気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS "たんこぶ"に砂糖水!?

<<   作成日時 : 2012/06/08 12:36   >>

トラックバック 1 / コメント 13

 頭を何かにぶっつけると「たんこぶ」ができますよね。
このたんこぶですが、医学的には皮下血腫(皮膚の下の血豆)と呼ばれ、頭部の打撲としては極軽症のものとされています。

 頭の表面の皮膚は血管が豊富なので少しの打撲でもすぐにアオタン皮下出血)ができたり、皮膚が薄く付近に固い組織(骨)があるので出血の逃げ場がないためたんこぶができやすくなります。
(因みにアオタンも俗称で、たんこぶの軽いもので皮下で血豆とならず出血が広がったものだと思われます。)


 このたんこぶアオタンを早く治す民間療法の一つとして・・・

 濃い砂糖水を患部に塗るという手当があります。

 この処置、医学的には何の根拠もなく意味のない処置だとされていますが・・・
実際にやってみるとアオタンが広がらず早めにたんこぶも治るという事実もあるようです。


では何故!?
たんこぶやアオタンに砂糖水を塗ると何故早く治るのでしょう?

ナースマンである自分にとってそのメカニズムが非常に気になります。

 そこで、「ネットで調べてみれば何かわかるかなぁ?」と興味本位で調べてみることにしました・・・

 やはり、民間療法だからでしょうか?この方面の医学的な研究がなく多くの専門医はその効果を否定していました。
 
 しかし、民間レベルの俗説として砂糖水に含まれる糖分には皮膚や筋肉の組織の緊張をほぐし血液の循環をよくする事で、組織にしみ出した血液を早く吸収し治癒を促すという説が多くありました。

 なるほど!これかなら理屈が通る!・・・  と、一見、納得できますが・・・
 (以下、自分独自の推論と見解なので正しいとは言えません)

 でも、よ〜く考えてみると納得いかないのがただ一つ・・・
皮膚は外部からのバリアーとしての機能があり、水性の液体を通しにくい!ということです。

 しかし、これは全く通さないとう言うわけでもなく、液体の濃度や特性によっては僅かに通すことも考えられますし・・・
アオタンやたんこぶは皮膚表面から極浅い所でおきているのですから僅かに通った成分でも有効に働く事ができるとも考えられます。

 また、実際に、臨床の現場でも床ずれや外傷の治療に砂糖が入った軟膏を用いますし、海外では感染していない外傷に直接砂糖を振りかける治療もあると聞きます。

 こうしたことを踏まえてみてみると益々「たんこぶに砂糖水」の民間療法が有効なのではと思います。

 あくまでも自分独自の推論と見解だけなので決して正しいとは言えず、あくまでも自己責任となりますが軽いたんこぶやアオタンで試してみる価値はあるかもしれませんね。

 さらに、患部に塗る砂糖水の注意点としては・・・
@皮膚への浸透を強くするために水に溶け残るくらい濃くする。
A砂糖は三温糖・煮砂糖(ブドウ糖やショ糖が使われいるもの)など昔から使われいる砂糖を使ってみる
 (ダイエット用の砂糖は元来の砂糖とは成分が異なるため効果がないかも知れません)
    などが挙げられると思います。




  
  
 
 最後に、序でなので強く頭を打ってしまったときに注意する事を紹介します。
  
 頭を強く打ってしまったときは、頭蓋骨骨折、脳しんとう、頭蓋内出血など危険な状態を起こすことがあるので注意しておく必要があります。

 特に、以下の症状があるときは救急車を要請し早急に病院へ行く必要があります。

  ・意識がない、呼びかけてもぼんやりとしている、すぐに眠り込む
  ・痙攣している
  ・手足が動かない・動かしにくい、しびれがある
  ・物が二重に見える
  ・頭痛が徐々に酷くなる
  ・鼻や耳から血液の混じった水のような液体が流れている
  ・吐き気、嘔吐がある
  ・大きな傷や汚れた傷がある
                         など・・・

 また、このようなときには気が動転しして患者さんを揺さぶったりしがちですが、ダメージを酷くしないためなるべく安静にしておきます。

 さらに、意識がない時気道確保の処置が必要となりますが場合によりその方法が異なるので119番にかけたときアドバイスしてもらうようにします。
消防には救急専門のスタッフや救急車で駆けつけている救急救命士が電話で応急手当を案内してくれますのですぐに電話を切らないようにしましょう。(地域によっては、消防から電話がかかってくる時もありますので切ってしまってもすぐに電話で出られるようにしておきます)
 


