気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ご当地ラムネと田舎の花火・・・

<<   作成日時 : 2011/08/09 20:49   >>

トラックバック 0 / コメント 16

実家に帰ってきたです・・・

 お縁には何故か・・・ 小学生の夏休みの定番「夏の友」ときんきんに冷えた金扇ラムネが・・・
画像
 実家にやってきた甥っ子、あまりの暑さに放り出していったとやろうか?
 折角冷えとるけん、温まらんうちに頂きま〜す・・・

 栓代わりのビー玉ば付属の器具で開けま〜す!
画像
 吹き出し来る泡わわ・・・ これぞラムネの醍醐味やねぇ・・・


 ラムねって、蓋代わりのビー玉が飲み口ば塞ぐことのあるけん、瓶の出っ張りに引っ掛けて飲むとがコツやったですね・・・
画像
 因みに、この金扇ラムネはこの地方にしかないご当地ラムネで、自分にとっては子供の頃から親しんどった懐かしか味です・・・
 ちょっと炭酸のきつーして、爽やかな甘みのシンプルな昔ながらの味が・・・ またヨカとですよねぇ・・・



 さて、ラムネ飲んで暫く実家の座敷で意識不明になっとったら・・・
日の暮れてしもうとったとです・・・

 ちょうどこの日は地区の花火大会やったけん見ていくことにしたです・・・
画像
 日没を過ぎ、花火開始30分前・・・ 会場となる海岸にはぼつぼつと人が集まってくるです・・・。


 そして、花火開始・・・
画像
 ぽつん、ぽつん・・・と一発づつ打ち上がる花火・・・
 都会の花火のごて、いっぺんに沢山の花が上がったり、ど派手な演出はなかとですけど・・・
 
画像
 オーソドックスな花火を一発一発じっくりと楽しむ事が出来るとです・・・・

 でも、時には観客達ばビックリさせるような水中花火も隠されとって・・・
画像
 限りある資金の中でも、観客達ば楽しませようとする努力があるとです・・・。

画像
 しかも、花火ば打ち上げる場所と観客席が近かけん、規模の小さい花火でも驚くような迫力だったりするとです・・・。


画像
 花火の打ち上げのペースが上がってくると間もなくフィナーレ・・・

画像

 こうして、田舎で過ごす一日が終わっていくのでした・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ビー玉栓のラムネ懐かしいですね。
としおちゃん
2011/08/10 11:20
としおちゃんさん
そう言えば、昔はビー玉開ける器具がついてなかったからお店で開けてもらってましたね。
また、指で開ける強者もいましたね〜
気まま
2011/08/10 11:23
最近花火を見てないので「見たーい」と思いました。
ラムネが涼しげで良いです。
おーい競馬場
2011/08/10 18:04
キンセンラムネと蚊取り線香と夏の友、昭和が蘇る唐津の夏ですね。。今年はまだ花火を見とらんから羨ましいです。
むっちゃん
2011/08/11 06:47
夏らしい記事ですね
蚊取り線香やラムネがいい感じです

花火綺麗に撮れてるじゃないですか〜!
水中花火迫力あるですよね。
横浜にいる時見たきりで、
こちらでは全然見てないので、
羨ましいです!
むら智
2011/08/11 12:03
おーい競馬場さん
夏と言えば花火ですね・・・
今年は見ることができないかなぁ?と思っていましたがなんとか見ることができました。
瓶入りのラムネ、最近ではあまり見かけなくなったので見た瞬間、思わず飛びついてしまいました・・・
気まま
2011/08/11 17:29
むっちゃんサン
テーブルフォトまで行かんけど、ちょっと近くにあったもんば集めてコーディネートしてみたです。
「夏の友」昭和の時代はモノクロ印刷やったとですけど、今時のヤツはカラー印刷でとてもカラフルになっとるです。
気まま
2011/08/11 17:34
むら智さん
最近、むっちゃんサンの影響ば受けとるようでテーブルフォトならぬ縁側フォトに挑戦してみたです。
花火、今年初めてバブル撮影にも挑戦してみましたが、花火が小規模で一発づつ上がっていたので初心者の自分にとっては比較的撮りやすかったです。
でも、シャッターを押し始めるタイミングがつかめなくって最初の数枚は失敗してしまいました。
来年はもっと大規模な花火に挑戦したいと思います。
気まま
2011/08/11 17:39
子供の頃、小学校へ通う途中にラムネ工場がありました。
横目でちらちら見ながら通ったものです。
飲むのにこつが要りますよね。

甥っ子さん、もう宿題終わったかな?
blue tango
2011/08/19 13:13
blue tangoさん
某TV番組を見ていたらたまたまラムネの特集があってました。
ラムネは法律の関係上、中小企業にしか製造が許されていないそうで、各地にご当地ラムネがあるそうです。
また、昔は全てガラス製の瓶が使われていましたが今では飲み口の部分または全てをプラスチック容器にしたものがほとんどだそうです。

甥っ子の宿題、計画的に進めているようですが・・・
友達との急な用事もあるようでなかなか進んでいないようです・・・。
気まま
2011/08/19 17:59
実家での夏休み、ゆっくりできましたか?
私はラムネの飲み方、今はじめて知りました!誰かに教えたいo(^^)o 今年は花火を見ていません。見ないうちに夏が終わってしまいます
さくらこ
2011/08/20 21:02
さくらこサン
はい、たった一日の夏休みでしたが・・・
午前中は近くの海岸で散策、お昼はラムネを飲んでクマゼミの子守歌を聞きながらお昼寝、そして夜は花火大会、久しぶりに夏休みらしい過ごし方をしました。
気まま
2011/08/21 22:40
縁側に、蚊取り線香、網、ラムネ、夏をイメージできます。
 花火、なかなかうまく撮れていますねぇ。
デジカメパワーですね。
 フィルムカメラじゃ、きっと、こんな風にはいきませんね。
GAKU
2011/08/24 00:05
GAKUさん
身近にあった物を使ってテーブルフォトならぬお縁フォトに挑戦してみました。因みにテーマは「小学生の夏」。
花火は今年初めてバブル撮影なるものに挑戦してみました。
デジカメだと一眼でもライフビューを活用できるのでピントが合わせやすく撮った画像をすぐ確認できるので撮影時間や露出なども調整しやすかったです。
近いうちに天体撮影も挑戦してみたいと思っているのですが・・・・天気がなかなか優れないので未だ挑戦できずにいます。
気まま
2011/08/24 20:32
こんばんは。 お久しぶりです。
ブログ再開しました。
ビー玉のラムネですか…なんか私の家の近くにあった駄菓子屋を思い出しました。

花火すごいですね。
しかも客席と花火が近いと迫力がありますが、火花が来そうで怖いですね。
京浜東北
2011/08/29 19:03
京浜東北さん
お久しぶりです。
ビー玉のラムネ、懐かしいですね。
ラムネは法律上大手飲料メーカーじゃ製造できないので地域ごとの味を楽しめるかと思います。

この地区の花火は驚くほど打ち上げている現場と客席とが近いので風向きによっては花火の燃えかすがハラハラと舞ってきたりもします。
花火大会としての規模はとても小さいのですが近くで見られる分、迫力たっぷりです。
気まま
2011/08/29 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご当地ラムネと田舎の花火・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる