あれ?・・・電車バックしちゃいました・・・

 お仕事休みだった今日。
地下鉄の一日乗車券使って買い物&ノリ鉄三昧の一日だったんですけど・・・
 
 地下区間から出て地上の駅にピタリと停車したようですが・・・・
一向にドアが開きません。(最初、乗務員さんが開け忘れたのかと思った)
降りようとドアの前に立っているお客さん達もワナワナ言い出しはじめました。
そしたら、電車がオーバーランしたことを伝えるアナウンスのあと・・・・

 なんと、電車がバックしたんです。
そう、十数センチオーバーランしたようでした。
原因は、雨でレールが濡れて制動距離が伸びたようです
(この地下鉄は、ホームドア設置してあってドアの位置が規定よりずれたため、ホームドアが作動しなかったそうです)

 その電車はATO(自動列車運転装置)運転していましたが、やはり摩擦が少ない鉄道は雨なんかでオーバーランすることがあるんですね。

 そういえば、つくばエキスプレスも開業したばかりの頃に、今回と同じ理由で数百メートルオーバーランしたことがありましたね。

 このようなことは、極希にしかないことだと思いますけど・・・・。

 新幹線がATO運転しないのも、このような事が理由の一つとしてあるのかもしれませんね。

 もし、これが報道沙汰になると世間は厳しい目でしか見てくれません
「鉄道はピタリと規定の場所に止まるもの」と一般的に考えられていますが、実は、鉄道というものは「ピタリと止めることが難しいもの」なんです。その辺を報道関係で伝えてもらって一般の人にも理解してもらうことが必要じゃないかと思います。

 逆を言うと、どんな状況下においてもピタリと規定の場所に止める運転士の技は正しく匠の技なんですよね!

この記事へのコメント

2006年01月17日 00:42
十数センチのオーバーランで律儀にもどる運転士さん、かわいいですねw
きっとピタリと規定の場所に止めるのは難しいのでしょうねー。
僕はゲームでも止められませんでした。(ゲームと一緒にすな!)

この記事へのトラックバック