気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下鉄フェスタに行ってきた!〜vol1〜

<<   作成日時 : 2011/11/02 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 福岡に地下鉄が開業して30周年、これを記念して地下鉄1・2号線を管轄している『姪浜基地』で地下鉄フェスタが行われました。

 JR筑肥線に乗り地下鉄との境界駅「姪浜」で下車、一旦改札口を出てコンコースに特設された受付でパンフレットと無料シャトル電車の整理券をもらいます・・・。
画像
 整理券として渡された「姪浜車両基地行き」の切符、硬券なのがまた良い演出しています  

 係員に誘導されホームで暫く待っていると・・・
画像
 やってきました!!シャトル電車!
専用のヘッドマークを付けていますが・・・
ホームドアが邪魔してヘッドマークがよく見えず・・・残念

 通常営業の方向膜は「試運転」になってますが・・・
画像
 その下の窓には特製の方向膜が貼り付けてありました。
 「姪浜→姪浜基地」の旅、僅か7分間の乗車時間ですが、普段滅多に乗車できない区間だけあって大人も子供も「どきどき」、「ワクワク」・・・しているようです。


 シャトル電車はゆっくりと何度か一時停止を繰り返しながら目的地「姪浜車両基地」に到着しました。
画像
 シャトル電車が到着した車両基地には、臨時の駅名板が・・・
しかも、福岡地下鉄の特徴であるシンボルマークのほか、新たに導入した駅のナンバーリングもしっかりとしてありました。

 これが乗ってきたシャトル電車、2000系。
画像
 ヘッドマークには地下鉄のマスコットキャラクター”ちかまる”と地下鉄環境キャラクター”メコロ”とが描かれています・・・。


 電車から降りると早速、工場見学です・・・
画像


 地下鉄車両の足、台車です。
画像
 乗り心地を良くするため、複雑になっているのか?と思いきゃ・・・軽量化と省メンテナンスのため意外とシンプルです。

 検査のため、台車を外されクレーンでつり下げられている車体・・・
画像
 なんか写真で見ると、おもちゃがぶら下がっているみたいです・・・ 

 乗務員室のドアが開いていたので覗いてみると・・・
画像
 運転台の機器も外され配線だけになっているようです・・・。

 床下にある機器・・・
画像
 電車を制御する各器械は床下に所狭しとぶら下がってます。

 中間車です・・・
画像
 工場でしか見ることのできない車両と車両の連結面・・・。

 工場の片隅には新しい車輪も積まれていました・・・
画像
 鉄道の車輪も走行しているうちに車輪の表面がいびつになったりすり減ったりするそうで、定期的に表面を削って車輪の表面を整えているそうです。
しかし、削る作業を繰り返すと車輪が少しずつ小さくなっていくので規定以下になったところで新しい車輪に交換するそうです。


 こちらは工場の中にある実験室みたいな部屋・・・
画像
 ここでは、電車を制御する電子機械や部品を詳しく検査する所です。
車で言う”車検”の時に器械を部品単位に分解して細かく検査しているそうです。


 さてお次は検車庫へ・・・
画像
 この工場では、検査のため線路よりも床が低くなっているので楽に電車のストリップ・・・・
じゃなかった・・・床下を検査することができます。


 まずは台車から・・・
画像
 電車の足です・・・
このコーナーでは、通路内からであれば自由に床下機器をのぞき込むことが出来ます。
中には、あまりの熱心さに身を乗り出してのぞき込む人もいましたが・・・・・
それは流石にノーヘルでは危険なので係員の人から注意されていました (^^ゞ
 それでは、自分もカメラを床下に忍び込ませて普段は見ることのできない床下機器を見てみることにします・・・

 まずは、台車です・・・
 線路と車輪が設置しているところ・・・
画像
 鉄道の大きな特徴、鉄の車輪に鉄のレール・・・
この組み合わせにより摩擦を少なくし、少ないエネルギーで大量の重いものを動かすことが出来ます。
また、車輪とレールは単に車両を動かすだけではなく、電路の一部(マイナス極)や信号器や踏切などのスイッチとしての機能も果たしています。

先頭車の台車です。
6両のうち運転席がある両端の車両には電車を動かすモーターが付いていないので台車を見てもスッキリとしています。
画像
  モータが無くその分のスペースが空いているので、車輪と平行して大きなディスクブレーキが設置されてます。


 こちらは、中間車の台車・・・
画像
 円筒形のものが電車を動かすモーター。
一つの台車に車輪が2対あるのでモータも1つの台車に2つずつ設置されされるので1車両辺り4つのモータで電車を動かします。
このモーターは、発進や加速の時には電気を使って電車を動かしますが、減速する場合は発電機となりブレーキとしての役割を果たします。
因みに、この時に発生した電気は架線に戻し他の電車で使われたり、駅の照明などに使われたりしてリサイクルされます。
これを「回生ブレーキ」と呼ぶそうで、ハイブリッド自動車(”TOYOTA プリウス”とか)にも応用されているそうです。

 モーターがある台車に使われているブレーキ。
直接車輪にブレーキシューを押し当てる踏面(とう・めん)ブレーキと呼ばれるそうです。画像
 

 速度が出ている間はモーターだけの回生ブレーキだけで十分な減速を得ることが出来ますが、低速になるとモーターによる回生ブレーキが弱くなります。
それを補う形で働き出し、止まる寸前の微速や停車中は踏面ブレーキに完全に切り替わるそうです。
因みに地下鉄の車両(2000系)によっては、この様子(止まる寸前モーターの音がしなくなる)がよく解ります。




 車両と車両の連結面・・・
画像
 大がかりな検査の時意外は車両を切り離す必要が無いので「半永久連結器」と呼ばれる連結器でしっかり繋げられています・・・・。

 連結面を横から見たところ・・・画像 連結器が小さいのが意外です・・。
 地下鉄というか日本の鉄道車両は、各車両に動力を持った電車や気動車が主流なので連結器に掛かる負担が少なく連結器を小さくすることが出来、その分軽量化とコスト減を図ることが出来るそうです。

 連結器の上には車両間を安全に渡ることが出来るように幌があり、車両と車両の間には電気や制御信号などをやりとりする電線(ジャンパ線)などが何本も繋がれています。








 さて、お次は・・・・ 何を載せようかなぁ??? と、思うところですが・・・ 
長くなりそうなので、今回の記事は一旦終わることにして、続きは次の記事で紹介することにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
定番の電車の首吊り公開ですね。
としおちゃん
2011/11/03 10:32
としおちゃんサン
今回のフェスタはお決まりの首つりでお迎えでした・・・
でも、普段見ることができない電車の床下や鉄道部品の即売会もあったりして楽しかったです。
気まま
2011/11/03 17:19
いつだったか、やはり列車が収まったおおきな建物見ましたよね?
その時もすごいな〜!と感じたものです。

先月の電車祭り、ケイゴの幼稚園の運動会が雨天順延のため見学しに行けませんでした。
Dr.イエロー楽しみにしていたのですが。

やはりキリンビールのコスモス遅かったようですね。
私が行った時もずいぶん倒れていましたよ。
blue tango
2011/11/03 20:58
blue tangoさん
あ〜っ、あれは・・・2年前の『地下鉄フェスタ』でしたね。
あの時は、地下鉄「七隈線(天神南〜橋本)」だったので、こちらの車両とは車種も走る仕組みも違っていましたね。

新幹線の基地公開には行けなかったんですね・・・
基地公開は来年も開催されるので、それまでのお楽しみとなりましたね。

キリンビールのコスモス、今年はなんというか・・・
倒れたコスモスが痛々しくてかわいそうでしたね。
気まま
2011/11/03 22:37
この日は雨だったので私、行くのを止めました。
福岡市交通局のサイトを一応見ていましたが、
車両基地まではシャトル「バス」ではなく「列車」だったんですね。くそ〜!行くべきでした。無念。
おーい競馬場
2011/11/04 21:59
おーい競馬場さん
自分もこの日は、夜勤明けだったし時より土砂降りの生憎の天気でしたが、思い切っていくことにしました。
雨にもかかわらずどのコーナーも長蛇の列で、見学するには数十分といった所もありましたが、もっとも身近な鉄道の普段見られない箇所を見ることができて大変満足しました。
シャトル電車・・・硬券を模した整理券があったり、洗車機を通ったりと鉄道好きにはとても嬉しいプチ演出がありました。
気まま
2011/11/04 22:36
こんばんはぁ。

空港線と箱崎線の拠点である姪浜車両基地の一般公開。
地下鉄車両の吊り上げや、実験室のような電気機器点検・調整室などと様々な設備が入っていることには始めて知りました。

しかし、姪浜車両基地のシンボルマークは作業員が使うヘルメットになっている事は私も驚きました。
竜(ドラ)バンライター
2011/11/05 23:08
竜(ドラ)バンライターさん
この車両基地では全ての検査を一手に行っているので必要な設備をコンパクトに配置してありました。
また、ここにはATO装備の関係?からでしょうか、JR303系も入場します。

姪浜基地の臨時駅名板は紙製だったようですけど、シンボルマークやナンバーリングもされていてなかなか洒落っ気があって良かったです。
気まま
2011/11/06 17:17
モーターのお話、勉強になりました。
関西では11/5にJR西日本 吹田工場の一般公開がありましたが、今年は勤務で行くことができませんでした。
GAKU
2011/11/07 23:32
GAKUさん
モータって、ものすごく効率が良い動力みたいですね。
同じ能力の内燃エンジンを乗せるとするとモーターみたいに台車には収まらないですし・・・
何と言っても、ブレーキにも応用出来てそのエネルギーを回生できるところがとてもエコですね。

自分もJR九州の小倉工場へ行ってみたかったのですが・・・今年も勤務の関係で行くことが出来ませんでした。
気まま
2011/11/08 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
地下鉄フェスタに行ってきた!〜vol1〜 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる