気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活運転、急行「からつ」号・・・・

<<   作成日時 : 2011/07/26 10:42   >>

トラックバック 0 / コメント 14

 先週の土曜日、普段は普通列車しか通らない唐津線にイベント列車、急行「からつ」号がやってくるということで、山本駅に行ってみることにしました。


 詳しいダイヤが公表されていなかったので終点「西唐津」到着時刻から逆算して大まかな予想をつけ山本駅にやってきましたが・・・・
画像
 予想に反して山本駅に駆けつけたときには既にお目当ての列車が到着していました。
 遠目からでも、国鉄色に塗られた車両が目を引きます。


 この駅でしばらく信号停車?対向列車とのすれ違い?をするのでしょうか?
車掌さんが時刻を気にしながら時計をちらちら見ています・・・
画像
 普段はJR色に塗り直された車両ばかりが走る路線なので、国鉄色の車両がとても新鮮に思えます・・・


 この列車はこの日限りに運行されるイベント列車でしたが、きちんとしたヘッドマークも付けられていました。
画像
 因みにこのヘッドマークは終点「西唐津」到着後、このイベント参加者に販売されたそうです。


 滅多にイベント列車がこない唐津線に国鉄色のイベント列車がやってくるということで沿線には撮り鉄さんたちがあちこち詰めかけていたので、この駅にも撮り鉄さんたちが詰めかけているのかと思いましたが・・・・
画像
思いの外数人程度、悠々と急行「からつ」号を撮ることができました。
 因みに、この日は部活帰りの高校生もいましたが、この見慣れない列車が珍しいのか普段は列車に無関心な高校生たちもケータイに納める姿もちらほら・・・・


  この日、イベント列車を担当したのが普段は長崎の大村線を走っているキハ66・67の2両編成・・・
画像
 筑肥(西)線が電化する以前は博多駅から東唐津駅を経由しさらに伊万里駅を経て佐世保方面へと向かう列車があったそうですが・・・・
子供の頃、博多方面に向かう筑肥(西)線にしか縁のなかった自分には懐かしいというより、新鮮な感覚です。



 出発時刻になり短い汽笛を一発鳴らしゆっくりと出発していきます・・・
画像
 今更ながらですが、昭和以前に建てられたレトロな山本駅の駅舎と国鉄色の列車がよく似合います。


 この列車が現役ではしている頃は、この山本駅で右へとカーブし筑肥(西)線へと入り博多方面に向かっていましたが・・・・
画像
 今では筑肥(西)線が電化、山本〜東唐津のルートが廃止されたため唐津線を通り唐津方面へと向かいます・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどですね。
気ままさまは山本駅でとのことでしたが、
しっかり撮影されていたのですね。
さすがです。
おーい競馬場
2011/07/26 19:59
すごくレトロな駅と列車で、
昭和!って感じですね
こういうイベントってどうやって
情報を集めているのですか〜?
むら智
2011/07/27 15:53
おーい競馬場さん
この日はたまたま実家に帰る用事があり最寄りの山本駅で「からつ号」の姿をカメラに納めることができました。
あと10分、行くのが遅かったら撮ることとができませんでした・・・
気まま
2011/07/27 17:28
むら智さん
そうですね、大正元年に建てられたレトロな駅舎と国鉄色の列車が昭和・昭和していいですね。
因みにイベント情報ですが、自分の場合専らJR九州のHPで情報を仕入れています。
気まま
2011/07/27 17:37
本物はキハ66や67だったのでしょうかね。それともキハ28や58でしょうかね。
としおちゃん
2011/07/27 19:44
としおちゃんサン
JR九州のHPを見てみると実際に走っていたときはキハ58+キロ28+キハ58の編成みたいです。
また、急行「からつ」は博多〜佐世保(筑肥・松浦線経由)で運行され、「弓張」の補助列車として成長させるはずでしたが利用客が少なく僅か1年半の短命に終わったそうです。
気まま
2011/07/27 20:46
懐かしい急行型の気動車、この時代に国鉄再現ですねぇ。驚きました。列車のカラーが国鉄色に戻っただけで一気に昭和にタイムスリップしたかのようです。
良いものを見せていただきました。
ありがとうございます。
GAKU
2011/07/30 06:04
正に昭和のローカル線ですね。
時代に取り残された唐津と伊万里の間の地域にはこんな風景が似合い過ぎます。
8月3日から博多で「水戸岡鋭治の大鉄道時代展」っていうのが始まるから見てみようかと思っとるです。
むっちゃん
2011/07/30 11:24
GAKUさん
そうですね、国鉄型車両が国鉄色に再現されただけでもあの時代に戻ったかのように感じますね。
特にこの路線は昔ながらの駅舎や設備が残されているのでモノクロやセピア調で撮ってみると味わいが出そうですね。
気まま
2011/07/30 19:02
むっちゃんサン
仰るとおり昭和のローカル線という感じがでてますね。
できるなら電化区間の筑前前原まで運行して欲しかったのですが、さすがにそちらは本数も多いので入れ込むことが難しかったんでしょうね・・・

「水戸岡鋭治の・・・」開催されると早速行ってみようと思って、早々とチケットを購入済みです。
気まま
2011/07/30 19:10
唐津線の列車ですか、素朴な姿がいいですね。ヘッドマークの虹があって、気持ちいいデザインですね。
sisi
2011/08/04 01:00
sisiさん
この列車、唐津線で普段は走ってませんがこの日、JR九州の企画で特別に復活しました。
虹が入ったヘッドマークは終点到着後、希望者に販売されたそうです。
気まま
2011/08/04 08:33
2両編成ですか?短い電車って、それだけで風情があります。福山さんの『蜜柑色の夏休み』が似合う風景ですね。(^^)
さくらこ
2011/08/20 21:07
さくらこサン
実はこの2両編成の車両、普段は福山雅治さんの故郷にある長崎の大村線を走る車両なのです。
もしかして「蜜柑色の夏休み」はこの車両が走る光景がモデルになっているのかもしれませんね。
気まま
2011/08/21 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
復活運転、急行「からつ」号・・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる