気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗り鉄はじめですvol2

<<   作成日時 : 2012/01/30 17:11   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 昼食を済ませ「日田駅」へと戻ってきました。
駅の時刻表を見てみると都合よく「田川後藤寺行き」の列車があったので、これに乗ることにします。
画像
 ホームに向かうと待っていたのはキハ147、寒いのでとっとと記念撮影して乗り込むことにします。


 定刻になり白いキハは元気よく走り始めました・・・
先ほどの夜明駅を過ぎ日田彦山線の線路へ進入してくると車窓の奥に見える山がうっすらと雪化粧しているのがわかります。
画像
 これから向かう所は標高が高くなるので雪景色が楽しめるかも・・・とワクワクします。


 そして、標高が高くなってきた「筑前岩屋駅」付近にさしかかりました・・・
画像
 はい、ご覧の通り雪なんてありませんでした・・・
車窓から流れるよーく山を見てみると、どうも英彦山とか山の頂上付近だけが積雪しているようです。
ま、ちょっと肩すかしを食らったような感じもしなくもないですが・・・こればかりは仕方ないですね。


 そして、終点「田川後藤寺駅」到着です。
車内放送で「小倉行き」の列車がすぐにあるという案内だったので引き続き日田彦山線を乗り換え「小倉方面」に向かうことにします。
画像
 乗り換えの列車はすぐの発車、悠長に記念撮影している暇もないみたいなので列車の窓越しに記念撮影です。


 「小倉行き」の列車に乗り換えると程なくして出発です・・・
画像
 昼下がりのキハの車内、の〜んびり、まったりとした時間が流れます・・・・。


 ふと天井を見ると、懐かしい回転式の扇風機があったので思わずシャッターを押してしまいました。
画像
 そうそう、冬期になるとこうして扇風機にカバーが掛けられていましね・・・
こうした車内の光景って、今時のJR以降に新製された車両では見られなくなりました。

 そんなキハの車内を懐かしく思いながらまったり揺られていると・・・「志井公園駅」に到着。
 この駅は、北九州モノレール「企救丘駅」の最寄り駅でもあるので、またもや思いつきで下車してみます。

 そして、「企救丘駅」のホームへとやってきました。
画像
吹きづさむ寒風に震え上がりながら待つこと数分、ようやく「小倉行き」の電車が滑り込んできました。
あまりの寒さに少々意識が朦朧としながら(!?)ドアが開くとさっさと乗り込みます。


 出発時刻になりモノレールが走り出しました・・・
画像
 他の乗客が先頭車両にいないことをいいことに、大人げなく運転室にかぶりついてみました。
地上を走る鉄輪式の列車と違いモノレールは高架になっている一本の大きなレールをまたいで走っているので、視界を邪魔する物がなくとても見晴らしがいいです。


 最初は、他の乗客が先頭車両に乗ってきた時点でかぶりつきを止めようとと思っていたのですが・・・
画像
 思いもよらず夢中になってしまい、結局終点「小倉」まで運転室をにかぶりついてしまいました
重ねて大人げないと思うのですが・・・ 
趣味に熱中しているこんな日くらいはまぁいいかなぁ?と自分を正当化させモノレールを降りるのでした。


 さて、モノレールを降りた後はどうしましょう?
折角なので近くのデパートで買い物でも・・・ と思いましたが・・・
財布の中もとてもお寒い状況、無駄遣いもできないので引き続き乗り鉄を続行することにします。

 改札をくぐるとちょうどいい具合に「快速荒尾行き」があるので、そちらに乗ることにします。
画像
 寒さに震えながら待つこと数分、813系がインバーター音を響かせながら滑り込んできました。


 暖房がほどよく効いた車内、ゆったりとした気分で流れる北九州の町並みを楽しみます・・・
画像
 間もなく「スペースワールド駅」停車、車内放送では「スペースワールド駅の次は黒崎に止まります・・・」の案内が流れてきました・・・。

 「黒崎」といえば、筑豊電鉄・・・
今度は筑豊電鉄に乗るかぁ! ・・・・と、いうことで「黒崎駅」で下車することにするのでした。


    つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
国鉄扇風機カバーを付けるのですね、西で見なくなりました。
としおちゃん
2012/01/31 00:59
としおちゃんサン
日田彦山線の酷鉄車は歴史を重んじているんでしょうか??
ここのは未だに手差しのサボですし・・・扇風機カバーをつけてあると国鉄だったころそのままですね。
気まま
2012/01/31 09:46
日田駅で「鮎ずし」だったかを食べた記憶があります。
後藤寺方面の途中のトンネルは意外と長いですよね。
おーい競馬場
2012/02/07 18:48
おーい競馬場さん
長いトンネル・・・英彦山〜筑前岩屋にある全長4Km強のトンネルですね。
一昨年でしたかこのトンネルを抜けると一面の銀世界で、ある小説の一節を彷彿とさせるようでとても感動したトンネルでした。
気まま
2012/02/07 21:20
都会な街並みもあるけど、九州はまだまだ田んぼや山ののどかな景色がたくさん残っていて良いですね
GAKU
2012/02/26 15:47
GAKUさん
都市部からちょいと外れると周りは田圃に畑だらけになります。
序でに列車も(非電化区間は特に)国鉄時代の車両が多く活躍してます。
気まま
2012/02/26 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
乗り鉄はじめですvol2 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる