生活習慣病の番外編・・・乗り物酔い

 生活習慣病とは、偏った食生活、運動不足や不規則な生活など普段の生活が原因で罹る病気のこと言います。
 例えば、高血圧、糖尿病、痛風、肝疾患・・・・・挙げればきりありません。

 生活習慣病は、贅沢ができるようになった大人の病気だったので10数年前まで成人病と呼ばれていました。その昔は、お金持ちの大人が贅沢な生活をすることで罹る病気だったんで贅沢病と呼ばれていましたよね。

 現在では、老若男女かかわらず贅沢でき、その病気に罹る年齢層が若年化したので、『生活習慣病』と呼ばれるようになりました。
 それは、慢性化すると生命の危機にまで発展します

 今回は、生活習慣病=贅沢病と考えて話を進めます。
 贅沢病とは、その名の通り贅沢する(飽食、便利な家電製品、歩かずにすむ乗り物に乗る・・・etc)ことが原因ですね。(重複しましたが)

 その病気の番外編と思えるのが『乗り物酔い』です。
 だって、車・鉄道・飛行機や船など便利なもの、つまり贅沢なものが原因で起こる動揺病です。
 何故なら、自分たちが自分の足だけで歩いている時代は、乗り物酔い(動揺病)は無かったはずです。
 
 考えてみたら、これも立派な贅沢病の一つではないでしょうか

 乗り物酔いは、今までかつて経験したことのない無い揺れと目で見ている光景の不一致が原因で脳がストレスを受けその結果、目眩を生じた結果起こる症候群です。
 症状は眩暈、頭痛、嘔気、嘔吐など非常に不快な症状ですが、一般的な生活習慣病とは違って一時的で慢性化することがありません。


 因みに、この乗り物酔いの状態が、日常生活で起きてしまう病気を『メニエル病』と言います。
原因は、耳の奥にある平衡器官が病的に侵されることです。
(詳しくは、ややこしくなるので割愛します)
(機会があればこれらの疾患について紹介したいと思います)

この記事へのコメント

2006年02月09日 00:42
乗り物酔いはないのですが。。
日常生活で、「揺れてないのに揺れてると錯覚する」ことが偶にあります。
その「メニエル病」と何か関連があったりしますでしょうか?
2006年02月09日 07:06
確かに、贅沢病だぁ…!

あ、エレベータに乗ってて、止まる時とかにくらってなって気分が悪くなるのも、一応は乗り物酔い(贅沢病)に入るんでしょうか?
ひいはコレがかなり再々あるので、大体は階段かエスカレーターですが、8階とかに用がある時はかなりキツイです。
2006年02月09日 20:22
 どーるますたーサン。
 メニエル病の場合は、回転製の目眩と同時に耳鳴りがしたり、急に耳の聞こえが悪くなったりする事が多いそうです。そのような症状が出現すればメニエル病を疑います。
 でも、どーるますたーサンの場合、揺れるような感じがするだけで、難聴になったり、耳鳴りがするような症状がないのでストレスによるものでしょう。
 時には、息抜きしてくださいね。(^_-)


ひいサン。
 エレベーターに乗って気持ち悪くなるのも乗り物酔いの一つだと考えられます。(これも贅沢病だと思います)
 自分も、日に何度やぁ・・・何十回ってエレベータ使うことがあるんですけど・・・。
体調が優れないときさすがキツイですね・・・。
思わず胃から酸っぱいものがこみ上げてくることがあります。

この記事へのトラックバック