気ままに日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 筑肥線に新車が!!!

<<   作成日時 : 2015/05/09 12:54   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 自分の足である筑肥線と言えば真っ赤なお顔の電車が爆音届かせて爆走する路線ってイメージでした。
画像

 平成年26年2月にJR九州から「筑肥線に平成27年2月から順次新型車両を投入します」というアナウンスがされました。
 一年経った今、筑肥線に予定されていた6編成全ての車両が投入されそれまで赤い!っていう筑肥線のイメージを覆しました。


 投入された車両は305系、個人的には303系をマイナーチェンジした303系の番台更新型と思っていましたが、予想に反し新車系投入となりました・・・。

 その車両がこれ・・・
画像

 あれ!?!? これって・・・ 
 鹿児島本線や福北ゆたか線で活躍する椅子が悪名高い『白缶』こと817系2000・3000番台やん!!!

 で、817系2000・3000番台がこれ・・・
画像
 一見、一般の人達には同じに見えてしまいそうです・・・(^^;)
 しかも内装まもが若干のデザイン変更があってるけどほぼ同じです。 (´д`)

 と、言うのも既存のデザインを活かすことで開発コストと製造コストを落とすことができるため・・・とプレスには書かれてありましたが・・・
何と!この305系、JR九州では初採用となるスマートドア(半自動ドア)、各ドア上には東京など都会の電車と同じくトレインビジョンが装備され、足回りもJRでは初となるレアアースを用いない高効率モーターを採用するなど色々と画期的な車両でもあります。



 817系似の305系、筑肥線を利用する一般の人達の中からは「香椎とか行くときに乗る電車と同じやねぇ・・・」などの声が聞こえてきますが・・・
画像
 しつこいけど、817系とはデザインがほぼ同じなど似て非なる305系です。
この辺り、カオは105系、内装は201系似だった103系1500番台と共通するところがありますね。



では、その内装です・・・
画像
 仕切りがあるロングシート、座り心地はさすがに817系2000・3000番台の不評を受けてか座面のクッションが厚く改善され乗り心地はまぁ・・・なんとか「可」かなぁ・・・って感じでした。

 ドアです・・・
画像
 ドア上にはJR九州初のトレインビジョンを採用、地下鉄空港線も走り国際化に対応するため、日本語を始め英語、ハングル、中国語の4ヶ国語で表示案内されます。
 そして、ドア横にはJR九州初となるスマートドア(半自動ドア)のボタン。
こちらはJR筑肥線の閑散区である美咲が丘〜西唐津間、筑前前原〜下山門の長時間停車時に使用されます。
画像
 車外のドアボタン(上)と車内のドアボタン(下)
画像
 物の本によると地元の利用者の声を受け採用されたとか・・・
正直、筑肥線は九州北部の玄海灘沿いを走行し夏場はともかく冬場の寒さは半端なく、閑散区で4つの扉がフルオープンされた時にはホント凍え死にそうでした。

 そしてJR九州初となるトレインビジョンですがプレス資料から予想して千鳥足配置になるのかと思っていましたが全てのドア上に設置されてました。
画像
 地下鉄区間では福岡市地下鉄の「ちかまる」とJR九州「くろちゃん」が可愛く案内してくれます。
表示の内容は、路線図、到着するホームの出口・乗り換え案内、各種注意喚起、スマートドアの取り扱い説明、筑肥線の一部区間では観光地の画像などなど・・・ずーっと観ていて飽きないほどの内容が次々に表示されます。


 それと、305系一番のご自慢がこれ・・・
画像
 唐津方向1号車の床が木製・・・筑肥線は観光地(?)唐津へと誘う路線、プチ観光列車みたいな気分を味わって欲しいとの思いでこんなデザインとなったそうです。



 筑肥線に305系がやって来たのは昨年12月末、第1編成がやって来てから早速試運転に入り、筑肥線や地下鉄で試運転やってましたが・・・
画像
 地上区間の筑肥線ではともかく地下鉄区間では817系2000・3000番台がやってきたようで違和感大ありでした。
でも、305系が営業運転に入り約3ヶ月が経ち完全に103系1500番台と入れ替わってしまった今ではもう日常的な光景・・・
真っ白な305系の車両は福岡地下鉄のお馴染みの車両となりました。
もちろんこの305系もATO(自動列車運転装置)を搭載しているので先輩の福岡市地下鉄の車両達や303系と同じく地下鉄区間ではワンマン運転をしています。


 筑肥線はこの春を境に『赤』から『白』にイメチェンしました・・・・
画像
 特に筑前前原〜福岡市地下鉄は103系1500番台が完全撤退しその爆音も聞かれなくなり今では騒音も驚くほど低くなった最新鋭の305系が軽やかに駆け巡るようになりました。
 筑肥線の主力となった817系2000・3000番台似の305系、103系に取って代わり末永く活躍することでしょう・・・。(^_^)v








 さてさて一気に数を減らしてしまいゾンビ化してしまった103系1500番台ですが3両編成の一部だけが生きのこり・・・
画像
今では西唐津〜筑前前原をひっそりと爆走しています。

 この春から走行区間を限定されてしまった103系1500番台生き残りの車両・・・
画像
 そのカオは一気に老け込んだようにも、ほぼ満開となる桜を見ている103系が切なげにも思えるのでした・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してました!
ブログ仲間がどんどん減っていって寂しい思いを
しているので、気ままさんの復活は嬉しいです!
早速の鉄道記事、流石、鉄オタ?の年季が
違いますね〜。
最近は全然糸島に帰ってないので
筑肥線、懐かしいです。

最近は私も「笑神様」の鉄道四天王の番組が好きで
よく見ています。
これからもよろしくお願いします。

むら智
2015/05/11 14:18
ホントはブログを閉じるつもりでその旨を伝える記事を最後にしようと思いましたが・・・
過去の記事を見ているとブログを閉じるのが惜しくなり辞めました。

そう言えば、むら智さんは今の糸島市出身でしたね。
糸島市、KBCテレビ「どぉーも」でお馴染みだった『スター高橋』が議員になってからは益々活気が出て色んな観光スポットやお店が出店して面白い地域になりましたね。

笑神様の鉄道四天王は、これは趣味な人しか解らないだろう・・・と思いながら楽しんで観ています。
こちらこそ、更新のペースが落ちるかも知れませんが改めて宜しくお願いします。
気まま
2015/05/11 20:20
新型車両、ワンポイントの猫ちゃんがかわいいです。
GAKU
2015/05/15 01:09
GAKUさん
はい、JKには好評のようで高校生が乗る旅に「かわいい!!」って声が聞かれました。
気まま
2015/05/16 20:59
拝見させていただいています。話題多いJR九州だけど昨日の特急かもめの事はとんでもない大事故になるところでしたね。
東海のどら猫
2015/05/23 05:05
東海のどら猫さま
コメント有り難うございます。
今回の事件、詳しいことは報道されてませんが運転士と指令との間で列車の停止位置で相違があったようで・・・
今回のような重大インシデントになったようですね。
気まま
2015/05/27 21:26
あの画面はトレインビジョンtって言うんですね。
多言語仕様でこれまでなかったサービスです。
変わるなぁと思います。
おーい競馬場
2015/06/13 10:09
おーい競馬場さん
本州のJRでは当たり前となっているトレインビジョン、手軽に表示内容を変更出来るし今後のトレインビジョンがどのように変わるかも楽しみですね。
気まま
2015/06/14 19:50
「白缶」の817系2000番台・3000番台と同じ日立製作所製で違うのは、4ドアである事と車内にトレインビジョンの設置ぐらいだけど…

日本語・英語・中国語・ハングルの4か国語表示は、まさにアジア西部の国際都市福岡を意識づけている感は否めないですね。

305系が名古屋に進出していたら、耐雪ブレーキ装備・4か国語のほかにスペイン語とタガログ語(フィリピンの言語だったような気がするが)の表示も逆に必須になりそうな気がします。
竜バンライター
2015/06/16 23:14
竜バンライターさん
817系ばりの白缶が地元の筑肥線でもお目にかかれるとは予想もしませんでした。
一見、817系、白缶のようですが車内外にはJR九州初の技術を取り入れられていて817系とは全く違った個性も感じられ乗るのがとても楽しみです。
気まま
2015/06/17 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
筑肥線に新車が!!! 気ままに日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる