祖母急変・・・・

 昨日、老人ホームに入所している祖母が急変しました。

 血圧が急上昇し、意識レベルが低下したようです。
高血圧に対しては、降圧剤投与で落ち着きました。でも意識状態が改善されないため近くの病院へ緊急搬送されました。

 老人ホームから連絡を受け直ぐに搬送先の病院へ駆けつけると祖母はCT撮影中でした。
付き添って貰った老人ホームの看護師によると意識状態は依然として変わりないということでした。
 ほどなくして、Drからムンテラ(家族説明)で再梗塞(脳)を起こしていて、この2,3日が峠でしょうとと説明を受けました。

 実際に、写真(CT)を見ると大きな梗塞は確認されました。
 はっきり言ってこの時点で祖母の死を覚悟しました。

 ところが・・・
一通りの検査を終え、病棟(集中治療室)に戻ると・・・・
 なんと!!・・・
 祖母の意識が戻ったのです!!・・・・

 はぁ!!
 何という生命力でしょう!!! 自分の祖母ながら感心しました。

 あれだけ大きい梗塞で、しかも小さい古い梗塞もたくさんあったのに・・・
 意識戻っちゃいました。

 でも、祖母は91歳、介護度5・・・超高齢だし、再梗塞が起きてから最低3日間は脳浮腫(脳が腫れること)が起こることだって十分あり得ます・・・・まだまだ急変する可能性が考えられます。

 しかし、祖母は若い頃から波瀾万丈の人生を歩んできた人です。
きっと、おそらく回復すると思います・・・。

この記事へのコメント

2006年02月22日 10:05
良かったデス、何はともあれ一番に♪

介護度5というのがどの程度を指すのか解らないもので、何とも言い難いのですが、何時までも元気で居て欲しいですネ!
…勿論そう何時までもとはいかないけれど、願わずにもいられませんデス、ハイ。
2006年02月23日 00:41
本当に良かったですね!!
どんな状態であれ、生きてるって素晴らしいと思います。また奇跡があると良いですね…お祈りしてます。
2006年02月23日 00:48
峠は越えられたのですね!よかったです。
今のうちにいろいろ孝行してあげるといいと思います。
きっとおばあさまも喜ばれますよ~。
2006年02月23日 08:49
コメントいただいた皆様。
有難うございます。
祖母は、順調に回復し2月23日には、一般病棟へと移り、今月中には老人ホームに戻れそうです。
人の生命力の強さを改めて感じました。

この記事へのトラックバック