 以上、久々にちょいと為になることを書いてみました・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
救急救命士とは
◇救急救命士とは◇救急救命士は、国家資格で、救急隊とは異なり病院への搬送途上に限り、救急救命処置を行うことができます。救急救命士法第2条では「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、救急救命処置を行うことを業とする者」と定義されています。また、救急車には、常時最低1名を乗車させることが目標とされていますが、このように救急救命士が搭乗し、活動できる設備を供えた救急車を、高規格救急車と呼びます。◇救急隊と救急救命士との違い◇救急隊は、消防法施行令に定められた以下の応急処置を.. ...続きを見る
士業の種類と役割──プロフェッショナルな...
2012/06/14 23:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、地下鉄乗車中に目の前に立っていらした年配の方がよろけて転倒されました。
近くの人に緊急停止ボタンを押してもらったあと、すぐに駆け寄り意識を確認したんですが、反応がよくなくて自分では手に負えない厳しい状態だったので、電車内に医療関係の人がいないか呼び掛けましたが誰もおらず。
そのまま次の駅で停車。急いで駅務室まで走って駅員を呼んで戻ってきたら血まみれ。転倒時の流血だとわかりました。
駅員からティッシュをもらって床を拭き、後の処置はそのまま駅員さんに任せました。
列車は5分くらい停車し発車しました。
このときの経験から、意識がない人を無理に動かさないほうが良いと思いました。
おーい競馬場
2012/06/08 21:32
おーい競馬場さん
地下鉄の車中での対応お疲れ様でした。
滅多に経験しないことなのでとても驚かれたと思います。
転倒して頭部を負傷し出血がある場合、止血の処置をしますが、血液感染などの危険性から注意が必要です。
この場合、ビニールの買い物袋などで即席の手袋をつくり清潔なハンカチなどで傷口を押さえ圧迫止血を行い、意識がない場合は周りの人と協力してそっと頭部ごと体を横に向け気道を確保します。(意識がなくなると嘔吐物や舌が喉に落ち込み気道を塞ぐ事があるので、それらを防止するため)

自分も、地下鉄車内で2回ほど人が倒れた経験がありますが幸いにも意識があり重症例ではありませんでした・・・
・・・と、随分偉そうな事言ってしまい恐縮ですが、仕事OFFモードで目の前で不意に人が倒れると、医療者として恥ずかしいですが・・・やはり一瞬、頭の中が真っ白になって何をしたらいいのかわからなくなってしまいました。
それにしても、地下鉄って人が倒れる確率が高いようですね。
気まま
2012/06/08 22:34
へ〜、砂糖水でたんこぶが治るんですね。
としおちゃん
2012/06/09 00:08
としおちゃんサン
マンガみたいな嘘みたいな話ですけど砂糖水で早く治ったりします。
気まま
2012/06/09 09:11
おはようございます。
関西も梅雨入りしました。
気ままさんの医療に携わる熱意が伝わってきますね
たんこぶに砂糖ですか?昔の人は偉かった〜ですよね!
医学では判明出来ない事有りますね〜
姪が大阪救急救命センターのナースで、ブロの世界凄いです。
気ままさん救急が日常に勉強になりますね!
miyo
2012/06/09 09:54
miyoさん
たんこぶに砂糖水、何がきっかけでつけるようになったのか解りませんけど昔の人の知恵ってすごいですね。
姪子さんERのナースなんですね、大変だけどこの業界の華型的な職場ですね。

気まま
2012/06/09 13:48
古くから伝わることは侮れないから、砂糖水には何か効果があるとでしょうね。血液の循環が良くなるのなら肩凝りとかにもいいかもしれんですね。
むっちゃん
2012/06/10 05:42
むっちゃんサン
肩凝りに砂糖水、試すかちありそうですね。
多少ベタベタしそうですけど…
(^_^;)
気まま
2012/06/10 06:28
おもしろい民間療法ですね。私の家族は、民間療法大好きというかものすごく信じているので、時々「え?」っていうようなことやってます。(^^)正当なこと言うと父はへそを曲げるので、そのままそっと見守っています。。
さくらこ
2012/06/17 23:06
さくらこサン
そうですね、親たちは医学的根拠がないと思われる民間療法を知っていますね。
小学生の頃には火傷に味噌を塗られたことがあります。
気まま
2012/06/18 07:35
タンコブに砂糖水…、試してみようかなぁ。
甘いもの食べて…、血糖値あげてみるのもありかも…
GAKU
2012/06/29 00:13
GAKU さん
砂糖水、不思議なことに効きます…
一度試してみてはいかがでしょうか…
(^^;
気まま
2012/06/29 06:53
私が小さい頃から、タンコブには砂糖…と、いうのが当たり前で、周りにも不思議がられていましたが、効いているような気がしたので続けていました。
なるほど、と、いった感じです。
ためになりました。ありがとうございます。
たれぱんだ
2014/06/13 08:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
"たんこぶ"に砂糖水!? 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる