さらに奥には小部屋もあり、ままごとも楽しめるようです。
画像
 木のプールから見た遊び場、クロちゃん暖簾の奥には小さい小部屋・・・
画像
 その小部屋を上から見た様子です。
 列車の旅に飽きてしまった子供たちを気分転換させるのにはもってこいのスペースかも!?
因みに、これらのスペースは土足厳禁だそうです。


 そして、通路を挟んで反対側には子供たち専用の図書室・・・
画像
 窓側には子供専用の小さいソファーがあり、ここに腰掛けて読書を楽しむ事ができます。

 本棚です・・・
画像
 絵本を中心に幼児向けの本が置かれているようです。


 そして、この車両で注目されるのは子供が車窓を楽しむ事ができる・・・
世界初となる転換クロスの親子シート!
画像
 背が低い子供たちのため、座面に工夫を凝らし専用の足置きも設置されています。

 クロス転換シートなので向かい合わせにすることもできます・・・
画像
 実はこのシートもともとは他の車両と同じリクライニングシートだったそうですが・・・
デザイナー水戸岡さんの「子供たちの席はいつも窓側になるように」という強い意向から、あえてクロス転換シートとしオリジナルのシートを一から設計し直したそうです。

 因みに、この親子シートは3号車だけ9席用意され事前に指定券の購入が必要だそうです。
詳しいことはこちらをご覧ください↓http://www.jrkyushu.co.jp/tabi/kuro_seat/index.jsp



 さらに3号車には4号車寄りにミニビッフェがあり、飲み物やおやつ・デザート、列車オリジナルグッズなどを買うことができます。
画像
 ビッフェの向かいにはソファーもあり、コーヒーやジュースのを飲みながら優雅な列車の旅を味わうことが出ます。

 ソファーの横にはベビーサークル・・・
画像
 買い物をしている間、重たい思いをしなくていいかも!?です・・・



 以上、特急「あそぼーい!」3号車キッズ車両を紹介しましたが・・・
自分の感想としては、”これまたJR九州らしいコテコテの奇抜な列車が出たなぁ〜!!!”という感じがしました。
これまで、子供たちの遊び場については、他の鉄道会社でも設置している車両もあり珍しいことはありませんでしたが、世界初の親子シートは用途や人数が限られてくるのでお客さんにどう受け入れられるのか注目すべき点だと思いました。

 
 特急「あそぼーい!」は6月4日から土日祝と子供たちの長期休暇を中心に運行されます。
熊本、阿蘇方面に遊びに行かれる際は一度「特急あそぼーい!」に乗車されてはいかがでしょうか!?
 これまでにはない、ワクワクどきどきする列車の旅が楽しめますよ!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
これテレビのニュースで見ましたよ!
気ままさんも行かれてたんですね〜。
さすが
しかし、キッズスペースとか見ると
電車の中とは思えないような感じで
スゴイですね〜。
クロちゃんも可愛い!
夏はすごくお客さん増えそうですね。
むら智
2011/06/01 11:12
500系のお子ちゃま運転席よりも色々ありますね。
みとーかさん、のやることは一味違いますなw
としおちゃん
2011/06/01 13:23
むら智さん
はい、キッズスペースをこの目で見たくて行ってみました。
たまたま大阪から来た親子連れの方がいらっしゃしましたが、大阪にはないオシャレな電車だととても驚いていらっしゃいました。
そうですね、新幹線効果とも相まって低迷していた阿蘇の観光列車の起爆剤となればいいと思います。
気まま
2011/06/02 17:48
としおちゃんサン
500系のお子ちゃま運転席も魅力がありますが・・・
こちらは電車に興味のないお子ちゃまでも十分楽しむ事ができるようになっています。
みとーかさん、他の鉄道会社でもそのパワーを発揮しているようですが、この列車でも思いっきり炸裂させてますね。
気まま
2011/06/02 17:51
もう列車の域を超えている気もします。
おーい競馬場
2011/06/03 22:59
「子供たちの席はいつも窓側になるように」←素晴らしい発想ですね。電車にはまだまだいろんな可能性があるごたぁ気がしてきたばい。
むっちゃん
2011/06/04 06:05
おーい競馬場さん
そうですね・・・
そう言えば、以前走っていた「あそ1962」でも駐輪スペースを設けて話題になりましたね。

それから数年後、九州クルージングを目的とした寝台列車も登場するようなのでその時にはどのようなデザインになるのか楽しみです。
気まま
2011/06/04 21:11
むっちゃんサン
前回の記事でリンクしていたNHKの番組を見ているとき、この列車の開発秘話もあっていましたけど・・・
「子供のためだけのシートを造りたい!」と言ったときこの人ははやり違う!天才!だと思いました。
実は、この「あそぼーい!」4月に運行する予定でしたが、水戸岡さんのこだわった”子供シート”の設計変更により6月に伸びたそうです。
気まま
2011/06/04 21:16
楽しい電車ですねー。木のプールに入ってみたいですね。
KUROちゃんグッズ、売っていたら購入したい。かわいいですね!
さくらこ
2011/06/04 21:52
さくらこサン
あそぼーい!3号車は特に子供優先に考えられている車両なので楽しいデザインになってますね。
木のプール、残念ながら大人は入れないようですが・・・
実際に木のプールに入っていた子供たちは実に楽しそうでした。
KUROちゃんグッズですが、クリアファイルやキーホルダー、ストラップなど車内販売でしか扱ってない限定グッズもあるそうです。
気まま
2011/06/05 20:57
気ままさん、こんばんは。
特急「あそぼーい」ユニークな列車ですねぇ。
外見は由布デラックスのこげ茶色版ですが…
中がすごいですね。列車の中であることを忘れてしまいそうなキッズパークです。
 JR九州は夢がありますね。
こちらのJRじゃ、無理だろうなぁ
GAKU
2011/06/09 00:35
GAKUさん
もともとは「ゆふDX」だったキハ183系を改造しての車両です。
本州と違って九州の場合、鉄道が占める交通機関の需要はわずか2割程度と、とても低いため日本の何処にもないデザインを採用し乗ってみたいと思わせる必要があるようです。
そこで出会ったJR九州とデザイナーの水戸岡さん、両者のコンビはこれまでの鉄道デザインを覆してきました。
また、今日の鉄道デザインが個性的になったり、和を意識させるデザインになってきたのも水戸岡さんの影響があるんでしょうね・・・。
気まま
2011/06/09 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
あそぼーい! 注目の3号車です・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる