気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇でちょいと撮り鉄です・・・

<<   作成日時 : 2012/04/29 21:04   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 白川水源で、阿蘇の天然水で水分補給した後は、阿蘇の雄大な大地を走る鉄道で鉄分補給です・・・ (^^ゞ

 この春、新たに開業した「南阿蘇白川水源駅」・・・
画像
 ’12年4月現在、駅舎は建設中です。

 駅の後ろには阿蘇山が見えます・・・
画像
 因みに、この日は黄砂で霞んで肉眼ではちょっと朧気に見えていた阿蘇山ですが、レンズにPLフィルターを付けて撮ってみると肉眼よりくっきりと、空も青く撮ることができました。
PLフィルターって凄かですね!

 「南阿蘇白川水源駅」のプラットホームから見た景色・・・
画像
 雄大な大地の向こう側には雄大なカルデラが見えます・・・
 カメラを向けていると、ちょうど良いタイミングで飛行機が通り長い飛行機雲を棚引かせていました。


 「立野行き」の列車がやってきました・・・
画像
 「ゆるっと博」がラッピングしてあります。
画像
 では、この列車に乗車します・・・

 車窓から流れてくるのは、雄大な阿蘇山と、長閑な田圃の風景・・・
画像
 の〜んびりと走るディーゼル列車・・・ 
いや〜よかですねぇ・・・癒やされます!  これやけん乗り鉄が止められんとです。


 相棒の一眼レフ、Canon60Dと一張羅レンズのTAMRONの高倍率ズーム(18-270mm)・・・
画像
 まだまだ使いこなしてはいないけど、旅の記録には欠かせないカメラです。


 南阿蘇鉄道MT2000形の運転席方向・・・
画像
 運賃箱に整理券発行機、、コンパクトな運転席、折りたたみドア・・・ 正しくレールバスです。


 第一白川橋梁から・・・・
画像
 日本一の高さにかかる橋梁から見る車窓は恐怖さえ感じてしまいます。


 立野駅到着・・・
画像
 隣には、JR豊肥線「立野駅」があります。




 立野駅から徒歩5分ほどの場所にある立野橋梁ビューポイント・・・
画像
 観光列車「あそ1962」が走っていた頃は、ここで撮影会も行われていたようです。


 ビューポイントからの立野橋梁・・・
画像
 
九州では珍しい「トレッスル橋」と呼ばれるもので、’10年7月に山陰本線の旧余部橋梁が使われなくなってからは日本最長 (136.8m) の鉄道用トレッスル橋だそうです。
画像
 こちらは別角度から・・・ 
因みに斜面に沿って伸びているパイプは水力発電用の導管です。


 そんな、立野橋梁を通過する南阿蘇鉄道MT2000形・・・
画像
画像
画像
 日本一の長さを誇るトレッスル橋ですが、列車はあっという間に通過してしまいます。



 「JR立野駅」です・・・
画像
 スイッチバックがある駅で有名ですが、今回は割愛します・・・。

 
 「九州横断特急」がやってきました・・・
画像
 珍しいことにワンマン運転をする特急列車ですが、運転士の他に客室乗務員が乗務していて観光案内や車内販売、車内改札も行います。


 九州横断特急が発車し、次の普通列車がやってくるまで30分ほど・・・

待ち時間を持てあましながら駅のベンチに腰掛けていると、一匹の猫ちゃんがやってきました・・。
画像
 距離を取りながらコミュニケーションをとっていると、カメラを向けても怖がらなくなったのでちょっと一枚・・・

 リラックスした姿をもう一枚・・・
画像
 バリアアングルモニターを装備した60D、ライブビューモニターを使用するとこうした写真も無理なく撮ることが出来るのがお気に入りです。


 そんな猫ちゃんと楽しい時間を過ごしていると・・・
画像
 「肥後大津行き」のキハが到着・・・

 普通列車オンリー、気の長〜い帰路に就くのでした・・・・。




   ・・・・おわり。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
高千穂線と全通が、かなわなかったのが残念ですね。
片方は廃止してしまったし、絶景場所を通る鉄道なのに残念…。
としおちゃん
2012/04/30 00:11
としおちゃんサン
そうですね、高千穂鉄道は無くしたくない鉄道の一つでしたね・・・
また、高森トンネルでの出水事故が無ければ今頃高千穂鉄道とも繋がっていて、もしかすると高千穂鉄道は生き残っていたかもですね。
気まま
2012/04/30 10:07
の〜んびり、乗り鉄観光いいですね。
まっすぐ伸びたローカル線や山間にかかる橋梁はすばらしい、こんなところで写真とりたいなぁ。
GAKU
2012/05/03 12:10
GAKUさん
一日乗り放題切符での〜んびりローカル列車の旅・・・
どこの鉄道会社でも使える「九州満喫きっぷ」様々です。
これから新緑の季節、爽やかな青空の下を元気よくひた走る列車をとるのも良いですね。
気まま
2012/05/03 16:57
1両とか2両の電車って、かわいらしいですね。
この電車を動かしている運転士さんはどんな気持ちで風景をみているのかなぁ。。もし私だったら、途中で止めてお弁当を食べたくなるかもしれません。
さくらこ
2012/05/12 23:06
さくらこサン
運転士さんは常に安全に気を遣いながら電車を動かしているし、観光客らしき人が乗っていたら観光案内のアナウンスもするので、風景を楽しむ暇なんてないと思いますが・・・
きっと、ふとしたとき「綺麗だなぁ〜」って思うときがあるんでしょうねぇ。
自分も時々、こんな鉄道の運転士になっていたらなぁ〜と思うときがあります。
気まま
2012/05/13 22:26
そうですね。たしかに(^_^;) よそ見をしていたら、あぶないあぶない。。
運転士さんは観光案内のアナウンスまでするのですか!すごい。
こちらの電車では考えられないです。そういうところ、九州っていいな・・・。と思います。
さくらこ
2012/05/14 10:56
さくらこサン
ここ(南阿蘇鉄道)の運転士さんは観光案内の中にもウィットを効かせとても面白いですよ。
例えば、立野橋梁を通過中には「窓を開けて景色をご覧頂き自然の風を感じながら車窓を撮られても結構です」、「ただし、ケータイ、カメラそれに人など落とさないように窓から手や身を乗り出すことはおやめください・・・」などなど・・・です。
九州の鉄道は交通としての役割は勿論ですが、お客さんを呼び込むため観光的側面が強くなってきているのが近年の特徴です。
気まま
2012/05/14 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿蘇でちょいと撮り鉄です・・・ 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる