最近の映画は邦画が面白いです

 これまで、映画というとハリウッド映画ばかりを観てきました。
 邦画は地味で訳の分からんストーリーが多く、変にコメディーが入っているイメージがあって観る気なんてしませんでした。
 一方、ハリウッド映画は大掛かりで、ダイナミックで、ハラハラ・ドキドキさせられ、分かりやすいストーリーで邦画よりもハリウッド映画という感じでした。

 でも、今年に入ってからはハリウッド映画より邦画を観る機会が多いです。
 な~んか、ハリウッド映画はストーリーの作りがどれも似ているしラストはハッピーエンドという場合が多く観ていると何となく結末が分かってきてつまらないです
 しかも、すっきりしないストーリー作りしている作品もあるし。なんたって、無理矢理ストーリーをハッピーエンドにしてしまうやっつけ仕事的な作品も多く、「んもぉ~、こんな展開は無いやろー」みたいに思うことも多々ありました。

 一方、邦画はハリウッド映画とちがって詩的で知的で作りが細かく、感性に訴えかけくるなぁという作品もあって感性を磨くのにはいいと思います。
また、ラストもハッピーエンドばかりでなく、人生の理不尽さや切なさなどうまくまとめて完結している作品が多いと思います。

 映画鑑賞を趣味として約6年。自分は、映画のストーリーを楽しむ方なので出演している俳優や女優さんは誰でもいいです。というか、誰が出演しているってきかれても俳優や女優には何の興味もないので分かりません。

 でも、映画って素晴らしいですよね!! 今まで、観たいと思った映画で『金返せ!!』ってがっかりさせられた映画は1・2本しかありません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック